【夢占い】悲しい気持ちの夢を見る9つの意味とは!

誰しも悲しい夢を見た後には気分が落ち込むもの。身近な人や好きな人が事故にあって涙した夢を見たという人もいるのではないでしょうか。夢占いでは悲しい夢というのは現実での出来事に引きずられて起きると言われています。ここでは悲しい夢、夢占いについてまとめました!

【夢占い】悲しい気持ちの夢を見る9つの意味とは!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】どんなときに悲しい夢を見る?
  2. 悲しい気持ちの夢占い① 現実の出来事と関係がある
  3. 悲しい気持ちの夢占い② 将来への不安
  4. 悲しい気持ちの夢占い③ 他人と話していた場合は?
  5. 悲しい気持ちの夢占い④ 悲しくなるような行為を見たら?
  6. 悲しい気持ちの夢占い⑤ 悲しい知らせが来た場合は?
  7. 悲しい気持ちの夢占い⑥ 泣く夢はいいことも
  8. 悲しい気持ちの夢占い⑦ 好きな人に振られるのは?
  9. 悲しい気持ちの夢占い⑧ 環境が変わる夢は?
  10. 悲しい気持ちの夢占い⑨ 親しい誰かが亡くなる夢は?
  11. 現実での不安が悲しい夢になることは多い

【はじめに】どんなときに悲しい夢を見る?

今までに悲しい夢を見たことがないという人はいないと思います。起きてからも鮮明に覚えているような印象の強い夢だったりしますよね。起きた後は夢の内容は覚えてないけど凄く悲しい気持ちになった、自然と涙が出てきていたという人もいると思います。意外にもこういった夢を見る人は多く、悲しい夢というのはすぐ身近で起きる出来事です。

どんな夢を悲しいかと思うかは人それぞれ違いますが、好きな人に彼女ができるなどある程度万人共通の悲しい夢はあります。夢占いでは悲しい夢というのはどういう意味を持っているのでしょうか。最近見たあなたの悲しい夢はどんなものでしたか?夢占いによってあなたの夢が持ってきたメッセージを紐解けるかもしれません!

悲しい気持ちの夢占い① 現実の出来事と関係がある

まず1つ目の夢占いの意味はあなたの現実とリンクしているということです。現実で悲しい出来事があったときに夢の中でも泣くというのはよくあります。こちらは理由としても分かりやすいですよね。普段悲しい気持ちでいる分、当然寝る前の気分も落ち込みそのまま夢に影響が出てくるというのは経験あるのではないでしょうか。

後になってぶり返すものも

現実でもこちらは特にショッキングなものが後になって尾を引くことが多いようです。好きな人に悪口を言われた、信頼していた友人に裏切られたなどその時は衝撃ですぐに気持ちの整理をつけることができないものも多く含まれます。後になって振り返ってみると胸が苦しい、というような思い出は誰にでもあると思います。そういった悲しい感情があなたの中に強い時、悲しい夢を見ることがあります。

■参考記事:泣く夢の意味は?

【夢占い】泣く夢の意味31選!幸運が訪れる証?

悲しい気持ちの夢占い② 将来への不安

悲しい気持ちになるというのは夢占いでは不安に関したこともよく取り上げられます。こちらも分かりやすい例といえますよね。「将来」という言葉を耳にした際、希望や明るいという印象よりも「不安」「義務」といった言葉を連想してしまう人は多いのではないでしょうか。真面目な日本人の性質といえるかもしれません。「今トラブルに巻き込まれているわけではないけど将来を考えると何が起こるか分からないし不安」という鬱屈した気持ちになってしまいますよね。

継続した不安

こういった不安な気持ちがある程度長く続いてしまった結果、悲しい夢を見ることがあると夢占いでは言われています。確かに気分が落ち込んでいる状態が長く続くと実際の仕事でもしょうもないミスを連発したり、どうでもいいことでくよくよしたりしてしまいます。1つ前の見出しとあわせて、悲しい気持ちになる夢を見たときは現実でのあなたの生活や気分が大きく左右していることが分かります。

悲しい気持ちの夢占い③ 他人と話していた場合は?

ここからはより細かい状況に合わせて夢占いの意味をまとめました。夢占いでは悲しい気持ちになる夢のシチュエーションに応じて様々な意味があるとされています。まず最初は他人と話していて悲しくなるという場合です。話の流れで涙してしまう、気持ちが沈んでしまうという夢は対人関係の問題を示唆しています。

人間関係に疲れが見える?

誰かと話していて悲しくなった場合、その相手が誰だったかというのは重要です。友達や上司だったならその人との連絡には気を配るべきです。些細な言い方が相手の神経を逆撫でしてしまうかもしれません。また、夢占いではあなたの中で対人関係に疲れている場合にも悲しい夢を見ると言われています。どちらの場合も周囲の人達とのコミュニケーションに対してプラスの印象を持ってはいないようです。

悲しい気持ちの夢占い④ 悲しくなるような行為を見たら?

誰かの行為によって自分が泣く、悲しい気持ちになるという夢の場合はその人に対して苦手意識や対抗意識があります。夢占いでポイントとなるのは怒りではなく悲しい気持ちになったということです。悲しくなるような行為というのはマナーのない行為や他人の思いやりを踏みにじる行為など、ハートに関わってくるような事柄が多いです。

理解できない人?

自分がそういった行動を見て泣く場合、そのアクションに対して明確な拒絶反応が出ていることが分かります。道徳心のない人を見たときに「何でそういうことするんだろう」と感じるのは普通ですよね。相手に対して苦手意識や対抗意識が芽生えているというのも頷ける話です。自分とは合わない、理解できないと無意識に考えている場合も多いです。

悲しい気持ちの夢占い⑤ 悲しい知らせが来た場合は?

悲しい知らせを誰かから受け取るというのは現実でもあって欲しくないことですよね。久しぶりに連絡が来たと思った相手でも、嬉しいニュースと悲しいニュースではこちらの反応も大きく変わってきます。夢占いでは悲しいニュースを受け取った場合は他者との繋がりを求めていることが多いです。あるいは今の人間関係を少し変えたいと思っている場合にも起こりえます。

他人からの頼りは大事!?

「相手からニュースが来る」というのがポイントで心のどこかで「誰かに必要とされたい」「構ってくれる人がいてくれたら」という気持ちが関係しているようです。悲しいニュースを受け取り涙するというのは何かを暗示しているようにも思えますが意外にもあなたの人間関係への欲求を示しているものなんですね!

■参考記事:友達が死ぬ夢は何かの暗示?

【夢占い】友達が死ぬ夢を見た時の意味とは?何かの暗示?

悲しい気持ちの夢占い⑥ 泣く夢はいいことも

泣くという行為はマイナスのイメージが強いかもしれません。涙が出るときは大抵ストレスや悲しみなどで気持ちが落ち込んだときですから泣くことに対しても悪い印象がついてまわってしまうのも仕方ないのかもしれません。一方で映画などで感動して泣く場合というのは心身によい効果があると言われているように涙を流すことでストレス発散、気持ちをリセットするということも知られています。

物事をよい方向へ

夢占いでは泣くことは悪い物事を好転させる効果、心身のリフレッシュなどが関係していると言われています。泣くことは夢占いではよいことなんですね!夢の中で涙を流した後は運気が上昇し、ラッキーなことが立て続けに起こるとも言われています。現実で泣くのは難しいこともありますが夢の中で泣く分には安心してよさそうです!

悲しい気持ちの夢占い⑦ 好きな人に振られるのは?

好きな人に振られるというのは気分の落ち込むことです。現実では出来る限り起きては欲しくないことですよね。告白の時点で、付き合ってから、同棲してからなどいつ振られるかには多少の違いはあってもつらいものです。夢占いでは好きな人に振られるというのは「自信のなさ」を表しているものだとされています。言われてみるとしっくりくる言葉ですね。

好きな人に彼女がいる場合も同様に

これは好きな人に彼女、彼氏がいる場合でも同じことが言えます。自分の持っているコンプレックスや他者への劣等感が好きな人に振られる夢として出てきてしまっているようです。必ずしも深いコンプレックスを抱えている人ばかりではないと思いますが、もし好きな人に振られる夢を見たときは普段あまり思い返さない自分の一面に目を向けてみるのがよいでしょう。

■参考記事:振られる夢の意味、コチラも参照!

振られる夢の意味・深層心理!【夢占い】彼氏・恋人に振られる予兆?

悲しい気持ちの夢占い⑧ 環境が変わる夢は?

夢の中には生活環境が変わることで悲しい気持ちになるというのもあると思います。現実でも転勤などの引っ越しで慣れ親しんだ環境から否応なく離れなければならなくなった場合、悲しい気持ちになりますよね。夢占いでは引っ越し、環境の変化による悲しい夢は自立や依存に関わりがあるとされています。

自立を促されている?

環境の変化によって今までの友達や親に甘えられなくなったり、新たな義務が生じることが多々あります。引っ越して悲しいというのは今の環境に依存したいという気持ちが働いています。今が自立するのにいい機会であるというサインでもあるため、一人暮らしを始めたり会社をやめて前々からやりたかったビジネスを自分で始めてみるにはよい機会です!

■参考記事:引っ越しの夢は吉夢?

【夢占い】引っ越しの夢の意味15選!吉夢なの?

悲しい気持ちの夢占い⑨ 親しい誰かが亡くなる夢は?

親しい人を失う恐怖

悲しい気持ちになる夢といえば誰かが亡くなるというのも典型的な夢といえます。親しい人を失うということに対する恐れや悲しみなどが表れているというのが夢占いでの見解です。誰しも子供のころはあまり親しい人が亡くなる夢は見ないのではないでしょうか。年をとるにつれ、身近な人の存在への感謝や親近感を覚えるほどに親しい人を失う恐怖も自然と増えていくものだといえます。

過去の出来事を引きずっていることも

また、過去に亡くなった誰かのお葬式などの夢を見ている場合はその過去をいまだに引きずっているようです。とはいえ、そんな簡単に気持ちの切り替えなど出来ないのが人間ですよね。簡単に過去を切り離せるなら誰も今苦しんではいないはず。過去を思い出すことがあるというのは自然な反応のため、「自分の精神状態は今過去を思い出しているんだな」と意味が分かるのであれば無理に気持ちを切り替える必要はないでしょう。

現実での不安が悲しい夢になることは多い

悲しい夢の意味について9選まとめてきましたがいかがでしたでしょうか。現実で抱いている不安が涙する夢というかたちで出てきたり、自分が持っているコンプレックスが関係していることもあるんですね。どれも悲しい夢の意味としては想像にかたくなく、悲しい夢を見たときは分かりやすく自分の精神状態と直結していることが多いです。

夢からのサインを見落とさないで

大事なのは「悲しい夢を見たから悪いことだ」と考えるのではなく「自分の精神は悲しい夢を見るほどに消耗している」というのを夢占いの意味をを通して考えることです。夢は普段のあなたの生活や考え方を反映させているため、ポジティブな気持ちを持つことで夢もよいものになっていくはず。

悲しい夢の持っている意味を知ることで自分のことをより深く知れたら素敵ですよね!ここまで見ていただきありがとうございました!

夢占いについてもっと情報を知りたいアナタに!

【夢占い】置いていかれる夢を見る13の意味とは!
【夢占い】悪口の夢の意味11選!嫌味を言っているのはあなたの本心?

関連するまとめ

Rayla08
Rayla08
ワールドカップに影響されてサッカーを始めようか迷っています

新着一覧

最近公開されたまとめ