女になりたい男の心理!女の子はこんな時に得してるよね!

女になりたい男の心理には、どんなものがあるのでしょうか?女になりたい男には、女の子が得しているから羨ましいというものと、本当に女になりたいという性障害を抱えているというものがあります。それぞれで心理は全くことなるので、それぞれの心理を見ていきましょう。

女になりたい男の心理!女の子はこんな時に得してるよね!のイメージ

目次

  1. 女になりたいと思う男の心理とは?
  2. 女になりたいという男の理由①女の特権が羨ましい
  3. 女になりたいという男の理由②性障害が原因
  4. 女になりたい男の心理①奢ってもらえる
  5. 女になりたい男の心理②優先される
  6. 女になりたい男の心理③おしゃれが楽しそう
  7. 女になりたい男の心理④甘やかされる
  8. 女になりたい男の心理⑤許されることが多い
  9. 女になりたい男の心理⑥仕事一本にならなくてもいい
  10. 女になりたい男の心理⑦子供に愛される
  11. 女になりたい男の心理⑧幸せが向こうからきているみたい
  12. 女になりたい男の心理⑨守ってもらえる
  13. 女になりたい男の心理【性障害】①女の子に生まれたかった
  14. 女になりたい男の心理【性障害】②女の子の服装がしたい
  15. 女になりたい男の心理【性障害】③女の子扱いがされたい
  16. 女になりたい男の心理【性障害】④女の子と遊びたい
  17. 女になりたい男の心理【性障害】⑤男であることが嫌
  18. 女になりたい男の心理【性障害】⑥違和感しかない
  19. 女になりたい男の心理【性障害】⑦生まれ変わったら男か女
  20. 女の子になる方法①カミングアウトする
  21. 女の子になる方法②服装を変える
  22. 女の子になる方法③ホルモン治療をする
  23. 女の子になる方法④手術をする
  24. 女の子になる方法⑤戸籍を変える
  25. 女の子も男になりたい?①性同一性障害
  26. 女の子も男になりたい?②人間関係が楽そう
  27. 女の子も男になりたい?③恋愛面で苦労しなさそう
  28. 女になりたいと思う男性はいる!

女になりたいと思う男の心理とは?

女になりたいと思う男性の心理を考えたことがありますか?女は楽だからいいなとか、女のほうが得していると思うことで、一瞬女になりたいと思う男性もいれば、心から女性に変化したいと願っている男性もいます。女になりたい男性の心理について、紹介していきたいと思います。

女になりたいという男の理由①女の特権が羨ましい

女になりたいという男の心理には、「女の特権が羨ましい」というものがあります。この場合は、別に心から女になることを望んでいるのではありません。ただ、何かと女ばかりが優遇されるので、そこに対する嫉妬みたいな気持ちが出てきているのです。

そのため、「女はいいなー。女になりたいな。」という気持ちが一瞬出るのです。こういう気持ちなら、男性は誰でも経験したことがあるのではないでしょうか?

女になりたいという男の理由②性障害が原因

女になりたいという男性には、性同一性障害が原因の人もいます。性同一性障害とは、見た目は男でも心は女という外見と中身の性が一致していない人のことを言います。この場合の女になりたいというのは、「本当は女なのに。」とか、「本当の自分になりたい。」というものです。

性同一性障害は、徐々に理解もされるようになってはきましたが、まだまだ受け入れる社会に100%なっているとはいえないでしょう。そのため、性同一性障害が原因で、女になりたいと苦しむ人が多いのも現状です。

女になりたい男の心理①奢ってもらえる

女になりたい男の心理ですが、ここでは、性同一性障害ではなく、女の特権に羨ましいと思っている男の心理を紹介します。まずは、奢ってもらえるから女になりたいという男性がいます。確かに、男よりも女のほうが圧倒的に奢ってもらうことって多いでしょう。

女でも、奢ってもらったときは、「女でよかった!」と思ったりするので、男がここに羨ましいと感じるのもわかる気がします。

また、おごってもらうまではなくても、女のほうが出す金額が少ないことって圧倒的に多いでしょう。そんなときも男は「女はいいよね!」と思うのです。しかし、男がお金のことで色々言うのは、小さい男と思われるのでやめましょう!男はビシっと奢ってあげて、奢ったことは忘れるぐらいのほうがかっこいいのです!

女になりたい男の心理②優先される

女になりたい男の心理には、女はなにかと優先されるというものもあります。レディースデイやレディーファースト、女性専門などのように、女が優先されることは確かに多いでしょう。それに対して、男性だけが得する日というのは、そんなにないというよりは、思いつかないですね。

女性が優遇されることは多いですが、男性のための日があって、男性だけが費用が安くなるとか、男性だけにポイントがつく日は、確かに聞きません。あっても、カップルで女性と一緒に行くと安くなるぐらいでしょうか。

女性優先のイベントが多いことで、男性は「女の子ばっかり得している!」と感じることがあるようです。これは、社会のあり方が昔は男性優先のことが多かったからかもしれません。男女平等を目指すうちに、女性優先が多くなったのでしょう。

また、女性優先にすると、女性が盛り上がります。実は、女性が元気な国って国じたいがとっても明るくなると言われています。そのため、女性の活性化に力を入れているのかもしれません。

女になりたい男の心理③おしゃれが楽しそう

女になりたい男の心理には、おしゃれが楽しそうだからというものもあります。女の子には服装や髪型、メイクなど、おしゃれをするところがたくさんあります。男性もおしゃれを楽しむことはもちろんできますが、髪型も服装もメイクも、女の子だからこそできることっていっぱいあって、女の子のほうが幅が広いのです。

また、ネイルも、女の子ならキラキラにしたり、色んなカラーを楽しむことができるので、自己投資を楽しむことができるというのは、男性から見て羨ましいと思う部分のようです。

さらに、男性が羨ましいと思うのは、女の子は髪の毛を伸ばしても社会的に何も思われないというものがあります。なぜか、男の子は髪の毛が短いもの、女の子は髪の毛が長いものという定義ができていますよね。

髪の毛の長さなんて、男女平等だと思うのですが、男性が髪の毛を長くしていると、変な目で見られたり、切ってこい!と怒られることもあるようです。そのため、髪の毛が自由というのは、女性の特権でもあるので、羨ましいと思うそうです。

女になりたい男の心理④甘やかされる

女になりたい男の心理には、「女は甘やかされる」というものがあります。例えば、筋トレなどでも男性は100回、女性は50回などのように、女性のほうが少なかったり、仕事でも男性は残って、女性は帰っていいなんてこともあるかもしれません。

何かと女性は甘やかされた環境にいると思っている男性にとっては、「女はいいな。」と思うことでしょう。しかし、意外と今の時代は女だからといって、容赦しないことも多いですよ!

女になりたい男の心理⑤許されることが多い

女になりたい男の心理には、女は許されることが多い!というものもあります。仕事のミスをしたときも、女だからってあんまり怒られていないとか、女だからカバーしてくれる誰かがいるなどのように、何かと得していると感じている男性っているのです。

また、女は泣けば許されるからズルいと思っている男性もいます。確かに女だから許されることもあるかもしれません。しかし、女だからといって見下されることが多いのも事実です。

女になりたい男の心理⑥仕事一本にならなくてもいい

女になりたい男の心理には、女は仕事一本にならなくてもいいというものもあります。男はどうしても一生働かないといけないという思いがあるでしょう。しかし、女は結婚して出産して、育児をするとなったら、仕事が続けられなくなって、仕事をやめ、家庭に入る人もいます。

そうなると、男からしたら、「出勤しなくていいとか羨ましい」とか、「上司に怒られないからいいな。」とか、「仕事のミスを考えなくていいからいいな。」などのような心理が生まれてくるのです。

また、男は仕事から逃げられないけど、女は逃げられると思っている男性もいます。しかし、女も働きたいのに働けないとか、結婚したときの男性側家族との付き合いなど、色んなことで頭を悩ませます。そのため、女だから逃げられるというのは、違うのです。

女と男で、逃げられないものの対象が違うだけであって、女も人生逃げられないことばかりあるのです。

女になりたい男の心理⑦子供に愛される

女になりたい男の心理には、女のほうが子供に愛されているというものもあります。確かに、子供はパパよりママだといいますね。これは、本当に女の特権かもしれません。子供と過ごす時間も圧倒的に長くなりますし、子供の成長もすぐ近くで見ることができるでしょう。

しかし、女性は命をかけて出産をします。男性が想像するよりも、かなり壮絶なものです。命をかけて、かなり痛い思いをして出産した子供には、愛されたいと当然女性は強く思うでしょう。しかし、子供はパパのことも大好きなので、子供の心を掴むパパになってください。

女になりたい男の心理⑧幸せが向こうからきているみたい

女になりたい男の心理に、女は苦労しなくても幸せになれるとか、待っていれば幸せが訪れていると思う人もいるようです。これは、女が結婚したら養ってもらえるとか、結婚したらお金の心配をしなくてもいいというところから来ているのかもしれません。

しかし、今は女も働く時代になっています。男の給料だけでは暮らしていけないこともあります。そのため、女が苦労をせずに幸せを手にいれているというのは、ただのイメージでしょう。しかし、そう思われる女性って、毎日幸せそうに暮らしているということなので、キラキラ輝いていることでしょう。男性が、羨ましいと思う気持ちも分かります。

女になりたい男の心理⑨守ってもらえる

女になりたい男の心理には、女は守ってもらうことができるというものもあります。女はいつも男に守ってもらっているというイメージが強い男性がいるようです。そして、男は女を守らなければならないという心理もあるようです。

色んなことに疲れて、色んなことをやめたくなったときに、「女はいいな。守ってもらえるから。男は自分でなんとかしなくちゃいけない。」という気持ちになるのでしょう。しかし、女も守ってもらうばかりではありません。自分の力しか頼れないときも当然あります。

女になりたい男の心理【性障害】①女の子に生まれたかった

ここからは、性同一性障害を抱えている男性が女になりたいという心理を紹介します。性同一性障害の男性が女になりたいと思うのは、僻みでもなんでもありませんし、女の特権を使いたいというものでもありません。ただただ、女の子に生まれたかったのです。

生まれたときから、女の子に生まれ、女の子としての人生を歩きたかったという心理があります。これは凄くシンプルな気持ちです。心が完全に女の子なので、何もかも女の子になりたいという気持ちが生まれるのです。

女になりたい男の心理【性障害】②女の子の服装がしたい

性障害が原因で女になりたいと思う男性の心理には、女の子の服装がしたいというものがあります。見た目が男なので、女の子みたいに可愛い服装やスカートをはきたいと、どうしても思ってしまうのです。服装1つをとっても、憧れて仕方がないのでしょう。

女の子特有のフリルとか、リボンとかには、小さな頃から憧れています。なぜ自分が可愛い服装をしてはいけないのか、ぜんぜん好みじゃない服装をしなければならないのか、幼いころは分かっていなかった人も多いようです。服装は、見た目を左右するものなので、女の子の服装に憧れるのも当然のことでしょう。

女になりたい男の心理【性障害】③女の子扱いがされたい

性障害が原因で女になりたいと思う男性の心理には、女の子扱いがされたいというものがあります。これは、「私は女の子なのに。」という気持ちがとても強いのでしょう。見た目が男であるがために、男として扱われ、やりたくないことも我慢してやらなければならないことが多くあるのではないでしょうか。

男として扱われるたびに、「女の子扱いがされたい。」とか、「どうして男として見られるのか。」という悩みにぶつかっているのです。女の子扱いがされたいというのも、性同一性障害の人にとっては、普通のことで、何にも特別な思いではないのです。

女になりたい男の心理【性障害】④女の子と遊びたい

性障害が原因で女になりたいと思う男性の心理には、女の子と遊びたいというものもあります。これは、男として女の子と遊ぶのではなく、女の子として、女の子同士の遊びがしたいのです。そのため、女子会に憧れていたり、女の子同士のデートに憧れていたりするのです。

女になりたい男の心理【性障害】⑤男であることが嫌

性障害が原因で女になりたいと思う男性の心理には、男であることが嫌というものが強くあります。女の見た目で心も女として生まれてきた人も、もし見た目が男だったらと考えると、男であることが嫌という気持ちが理解できるのではないでしょうか。

見た目が男であるから、必ず分類されるときは男で、トイレも男、並ぶときも男、名前も男となると、男であることに嫌気しかささないでしょう。

女になりたい男の心理【性障害】⑥違和感しかない

性障害が原因で女になりたいと思う男性の心理には、違和感しかないというものもあります。性同一性障害の人が良く言う言葉です。まるで本物の自分の上から、違う人を被っているみたいな気分になると言う人もいますね。自分が何か違うということに気づいたときから、ずっと違和感しかない生活をしているのです。

女になりたい男の心理【性障害】⑦生まれ変わったら男か女

性障害が原因で女になりたいと思う男性の心理には、生まれ変わったら女になりたいという人もいれば、生まれ変わったら男か女のどっちかになりたいという人もいます。これは、見た目も男、中身も男か、見た目も女、中身も女のどっちかになりたいのです。

つまりは、性同一性障害として、生まれなければ、男でも女でもいいのです。どっちかに生まれて、最初から違和感のない人生を送りたいと思っています。

性同一性障害じゃなかったらできたこと、悩まなくてよかったことってたくさんあるでしょう。そして、性同一性障害じゃなかったら得られたであろう友達との関係も作りたいと願う人もいるでしょう。この「男か女のどちらかに生まれたい」というのは、切なる願いでもあるでしょう。

女の子になる方法①カミングアウトする

女の子になる方法は、カミングアウトをするというものがあります。これは非常に酷な方法ですし、勇気もいる方法です。しかし、カミングアウトをしなければ、女の子になりたいと思っていること、本当は女の子であることを周りに分かってもらうことができないかもしれません。

まだまだセクシャルマイノリティーへの偏見があるので、カミングアウトをするのは、怖いことでもあるでしょう。しかし、誰にだって本当の自分や分かってもらいたい自分ってあります。それがただ性であるだけなのです。カミングアウトしても、本当の友人は必ず理解してくれますし、カミングアウトしてくれて嬉しいと感じる人もいるでしょう。

女の子になる方法②服装を変える

女の子になる方法には、服装を変えるというものもあります。性同一性障害が原因で女の子になりたいと思っている人は、思い切って服装を変えてみましょう!女の子の服装をしてはいけないなんてことはないのです。おしゃれを楽しむのに資格も権利もいらないので、女の子の服装を楽しんでみましょう!

まずは見た目から女の子になる方法を取り入れていくのもいいと思います。なりたい女の子の服装にチャレンジしましょう!

女の子になる方法③ホルモン治療をする

女の子になる方法には、ホルモン療法をするというものもあります。ホルモン治療は女性ホルモンを投与することです。女性ホルモンを投与することで、女性らしい柔らかな雰囲気に近づくことができます。このホルモン投与というものは、性別適合手術を受けるときにも、6ヶ月間はしておかないといけないことなので、早めにスタートしたほうがいいでしょう。

女の子になる方法④手術をする

女の子になる方法は、手術をするというものがあります。これは、性別適合手術です。この方法は、命も関わるといわれている方法なので、医師の診断やカウンセリングなど、手術に踏み込むまでにいくつもの段階を踏む必要があります。

性別適合手術は、性同一性障害であることを医師2名から診断されなければなりません。そして、前述したホルモン投与を6ヶ月受けないといけません。さらには費用もあります。有名なのは性別適合手術のプロフェッショナルと言われているタイで手術を受ける方法です。

有名人でもタイで手術を受けている人はいて、費用が安いことと、技術が高いことで知られています。しかし、非常に苦痛を伴う方法でもあるので、手術後に苦しむことも覚悟しなければなりません。また、一生女性ホルモンの投与が必要になるとも言われています。

女の子になる方法⑤戸籍を変える

女の子になる方法には、戸籍を変えるというものもあります。日本でも、性同一性障害の人のために戸籍を男性から女性に、女性から男性に変えることができるようになりました。これにより、身分証明も自分の本当の性で得ることができるのです。

中には、見た目は女の子になっても、身分証明が男なので、パスポートなどの身分証明を提出するのが嫌だったという人もいます。今では戸籍が変えられるので、悲しい思いを少しでも軽減させることはできるかもしれません。家族からの反対もあるかもしれませんが、自分らしく生きていくための方法として、戸籍を変えることも知っておきましょう。

女の子も男になりたい?①性同一性障害

今回は、男性が女性になりたいと思う心理を中心に紹介しましたが、女性が男性になりたいと思うこともあります。その理由としては、1つは性同一性障害です。性同一性障害には、見た目が女性で中身が男性という場合もあります。そのため、自分の性に悩んで男性になりたいと思う人もいるのです。

女性から男性への性別適合手術もあります。女性から男性になるほうが費用が高く、そして手術が難しいとも言われています。医師とよく相談することが大切でしょう!

女の子も男になりたい?②人間関係が楽そう

女性が男性になりたいと思うときは、「男のほうが人間関係が楽そうだよね!」という心理があります。確かに、男性のほうが、友達と腹を割って話している感じもしますし、悪口を影で言うなんてこともないように感じます。

そして、ネチネチと喧嘩をするとか、人間トラブルがあるなんてことも、男性には皆無のように感じる女性って多いでしょう。そのため、男性を見ていると、男になりたいと思う瞬間があるのです。

男性はアッサリしていて、女性はネチネチしているというイメージが強い人はかなり多いでしょう。なぜだか男性のほうが心が広そうにも感じますよね!そのため、人間関係で苦労している人が少なく感じるのも事実です。平和な男性の人間関係を見ていると、人間関係に疲れた女性は男性に強く憧れるでしょう。

女の子も男になりたい?③恋愛面で苦労しなさそう

女性が男性になりたいと思うときは、恋愛面で苦労していないという心理もあります。これは恋愛で追いかけてばかりいる女性が持つ心理でしょう。女性は恋愛をすると恋愛のことしか考えられなくて、うまくいかなくて傷つくのに、男性はいつも飄々としていると感じている女性もいます。

そして、男性は失恋してもケロっとしているのに、女性は辛くて泣いていると思っている人もいるでしょう。しかし、失恋して男性がケロっとしているのは最初だけで、女性のほうが立ち直りは早いですよ!また、恋愛面で苦労したり、切なくて傷つく気持ちを持っているのは男性も同じです。

ただ、男性は男なので、平気なふりをしているだけなのです。女性みたいにネガティブな気持ちを丸ごと出すことはしないというよりも、できないのです。そう考えると、恋愛面では男性も女性が羨ましいと思うでしょう。

女になりたいと思う男性はいる!

女になりたい男の心理について、紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?女の特権に羨ましいと思っているから女になりたいと思う男性は、ないものねだりです。女性も男性の特権が羨ましいと感じ、男になりたいと思うこともあるのです。

しかし、性同一性障害が原因で女になりたいと思っている男性は、とっても苦しんでいるでしょう。たった1人でいいので、わかってくれる人を見つけてください。それだけでも人生は変わるでしょう。そして、周りよりも自分らしさを大事にしてくださいね!

もっと性について知りたいあなたへ!

アセクシュアル診断!原因や特徴は?ノンセクシュアルとの違いは?
ノンセクシャルとは?アセクシャルとの違いは何?
セクシャルフルイディティとは?全米で話題の新しい性のあり方!
バイセクシャルの女性の悩みとは?同性愛者の女性の恋愛事情解説!

関連するまとめ

mii.3310
mii.3310
こんにちは!ネイリスト歴9年目、日々の接客の中で、色んな方と恋愛トークをしています! 記事を通して、1人でも多くの方の悩みに寄り添えたらと思います!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ