スカートの作り方まとめ!だれでも簡単にハンドメイドできちゃう

デザインも生地も色も自分好みのスカート、見つかるようでなかなか探し当てるのは難しいもの。だったら作っちゃえ、ということでソーイング初心者でもわかる好みのスカートの作り方や、作り方通りにキレイに仕上げるコツをまとめてご紹介します。

スカートの作り方まとめ!だれでも簡単にハンドメイドできちゃうのイメージ

目次

  1. 可愛くておしゃれなスカートを手作りしよう
  2. 簡単スカートの作り方で揃えたいもの①型紙
  3. 簡単スカートの作り方で揃えたいもの②布
  4. 簡単スカートの作り方で揃えたいもの③ミシン
  5. 簡単スカートの作り方①ギャザースカート
  6. 簡単スカートの作り方②巻きスカート
  7. 簡単スカートの作り方③ロングスカート
  8. 簡単スカートの作り方④サーキュラースカート
  9. 簡単スカートの作り方⑤二枚重ねスカート
  10. 簡単スカートの作り方⑥サークルスカート
  11. 簡単スカートの作り方⑦バックフレアスカート
  12. 簡単スカートの作り方番外編①パウ
  13. 簡単スカートの作り方番外編②万能ペチコート
  14. 簡単スカートの作り方番外編③リメイクスカート
  15. 自分スタイルのスカートで新鮮コーデを楽しもう

可愛くておしゃれなスカートを手作りしよう

ネットショップでも街の実店舗でもありとあらゆるタイプのスカートが販売されていますが、そんな中からいざ自分が思い描いたとおりの理想のスカートを探し当てるのは至難の業です。

こんな時ソーイングができたらなぁ、とは誰しも思うことですが、だからといって服作り初心者にはなかなかそのハードルを越えるのには勇気が必要です。

ですが最近はそうした服作り初心者さんにも気軽にチャレンジできる服作りの本やレシピ、動画やサイトといった情報面から、服作りがより簡単で楽しくなる便利なグッズも数多く発売されているので、1度思い立ったら案外簡単に作れた、という人も大勢います。

ぜひあなたも思い切って、デザインから生地、色、素材の全て一から十まで丸々自分好みのスカートを作ってみましょう。

簡単スカートの作り方で揃えたいもの①型紙

いざスカート作りにチャレンジしよう、と思い立ったときにまず必要となるのが服の型紙です。

「そんなこと言っても型紙なんていきなり自分で作れない」と悩む必要はなく、プリントされたものをハサミで切るだけで使えるソーイングレシピや服作り初心者向けに写真を多用して詳しく手ほどきしてくれているソーイングブックの付録型紙などさまざまな型紙を手に入れることが出来ます。

手にとって確かめやすいのが街の手芸店などにおいてあるソーイングパターンで、海外大手のレシピから日本人向けデザインのもの、またお店によってはオリジナルデザインの型紙などを販売しているところもありますので、まずはその中から好みのものを探してみてください。

服作りの本などにも実物大型紙という名前で掲載されている洋服の型紙が載っており、それを100均などで売っているトレーシングペーパーや、洋裁店で売っているハトロン紙などに写して使えば簡単に型紙が手に入ります。

immaesaiさんの投稿
37855068 266993623900560 7510633581375389696 n

注意したいのは、家に古い洋裁の本などがあって、そちらを利用したいと思った場合です。

昔の服作りの本はドレメ式や文化式、あるいはかこみ式といった型紙の製図方法別に、自分で型紙を作るのが一般的でしたが、これらはある程度の経験がないと一見でいきなり作るのは難しい型紙になります。

お家の人などに教えてもらえる場合は別ですが、全くの独学で服作り初心者がこれらの型紙を作りあげるのは、服作りのハードルが無意味に高くなりすぎるのであまりおすすめできません。

akairibon3161さんの投稿
37852569 2081841538748292 539669542754844672 n

手芸店などのソーイングパターンや雑誌の実物大型紙を利用する場合は、作り方完成図とよく照らし合わせて、写し間違いや切り残しがないように気をつけましょう。

また専用ハトロン紙ではなく100均のトレーシングペーパーを使う場合は、服作り用では大きさが足りない場合がほとんどなので、あらかじめセロハンテープやノリなどで一定の大きさに繋ぎ合わせておくのもおすすめです。

1度しっかりした型紙を作っておくと、生地違いなどでスカートを作る場合など何回も使いまわせるようになるので、面倒でもきっちり作っておくと後がグンと簡単になります。

簡単スカートの作り方で揃えたいもの②布

手作りスカートを作る際に用意したい物の2つ目はモチロン布地です。

市販品にないもの、好みにぴったりのものが作れるのが手作り最大のメリットなのでここはこだわってこれはと思う布を探すようにしましょう。

必要な布の量は、ソーシングパターンや洋裁の本に書いてあるので、その量に見合うだけの布地と、それに合う縫い糸、ファスナーやボタン、ベルト芯やゴムテープといった付属品も布と一緒に購入すると色あわせが簡単にできます。

柄に方向性があるものを選ぶとサーキュラーやサークルスカート、などは裁断の関係上、特に布の必要量が多くなりますので注意してください。

一般的に簡単スカート作りに向いているのは、コットンならダンガリーやシャンブレー、ツイルといったハリのある生地がスカートに仕立てたときのシルエットがキレイに出やすく、縫い代の始末も簡単なのでおすすめです。

肌触りがやわらかなダブルガーゼや秋冬のスカートにぴったりのウールやツイード、コーデュロイ、サーキュラースカートなどに向いているジョーゼットなどは布端の始末がコットンよりも難しく、どちらかといえばロックミシンを持っている人におすすめです。

最近の和ブームもあり、ショップにはアンティークの着物地などをリメイクしたスカートなどもよく売られています。

自分ののたんすに眠ったままになっている古い着物を使いたい、と思うこともあるかも知れませんがその着物が正絹の場合、まったくのソーイング初心者にはシルクの縫製は難しいのであまりおすすめできません。

まだ仕立てていない浴衣の反物やアンティークの浴衣、久留米絣のような木綿の着物地がある場合は、古いものであってもきちんとほどいて洗えば立派なリメイクスカートになります。

demidemi_blogさんの投稿
38424219 539549719811091 39340603351236608 n

簡単スカートの作り方で揃えたいもの③ミシン

手作りスカートを作る際に揃えたいものの3つ目はミシンです。

手縫いで作る作り方もありますが、全自動洗濯機での洗濯に耐える強度などを考えると、ミシンでの縫製が必要となってきますので、手持ちにミシンがある場合はミシンを使う作り方ををおすすめします。

家にミシンがあるけれども、使うのは久しぶりという場合はまずメンテナンスから始めないと、使っている途中で調子がおかしくなったり、古いミシン油でせっかくのスカート生地に油染みなどができてしまう可能性があります。

ミシンに付属のブラシなどを使ってたまったホコリなどをきちんと取り除きましょう。

またその際にミシン針もきちんとチェックしましょう、古いものやサビているものは使用せず、布地の厚みに合わせて購入してきた新しいミシン針と糸をセットして試し縫いをし、きちんと縫えているかを確かめましょう。

また、家にミシンがないという人は、これから先ハンドメイドをホビーの1つとする可能性と考え合わせて、購入するかどうか決めましょう。

plumandpigeonさんの投稿
38497186 197331811139596 1686296974652866560 n

子供の通園バッグなど、簡単な袋物の縫製の場合にはあまり問題にはなりませんが、洋裁をする際に浮上するのがロックミシンの必要性です。

簡単に言えば、布端の始末でロックミシンの右にでるミシンはありませんので、ロックミシンがあればあるに越してことはありません。

ただしロックミシンはそれなりに高価で、かつミシンと合わせて2台分のスペースなども考える必要がありますので、布を購入した店での有料ロックミシンサービスなどが受けられる場合は、そちらを利用するのも1つの方法です。

lalala_mylifeさんの投稿
37402402 289556165149840 7390175021626294272 n

簡単スカートの作り方①ギャザースカート

それでは人気のスカートの作り方の中からまずギャザースカートの作り方をご紹介します。

ソーイングの本などでもまず最初に作り方が説明されていることの多いギャザースカートは、コットンはもちろん素材次第では秋冬のスカートも容易に作ることができる人気のデザインです。

初めてのギャザースカートの場合は、縫いやすさや端の始末の簡単さからもコットンで作るのがおすすめです。

ギャザースカートの型紙は市販のソーイングパターンのギャザースカートやソーイングの本の中のギャザースカートの作り方ページを参考にすれば、初心者でも比較的カンタンに作ることが出来ます。

ギャザースカートの作り方の中で最も難易度が高いのはウエストの始末で、既製品のような仕上がりにするにはベルト芯を使う必要があります。

最もシンプルなギャザースカートの作り方なら、ウエストをゴム仕上げにすれば誰でも簡単にウエストの始末が出来ます。

charmant_hiroshimaさんの投稿
36586959 266461694119234 2135830087465959424 n

■参考記事:スカートにはどんな種類がある?

スカートの種類まとめ!あなたに似合うスカートはどれ?

簡単スカートの作り方②巻きスカート

巻きスカートもギャザースカートと並び、比較的カンタンな作り方でできるスカートの1つです。

スカート丈を選べば、作り方は同じでもミニやロングといった雰囲気の違う巻きスカートを容易に作ることが出来る上、サーキュラーやフレアスカートなどに比べるとウールやコーデュロイといった秋冬素材でのスカートの作り方も初心者でも気軽にチャレンジできます。

スカートの作り方初心者の内はウエスト始末は紐で結ぶ作り方がおすすめですが、慣れてきたら、ボタン留めなどのよりデザイン性の高い作り方の巻きスカートもおすすめです。

特にデニムなどの比較的重量のあるタイプの生地で巻きスカートを作る場合は、紐で結ぶタイプの作り方だとスカートの重みに耐え切れない場合がありますので、作り方を十分マスターできたと思ったら、ぜひボタン留めの作り方にチャレンジしてみて下さい。

moname.officialさんの投稿
30589795 146347426209051 5249903534249345024 n

簡単スカートの作り方③ロングスカート

ギャザースカートであれ、タイトスカートであれ、1枚は自分好みのものを揃えておきたいのがロングスカートです。

ドレッシーにもカジュアルにも自由自在に演出できるロングスカートは応用範囲も広く、ロングスカートとバッグやロングスカートと帽子、あるいはロングスカートとブラウスのセットアップとして作っておくと、コーデの幅がグンと広がります。

fashionscout76さんの投稿
37957870 518026765292699 4682924927274188800 n

ロングスカートの作り方は、基本的にはギャザースカートや巻きスカートとあまり大差はありません。

違いといえば使用する布が多くなる分、重さがどうしてもロングスカートは出てきてしまいますので、ロングスカートを履いている最中にズレてきた、などという事態を避けるためにもきちんとしたウエストの始末が大切になってきます。

houseameerahさんの投稿
38247715 1953014058052334 2731853019938291712 n

簡単スカートの作り方④サーキュラースカート

ブーム再来の声もあるサーキュラースカートは何といっても動きにあわせたラインの美しさがデザインの魅力です。

軽やかさを大切にしたいサーキュラースカートの作り方のポイントは何といっても素材選び。春夏のサーキュラースカートならもちろんコットンやコットンレース、化繊のジョーゼットなどがサーキュラースカートにはおすすめ。

秋冬用のサーキュラースカートなら薄手のデニムやウールジョーゼットなどがサーキュラーラインを生かした作り方の点からみてもベストです。

uniqlo_ginzaさんの投稿
38097054 212646179406772 2312235217630265344 n

■参考記事:チュールスカートは簡単に手作りできちゃう♪

チュールスカートの作り方!簡単に作れちゃう!

簡単スカートの作り方⑤二枚重ねスカート

ギャザースカートと同じ要領の作り方で作れる二枚重ねスカートは素材次第で応用範囲の広いスカートです。

中でもおすすめの作り方がダブルガーゼを使った二枚重ねスカートで、一枚でスカートに仕立てるには強度の足りないダブルガーゼを二枚重ねることで、しっかり感をアップしながら肌触りのよさはそのままでスカートにすることができます。

dream_shonanさんの投稿
34830723 435528133589303 7321559654897549312 n

■参考記事:透けスカートコーデが今トレンドに♪

透けスカートって知ってる?おすすめコーデも紹介します!

簡単スカートの作り方⑥サークルスカート

サーキュラースカートとの類似点も多いサークルスカートは欧米では年齢に関係なく着用している人の多いスタンダードなデザインの1つです。

裾周りにボリュームが出ることで、上半身がすっきり見える効果のあるサークルスカートは、ほっそり見えを狙う人にもおすすめのデザインで、落ち感のある布を選べば、ドレッシーな装いにもぴったりです。

sewingskillsprojectさんの投稿
38194782 2044043539242776 8846492801274216448 n

簡単スカートの作り方⑦バックフレアスカート

アシンメトリーなデザインが素敵なバックフレアスカートは動くたびに揺れるラインが特徴。特にコットン生地のバックフレアスカートは、春夏のコーデに大活躍してくれること間違いナシのファッションアイテムです。

そんなバックフレアスカートの作り方を丁寧に解説してくれているこちらの動画、指定されている型紙を購入すれば、後は動画をお手本に簡単に既製品のようなバックフレアスカートが完成。

さらに動画では初心者が間違えやすいポイントも手元のアップなどで作り方を詳しく説明、途中で挫折することなくラクラク自分オリジナルのバックフレアスカートが作れます。

簡単スカートの作り方番外編①パウ

美容や健康、楽しみのためにフラダンスを習っているという人に欠かせないのがキレイなパウ。

フラダンスの衣装で、ボリュームのある独特のスタイルのスカートのことを指すパウですが、いざ買うとなるとなかなか自分サイズにぴったりで値段が手頃、かつ色柄も好みといったパウを見つけるのは至難の業という声もしばしば耳にします。

また、フラダンスのグループ全員でおそろいのパウを身に付けたいのに、適当なオーダー先が見つからないという時には思い切って手作りパウにチャレンジしてみるのもおすすめ。

ハワイアンキルトで有名なキャシー中島さん親子が、色鮮やかなパウスカートの作り方を解説してくれている動画を参考にすれば、初めての人にも気軽にパウ作りにチャレンジできます。

肝心のパウの型紙は、という時には手芸店でパウのパターンを購入すれば、必要な布の量なども一目瞭然なのでおすすめ、パウ作りにぴったりのハワイアン生地などを扱うネット手芸店などではパウの型紙を無料で公開しているところもあるのでそちらも要チェックです。

簡単スカートの作り方番外編②万能ペチコート

スカートの縫製に自信がついてきた人におすすめなのが手作りのペチコートです。

ドレスの下に着るパニエのような大げさなものではなく、どんなスカートの下にもあわせやすいシンプルでギャザー部分のボリュームが少ないタイプがおすすめ。

ベーシックな肌色、黒、白、など何色か作っておくと裏地のついていないスカートを着るときの静電気リスクや、太陽の下では透けて見えるのではないかという心配、余り質の良くない裏地のスカートを着るときなどにも便利です。

lagrandeboutiquelgbさんの投稿
38487922 663198437380667 8764022913725628416 n

素材は何といってもベンベルグ地がおすすめで、一般にはキュプラとして知られている素材です。

手芸店やネットのハンドメイド材料を扱うお店などでさまざまな色のベンベルグ生地を売っていますので、必要な分だけ購入OKです。

デザイン的にはウエストゴムのスカートの要領で作れば、ゴムの入れ替えも簡単で長く着る事ができ、作るのも簡単なのでおすすめです。

teruyuki_fujiiさんの投稿
24175147 146521819322336 4689950200985288704 n

簡単スカートの作り方番外編③リメイクスカート

一から手作りするというわけではありませんが、リメイクスカートもオシャレ好きには持っておきたいファッションアイテムの1つなので、最初にチャレンジするなら手持ちのスカートの裾丈を変える簡単リメイクスカートをおすすめ。

布地自体は好みだけれどロングすぎてコーデが難しかったり、ロングスカートとして着るのに飽きてきたというスカートは、まずは切らずに裾にピンタックを等間隔に入れてみるのも可愛いリメイク方法です。

生地によってはピンタックの間にレースやリボン、チロリアンテープなどを縫い付けてフォークロアデザインのスカートに変身させるのも簡単なのに大変身させられるリメイクアイデアの1つです。

nagoya_panamaさんの投稿
20904928 1387239044724142 9153835549964894208 n

ロングスカートとは逆に着ているうちに縮んでしまった、あるいは裾などにシミやほつれなど傷みが目立つようになった、もしくはただ単に着丈が短すぎると思うようになったという時には、裾周りに別布を縫い付けてロングスカートにリメイクしましょう。

その際に使う布を土台のスカートと同系色にすれば、おとなしめのリメイクスカートに、反対色などを持ってくればパッと人目を惹くスカートになります。

リメイクはいいけれど、いかにも中古といったマイナスイメージは嫌、という場合は、柄物のスカートなら柄に使われている色から一色を選んで裾に継ぎ足す布の色にすれば、統一感が自然に出て素敵なリメイクスカートとなります。

baseone1972さんの投稿
21879012 174981436383537 2105598633008168960 n

自分スタイルのスカートで新鮮コーデを楽しもう

いかがでしたでしょうか。手作りのスカート、思っていたよりもチャレンジしてみたら簡単だったという声も意外と多く聞かれます。

ギャザースカートのような比較的シンプルなデザインのものからスタートして、サーキュラーやロング、さらにはパウスカートやリメイクスカートまで作りこなせれば後は自由自在。

自分らしいコーデの決め手となるスカートをぜひ手作りしてみてくださいね。

ハンドメイドについてもっと情報を知りたいアナタに!

ワンピースを手作りで!簡単な作り方紹介!【型紙あり】
リュックサックの作り方まとめ!子供用から大人用まで簡単手作り!
くるみボタンのアレンジ方法7選!【ハンドメイド】

関連するまとめ

egg star☆
egg star☆

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ