【骨格診断】ストレートタイプ特集|似合う髪型や服装は?

骨格診断でストレートタイプと判明したら、次は似合うファッションやヘアスタイルを探しましょう。骨格タイプに合うものを選べば、スタイルもセンスもアップし、周囲からの目も変わるはずです。ストレートタイプに似合うものを知り、新しい自分に生まれ変わりませんか?

【骨格診断】ストレートタイプ特集|似合う髪型や服装は?のイメージ

目次

  1. ストレートタイプは「グラマラスボディ」
  2. ストレートタイプに似合う髪型は?
  3. ストレートタイプに似合う服は?
  4. ストレートタイプに合う【ワンピース】
  5. ストレートタイプに合う【スカート】
  6. ストレートタイプに合う【コート】
  7. 小物もストレートタイプに合ったものを
  8. ストレートタイプに似合うコーデ集
  9. ”シンプル&すっきり”がキーワード

ストレートタイプは「グラマラスボディ」

「いまいちファッションが決まらないのは、きっと体型のせいだ。」そんな悩みを解決してくれる”骨格診断”をご存知ですか?

似合うカラーを教えてくれるのがパーソナルカラー診断、似合う素材や形を教えてくれるのが骨格診断です。今回は骨格診断の「ストレートタイプ」の方に向けて、似合う髪型と服装のポイントを解説します。

骨格診断でストレートタイプと判明した方は、メリハリボディの持ち主。グラマラスな印象を与えるので、ファッションやヘアスタイルに限らず華やかなタイプです。

ストレートタイプの特徴一覧

ストレートタイプの方には、以下のような特徴があります。必ずすべての項目があてはまるわけではありませんので、参考程度にとどめておいてくださいね。

・立体感のあるメリハリボディ
・グラマラスな印象
・体に厚みがある
・お尻や胸が高い位置にある
・上半身に重心がある
・ハリのある肌質
・筋肉がつきやすい
・身長に比べると手足が小さめ
・鎖骨はあまり目立たない
・ウエストから腰骨までのラインが短く直線的
・ふくらはぎが筋肉質
・骨は細め
・足首が目立つ

▼関連記事:骨格診断でわかるイイ事とは??

【骨格診断】3つのタイプでセンスもスタイルもUPする服がわかる!

ストレートタイプに似合う髪型は?

それでは早速ストレートタイプに似合う髪型から見ていきましょう!

ストレートタイプの方は首が短めでデコルテに厚みがあるので、ボリュームのあるヘアスタイルよりも、すっきりとしたラインのヘアスタイルが似合います。頭の形が丸いことが多いので、シンプルなショートヘアかロングヘア、パーマよりもストレートが似合います。

シャープなラインがフィットするので、少しゆるめのスタイルにしたい日でも、毛先だけワンカールする程度にとどめ、縦型のシルエット、Iラインになるように心がけるとよいでしょう。

ワンレンボブがぴったり!

ロングやセミロングなら、ストレートか大きめのゆるいウェーブがおすすめです。髪を巻くときは、ツヤ感が出るようにするとゴージャスな印象になり、ストレートタイプに似合うスタイルになります。

ショートなら、すっきりとしたワンレンボブがおすすめです。綺麗に切り揃えられた毛先はシャープな印象を与え、ショートボブなら首元をすっきり見せてくれます。前髪もサイドと同じ長さに切り揃えたワンレングスにすると、ストレートタイプにしっくりきます。

まとめ髪もすっきりが◎

ストレートタイプに似合うまとめ髪は、ルーズな後れ毛を出し過ぎたり、ふんわりボリュームを出すようなスタイルよりも、すっきりコンパクトにまとめたヘアスタイルです。

アレンジで言えば、きゅっとまとめ上げた夜会巻きのようなスタイルがよく似合います。普段から夜会巻きはちょっと…という方は、簡単なシニヨンがおすすめです。

ルーズにならないように、ツヤ感が出るように、この二つのポイントに気を付ければ、ストレートタイプの方もアレンジが楽しめます。

ストレートタイプに似合う服は?

ヘアスタイルの次は、ファッションです。骨格タイプに合うファッションを選ぶと、スタイルもセンスもアップして見えるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

厚みのある体をすっきり見せる”シャープさ”がカギ

ストレートタイプの方は体に厚みがあるので、上半身にボリュームをもたせるスタイルよりも、上半身はすっきり、縦長のシャープなラインを意識したスタイルがおすすめです。

【シンプルでベーシックなアイテム】

無駄のないシンプル&ベーシックが、メリハリボディの良さを引き立てます。

【ジャストなサイズ】

厚みのある体をすっきり見せるには、ゆったりサイズ、体にぴったりしたサイズではなく、ジャストサイズを選びましょう。

【ハリのある上質な素材やシルクや本革など高級感のある素材】

ハリのある肌感なので、やはりハリのある素材が似合います。

【Iラインシルエット】

骨格にメリハリがあるので、横に広がらないIラインシルエットを意識すると、すっきり見えます。

体のボリュームを強調してしまう服はNG!

毛皮やダウンコート、フレアスカートのように広がりのあるファッションアイテムは、ストレートタイプの体のボリュームを強調してしまいます。

胸元のフリルや大きなリボンのような装飾も、重心のある上半身をさらに大きく見せてしまうのでNGです。また同じ理由で、ハイウエストなデザインもストレートタイプは避けた方が良いでしょう。

レギンスやスキニーパンツのように足首までぴったりしたアイテムは、腰回りをさらに大きく見せてしまうのでNGです。太ももを強調してしまうショートパンツもストレートタイプには難しいでしょう。

ストレートタイプに合う【ワンピース】

ファッションの中でも、ワンピースは似合うもの、似合わないものがはっきりと分かれるアイテムですよね。流行のアイテムを選んだのに、自分にはしっくりこなかった…などという失敗を経験した方は、少なくないのではないでしょうか。

ワンピースは、実は似合うタイプのものを選ぶと、スタイルアップして一気にアカ抜けることができるアイテムです。自信を持ってお出掛けできるように、自分の骨格タイプに合うワンピースを探しましょう。

ワンピース選びのポイント

ストレートタイプに似合うワンピースは、すとんと落ちるIラインのアイテムです。体に厚みがあるので、ウエストにベルトが付いていたり、カラーの切り替えがあるなど、ウエストラインがわかるアイテムがベストです。

【似合う】Iライン

シンプルでベーシックなファッションが似合うストレートタイプなので、リボンやフリル、レースなどの装飾がないものを選ぶと良いでしょう。

【似合わない】Aライン、ハイウエスト

逆に避けた方がよいのは、ウエストから裾に向かって広がるAラインのワンピース、そしてウエストが高い位置にあるハイウエストのワンピースです。上半身のボリュームを強調してしまい、太って見えてしまう可能性があります。

ストレートタイプにおすすめブランド

ストレートタイプにおすすめのワンピースを選ぶなら、シンプル&ベーシックなアイテムが揃う、スタイリッシュなブランドがおすすめです。

Theory

【Theory】は、シンプルの中にさりげなくトレンドを取り入れた”New Basic”をコンセプトにした、ニューヨーク発のファッションブランドで、スタイリッシュな着こなしの似合うストレートタイプにおすすめです。着心地の良さにこだわったアイテムばかりなので、厚みのある生地のワンピースも気持ちよく着られます。

SHIPS

【SHIPS】は、“STYLISH STANDARD”をコンセプトにしたブランドで、スタイリッシュでありながらもカジュアルでリラックス感のあるアイテムが揃ったブランドです。広がりすぎず、ゆるすぎない落ち着いた印象のワンピースは、ストレートタイプの方にもしっくりくるはずです。

BANANA REPUBLIC

【BANANA REPUBLIC】は、カジュアルでありながら高級感のあるブランドです。良質な素材を使った、装飾の少ないシンプルなアイテムは、ストレートタイプにぴったりです。すとんと落ちるIラインのワンピースをスマートに着こなし、一段上のおしゃれなカジュアルを楽しみましょう。

GU

【GU】は、言わずと知れたファストファッションの代表格のブランドです。派手な装飾もなく、シンプルなアイテムが多いので、ストレートタイプの方に合うワンピースが必ず見つかります。多様なワンピースの中から、ベルト付きなどウエストラインが出るものを選びましょう。メリハリボディのストレートタイプの方が身につければ、プチプラアイテムも高見えします。

お呼ばれドレスは固い素材のシンプルIラインが◎

ストレートタイプの結婚式やパーティーなどのお呼ばれスタイルには、ひらひらと揺らぐ薄い生地よりも、厚手でしっかりとした生地のドレスがおすすめです。

ワンピース同様、お呼ばれスタイルでも、広がらず、体にぴったりしすぎない、ジャストサイズのすとんと落ちるIラインのドレスがおすすめです。

ストレートタイプの洗練された印象を活かすなら、ドレスパンツもおすすめです。上から何かを羽織る場合も、同カラーでシンプルなものを合わせれば、上半身が重くなりません。

ストレートタイプはお呼ばれスタイルでもボリュームは出さず、厚手のハリのある素材を選ぶことで高級感を出しましょう。

ストレートタイプに合う【スカート】

スカートは特に、骨格タイプで似合う・似合わないが顕著に出るアイテムです。パンツスタイルもスマートに着こなすストレートタイプには、どのようなスカートが似合うのでしょうか。

スカート選びのポイント

ストレートタイプに似合うスカートは、ワンピースやドレス同様、広がらない、すとんとしたものです。ハリのある厚手の素材で、ひざ上からひざ丈のものを選ぶと、脚が長く綺麗に見えます。

【似合う】
タイトスカート、デニムスカート、ラップスカート、マキシスカート

【似合わない】
フレアスカート、プリーツスカート、タックスカート、ギャザースカート

ふんわりと揺れる素材で広がるスカートは避け、Iラインのスカートを選ぶとスタイルアップして見えます。

ストレートタイプにおすすめブランド

INDIVI

【INDIVI】は、シャープで洗練されたテイストを取り扱うブランドです。普段着にも仕事着にも使えるスカートは、ストレートタイプの方が得意とするアイテムです。着やせ効果もあるので、綺麗に着こなせるはずです。

ICB

【ICB】は、洗練されたキャリア女性向けのグローバル視点のブランドです。華美な装飾を必要としないストレートタイプなら、無駄のないデザインのスカートもスタイリッシュに着こなせます。Iラインのスカートで、出来る女性を演出しましょう。

UNIQLO

【UNIQLO】は、ストレートタイプにおすすめのプチプラブランドです。シンプルでベーシックなデザインが多いので、Iラインのスカートも季節を問わず見つかります。プチプラなので、似合うアイテムが見つかったら色違いで揃えることもできるので、嬉しいですよね。

柔らかい素材やロングスカートには”似合わせ”テク

フレアスカートやプリーツスカートのようなロングスカート、またはシフォンのような柔らかい素材は、ストレートタイプには似合わないとされています。そういったアイテムを着たい場合は、似合うように一工夫加える必要があります。

例えばプリーツスカートなら、プリーツが細かい、下にまっすぐ落ちるようなデザインのスカートを選ぶとよいでしょう。また、光沢のある素材、ハリのある厚手の素材でしたら、しっくりくるでしょう。縦長のIラインを強調するデザインなら、ストレートタイプにもおすすめです。

また、組み合わせるトップスや靴、バッグは、きれいめでシンプルなものを選びましょう。似合わないとされているデザインや素材でも、自分に似合うように工夫をすれば、着られないということはありません。

ストレートタイプに合う【コート】

続いて、ストレートタイプが綺麗に着こなせるアウターをご紹介します。上半身に重心のあるストレートタイプは、ダウンや毛皮のようなボリュームのあるアウターよりも、すっきりとしたシルエットのものがおすすめです。

テーラードジャケット

ベーシックなテーラードジャケットも、ストレートタイプに似合うアイテムです。厚みのある上半身をすっきり見せるには、襟が深めでウエストが締まっていないデザインのものを選ぶと良いでしょう。

トレンチコート

シンプルでベーシックなシルエットのアウターと言えば、トレンチコートです。柔らかい素材よりも、ハリのあるしっかりとした印象のものを選ぶと良いでしょう。

ライダースジャケット

ストレートタイプにはライダースジャケットもおすすめですが、装飾の少ないコンパクトなシルエットのものを選ぶとよりしっくりきます。サイズも大きめ、ゆったりめではなく、ジャストサイズのものがベストです。

チェスターコート

定番のチェスターコートも、ストレートタイプの方なら一着は持っていたいアウターです。ゆったりしたものや襟の大きなデザインよりも、ジャストサイズでシンプルなデザインのものを選ぶと、すっきりスタイリッシュに着こなせます。

小物もストレートタイプに合ったものを

アクセサリーや靴も、骨格タイプによって似合うもの・似合わないものがあります。せっかく似合う服を身にまとっても、似合わない靴やバッグで台無しになってしまうことも。

自分に似合う小物を揃えて、お手本のような着こなしを目指してくださいね。

バッグ

バッグは、大きすぎないレザートートやシンプルなデザインのショルダーバッグが似合います。紐ではなく金具の付いた、上質なつくりのものがおすすめです。丸みのあるバッグよりも、四角いシェイプでスタイリッシュに決めましょう。

靴は、カジュアルでも高級感のある上質なものが似合います。ポインテッドトゥのパンプスや、スニーカーでもレザーのものを選ぶなど、シャープな印象のアイテムがおすすめです。マットなタイプよりも、光沢のある素材がしっくり決まります。

アクセサリー

ストレートタイプに似合うアクセサリーは、本真珠、ゴールド、プラチナといった上質な素材が使われたアイテムです。

【イヤリングやピアス】
シンプルなデザインで揺れないタイプのもの

【ネックレス】
縦のラインをつくるロングネックレス

【ブレスレット】
シンプルで直線的なデザインのもの

ストレートタイプに似合うコーデ集

ストレートタイプに似合うアイテムを見つけたあとは、それらを上手に組み合わせて、様々なコーディネートを楽しみましょう。

ストレートタイプに似合うコーデの一部をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ジャケット×花柄スカート

春にぴったりな花柄スカートを履くなら、ネイビーなどはっきりしたカラーのジャケットを合わせるのがおすすめです。袖をまくったジャケット×大きな花柄のスカートの組み合わせは、ストレートタイプの“大人フェミニン”を印象付けてくれます。

ブラウス×ストレートデニムパンツ

爽やかな軽い素材のブラウスには、シンプルなストレートデニムパンツがファッションをスマートに引き締めてくれます。飾り気のないシンプルなファッションも、ストレートタイプのメリハリボディならスタイリッシュに着こなせてしまいます。骨格を活かしたおすすめのコーデです。

白シャツ×ベルト付きタイトスカート

タイトスカートは、ストレートタイプにこそ着こなせるファッションアイテムです。シンプルな白いシャツに合わせるなら、ベルト付きなどウエストにポイントのあるスカートがグラマラスな骨格をより引き立ててくれます。

スカートは、ブラック、ネイビーなどオフィスファッションにぴったりのカラーはもちろん、季節に合わせたマスタードやワインレッドのようなカラーでも着こなせるはずです。

Vネックカーディガン×タイトスカート

体の厚みをすっきり見せてくれるVネックカーディガンと、ウエストラインをくっきり出すタイトスカートは、ストレートタイプのマストアイテムとも言えます。

カーディガンは、なるべくシンプルで、高級感を感じさせるアイテムをチョイスしましょう。ゆったりめよりも、ジャストサイズを選んでくださいね。

カラーニット×レーススカート

厚手のしっかりした素材がしっくりくるストレートタイプですが、春や初夏には涼しげに見える素材を身につけたいですよね。

レーススカートは一見ストレートタイプには難しそうにも思えますが、タイトめの、Iラインになるようなスカートを選べばOKです。明るい色合いのニットもシンプルでコンパクトなものを選びましょう。

ロングカーデ×ストレートパンツ

ロングカーディガンとストレートパンツは、Iラインが綺麗に出るので、ストレートタイプにおすすめのコーデです。ロングカーデは、だぼっとしたデザインよりも、シンプルでキレのあるデザインを選ぶと、すっきり見えます。

ニットワンピコーデ

ゆるめのカジュアルコーデを楽しみたいときには、ニットワンピもおすすめです。甘いイメージのあるニットワンピですが、ふんわり広がらず、体にぴったりしないすとんと落ちるタイプのものが似合います。

さりげなく少し袖をまくったり、ロングネックレスで縦のラインを強調すると、よりすっきり着こなせます。

カジュアルコーデには”似合わせ”テク!

ストレートタイプには、フォーマルやエレガントスタイルが似合うので、カジュアルは苦手なイメージがあります。カジュアルをスマートに着こなすためには、素材やデザインを上手に選ぶ必要があります。

例えばカジュアルコーデの鉄板であるパーカーは、首元が詰まって見えて、首の短いストレートタイプには合いません。首元の開いたデザインや、フードの小さいパーカーを選べば、すっきり着こなせるでしょう。

デニムスカートならタイトめのIラインのものを、スウェットならVネックのように首元がすっきりするものを、ボーダーやチェック柄を着るときはロングネックレスで縦ラインを作るなどの工夫をすれば、ストレートタイプもカジュアルコーデを楽しめます。

”シンプル&すっきり”がキーワード

骨格診断でストレートタイプと判明したら、ファッションもヘアスタイルも、とにかくシンプルですっきりしたスタイルになるようなものを選ぶようにすると、いっそう魅力的に輝きます。

今まで何を選んでもしっくりこなかった方も、これからは似合うアイテムを身につけ、毎日のファッションを楽しんでくださいね♪

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ