ミニマリストの生活を徹底解析!ポイントは「捨てる」こと?

必要最小限の物で生活するミニマリスト。実際の生活は?「捨てる」ことでミニマリストになれるのか?気になる人も多いでしょう。ミニマリストのメリットや生活、ミニマリストになる方法を紹介します。新しく誕生したライフスタイルを学んで、あなたの生活を豊かにしましょう♪

ミニマリストの生活を徹底解析!ポイントは「捨てる」こと?のイメージ

目次

  1. ミニマリストとは?
  2. ミニマリストはメリットがたくさん!
  3. ミニマリストの生活って?
  4. ミニマリストとして生活するには?
  5. ミニマリストの部屋ってどんな感じ?
  6. ミニマリストはシンプルな暮らしでも充実♡

ミニマリストとは?

「ミニマリスト」とは、『最小限の』を意味する「ミニマル(minimal)」から派生した造語です。持ち物を必要最小限に減らして生活する人を指します。

現代は、大量生産・大量消費の社会です。物が溢れる現代だからこそ、物の価値を改めて考え直そうとする人が増えています。そして、ミニマリストをライフスタイルに取り入れ、価値ある物を求める人が増加しています。

今回は、ミニマリストのメリットや生活、ミニマリストになるための方法について紹介します。

急に全てを選択する必要はありません。徐々に必要な物を見極めて、最終的に厳選された物の中で暮らしていくと考えましょう。自分らしいライフスタイルを確立でき、活き活きと楽しんで生活することができるでしょう。

◆関連記事:断捨離のやり方についてはこちらをチェック!

いざ実践!断捨離のやり方|後悔せずミニマリストになろう

ミニマリストはメリットがたくさん!

ミニマリストは、必要最小限の物で生活することで、かえって豊かな生き方をできると考えられています。多くの物に埋もれて息苦しさを感じている人は、大切なものを見極めることで楽に生きることができるでしょう。

最小限の物だけで生活するミニマリストの生活には、たくさんのメリットがあります。整理整頓することが苦手で、物が溢れて断捨離や片付け術を学ぼうと考える人は要チェックです。物を減らすことで得るメリットを知れば、片付けをするやる気が増すでしょう!

貯金が出来る

新しい物を必要としないので、浪費が減って貯金ができるようになります。持ち物を厳選しながら生活するので、減らすという観念で自分の周りを整理します。「もっとシンプルに生きたい!」という欲が出てきます。新しい物を買いたいという欲求が減少して、買うという行為が邪魔になってくるでしょう。

何か必要な物があるときも、多様性のある便利な物を選ぶようになります。欲しいという欲求とは別に、冷静に物を見定める能力が身に付くので、買い物に失敗する確率も減るでしょう。おかげで、節約に成功して貯金が増えます。

無駄な物を買わない節約のおかげで、本当に欲しいと思える一生ものの高級品を手に入れることもできるでしょう。

準備に時間がかからなくなる

出掛けるときの準備にかかる時間の多くは、コーディネートやメイクではありませんか?今日の気分で洋服を選んだり、メイクを変えたり…いつの間にか時間がたってしまうでしょう。選択肢がたくさんあるからこそ、悩んで時間がかかってしまうのです。

ミニマリストは洋服もメイク道具も必要最小限です。自分に似合う物だけを厳選しているので、選択肢は限られてきます。すると、準備で迷う時間が減って出掛ける前の時短に繋がるでしょう。

持ち物は厳選され、カバンに収納されています。追加で必要となる物があっても、部屋が整頓されていればすぐに見つけて入れられます。おかげで、荷物の準備にも余計な時間が発生しません。「出掛けよう!」と決めればすぐに、外出することができるでしょう。

◆関連記事:ミニマリストの靴事情を知りたい人はこちらをチェック!

ミニマリストの靴事情!靴の数は?断捨離はどうやってる?

判断力が良くなる

ミニマリストになると、自分の周りの物が必要であるか判断する機会が増えます。物を減らすために「好きor嫌い」や「必要or不要」という判断を繰り返すことで、自然と判断力が身に付きます。

物を厳選する判断力が身に付くことで、物以外の判断力も良くなるでしょう。作業に費やす時間と成果が割に合っているのか、費やした時間と得ることのできる対価は正当なのか、といった判断力が増すことで作業効率も良くなります。

判断力が身に付いたことで、必要最小限の時間だけで作業を終えることができるように、計算する能力が身に付きます。仕事やプライベートでも判断力が活かされて、成長や前進するスピードを増すことができるでしょう。

集中力が増す

ミニマリストは、マンガ、本、映画、ゲーム…といった娯楽用品も厳選して生活します。おかげで、何かに集中するときに邪魔する物が無くなります。現実逃避ができないので、仕事や趣味に没頭する集中力が増すでしょう。

また、物は使っていなくてもそこにあるだけで、人の脳にメッセージを送り続けてしまうといわれています。ペンや本が散らばっていると、片付ける必要が無くても「出しっ放しのペンや本があるな…」と思考が働くでしょう。

無意識のうちに、目に見える物について思考が働いて集中力が欠けてしまうのです。作業するスペースにある物が少なければ少ないほど、人は集中して物事に取り組めるはずです。

集中できる空間を理解することで、家以外の環境でも応用できます。どんな環境でも自分なりに無駄な物を排除すれば、作業効率が良くなって今まで以上の成果を上げることができるでしょう。

常に清潔な部屋を保てる

ミニマリストの部屋は、きれいに整理整頓されている場合がほとんどです。無駄な物を排除して、必要最低限の物だけを揃えているので、部屋の中の定位置にちゃんと収納することができるのでしょう。

整理整頓されている部屋であれば、掃除が嫌いでも下手でも関係ありません。物が少なければゴミも少なく、散らかることも少ないでしょう。ゴミや散らかる物をよけたり、収納されていない家具をよけたりすることなく掃除を行えます。

おかげで、細かいところもしっかり手が届き、ホコリひとつないきれいな部屋をキープできるでしょう。物を置かないミニマリストなら、常に清潔な部屋を保つことが容易になります。部屋や身の回りを清潔に保てるので、いつもフレッシュな気持で生活することができるでしょう。

◆関連記事:人気のあるミニマリスト本のおすすめはこちらをチェック!

ミニマリスト本おすすめ人気35選!断捨離の参考になる!

ミニマリストの生活って?

最低限の生活をするためには、様々な道具が必要になります。生活に必要な道具を見極めて、本当に使う物、お気に入りの物だけを集めて生活するミニマリスト。その生活の実態を紹介します。

生活用品は最低限のものだけ

ミニマリストの生活用品はとても少ないです。必要がなければ使わないようにして、生活をしています。普通に生活しているときは、必要不可欠だと感じている道具でも、多様性のあるものに変えたり使い方を考え直したりすことで、減らすことができるかもしれません。

ミニマリストの生活用品について紹介します。

風呂用品

普段お風呂で何気なく使っているシャンプー・リンスや石鹸ですが、ミニマリストの中には使わないという人も多いです。お湯で洗うだけの「湯シャン」や、石鹸を使わずに垢すりで済ませるという人も珍しくはありません。

消耗品を買う必要がないので、節約にも役立ちます。また、道具を置くスペースが無くなって浴室の整頓に繋がります。そして、洗剤によって発生する汚れやカビを防ぐので、掃除の時短にも繋がるでしょう。

タオル

バスタオルのようにかさ張る物は必要とせず、フェイスタオルを使用している人が多いようです。フェイスタオルだけであれば、洗濯して乾燥させることも容易です。直ぐに乾くので、タオルの枚数も必要最小限に抑えられるでしょう。収納スペースも抑えられるので、部屋がスッキリとします。

洗濯・掃除用品

ミニマリストの中には、洗濯や掃除の洗剤にセスキ炭酸ソーダと重曹を使っているという人が多いようです。セスキ炭酸ソーダと重曹であれば、部屋の中の掃除にもあらゆる場所で使用できます。それぞれ専用の洗剤を用意する必要が無くなって、物を減らすことができるでしょう。

掃除で使う道具もシンプルです。雑巾一枚あれば、拭き掃除で部屋中をきれいにできると考えています。広い部屋であれば、ワイパーも併用すれば楽に掃除を済ませることができるでしょう。場所・部分ごとの清掃に特化する、細かい掃除道具を揃える必要はないと考えられています。

キッチン用品

お湯を沸かすことのできる、深さのあるフライパンがひとつあれば鍋は必要ありません。煮物、焼き物、ご飯も炊くこともできます。お皿は大きめの平皿と、大きめのマグカップがあれば大丈夫。汁物はマグカップで十分です。多様性のあるキッチン用品を使っている人が多いでしょう。

使用頻度の少ないキッチン用品は、必要性がないということです。キッチン用品として様々な便利グッズが販売されています。よく考えると不要な物ばかり…。キッチンを断捨離すると、空っぽになるケースが多いでしょう。

寝具用品

ミニマリストには、ベッド派よりもたためるマットや布団派の人が多いようです。他には、軽くて暖かい羽毛布団、毛布にも膝掛けにもなるブランケット。シーツやまくらカバーは1セットあれば十分です。

冬場は寒さ対策に着る毛布を活用する人も多いようです。着る毛布であれば、部屋の中で過ごすときにも温かく、着て眠れば寝具にもなって一石二鳥です。

家具用品

ミニマリストの持つ家具用品は、テーブル、ソファー、ライトといった最小限の物だけです。何もないシンプルな部屋に、お気に入りの高級な家具だけを置くという人もいるようです。逆に、多様性のあるテーブルをひとつだけ用意して、様々な用途で活用するという人もいます。

他には、自分が必要と思う最小限の家具を配置しています。テレビが欲しければ、テレビを置くことも。音楽が好きなら、楽器を置くことも。最小限の厳選された物を配置しています。

◆関連記事:ミニマリストのクローゼットの整頓方法はこちらをチェック!

ミニマリストのクローゼットの整え方や断捨離術を真似したい!

生活費は10万円以下

一人暮らしのミニマリストであれば、6万円から10万円の範囲内で生活している人がほとんどです。普通の生活費と比べると、少し厳しい設定金額と感じるかもしれません。

物を増やさない生活なので、そもそも浪費するお金が必要ありません。そして、ミニマリストの多くは固定費の削減にも取り組んでいます。

食費を節約するよりも、家賃を節約したほうが意識しないで月々の生活費を節約できるでしょう。手始めとしては、住居費、通信費、保険費用を徹底的に見直すことがおすすめです。節約を楽に行うことで、生活費を切り詰めなければという意識や苦労を感じることも少ないでしょう。

ミニマリストとして生活するには?

必要最小限の物だけで生活する、ミニマリストになるための方法を紹介します。ポイントとなる「捨てる」という行為について詳しく説明します。あなたが今持っている物は、捨てる必要があるのか?確認しながらチェックしてみましょう。

捨てるか迷うものは「捨てる」

毎日使っていない物や使用頻度が少ない物は、捨てるか迷ってしまうでしょう。しかし、迷った時点で結論は明白です。最小限の物で生活するとき、毎日使うことのない物は必要としていない物ということです。

捨てるか迷ったら、迷わず捨ていることが重要だといえるでしょう。ミニマリストのポイントは物を最小限にすること!そのためには、必要な物以外は捨ていることが大事です。

「私は捨てられない性格だから…」という思い込みも排除しましょう。捨てると決めれば、捨てられます。捨てられないのは性格のせいではなく、何かしらの理由があるからです。理由を明白にすれば物自体はそれほど重要ではありません。スッキリ捨てるためにも、理由を自覚しましょう。

まずは「一日一捨」をやってみる

一気に捨てるとなると悩みます。捨てなければと意識し過ぎて、必要な物を正しく見極めることもできません。ミニマリストをはじめて直ぐは、まだ判断力が身についていないので、必要な物まで捨てる恐れも考えられます。改めて買い直すようでは、ミニマリスト失格です。

必要な物を正しく見極める能力を養うために、まずは「一日一捨」を実施してみることをおすすめします。不要な物を捨てると、それに伴って不要になる物が現れるでしょう。これを順番に捨てて行きましょう。

次第に、一捨するときに同時に必要でなくなる物を判断する能力が養われます。この判断能力こそ、あなたがミニマリストに成長した証です。不要な物を見極めて捨てることができるようになるでしょう。

全てミニマムが難しければ一部からトライも◎

ミニマリストになろうと決めて直ぐに、全てミニマムにするというのは難しいことです。今までのライフスタイルを突然変えることは、かえって窮屈さを覚えてしまうでしょう。初心者らしく、ハードル低めのミニマリスト生活をスタートさせましょう。

まずは、家の一部からトライするのも◎キッチンやベッドルームなど、一部分だけミニマリストになってみるのはどうでしょう?今までのライフスタイルをキープしながら、自分らしいく楽しみながらミニマムを目指すことが、居心地の良い生活を続ける秘訣といえるでしょう。

ミニマリストが進むと、次から次に断捨離を行ってしまう人も少なくありません。しかし、程よいミニマリストのまま続けるほうが、人間らしい生活を営めるという考え方もあります。捨てるだけでなく暮らしやすい環境を考えた、自分なりのミニマリストを目指すことをおすすめします。

◆関連記事:ミニマリストのキッチンを詳しく知りたい人はこちらをチェック!

ミニマリストのキッチンは?収納や断捨離のやり方を真似したい!

ミニマリストの部屋ってどんな感じ?

ミニマリストの部屋と聞くと、空っぽの印象がある人も多いかもしれません。しかし、そこまで物を減らして生活できる人はほんの一握りです。実際は、生活するための必要最小限の物に囲まれる、スッキリとした部屋であることがほとんどでしょう。

カップルや家族で暮らす部屋の場合、テレビ、テーブル、ソファーなどの家具が揃っている部屋が多いです。棚などを見ると、余分な物がないので隙間のある状態になるでしょう。引っ越し直後の、物を揃えていない状態に近いでしょう。

一人暮らしの場合、必要となる家具や家電を最小限に減らす人が多くなります。シンプルな暮らしを追求して、自分だけに必要不可欠な物を揃えることを考えます。すると、生きるために必要な寝具用品、キッチン用品、洗濯・掃除用品といった物の他は排除してしまうのかもしれません。

テレビを見ない、テーブルを使わない、ソファーも別に…。結果的に、家具用品が減ってより一層シンプルなミニマリストの部屋が完成します。

ミニマリストが家具用品を選ぶとき、多様性のあるコンパクトな家具が人気です。飾りのないシンプルでコンパクトなテーブルであれば、子供が遊ぶテーブルとして、食べ物や飲み物を置くサイドテーブルとして、パソコン用の作業台としてと、様々に活用できます。

ミニマリストの部屋は、物を減らすことだけを考えているのではなく、ひとつの物を様々に活用して、同じ用途の物を減らしている部屋なのかもしれません。すると、必然的に物は減って、必要な物だけに囲まれたスッキリとした部屋が完成するのでしょう。

ミニマリストはシンプルな暮らしでも充実♡

必要な物だけを揃えた生活を営むミニマリストは、シンプルな暮らしでありながら欲しい物がちゃんと傍にあります。好きな物だけに囲まれている、充実したライフスタイルといえるでしょう。

しかし、注意も必要。暮らしとは生きることです。「何をして生きたいのか?」を考えて断捨離を行わなければ、必要な物まで捨てて後悔する結果も考えられます。判断を誤らないように、捨てることだけに思考を偏らせないようにしましょう。

やりたいことを我慢せずにできる、そんなミニマリストの充実した暮らしを目指してチャレンジしてみましょう!

◆関連記事:ミニマリストの服選びやコーデについてはこちらをチェック!

ミニマリストはファッションをどうしている?服選びやコーデを解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ