小田和正のアルバム一覧|おすすめランキングや収録曲もチェック!

「ラブ・ストーリーは突然に」や「言葉にできない」などのヒットソングを持つ、元オフコースの小田和正さん。独特のテノールボイスと優しいメロディが印象的なミュージシャンです。デビュー50周年を迎える小田和正さんの楽曲についてまとめました。

 小田和正のアルバム一覧|おすすめランキングや収録曲もチェック!のイメージ

目次

  1. 時代を超えて愛される小田和正の名曲たち
  2. 小田和正のアルバム一覧
  3. 小田和正のベストアルバム一覧
  4. 小田和正のおすすめアルバムTOP3
  5. 名曲揃いの小田和正のアルバムを聴こう

時代を超えて愛される小田和正の名曲たち

・名前:小田和正(おだかずまさ)
・生年月日:1947年9月20日(2020年現在72歳)
・出身地:神奈川県横浜市
・職業:シンガーソングライター・音楽プロデューサー

小田和正さんは、オフコースというバンドの元ボーカリスト。1970年にデビューし、1986年、オフコースの活動と並行してソロ活動を開始しました。1989年にオフコースが解散した後も、ソロ歌手として長きにわたって活躍し続けています。

小田和正さんは、オフコース時代から、テレビではなくコンサートと楽曲制作に力を注ぐというスタイル。にも関わらず、ヒットソングを多く持ち、若い世代でも名前や曲を知っている人は多いですよね。まさにジャパニーズポップスの大御所とといえるでしょう。

小田和正さんは、2020年現在72歳。メジャーデビューしてから50年が経とうとしています。大御所にも関わらず、松任谷由実さんや平井堅さん、ゆずなど、他のアーティストとのコラボや楽曲プロデュースにも意欲的です。

そんな小田和正さんの名曲と、過去に発売されたアルバムをご紹介しましょう。

小田和正のアルバム一覧

1stアルバム「K.ODA」(発売日:1986年12月4日)

1stアルバム「K.ODA」(発売日:1986年12月4日)

1.切ない愛のうたをきかせて
2.冬の二人
3.哀しみを、そのまゝ
4.1985
5.夜の行方
6.信じるところへ
7.明日、あの海で
8.空が高すぎる

自らがボーカルを務めるバンド・オフコースの活動と並行してソロ活動をしていた小田和正さん。このアルバムは、オフコースが解散する前の1986年12月4日にリリースされた、ファーストソロアルバムです。

ソロデビューシングル「1985」や、オフコースのデビュー曲になるはずだったという「空が高すぎる」など、全8曲が収録されています。

2ndアルバム「BETWEEN THE WORD&THE HEART」(発売日:1988年3月5日)

1.a song of memories
2.僕の贈りもの
3.静かな夜
4.I miss you
5.一枚の写真
6.誇れるのはたゞ
7.in the city
8.between the word & the heart -言葉と心-
9.ためらわない、迷わない
10.moon river

「卒業写真」や「翼をください」で有名なコーラスバンド・ハイファイセットの山本潤子さんをゲストに迎えた「静かな夜」や、映画「ティファニーで朝食を」の同名楽曲をカバーした「moon river」などが収録。

また、「僕の贈りもの」はソロ2作目のシングルであると同時に、オフコースの楽曲として制作されたものでもあります。

3rdアルバム「Far East Cafe」(発売日:1990年5月9日)

1.勝手に寂しくならないで
2.春風に乱れて
3.16号を下って
4.君が戻ってくるなんて
5.Far East Café
6.恋は大騒ぎ
7.Little Tokyo
8.time can wait
9.good times & bad times
10.あの人に会える -a tune for sarazen's jun crassics-

オフコース解散後、初めてのソロアルバム。小田和正さんがソロ活動を本格化させ、ソロレーベルを立ち上げたのもこの頃です。

「Little Tokyo」と「good times & bad times」は、小田和正さん自身も出演したコーヒーブランドのCMソングに起用されていました。

4thアルバム「 sometime somewhere」(発売日1992年1月25日)

1.あなたを見つめて (INST)
2.恋する二人
3.ふたつの奇跡
4.思い出に変わるまで
5.あなたを見つめて/冬子のテーマ
6.君に届くまで
7.二人の夏
8.風と君を待つだけ
9.いつか どこかで
10.時に抱かれて/正木のテーマ

小田和正さんが制作した映画「いつか どこかで」のサントラでもあるアルバムです。映画興行は成功とはいえない結果でしたが、このときの経験は、後に制作されるもう1作の映画の設定・ストーリーとなっています。

5thアルバム「MY HOME TOWN」(発売日1993年10月27日)

1.そのままの君が好き
2.またたく星に願いを
3.Come on
4.渚ふたりで
5.風の坂道
6.だからブルーにならないで
7.今はきかない
8.それとも二人
9.let me hold you baby
10.my home town

CMソングに起用された「またたく星に願いを」や、アニメ映画の主題歌だった「そのままの君が好き」が収録されたアルバムです。

アルバムタイトル曲の「my home town」は、小田和正さんが故郷の横浜を歌ったもの。京浜急行の金沢文庫駅で、電車の接近メロディとして利用されています。

6thアルバム「個人主義」(発売日2000年4月19日)

1.忘れてた思い出のように
2.また、春が来る
3.the flag
4.woh woh
5.青い空
6.君たちを忘れない
7.はるかな夢
8.19の頃
9.こんな日だったね
10.風のように
11.とくべつなこと


前作よりおよそ7年ぶりとなった6th.アルバムです。

「風のように」は、スタジオ録音ではなく、ライブ音源が収録されています。

7thアルバム「そうかな 相対性の彼方」(発売日2005年6月15日)

1.まっ白
2.静かな場所
3.大好きな君に
4.僕らの夏
5.Re
6.正義は勝つ
7.たしかなこと
8.僕ら
9.明日
10.風のようにうたが流れていた
11.そして今も

2005年に発売された7thアルバム「そうかな 相対性の彼方」。興味深いタイトルですが、「そうかなぁ?」という疑問形であり、同時にサブタイトル「相対性の彼方」の略でもあるんだとか。

収録楽曲11曲のすべてが、ドラマやCMのタイアップソングかダブルタイアップソングという珍しいアルバムです。中でも、「そして今も」は韓国の大ヒット映画「マラソン」の主題歌として起用されています。「マラソン」は2007年に嵐・二宮和也さん主演で日本でもリメイクされています。

8thアルバム「どーも」(発売日:2011年4月20日)

1.君のこと
2.グッバイ
3.若葉のひと
4.hello hello
5.誰れも どんなことも
6.こたえ
7.やさしい雨
8.さよならは 言わない
9.今日も どこかで
10.東京の空

前作から5年ぶりのリリースとなった8th.アルバム「どーも」。当時小田和正さんは63歳で、ソロアルバム首位の最年長記録を樹立。また、同年のレコード大賞で最優秀アルバム賞を獲得しています。

JUJUさん、松たか子さん、スキマスイッチの大橋卓弥さんらがバックコーラスで参加しています。小田和正さんが長きにわたって楽曲プロデュースを行ってきたことから、交流があるようですね。

9thアルバム「小田日和」(発売日2014年7月2日)

1.そんなことより 幸せになろう
2.この街
3.やさしい風が吹いたら
4.二人
5.今のこと
6.愛になる
7.彼方
8.その日が来るまで
9.mata-ne
10.やさしい夜

9thアルバム「小田日和」は、小田和正さん自身が「最後から2番目のアルバム」と語っているアルバム。

発売は2014年ですが、制作に2年を要し、途中くじけそうになったんだとか。あまりに曲ができなくて、「セルフカバーに逃げようかと思った」とし、「最も七転八倒したアルバム」なんだそうです。

そんな同作ですが、初動7.5万枚という好スタートで、アルバムランキングトップ10入りにおいてはソロアーティスト最年長記録を樹立しています。

小田和正のベストアルバム一覧

1stアルバム「Oh! Yeah!」(発売日:1991年5月18日)

1.空が高すぎる
2.1985
3.夜の行方
4.I Miss You
5.ためらわない、迷わない
6.good times & bad times
7.Little Tokyo
8.春風に乱れて
9.恋は大騒ぎ
10.FAR EAST CLUB BAND SONG
11.ラブ・ストーリーは突然に
12.Oh! Yeah!

過去に発売されているアルバム3作と、シングル曲「Oh! Yeah!」からの2曲を収録したアルバム。そのため、シングル曲のみで構成されているわけではなく、また、シングル曲すべてが入っているというわけでもありません。

「FAR EAST CLUB BAND SONG」のみが新曲となります。

2ndアルバム「伝えたいことがあるんだ」(発売日:1997年11月21日)

1.緑の街
2.Little Tokyo
3.君にMerry Xmas
4.恋は大騒ぎ
5.Oh! Yeah!
6.ラブ・ストーリーは突然に
7.あなたを見つめて
8.いつか どこかで
9.そのままの君が好き
10.風の坂道
11.真夏の恋
12.so long my love
13.君との思い出
14.遠い海辺
15.伝えたいことがあるんだ

過去にリリースしたシングルのうち、「緑の日々」以外を収録したベストアルバム。リテイクやアレンジを加えたものもあり、8年間の集大成ともいえるアルバムとなっています。

3rdアルバム「自己ベスト」(発売日:2002年4月24日)

1.キラキラ
2.秋の気配
3.愛を止めないで
4.さよなら
5.Yes-No
6.言葉にできない
7.緑の日々
8.Oh! Yeah!
9.ラブ・ストーリーは突然に
10.my home town
11.風の坂道
12.伝えたいことがあるんだ
13.緑の街
14.風のように
15.woh woh

シングルやコンサートなどを通じて、ファン人気が高かった15曲をセレクトし、ボーカルのリテイクを行うなどしています。

曲と曲の間をつなげる形で収録されているため、イントロとアウトロが被っていますが、仕様です。

4thアルバム「自己ベスト-2」(2007年11月28日)

1.こころ
2.ひとりで生きてゆければ
3.生まれ来る子供たちのために
4.愛の中へ
5.たそがれ
6.君住む街へ
7.恋は大騒ぎ
8.いつか どこかで
9.そのままの君が好き
10.こんな日だったね
11.the flag
12.たしかなこと
13.まっ白
14.大好きな君に
15.ダイジョウブ

前ベストアルバム「自己ベスト」の続編にあたるベストアルバムです。

発売時、小田和正さんは60歳。このアルバムでオリコン1位を獲得したことにより、小田和正さんは30代、40代、50代、60代の4つの世代すべてでアルバム1位を獲得したことになります。

5thアルバム「あの日 あの時」(発売日:2016年4月20日)

<Disc.1>
1.僕の贈りもの
2.眠れぬ夜
3.秋の気配
4.夏の終わり
5.愛を止めないで
6.さよなら
7.生まれ来る子供たちのために
8.Yes-No
9.時に愛は
10.心 はなれて
11.言葉にできない
12.I LOVE YOU
13.YES-YES-YES
14.緑の日々
15.たそがら
16.君住む街へ

<Disc.2>
1.哀しみを、そのまゝ
2.between the word and the heart -言葉と心-
3.恋は大騒ぎ
4.ラブ・ストーリーは突然に
5.Oh! Yeah!
6.そのままの君が好き
7.いつか どこかで
8.風と君を待つだけ
9.風の坂道
10.それとも二人
11.my home town
12.真夏の恋
13.伝えたいことがあるんだ
14.緑の街
15.woh woh
16.the flag
17.キラキラ

<Disc.3>
1.たしかなこと
2.大好きな君に
3.明日
4.風のようにうたが流れていた
5.ダイジョウブ
6.こころ
7.今日も どこかで
8.さよならは 言わない
9.グッバイ
10.やさしい雨
11.東京の空
12.その日が来るまで
13.愛になる
14.そんなことより 幸せになろう
15.やさしい夜
16.wonderful life
17.風は止んだ

小田和正さんにとって、初の3枚組アルバムです。

過去に発表したソロ楽曲はもちろん、オフコース時代のセルフカバーも含めて時系列に収録されています。

「wonderful life」、「風は止んだ」は新曲で、「wonderful life」はCMソング、「風は止んだ」は映画の主題歌でありドラマの主題歌というダブルタイアップ曲です。

小田和正のおすすめアルバムTOP3

小田和正のおすすめアルバム第3位:そうかな 相対性の彼方

収録されている楽曲11曲中、シングル曲は2曲のみ。その他の9曲はアルバム楽曲ですが、すべてがタイアップ楽曲で耳なじみがあり、聴きやすいと感じた人も多いでしょう。

通常、ベストではないアルバムといえばファン向けの1枚であることが多いですが、ファンでなくても小田和正さんの世界を楽しめるのは、嬉しいですね。

5年ぶりのアルバムリリースですが、小田和正さんの特徴的なメロディとテノールボイスの変わらなさを感じられる1枚に仕上がっています。

小田和正のおすすめアルバム第2位:自己ベスト

ランキング1位歴代最高齢や、自身にとって初の出荷枚数300万枚越えなど、タイトル通り、小田和正さんにとっての自己ベスト記録を樹立したアルバムです。

収録曲のほとんどがタイアップ楽曲のため、ファンでない人でも耳なじみのある楽曲が多く、多くの人が楽しめるような収録内容となっています。

小田和正さんが自転車に乗りながら収録曲をメドレーで口ずさむCMも印象的でしたね。

通算500週もの間、オリコン300位以内にチャートインし続け、累計売上数は270万枚に及んでいます。また、TSUTSAYAのレンタルランキングは、ベスト盤のレンタル回数歴代9位となっています。

小田和正のおすすめアルバム第1位:あの日 あの時

小田和正さんの最新アルバムであり、オールタイムベストでもある「あの日 あの時」。タイトルは、ヒットソング「ラブ・ストーリーは突然に」の歌詞からの引用です。

1970年のデビュー以来、46年に渡る音楽活動の中で生み出された50もの楽曲を、惜しみなく収録しています。

なじみのある楽曲はもちろんですが、未発表のセルフカバー楽曲や歌詞や楽器を差し替えたバージョン、リテイクなど、リリースにあたって小田和正さんの「今のベストを」という思いが込められています。

新曲2曲にはコーラスで松たか子さんやJUJUさん、矢井田瞳さんらが参加していて、収録曲数だけでなく内容も豪華なアルバムとなっています。

名曲揃いの小田和正のアルバムを聴こう

若いころからテレビとは距離を置き、それでもなお、長きにわたってファンに支持され続けている小田和正さん。

メディアへの不信感を控えめながら口にしていて、今後もメディアに積極的に登場することはないであろう大御所ですが、それでもタイアップ楽曲が多いということは、小田和正さんの楽曲そのものが支持されているという証拠です。

小田和正さんは、数年前「年齢的に、あと何作アルバムを出せるんだろう?」と考え始めたと語っています。すでに70代となっている小田和正さんですが、その歌声は衰えることはなく、綺麗なテノールボイスを維持し続けています。これは非常に稀有なことです。

自然体のまま、音楽への情熱を失わずに年齢を重ねる素敵な小田和正さん。次の作品も、その次の作品も期待したいところですね。

もっと歌について知りたいあなたはこちらもチェック

不倫の歌・ソング75選まとめ!【叶わない大人の恋愛】
遠距離恋愛ソングランキングTOP25!おすすめの歌はこれ!
告白の歌95選!あなたに勇気をくれる応援ソング!
カラオケの男ウケ抜群♡女子に歌ってほしい曲23選&モテる行動は?

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧
最近公開されたまとめ