12月1日の誕生石・誕生花・星座・運勢・相性は?【365日誕生日占い】

皆さんは誕生日をもとに運勢を占う誕生日占いをご存知ですか?自分の運勢がどう進んでいくのか知りたい時は、誕生日占いを参考にすると進むべき道が見えてくることもあります。今回は12月1日生まれの2020年の運勢を占い、さらに誕生石や誕生花などについてご紹介致します。

12月1日の誕生石・誕生花・星座・運勢・相性は?【365日誕生日占い】	のイメージ

目次

  1. 12月1日生まれの運勢【2020年】
  2. 12月1日生まれの誕生石は「タンザナイト」
  3. 12月1日生まれの誕生花は「ドラセナ」
  4. 12月1日生まれの星座は「射手座」
  5. 12月1日生まれのバースデーカラーは「亜麻色」
  6. 12月1日生まれのスピリチュアルナンバーは「1」
  7. 12月1日生まれの性格や恋愛傾向
  8. 12月1日生まれと相性の良い誕生日・悪い誕生日
  9. 12月1日が誕生日の有名人
  10. 12月1日は何の日?記念日や出来事
  11. 12月1日生まれの365日誕生日占いまとめ

12月1日生まれの運勢【2020年】

2020年は前半は新しい疾病である新型コロナウィルスが流行し、多くの人にとって困難が多い試練の年となりました。このような難しい年は、自分の運勢がどう進んでいくのかとても気になりますよね。

1年の後半の運勢を知りたい時は、誕生日を元に運気の流れを知る誕生日占いがとてもおすすめです。今回は12月1日生まれの2020年後半の運勢を占い、誕生石や誕生花などもまとめてみましたのでぜひ参考にしてくださいね!

12月1日生まれの全体運

まずは12月1日生まれの全体運から見ていきましょう。12月1日生まれの2020年の全体運はとても良好で、何事においても思い通りに進む非常に良い年となりそうです。

一時的に運気が低迷することもありますが、その逆境を糧にさらにやる気やモチベーションが上がり、良い結果を手にすることができます。困難な時期は自分が成長するためのチャンスと考えることで今よりも大きく成長していくことができるでしょう。

12月1日生まれの恋愛運

12月1日生まれの2020年の恋愛運はかなり好調です。これまで異性に縁がなく他人の引き立て役になっていた人も、自分だけを見てくれる運命の人に出会える可能性があります。心惹かれる人がいる場合は自分の心に正直になり、ありのままの態度で接することが大切ですよ。

12月1日生まれの金運

12月1日生まれの人の金運はまずまず好調です。金銭的には特に困ることなく1年を終えることができそうです。

ただし社交的な12月1日生まれの人は交際費やレジャー費用がかさんでしまう傾向がありますので、毎月の収支で赤字にならないように計画的にお金を使うことが重要になります。

12月1日生まれの健康運

12月1日生まれの人の健康運は順調です。持病がある人は病気が悪化することがなく、健康な人も特に何事もなく平穏に過ごすことができるでしょう。暴飲暴食を控え、睡眠をたっぷりとって免疫力を高めておくと心身ともに元気な状態を維持できそうですよ。

12月1日生まれの仕事運

12月1日生まれの人の仕事運はとても良好です。これまで通り職場ではムードメーカーとして周りの仲間に頼りされることが多く、重要なプロジェクトなどを任される可能性があります。

与えられた目標を無事に達成することができると、昇進や昇給のチャンスも巡ってきそうです。今年は仕事に気合を入れる年にすると良いかもしれませんね!

12月1日生まれの誕生石は「タンザナイト」

12月1日生まれの誕生石は「タンザナイト」です。タンザナイトは透き通った青や紫に輝く石で、光が当たると様々な色に見える多色性の特徴を持っています。

タンザナイトという名前はタンザニア地方の夜という意味があり、その独特な深みのある色が多くの人の心を魅了している人気の石です。悪い運気を取り込んで良い運気に変える力を持っているとされていて、お守り石の役割があると言われています。

この石を持っていると精神的に落ち着き、自立意識や知性を高めることができ、対人運にも良い影響を与えると信じられてきました。

12月1日生まれの人は他にも「サンストーン」という誕生石も持っています。サンストーンはその名前のとおり、太陽のように明るいオレンジ色をしている綺麗な石です。

サンストーンは、非常にポジティブなチカラを持つ石で、この石を持っていると自分に自信がついて何にでも前向きに取り組むことができると言われています。

タンザナイトとサンストーンは見た目も雰囲気も対照的な石ですが、2つの相性は決して悪くはありません。12月1日生まれの人はその日の体調や気分によってタンザナイトとサンストーンを使い分けるとと良い運気を呼び込むことができるでしょう。

12月1日生まれの誕生花は「ドラセナ」

12月1日生まれの誕生花は「ドラセナ」です。ドラセナはアフリカ原産の常緑樹の観葉植物で、一般的には幸福の木という愛称で呼ばれることも多いですね。

販売されているものは小さなもので10センチぐらいからあり、成長すると人の背丈ほども大きくなります。直射日光に弱いため主に室内で観賞用として楽しむのに適していると言われています。

ドラセナは緑の葉を楽しむ植物なのであまり花が咲いているイメージはないかもしれませんが、実は10年に一度だけ繊細で優雅な美しい花を咲かせることで知られています。

花言葉は「幸福」「永遠の愛」「幸せな恋」「隠しきれない幸せ」で、どれも非常に素敵な意味があります。めずらしいドラセナの花は12月1日生まれの人にとって、最高の幸せをもたらしてくれる花になることでしょう。

12月1日生まれの星座は「射手座」

12月1日生まれの星座は「射手座」です。射手座は11月23日から12月21日生まれの人が該当します。射手座は黄道十二星座の1つでトレミー48星座に含まれていて、弓の形をなぞらえて表現されることが多く、2等星の星を2つ持つ比較的明るい星座と言われています。

射手座の人は非常に明るく元気なムードーメーカー的な存在の人が多く、自由人のイメージを持たれることが多いです。また好奇心が旺盛で常に忙しく動き回っていることを好み、面倒見が良い性格をしていますね。

12月1日生まれのバースデーカラーは「亜麻色」

12月1日生まれのバースデーカラーは「亜麻色」です。亜麻色はベージュとグレーに黄色が混ざったような薄い褐色カラーで、「亜麻」という植物からその名前がついています。

亜麻の糸で織った布はリンネルと呼び、日本でも天然素材で肌に優しい布として人気があります。日本では「亜麻色の髪の乙女」という曲でこの「亜麻色」を知った人も多いかもしれませんが、とてもナチュラルで温かな雰囲気の色をしていますね。

12月1日生まれの人はヘアカラーを亜麻色にしてみたり、普段のファッションに亜麻色のアイテムを取り入れたりすると良い運勢を引き寄せることができそうです。目にも優しい綺麗な色なので自宅のカーテンやファブリックにこの亜麻色を使うのもおすすめですよ♪

12月1日生まれのスピリチュアルナンバーは「1」

12月1日生まれのスピリチュアルナンバーは「1」です。「1」はとても清々しい物事の始まりを表し、様々な事柄において頂点を表す数字です。

スピリチュアルナンバー「1」を持つ12月1日生まれの人は、たくさんの人の中でリーダーシップを発揮して周りを指導していく力を持つと言われています。

スピリチュアルナンバー「1」は発想力、決断力、実行力を与えてくれます。「1」の持つパワーはとても大きいため、12月1日生まれの人は素晴らしい存在感で多くの人に良い影響を与えていくことができるでしょう。

◆スピリチュアルナンバーについては以下の記事でも詳しく解説しています!

スピリチュアルナンバーの計算方法!性質が分かる!【誕生数秘学】

12月1日生まれの性格や恋愛傾向

ここからは12月1日生まれの性格や恋愛傾向を順番にみていきましょう。12月1日生まれの人はとても明るくポジティブな雰囲気を持っています。

いつも朗らかな笑顔で周りの人に笑いや癒しを届けていて、プライベートでも職場でもたくさんの人から愛されて必要とされる人が多いでしょう。良い意味で子供らしい純真さを持っていますので、型にはまらず自分の考えで道を切り開いていくことができます。

我が道を進むタイプですがきちんと場の空気を読むため他人から反感を買ってしまうことも少なく、良い仲間に恵まれて毎日楽しく過ごしている人が多いようです。

メンタルが安定しているためストレスを溜めにくく、突発的なアクシデントや逆境にも非常に強いという特徴を持っています。

12月1日生まれの性格は「明るく元気なムードメーカー」

12月1日生まれの人はとにかく明るくて元気です。人見知りや物怖じをしないためどんな場所でも自分らしさを発揮してすぐに友達や仲間を作ることができます。

周りの人からはとても貴重なムードメーカーだと認識されていて、相談や悩み事を持ちかけられることも多く非常に頼りにされるタイプです。

自分にも他人にも嘘がつけない真っすぐな性格をしていますので、時には自分勝手で自己中心的な性格に見られてしまうこともありますが、裏表のない性格で誰に対しても笑顔で接するため、わだかまりが長く続くことあまりないでしょう。

無邪気な性格は周りの人も明るく元気にするパワーにあふれています。

12月1日生まれの恋愛は「純情で一途」タイプ

12月1日生まれの人の恋愛は一言で表すと「純情一途」で、自分と同じように明るい性格の人に惹かれる傾向があります。異性を好きになると一直線に脇目もふらずひたすらその人に愛情を伝えようとします。

情熱的で前向きな性格で一度告白などを断られてしまってもすぐに諦めることはなく、振り向いてもらえるまで全力で努力を続けるため、恋をするたびにどんどん魅力的になっていく人が多いでしょう。

相手に喜んでもらうためにサプライズを仕掛けたり、ロマンティックな演出を準備したりするのも大好きで、両想いになれた後は豊かな愛情で相手を包み込み穏やかな恋愛を続けていきます。

12月1日生まれと相性の良い誕生日・悪い誕生日

次は12月1日生まれの人と相性の良い誕生日と、相性の悪い誕生日をチェックしていきましょう。

12月1日生まれの人と相性の良い誕生日は、1月13日、6月6日、9月3日、9月18日、9月24日、10月3日生まれの人です。一方で相性の悪い誕生日は、1月26日、3月7日、3月30日、5月9日、9月11日、11月2日生まれの人になります。

相性が良い、悪いと聞くと誰かと一緒にいるときに何かあるとついその人のせいにしてしまうことがありますが、相性の良し悪しはどちらか一方が悪いというものではありません。

相性はその時々でお互いの運気が複雑に影響しあって決まりますので、もし自分の親しい人と相性が悪いという占い結果になってもあまり落ち込む必要はありません。

占い結果はあくまでも参考程度に考え、一緒にいて心地良い気持ちで過ごせる人との時間を大切にしてくださいね。

12月1日が誕生日の有名人

12月1日が誕生日の有名人についても見ていくことにしましょう!

12月1日生まれの有名人は、俳優の根津甚八さん、池田政典さん、根岸大介さん、女優の加藤麻里さん、奈良岡朋子さん、噺家の林家正蔵さん、モデルの長谷川理恵さん、水泳選手の高橋美帆選手などがいます。

さらに有名人ではありませんが敬宮愛子内親王も2001年12月1日生まれでいらっしゃいます。同じ誕生日というだけでとても誇らしい気持ちになりますね。

12月1日は何の日?記念日や出来事

最後は12月1日の記念日や、過去の12月1日に起こった出来事をご紹介していきましょう。

まず世界的な記念日では、12月1日は「世界エイズデー」という記念日があります。「世界エイズデー」は社会問題になっているエイズに対する理解と問題意識を高める日として世界保健機関のWHOが制定しました。

日本の記念日では12月1日は1956年に「映画の日」、1958年に「鉄の記念日」、2006年に「デジタル放送の日」という記念日が制定されています。

さらに2001年には自殺を予防する目的から「いのちの日」が定められていて、12月1日から12月7日まではフリーダイヤルで人生に悩んでいる人たちへの無料の電話相談などを実施しています。

他にも12月1日は「カイロの日」、「手帳の日」、「データセンターの日」、「冬の省エネ総点検の日」、「着信メロディの日」、「下仁田ネギの日」、「カレー南蛮の日」、「防災用品点検の日」とたくさんの記念日があります。

過去に起こった出来事では、1873年に12月1日に郵便はがきが1枚5厘で発行され、1912年に12月1日には日本で初めて警察犬が採用された日として知られています。

また1924年12月1日に松坂屋銀座店が盛大にオープンし、1927年12月1日には横浜ホテルニューグランドが開業、1952年12月1日には東京国立近代美術館が開業。

私たちの生活に密着した出来事では1958年12月1日に初めて1万円札が発行され、2000年12月1日にはBSデジタル放送が開始されて新たな時代の始まりを実感させる出来事となりました。

音楽業界では伝説的なミュージシャンのマイケル・ジャクソンが名曲「スリラー」を1982年12月1日に発売し、世界に大きな衝撃とインパクトを与えましたね。

12月1日生まれの365日誕生日占いまとめ

12月1日生まれの2020年の運勢や相性の良い誕生日などをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。占い結果はあくまでも1つの可能性を示したものに過ぎません。自分の直感を信じて良い運気を掴み取ってくださいね。

◆その他の誕生日の運勢も知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

11月1日の誕生石・誕生花・星座・運勢・相性は?【365日誕生日占い】
10月1日の誕生石・誕生花・星座・運勢・相性は?【365日誕生日占い】
9月1日の誕生石・誕生花・星座・運勢・相性は?【365日誕生日占い】
8月1日の誕生石・誕生花・星座・運勢・相性は?【365日誕生日占い】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ