結婚前の貯金はいくらいる?貯金額は伝えるべき?

結婚するためには愛だけではなくお金が必要です。 結婚前にはある程度貯金がないと結婚式や新生活をスタートさせることが難しいのが現状です。 では結婚前にはいくら貯金していればよいのでしょうか?また自分の貯金額は相手に伝えるべきなのか検証したいと思います。

結婚前の貯金はいくらいる?貯金額は伝えるべき?のイメージ

目次

  1. 結婚前には貯金は必要!みんな正直に貯金額は言うのか?
  2. 結婚前に貯金が必要な理由①新生活のためのお金
  3. 結婚前に貯金が必要な理由②結婚式の費用
  4. 結婚前の貯金は男性でいくら必要?
  5. 結婚前の貯金は女性でいくら必要?
  6. 結婚前の貯金は伝えるべきなのか?
  7. 結婚前の貯金は誰のもの?
  8. 結婚前の貯金を伝えたら?①家計管理が楽
  9. 結婚前の貯金を伝えたら?相手のお金を当てにする
  10. 結婚前の貯金は伝えなかったら?①疑心暗鬼になる
  11. 結婚前の貯金を伝えなかったら?②離婚する可能性
  12. 結婚前の貯金はどうすべきなのか?
  13. 結婚前の貯金の伝え方のコツ
  14. 自分だけの隠し口座の必要性
  15. 結婚後の共有財産を作る方法
  16. 【さいごに】お金のことでトラブルにならないために

結婚前には貯金は必要!みんな正直に貯金額は言うのか?

結婚をすると決めたら、そのために貯金をしなければなりません。なぜなら、新居や当面の生活費、結婚式などの費用がかかるためです。

親が援助をしてくれる方もいるかもしれませんが、全額負担してもらうわけにはいきません。
では、一体結婚前には平均でいくら貯金しておけばよいのでしょうか?また自分が貯めたお金は結婚相手にも正直に教える方がよいのでしょうか?もし、教えない場合はどうなってしまうのか?これらの疑問点を徹底的に解説したいと思います。

結婚前に貯金が必要な理由①新生活のためのお金

結婚して共同生活をスタートさせるためには新居、家具、家電、その他の日用品などを準備しなければなりません。
大抵の方は二人で暮らす部屋を探して新婚生活を始めます。この時、一体平均でいくらお金が必要なのか考えてみたいと思います。

まずは引っ越し費用として、距離や運ぶ荷物の量によっても違いがありますが、平均10万円から20万円程度必要になります。

massymannさんの投稿
21372301 277104042788129 4084093442672558080 n

次に新居の初期費用は平均で30万円から50万円かかります。例えば賃貸の場合、敷金や礼金、1ヶ月分の家賃の前払い分、部屋のクリーニング費用、火災保険などが含まれるため意外とお金が必要になります。

そして、家具や家電、身の回り品で使うお金の平均は30万円から50万円程度です。

個人差はありますが、合計すると最低でも70万円くらいの支出は覚悟しなければなりません。

__ay_home__さんの投稿
20214583 157336724815190 5570044576812498944 n

さらにそれ以外にも、当面の生活費や足りない物を買い足す費用などを考慮すると平均で100万円程度になることも考えられます。

以上のように新生活を始めるだけでもこれだけのお金がかかるので結婚前には貯金をしておく必要があると言えます。

felicia.naoさんの投稿
21435841 1924451801112210 700501770043916288 n

結婚前に貯金が必要な理由②結婚式の費用

結婚式を行うカップルが減少傾向にあると言われていますが、それでも結婚するとなれば一度は結婚式のことを考える方が多いです。

現在は国内のホテル挙式だけではなく、ゲストハウスでの結婚式やレストラン挙式、海外挙式など様々なタイプが存在します。

よって、結婚式に使う費用はカップルによって差が生じているのは事実です。なぜなら盛大に行う方もいれば、少人数でアットホームな式を行う方もいるからです。

しかし、結婚式に使う費用の平均は200万から400万円程度とされています。
ただ、出席者の方達からご祝儀を頂くことができます。もし60人を招待してご祝儀の平均が3万円だと仮定し、結婚式の費用が300万円だとすると、300万円-180万円となり実質の負担は120万円になります。

tlillyphotographyさんの投稿
21296310 729929450541574 8935942633449062400 n

やはりご祝儀を頂いても結婚式全額の費用をまかなうのは難しく100万円程度は皆さん実費で負担している可能性が高いです。このようなことからも結婚前には貯金が必要になるのです。

gravirovka_almatyさんの投稿
21433290 609653329424929 4505413284685414400 n

■参考記事:結婚資金はいくら必要?コチラも参照!

結婚資金は平均でいくら準備すべき?貯金はどれくらいいる?

結婚前の貯金は男性でいくら必要?

ここまでで、新生活で平均100万円、結婚式で自分達の負担が平均100万程度必要だとわかりました。
それでは、実際結婚前の男性はいくら貯金をしているのでしょうか?結婚をする年齢は20代後半から30代前半が多く占めるためそれほど多額な貯金をしている方は少数です。

andrea___puglisiさんの投稿
21433509 752305194974247 7135144643888414720 n

平均で50万円から150万円以内の方が多く、それ以下の方も少なくありません。

昔と違って、現代は男性だけの金銭的な負担を強いることは少ないですが、もし結婚することが決まっていたり、結婚願望がある方は平均で200万円を目標にされると安心です。

■参考記事:お金がない男性とは結婚しないべき?コチラも参照!

お金がない彼氏とは結婚しないべき!その理由を徹底解説!

結婚前の貯金は女性でいくら必要?

次に女性の場合を考えていきたいと思います。

現代は女性も社会で働いている方が多いので、将来のためにコツコツと貯金をしている方がほとんどではないでしょうか。

では、女性はいくら貯金しておけばよいかと言うと、やはり男性と同様に200万円程度は目標にしてもらうとよいです。

また、もし女性の方で結婚式を豪華にしたい、お色直しや前撮りも行いたいと考えている場合はしっかりと貯金をしておくこと重要です。

それは近年、結婚式の費用を男性と女性で折半するケースが増えているからです。
また、中には女性が行うお色直しやヘアメイクにかかった費用は女性側が払うように言う男性もいるようです。確かに女性が2回以上のお色直しをすると結構なお金がかかるので男性の意見も理解できますが、やはり昔に比べてお金に対してシビアになっていると感じられます。

このようなことが起こるかもしれないことを考えると、自分が満足できる結婚式をするためには女性は計画的に貯金をすることが求められるようになっています。

hotelchinzansotokyo_costumeさんの投稿
21294848 1442824639139295 7260549489839046656 n

結婚前の貯金は伝えるべきなのか?

男性も女性も結婚のために貯金が必要になることは明白です。

では、それぞれが結婚前に貯めた貯金額は相手に正直に公開すべきなのでしょうか?

これは結婚前の男女が特に悩むことで、伝えるべきか、伝えないべきかその判断は分かれています。それはそれぞれの場合で起こるメリットやデメリットがあるため、皆さんどちらの方が正しい選択なのか迷っているのです。

そこでまずは、伝えた場合どのようなことが起こるのか予想してみます。

結婚前の貯金は誰のもの?

ちなみに、結婚前の貯金がお互いにあったとして、結婚したらそれは一体誰のものになってしまうのか疑問に思ったことありませんか?もしかして自動的に共有財産になってしまうのでは?と思われる方もいます。

実は日本の法律では結婚前の貯金は個人資産と決められているため法律上は自分のものであるようです。

よって結婚したからといって、夫婦2人の資産になるとは限りません。ただ、法律上は個人資産とはなっていても、生活の仕方によっては割り切った考えにはできないケースもあるようなので注意が必要です。

_nakakaさんの投稿
21147893 112519839461989 8521293884964208640 n

結婚前の貯金を伝えたら?①家計管理が楽

先ほど、結婚前の貯金は個人の資産になると説明をしましたが、それぞれが保有している貯金をお互いが同意することで、これからの結婚生活のための共有財産にすることができます。

家計の財布を一つにまとめることで管理がしやすく、お金に関して隠し事がなくなるため問題が起きにくいです。

共有財産にすることで、家族としての一体感も生まれて将来的にも目的を持って貯金できる利点があります。

ssshzu.homeさんの投稿
21434118 136210290327751 1092051252402978816 n

結婚前の貯金を伝えたら?相手のお金を当てにする

貯金額を伝えることで問題も出てきます。

その問題は相手が自分のお金を当てにすることです。
「そんなに貯金があるんだったら、しばらくは余裕を持って暮らせるな」と思われる可能性もあります。

また、結婚したんだから共有財産にしようと言われて、家族のためのお金になったとします。
すると、相手が勝手に使い込んだりすることもあります。

また、自分がどうしても欲しいものがあった時にその都度報告して使わなければならなかったりするのも面倒です。

ストレス発散でお金を使いたくなっても、思い通りに使えなくなるのも辛いです。

結婚前の貯金は伝えなかったら?①疑心暗鬼になる

では次に、貯金額を伝えなかった場合はどのようなことが起こるのか検証してます。
まずはデメリットを考えてみます。

お互いの貯金額がわからないと、やはり人は相手は疑うようになりがちです。
「妻はいくらくらい貯金があるのかな?」「うちの旦那意外と貯金多いのかな?」と探ってしまうのです。

この貯金を伝えないタイプの夫婦は共働きのことが多く、自分のお金は自分で管理したいという考えを持っています。

よって、生活費も概ね折半で家賃と光熱費は旦那が払い、食費やその他の雑費などは妻が払うというように支払いを分担しています。

生活費以外で自分が使う交際費や遊興費は自分の好きなように使うため比較的自由です。

相手に貯金額を教えてないので気兼ねなくお金を使うことができますが、歯車が狂うと最悪の事態にもなります。

poro55さんの投稿
21294317 308447086290030 1761160608264224768 n

結婚前の貯金を伝えなかったら?②離婚する可能性

貯金額を伝えなかったことで離婚に陥った夫婦が存在します。

この夫婦はお互い共働きで、生活費はもちろん折半して払っていました。結婚してからもお互い独身の時のように遊びに行ったり、好きな物を購入していました。

ある時旦那が、高いゴルフクラブを購入したのを見た妻が「貯金いくらあるの?」と何気なく聞いたら旦那が「それは教えない。僕のお金だから自由に使う」と言いました。

確かに、結婚前の貯金は個人の資産です。しかし、これから子供を産んで家を購入しようと考えていた妻にはその発言が理解できなかったのです。

the_antiki_wikiさんの投稿
21373262 634778360243237 8829290551015636992 n

妻もそれまでの生活を改めて、家族のためにお互いの貯金を共有財産にしようと提案しましが、一向に旦那は同意しませんでした。

これでは将来の生活設計ができないと判断した妻は夫に離婚を迫り、夫もそれなら仕方ないとあっさり離婚してしまいました。

結婚前の貯金はどうすべきなのか?

結婚前の貯金を伝えた場合と、伝えなかった場合で、利点もあれば欠点も生じてしまうことがわかりました。

自分の貯金額がいくらあるのか伝えるべきか、そうすべきでないのかの判断はかなり難しく一概に言い切ることは不可能なのかもしれません。
しかし、お金のことで離婚なんてことにならないように対処法を見つける必要があります。

そこで、相手への貯金額の伝え方のコツについて解説をしたいと思います。

dncrafts_ruさんの投稿
21372148 158376801409746 5058439144938668032 n

結婚前の貯金の伝え方のコツ

結婚をすると、どうしてもお金の話が出てくるのは仕方がありません。

自分がいくら貯金しているのかを伝えたくない人もいるのは当然です。しかし、パートナーに貯金額を伝えないということは隠し事の始まりでもあります。お互いを信用できなくなり、離婚するカップルが出てしまうのは不思議ではないのです。

そこで、結論としては結婚前の貯金は伝える方が無難です。しかし、正直にいくら持っているかなんて言うのは控えて下さい。
コツは少し少なめにサバを読んで伝えることです。

夫婦とは言えども元は他人です。また、お金は人を変える力を持っています。
あなたの貯金額が多いと知ったら、相手の態度が変わることだってあるのです。お金がなくて離婚する夫婦もいれば、お金があるのに離婚した夫婦もいます。

もし、貯金額が200万あれば100万円から150万円の間の金額を伝えるべきです。
その際、口頭だけでは本当にその金額なのか相手が疑うかもしれません。

よって、公開してもいい通帳をあらかじめ作ってそこに、相手に伝えてもいい金額のお金を入れておくことをおすすめします。

例えば150万は公開用の口座、残りの50万円は自分だけしか知らない口座に保管するという方法です。

自分だけの隠し口座の必要性

自分だけの隠し口座なんて言うと「隠し事と同じじゃない!」と反論されるかもしれませんが、結婚生活というサバイバルを生き抜くためにはこれだけは必要です。
特に、女性の方は貯金額を男性に正直に伝えるべきではありません。

隠し口座が必要な理由は緊急の時です。結婚をすると不測の事態が起きることがあります。
例えば家族の病気や、冠婚葬祭の費用、急なお誘い、そして何より自分のストレス発散のための資金は必須です。

toyaddictbkkさんの投稿
21373573 313822129028604 5394966797701087232 n

自分専用の口座に数百万も貯めておく必要はありませんが、20万円から50万円以内あればすぐにお金が必要な時に役に立ちます。キャッシュカードも自分で保有していれば夫に相談することなく引き出せるのも便利です。

自分である程度は自由になるお金があれば精神的にも楽です。

gabriellalenziさんの投稿
21373009 114516812550627 1580711500102762496 n

結婚後の共有財産を作る方法

サバを読んで相手に貯金額を伝えて、相手も教えてもらうことになった後はこれからの家計をどのように管理していくか相談することも重要です。

それらの貯金を家計のお金として1つにまとめてお互いが同意した上で共有財産とするのもいいでしょう。

何よりも、この共有財産というものを作り上げていくことが離婚を回避させるには役に立ちます。他人同士が協力して共有財産を作ることで二人の一体感が生まれてきます。

家族という認識が強くなり、助け合って生活をしていこうという気持ちになるのです。
また共有財産があれば、家族のために使う費用はそのお金を使うことで解決するので、住宅や子供の教育資金なども計画的に貯めることが可能です。

また、万が一離婚になってしまった時、財産分与をすることができます。その時は結婚後にできた貯金は共有財産となるため、そのお金を分けることで解決します。

このように共有財産として貯金をすることは夫婦が共に暮らすために必要なのです。

【さいごに】お金のことでトラブルにならないために

結婚は現実であり、その現実を生きるためにはお金が必要不可欠です。
しかし、そのお金によって夫婦が離婚危機になったり、実際に離婚した方も大勢います。

結婚には多額の費用が必要になること、そしてお互いの貯金をどうすればいいのかをきちんと夫婦で話しあうことが何よりも大切です。

結婚前のあれこれについてもっと情報を知りたいアナタに!

結婚前の同棲の理想の期間やタイミング!決めるべきルールまとめ
結婚式したくない!そう思う女子の理由は?後悔しない?
結婚が破断になる理由11選!【衝撃】
結婚に不安を感じるあなたへ!不安を和らげる9つのアドバイス!

関連するまとめ

古城凛子
古城凛子
読みやすい記事を心がけます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ