処女を結婚まで守るべき?男は非処女より処女が好きなの?

結婚はいつの時代も女性の憧れのものですが、公にしないこともあり結婚する時に処女か非処女どちらの状態で結婚に臨んだのか分からないといった人もいるでしょう。性事情ということもあり中々触れられない部分なため、そんな問題について解説していきます。

処女を結婚まで守るべき?男は非処女より処女が好きなの?のイメージ

目次

  1. 処女の結婚の割合
  2. 処女であることを気にする女性たち
  3. 非処女=悪という考え
  4. 処女は結婚できないのか
  5. 処女で結婚したことに後悔
  6. 処女でも結婚する方法
  7. 男にとって処女との結婚は重い
  8. 処女の結婚は本当に無理なのか
  9. 処女で結婚した時の悩み
  10. 処女の結婚はそれほど考え込むことではない

処女の結婚の割合

処女を貫いてきた女性が将来のことを考えた時に候補として挙がる項目と言えば結婚です。結婚できない悩みを抱える女性も多い世の中ですが、処女の女性は結婚適齢期になっても結婚について悩みがあるため、その悩みの種がどんどん広がっていき、悪循環を生じさせます。

しかし、男性が結婚にどれほどの割合で女性に処女か非処女かを求めるのかというと、割合は処女が6、非処女は4の割合になります。それも双方どちらも必ず処女か非処女が良いかと望んでいる訳ではなく、中には「できれば」という考えを持つ男性もいるため、どちらかと言えば処女の女性の方が結婚できる確率は高いと言えます。

割合の数字を見れば結婚できない・無理と考えるのではなく、非処女の女性よりは結婚できやすいと捉えるようにしましょう。また、処女の割合だけにこだわるのではなく、自分に合った男性を一人の基準として考えることも大切です。

割合だけで男性を見ていたら恋愛に発展していかないかもしれませんし、何より割合を気にしている女性は男性から見ると少々下品に見えてしまいますから、数字で出ている割合だからといって口に出さないようにしましょう。

処女であることを気にする女性たち

それなりの年になれば、女性の多くがまだ処女を守る姿勢で過ごしているなどとは思わないでしょう。初めて経験した年齢が早ければ早い人ほど、いつまで経っても処女を守る姿勢でいることが理解できません。

また、非処女の女性は処女の女性に「なぜ今までそういった体験をしてこなかったのか」と思われることも、彼女たちにとってはよく分からないのです。しかもそんな女性たちは良い年齢になっても処女でいることがネックとなり、男性にモテないのではないかという考えが頭をよぎります。

非処女=悪という考え

では反対に処女を守ることを大切にしてきた女性側が非処女の女性を見る目がどういったものかというと、将来結婚する男性のためになぜ処女を守ることをしなかったのか不思議に思っています。

また、処女である女性が過去に男性とのおつきあいを経験してきても尚初体験に至らなかったのは実際にそういったシチュエーションに直面しても何らかの事情がありできなかったのでは、という先入観に似たような感覚も持っていることでしょう。

そんな事情があって今だ処女である女性は、もう既に非処女である女性に対して「羨ましい」という気持ちがあったり、「余裕がある女でカッコいい」という見方をしている場合もあります。

しかし、結婚するまでずっと処女を守る女性は、結婚する前からそんな軽々しい行動をして何を考えているんだ、という軽蔑に似た視線で非処女の女性を内心悪だと感じている人もいます。

処女は結婚できないのか

多くの処女の女性にとって気になる問題が処女のままで結婚できるかどうかという点ですよね。よく男性はまだ経験をしていない女性の扱いは面倒だと感じるという意見を見聞きしたことがある人も多いため、まだ経験のない女性はこのまま一生結婚できないのかと焦りを生じるでしょう。

処女を守ってきた女性はやはり本当に男性と結婚できるのか心配になるところです。しかし、星の数ほど存在する男性も性格や考え方は十人十色です。中には結婚するのであれば絶対経験済みの女性が良いと考えている男性もいれば、もちろん絶対に処女ではなければいけないという考えを持っている男性もいるため、処女だから必ずしも結婚できないということではありません。

また、結婚できないと悩んでいることを同性の友人などの耳に入れておくと良いでしょう。「結婚できないから焦ってる」と伝えれば、手回しが早い人ならすぐに該当する男性を紹介してくれるはずです。

処女で結婚したことに後悔

処女を守る女性たちがいざ結婚してみた生活を想像できるでしょうか。処女であっても、過去に男性との交際を受けてきた女性であれば、男性との結婚生活もある程度は良い方向に進んでいきますが、ここで男性との交際経験が全くない女性は当然初めてのことなため、戸惑い、どうしても上手くいかないこともあり、時には後悔を沸々とさせることもあるでしょう。

しかし、そんな不慣れな生活は場数を踏んでいき、様々な解決の仕方があると誰もが理解していきますので、さほど大きな問題にはならないでしょう。結婚生活で重要視したいことは、結婚した相手の男性が夫婦生活中、ベッドにベターッと寝そべっているだけなのか、積極的に女性の体を触るのかによっても異なってきます。

ここで積極的に体に触れる男性は心配いりませんが、ベッドにただ寝そべるだけで完全に受けな男性は女性側が手をかけてあげなければいけません。しかし、ここで処女であると、体験したこともないイベントのため、どうしたら男性を満足させてあげられるか分かりませんよね。

受けの姿勢が目立つ男性は、女性から触られることに最も執着心がありますから、こういった男性との結婚は後悔せざるを得ない場合もあるでしょう。処女を守る場面の多かった女性は処女であること自体に後悔は感じませんが、いざ男性と結婚してみることで処女であることがどれほど大変なのか後悔の念を募らせる人もいます。

処女でも結婚する方法

「処女だから結婚はできない、どうせ無理なんだ」と考える必要はありません。一つの場所に男女がいれば、必ずと言って良いほど特別な目線で相手を見るため、処女だから絶対に無理ということはないのです。

処女の女性でも結婚する方法は例えば、友人から純粋で穢れを知らない女性を好む男性を紹介してもらったり、合コンや店に足を運ぶなどの男性との出会いがありそうな場所へ結婚できる方法を作りに行けば良いのです。家にこもりっきりだったり、どうせ結婚相手を見つけることは無理と考えていてはいつまで経っても状況は変化していきませんから、結婚する方法を前向きに探していく方が圧倒的に賢明と言えます。

また、チャラチャラとした女性経験豊富な男性は無理だと感じる場合は、男向けの趣味などを新しく開拓し、イベントや集まりなどに参加してみるのもまだ経験がない女性に合った堅実な男性を見つけられる方法となるでしょう。処女の女性にも男性の好みなどがあり、中々恋愛関係に発展していかない場合もありますが、結婚相手を探す方法はまず異性のいる場所に出向くことが第一です。

過去に男性と恋人関係にあった女性ならご存知かと思いますが、結婚できる方法を探るためにはまず恋愛関係を作ることが一番です。しかし、どうにも恋愛に発展しなさそうな場合はお見合いで男性と出会う方法もあります。

■関連記事:結婚するための方法について知りたい方はこちらもチェック!

結婚相手の決め手ってなに?男性が選ぶ女性の特徴・価値観とは?
結婚したいけど出会いがない人必見!いい相手をみつけるきっかけ7つ
結婚したい女性の7つの特徴!彼女止まりとの違いは?男の本音!

男にとって処女との結婚は重い

処女でなければ結婚しても後悔すると感じている男性は、まだ他の男に手を付けられていない女性のことをまるで聖母のように大切にしますが、男性の中には処女と聞き、結婚を躊躇うといった人も実際にいます。

一昔前であれば結婚する際、相手の男性の目にかなうように処女を守ることは当然の義務と捉えられますが、やはりフリーダムな現代男性の思考は単純に「なんで処女なの?」といった具合になるでしょう。

処女である女性の初めての男という立場はそんな男性たちにとっては少々重いように感じられてしまいます。また、貫いてきた処女を捧げる女性はきちんとした体制で男性に行為を遂行してもらえるかどうかの悩みもあります。

処女の結婚は本当に無理なのか

処女の結婚は無理だと考えている人も少なくありません。現代にとっての結婚は数々の恋愛を幾度も繰り返し経験してきたことで得られる経験値だと捉えている部分があり、そんな恋愛の経験値に大切な項目をクリアしていない処女の女性には最後のボスとも言える結婚は重い問題と捉え無理だと思う場合もあるでしょう。

さらに、人によっては処女である女性=何らかの欠落部分があり、今だ体験していない女性だと思われてしまうため、男性から「重い女なのではないか?」と思われるのではないかと悩み苦しむこともあるでしょう。

しかし、処女=重いと男性に思われることはその男性に難があると言っても良いほどです。愛した女性と結婚し、添い遂げるまでのことを処女だから重いという理由で批難して良いはずがないのです。

そのため、処女という理由で結婚を重いと感じる男性はいても、それが必ずしも結婚できないということには繋がらないのです。

処女で結婚した時の悩み

処女で結婚した女性の多くは、夫婦生活で夫を満足させてあげられるかということに悩みます。夫婦生活も一つのコミュニケーションですから、一人の男性のために全力を尽くし、重い女にならないために喜ばせる努力などをする女性も多いですが、処女が結婚してから初めて夫婦生活を体験し、痛みを感じてしまうとやはり夫のことは好きでも行為自体に嫌悪感や悩みを感じてその後夫からの誘いがあっても拒否してしまう女性もいるでしょう。

愛した夫を満足させられない原因は自分にあると考え後悔する女性や、反対に耐え難いほどの苦痛を感じやすい処女の女性は結婚した後に経験をしておけば良かったと悩みが後悔に変わっていくのです。

処女の結婚はそれほど考え込むことではない

処女の女性にとって自身が幸せになる道と言える結婚は、悩みに感じることもありますがそこまで思い詰めることではありません。むしろ処女の女性と絶対に結婚したいという男性もいるため、将来を見据えて結婚できないことを考えるよりもどうしたら結婚できるかの方法を見つけていく方が断然効率が良いのです。

近い将来夫となる男性ともう既に出会っている可能性もありますから、周囲をよく見渡して相手を逃さないようにしたいですね。

もっと「処女」に関連する記事を知りたいあなたへ!

処女に価値はある?ない?価値があるのは何歳まで?
30代で処女はひく?やらみそ女子への男性の本音まとめ!
童貞&処女の初セックスを成功させるには!初エッチの方法11選!

関連するまとめ

ももこ◯
ももこ◯
様々な角度から女性の悩みを解決できるような記事作りを目指しています。ダイエット、恋愛、美容、健康などに興味を持ち、毎日輝けるような人になれるように日々奮闘中です。よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ