来るもの拒まず去るもの追わずとはどんな心理?【人間関係】

「来るもの拒まず去るもの追わず」とはどのような心理なのか、また「来るもの拒まず去るもの追わず」という考えの人がどのような人間関係を築いているのか、恋愛にはどのような影響があるのかを実際のエピソードを交えて紹介していきます。

来るもの拒まず去るもの追わずとはどんな心理?【人間関係】のイメージ

目次

  1. 来るもの拒まず去るもの追わず
  2. 来るもの拒まず去るもの追わず 意味
  3. 来るもの拒まず去るもの追わず 背景
  4. 来るもの拒まず去るもの追わず 特徴
  5. 来るもの拒まず去るもの追わず 賛否
  6. 来るもの拒まず去るもの追わず 人間関係
  7. 来るもの拒まず去るもの追わず 家族
  8. 来るもの拒まず去るもの追わず 恋愛
  9. 来るもの拒まず去るもの追わず 復縁
  10. 来るもの拒まず去るもの追わず なぜモテる?
  11. 来るもの拒まずず去るもの追わず ママ友
  12. 来るもの拒まず去るもの追わず 成功体験①
  13. 来るもの拒まず去るもの追わず 成功体験②
  14. 来るもの拒まず去るもの追わず 失敗体験①
  15. 来るもの拒まず去るもの追わず 失敗体験②
  16. 来るもの拒まず去るもの追わず 注意点
  17. 来るもの拒まず去るもの追わず:まとめ

来るもの拒まず去るもの追わず

皆さんも「来るもの拒まず去るもの追わず」ということわざは聞いたことありますよね。

今回は「来るもの拒まず去るもの追わず」ということわざの意味や、恋愛や友人などの人間関係に対する「来るもの拒まず去るもの追わず」という心理について、そしてそのような考えを持つことによる影響などを紹介していきます。

来るもの拒まず去るもの追わず 意味

一般的に「来るもの拒まず去るもの追わず」ということわざだと思われがちですが、正確には「去る者は追わず 来る者は拒まず」というのが、ことわざとしては正しいようです。

意味は皆さんもご存知の通り、自分の元を去りたい人を引き止めるようなことはせず、 自分のことを信じてやって来る人は選り好みせずに受け入れるということです。

過ぎ去ったことをいつまでも考えるよりも、今与えられているものを大切にしようという意味に捉えたり、過去より今と向き合おうという意味にもとらえることができるのではないかと思います。

男女問わず、恋愛関係だけでなく、人間関係全体に当てはめることができることわざですね。


来るもの拒まず去るもの追わず 背景

「来るもの拒まずず去るもの追わず」のもとのことわざ、「去る者は追わず、来る者は拒まず」は、孟子が迎賓館に泊まった際に生まれた言葉のようです。
迎賓館の役人のわらじがなくなるという事件がおき、役人はてっきり孟子の弟子が盗んだものと思って、孟子を非難しました。すると…、

孟子は「仮に私の弟子達が盗んだにせよ、それは大したことではない。私は学問の意志さえあれば誰でも弟子にするし、去っていく者は追わない。これが私の主義だ。」といった。 人とつきあうときには、淡々とした精神が大切であり、学ぼうとしてやってきた者はその過去にこだわることなく受け入れるべきであり、去っていく者は追ってもしかたがない。 相手の自由意志にまかせ、自分は淡々とするのが一番良いということ。

ここで役人のペースに巻き込まれ、口喧嘩になっても仕方ありませんよね。
「来る者は誰であっても拒まないし、去る者がいてもその人の自由だから気にしない」そんな飄々とした態度でお互いがいられたら、風通しのよい人間関係が築けそうです。

来るもの拒まず去るもの追わず 特徴

「来るもの拒まず去るもの追わず」という心理の人は一見ノーテンキな人に見えますが、実は男女問わず、嫌われるのが怖い人に多いようです。
友人関係でも、恋愛関係でも、嫌われるくらいなら離れてしまえという考え方なのでしょう。
言わば「来るもの拒まず去るもの追わず」ということわざが、自分を守る殻の役割を果たしているのだと思います。

中にはそのことわざを都合のいいように解釈して、自分勝手な振る舞いの言い訳に使う人もいると思います。
そこらへんは見極めていかないといけませんね。

来るもの拒まず去るもの追わず 賛否

来るもの拒まず去るもの追わずという考え方には、男女問わず「冷たい」「相手になれば誰でもいいのか?」など否定的な意見も多数あります。

私は節度をわきまえれば、そんな心理があってもいいと思います。

狭い人間関係の中で悩んでしまう人からしたら、憧れてしまう考え方だと思います。

ただし、どんな考えも行き過ぎでいてはあまりいい結果は生まれないと思います。
まわりの忠告を無視して拒まなかったばかりに、自分の大事な人にまで迷惑がかかってしまったりすることもあると思います。
自分の考えを貫き通そうとしたばかりに、大事な人にまで去られてしまわないようにしないといけませんね。

来るもの拒まず去るもの追わず 人間関係

恋愛関係以外の人間関係では「来るもの拒まず去るもの追わず」の心理は、まわりといい距離を保つことができるのでオススメします。

恋愛の場合の彼氏や彼女のポジションとは違い、友人は何人いてもいいわけですし、自分を避けようとする人を追う必要もないですよね。
もちろんまた何かのきっかけで、仲良くなる場合もあるかもしれませんが、わざわざ追いかけてまで縋ってしまうと対等な関係ではなくなってしまいます。

そして大人になると、人間関係を露骨に選り好みするわけにもいかないので、「来るもの拒まず去るもの追わず」ということわざのような心理でいることも大事なのだと思います。

そうしているうちに、自然と気の合う人たちだけが残るので、自分自信も楽な気持ちになれます。

もちろん去るものというのは気持ちの問題で、物理的に引越しなどで離れるのとは意味が違います。
物理的に離れただけなら、お付き合いを続けるのもありだと思います。

来るもの拒まず去るもの追わず 家族

家族内でも「来る者拒まず去るもの追わず」の心理は活かされます。
家族といえども、自分のことにむやみやたらにあれこれ口を出されるのはいい気はしませんよね。
家族を心配するが故のことなのでしょうが、それで相手に嫌われてしまい、自分だけ情報共有をさせてもらえなくなったりしたら、元も子もないです。

男女問わず、配偶者や子供に過干渉になりすぎることなく、頼られた時は応じるという関係が、それぞれの人格を尊重するという意味でも大切だと思います。

来るもの拒まず去るもの追わず 恋愛

恋愛関係で「来るもの拒まず去るもの追わず」のスタンスでいる人は、チャラチャラしたイメージだったり、浮気性なイメージがありますよね。

自分の彼氏がそんなこと心理でいることをを聞いてしまった日には、不安でたまらなくなってしまいますよね?
もちろん男女逆にも同じです。

ただ本当は基本的に人から嫌われたくない、寂しがりやな人が多いので、駆け引きなんてせずに、どんどん自分の思いを伝えれば、「来るもの拒まず」なので、余程のことがない限り拒まれないと思います。

その代わり、彼女意外の人も拒まない可能性が高いので、浮気する隙を与えないように頑張らないといけないかもしれません。

もちろん「来るもの拒まず」とは言っても「恋人」の枠は1枠で自分を好きでいてくれる限りは大事にするが、抜ける場合は追わないし、空いたら誰でも受け入れるというように、きっちりしている人もいます。
そのような使い方が理想ですね。

来るもの拒まず去るもの追わず 復縁

以前付き合ってた人復縁元したいと思ったことってありませんか?
実は復縁したい時も「来る者拒まず去るもの追わず」ということわざが大活躍します。
男女問わずに追いかけられると逃げたくなるものです。追えば追うほど復縁は難しくなるのです。

復縁したいのに「去るもの追わず」では逆の意味になってしまうのではないかと思うと人もいると思いますが、1度距離を置いた方が自分の悪い印象を忘れてもらえるので、復縁の可能性出てきます。

女性だって嫌になってしまった元彼氏だった男性がしつこく食い下がってきたら、復縁どころか悪い印象がどんどん増えていってしまい、復縁なんて考えたくもなくなりますよね。男女逆でも同じです。

男性だっていつまでも食い下がられてたら、あなたの悪いところを忘れることができずに、憎悪だけが増していき、復縁の可能性はどんどんなくなっていきます。

彼氏だった男性がその間に別な人女性と付き合って焦ってしまうこともあるかもしれません。
でも別な人を間に挟むことで、さらに悪印象を忘れてくれて復縁できる可能性が僅かながらアップします。

もちろんその冷却期間に自分が別な男性と付き合うのもありだと思います。

お互いに別なパートナーを挟んでも気になるようであれば、復縁も益々近いと思います。

恋愛関係って難しいですね。

■参考記事:失恋後の冷却期間についてはコチラも参照!

復縁に冷却期間が必要な9の理由!別れたあと連絡は取らないべき?

来るもの拒まず去るもの追わず なぜモテる?

「来るもの拒まず去るもの追わず」という心理の人は何故かモテる人が多いようです。

理由は簡単、「来るものを拒まない」からなんです。
誰にでも選り好みせずに平等に接してくれるので、優しい人に見えてしまうのです。
そして、決して自分から拒否したりはしないので、仲良くなりやすく、男女問わず人気者になる傾向があるようです。

ちなみに「来るもの拒まず」と言っておきながら、選り好みしているようでは「自分に相応しい人が来れば拒まないけど、自分に懐いてくれないならいらない」というような、ただの我儘な人だと思われます。

そういうタイプの人は「来るもの拒まず去るもの追わず」という考え方が向かない人なので、考えを改めてみるのもいいかもしれませんね。

■参考記事:あざとい人には要注意!コチラも参照

あざとい男の特徴11選!【要注意】

来るもの拒まずず去るもの追わず ママ友

恋愛関係とはまた別の意味で厄介なのがママ友関係です。
「来るもの拒まずず去るもの追わず」の心理が一番活かせる付き合いだと思います。

子供をきっかけに知り合うので、自分にとって付き合いやすいタイプもいれば、苦手なタイプの人もいますよね。

今までは一緒に行動する機会が多かったり、よく話していたママさんと急に距離ができたりして不安になることもあると思います。

でもあくまで子供をきっかけとした知り合いなので、クラスであったり、習い事であったり、その子供同士の共通点がなくなれば自然と離れていくものです。
「来るもの拒まず去るもの追わず」、追わなくて構わないと思います。
むしろ追ったところで、共通点がなくなってしまっては話すきっかけも話題もないので仕方がありません。
そこは切り替えてまた共通点のあるママ友と付き合うようにしましょう。

まれに子供をきっかけに本当の友達のようになれる人もいますが、それはもう「ママ友」ではなく自分自信の「友達」です。
そういう関係も生むことができたら素敵ですね。

来るもの拒まず去るもの追わず 成功体験①

いつも一緒にいるグループ内で、自分だけ浮いている気がして居心地がわるく、悩んでいたのですが、「来るもの拒まず去るもの追わず」ということわざの通りに、声かけてくれる人全員にニコニコ対応してみたら、今まであまり話す機会がなかった人ともその場その場で楽しく過ごせるようになり、グループに拘って悩むことがなくなったなんてエピソードもあるようです。

女性の人間関係は男性に比べて厄介なので、時には「来るもの拒まず去るもの追わず」という心理も大事な世渡りの術になりますね。

来るもの拒まず去るもの追わず 成功体験②

ママ友トラブルに巻き込まれて悩んでいたのが、「来る者拒まず去るもの追わず」の心理を実践するようになってから、程よい距離感を保つことができるようになり、特定の人に拘らずその場その場で色んな方とお話できるようになったというエピソードもあるようです。

人間関係の中でもママ友関係は特に距離感を間違えると大変な思いをしてしまいます。
もしもママ友関係で悩んだらこのことわざを思い出すといいかもしれません。

来るもの拒まず去るもの追わず 失敗体験①

自分が原因で彼氏とちょっとした喧嘩をしてしまった時に、本当ならすぐに謝ればよかったのてますが「来るもの拒まず去るもの追わず」という心理にこだわりすぎてしまい、自分から謝ることはせずに、結局それが原因で別れてしまったというエピソードもあるようです。
後にその彼氏時の彼氏と復縁も試みたようなのですが、彼氏の気持ちはすっかり離れてしまっていたみたいです。

この場合はことわざの意味を少し履き違えてしまっていますね。
自分が悪いのに謝らないのは「去るもの追わず」とは違います。
ただの頑固なだけなので、復縁できなくて当然です。

自分が悪いと思ったら、まずは彼氏にしっかり謝って、それでも彼氏に許してもらえないような時は「去るもの追わず」でいいと思います。

もちろん男女どちらにも当てはまることですし、恋愛関係だけでなく、人間関係全てに当てはまります。

来るもの拒まず去るもの追わず 失敗体験②

「来るもの拒まず去るもの追わず」のことわざの「来る者拒まず」の部分の心理での失敗談です。

拒まないスタンスでいたら、自然と自分に合わない人とも付き合うことになり、結局わずらわしい思いをしてしまったようです。

相手が好意をもってくれていても、合わないと思う人に対しては、中途半端な態度ではなく、むしろきっちり拒んだほうがいい場合もあるかもしれませんね。

来るもの拒まず去るもの追わず 注意点

もし自分が「来るもの拒まず去るもの追わず」の考え方を持つ場合は、絶対にまわりに公言するのは避けましょう。

友達や彼氏が「自分は来るもの拒まず去るもの追わずのスタンスだから」なんて言っているのを聞いてしまったら、「自分が寄って行ってるからとりあえず付き合ってくれてるけど、相手はそれほど自分のことを、好きじゃないのかな?」って思ってしまいますよね。

もちろん自分だけは例外だ!大事にされている!と自信がある人もいると思いますが、どこかで気になってしまうのが人間の心理です。

人間関係の無用なトラブルを避ける為にも、公言するのは絶対にやめましょう。

来るもの拒まず去るもの追わず:まとめ

「来る者拒まず去るもの追わず」は時と場合により色々な意味に受け取れます。
自分なりに意味を解釈して、彼氏との恋愛関係を始め、まわりの人たちと素敵な関係を築いていきたいですね。

人間関係についてもっと情報を知りたいアナタに!

うるさい女の心理・特徴9選!男はうるさい女が大嫌い!
体育会系が嫌いな心理・理由は?特徴も解説!職場での接し方は?
メンヘラ男の17の特徴!メンヘラ彼氏の治し方ってあるの?
勘違い男の特徴11選!モテると思ってるの?

関連するまとめ

TSUBASA
TSUBASA

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ