元彼に連絡したい?その際の注意点をまとめました!【要注意】

元彼に連絡したいと思う人も多いでしょう。友達としてやり直したい人もいれば、復縁したいと思う人もいると思いますが、どちらにしても注意しておかなければならないことがあります。これから元彼に連絡しようと思っている人は、しっかりとその注意点を学んでおきましょう。

元彼に連絡したい?その際の注意点をまとめました!【要注意】のイメージ

目次

  1. 【はじめに】元彼に連絡したくなる時がある
  2. 恋愛抜きで元彼に連絡する時の注意点を知ろう
  3. 【恋愛抜きで元彼に連絡する時の注意点①】勘違いさせない
  4. 【恋愛抜きで元彼に連絡する時の注意点②】用件を簡潔に
  5. 【恋愛抜きで元彼に連絡する時の注意点③】タイミングを考える
  6. 【恋愛抜きで元彼に連絡する時の注意点④】連絡手段はメール
  7. 【恋愛抜きで元彼に連絡する時の注意点⑤】一線を越えない
  8. 【恋愛抜きで元彼に連絡する時の注意点⑥】楽しい思い出を
  9. 【恋愛抜きで元彼に連絡する時の注意点⑦】謝罪をする
  10. 復縁したい元彼に連絡する時の注意点を知ろう
  11. 【復縁したい元彼に連絡する時の注意点①】いきなり迫らない
  12. 【復縁したい元彼に連絡する時の注意点②】まずは友達に
  13. 【復縁したい元彼に連絡する時の注意点③】時間を空けること
  14. 【復縁したい元彼に連絡する時の注意点④】近況を見てから
  15. 【復縁したい元彼に連絡する時の注意点⑤】返事しやすい内容
  16. 【復縁したい元彼に連絡する時の注意点⑥】NGな話題
  17. 【復縁したい元彼に連絡する時の注意点⑦】催促しないこと
  18. 【復縁したい元彼に連絡する時の注意点⑧】丁寧な言葉で
  19. 【復縁したい元彼に連絡する時の注意点⑨】変化を見せる
  20. 【まとめ】元彼と連絡する時は彼女気取りにならないこと

【はじめに】元彼に連絡したくなる時がある

元彼という存在はかなり厄介なものです。彼氏と別れて、元彼という存在になれば、その存在自体を忘れるというような人もいますが、なかには心理の中に深く焼きつき、いつまでも忘れられないという人もいます。

元彼は自分のことを誰よりもわかっている存在です。そのため、どうしても元彼に連絡したいという心理が沸いてしまう人も多いのです。

元カレに連絡したいという心理になり、実際に連絡することは悪いことではありません。それ自体が間違っているわけではないのですが、その対応を間違えてしまうと、目的を達成することができなかったり、さらに元彼との溝が深まってしまうこともあります。

そのため、元彼に連絡する際には、最低限の注意を守り、慎重に対応していくことが大切になってくるのです。元彼に連絡したいという心理に身を任せず、いったん、冷静になって対応を考えるということが大切になってきます。

■参考記事:失恋後は冷却期間を!コチラも参照

復縁に冷却期間が必要な9の理由!別れたあと連絡は取らないべき?

恋愛抜きで元彼に連絡する時の注意点を知ろう

元彼に連絡したいという心理になる人は、2つのパターンがあります。1つは恋愛抜きで連絡したいというパターン、もう1つは復縁を目的とした連絡、というパターンです。

まずは1つ目のパターンである、恋愛抜きで連絡したいパターンに関する注意点を紹介していきたいと思いますが、意外と恋愛抜きとなると、対応の方法などを考えずに連絡をする人が多いです。

恋愛感情がないのだから別に良いだろう、と思うのかもしれませんが、別れた元カップルなわけですから、そこを何の対応もしないで連絡してしまうと、さらに仲が悪くなってしまうこともあります。

恋愛抜きで連絡したいということは、友達になりたい、という目的がほとんどでしょう。それを考えれば、元彼とは恋人関係を続けられなくても、元彼自身が人間的に悪い人ではなかったということですので、対応を見誤ってしまうと、大切な友達を一人失ってしまうことにもなります。そのため、これから紹介していく注意点をしっかりと守って、元彼に連絡するようにしましょう。

【恋愛抜きで元彼に連絡する時の注意点①】勘違いさせない

恋愛抜きで元カレに連絡したい心理になった場合、まずは勘違いさせないような対応をすることが大切です。

あなたは恋愛抜きで友達になりたい、という心理で元彼に連絡しているかもしれませんが、元彼が必ずしもそうだと思うわけでもありません。むしろ、元彼からの連絡に対して、多くの男性は自分とやり直したいのだろうか、と思ってしまうものです。そのため、最優先課題として、そのような勘違いをさせないようにするということが大切になってきます。

このような勘違いをされると、元彼から妙な誘いを受ける可能性もありますし、逆に元彼にやり直す気がない場合は、連絡を無視されてしまう可能性もあります。そのため、勘違いさせるような行動は控えるようにしましょう。

勘違いさせるような行動とは、「もう一度会いたい」というような言葉です。もっとフラットな言い方をすることで、元彼に妙な心理が沸き立つことを防げるようになるため、もっとよく考えてから連絡をするようにしましょう。

【恋愛抜きで元彼に連絡する時の注意点②】用件を簡潔に

恋愛抜きで元彼に連絡したい心理になった場合、用件を簡潔に言う、という対応が大切です。

元彼は急にあなたから連絡が来たら、何の用件だ、という疑問をまず持ちます。しかし、その連絡の内容では目的がはっきりしないようだと、お金を借りたいのかも、またやり直したいと言われるかも、という心理になってしまい、無視してしまう可能性があるのです。

数年間、連絡を取っていなかった人からの突然の連絡というのは意外と怖いものです。別れた時の別れ方が、遺恨を残すようなものであればあるほど、数年ぶりの連絡は、心理に恐怖を浮かび上がらせます。

そのため、連絡をする際にはメールかラインで、必ず用件を簡潔に言うようにしましょう。友達になりたいのであれば、その心理をそのまま伝えても良いです。意味深な内容にだけは送らないよう、注意してください。

【恋愛抜きで元彼に連絡する時の注意点③】タイミングを考える

恋愛抜きで元彼に連絡したい心理になった場合、タイミングを考える、ということも大切です。

別れてから連絡をするまでの時間というのは、短ければ短いほどダメです。別れたということは、どちらかがどちらかを嫌い、もしくは恋愛感情を持てなくなったということでしょう。元彼から振られた場合は、相手はあなたに対してマイナスの心理を持っている可能性がありますし、逆に振った場合でも、元彼は振られたことを根に持っている可能性もあるため、同じくマイナスの心理を持っている可能性があります。

そのため、元彼と別れてからすぐに連絡するというのはNGです。

もっと心理が落ち着いてから連絡をとったほうが、元彼は冷静に物を考えられるようになるため、最低1年は待つようにしましょう。

【恋愛抜きで元彼に連絡する時の注意点④】連絡手段はメール

恋愛抜きで元彼に連絡したい場合、連絡手段をメールにするという対応をすることも大切なことです。この対応をしたほうが良い理由は、メールのほうが無視されにくい、という理由があります。

連絡の手段と言えば、主に2つです。通話かメールか、のいずれかになります。
長く連絡を取っていない元彼に対して、いきなり電話をするのは、意外とハードルが高いです。電話のほうが話しやすいという人も多いと思いますが、元彼はそうだとは限らないでしょう。また、突然の連絡に悪い予感を感じてしまう、という理由もあります。

そのため、元彼に連絡をしたい場合は、とりあえず用件だけを読むことができるメールのほうがベストなのです。このような場合は、自分の理由だけではなく、元彼の理由も考えて行動するということが大切になってきます。全てに通じることですので、よく覚えておきましょう。

【恋愛抜きで元彼に連絡する時の注意点⑤】一線を越えない

恋愛抜きで元彼に連絡したい場合、一線を越えないように注意しておくということが大切です。一線を越えるというのは、連絡を取ってからの話になりますが、連絡を取る時点で注意しておかなければなりません。その理由は、元彼が連絡をもらった時点で、体を求めるだけの関係になれないか、と考えていることがあるからです。

肉体関係だけを持つ仲になるのは、元カノであるあなたとしても、納得できるものではないでしょう。そうなりたいのであれば話は別ですが、そうなりたい理由など一つもないという人は、連絡を取る段階からそのような関係を否定しておく必要があります。

とはいっても、基本的には誘われたら断る、というだけの話です。また、できれば二人きりになったり、双方の家に行くようなことはしないようにしましょう。そうすることで、元彼が期待していても、諦めるようになります。

■参考記事:元カレと友達になるのはアリ?NG?コチラも参照!

元カレと友達になるべきでない9の理由!友達になってもいい条件は?

【恋愛抜きで元彼に連絡する時の注意点⑥】楽しい思い出を

恋愛抜きで元彼に連絡する際の注意点としては、楽しい思い出を語る、という対応が大切です。この対応が大切な理由は、嫌な思い出を語ったり、思い出させてしまうと、友達にすらなれない可能性が高い、という理由からです。

恋人が付き合っており、別れたのですから、二人の最後の思い出は、あまり良いものではないでしょう。どのようなことが理由であれ、どちらかに何かしらの遺恨があるものです。

元彼に連絡したいということは、それなりに関係を修復したいという気持ちのはずですが、ここで元彼に当時の嫌な思い出を回想させてしまうと、とてもあなたと関係を修復しようとは思いません。

しかし、恋人だったのですから、楽しい思い出もあるはずです。そのため、連絡を取った際には、そのような楽しい思い出の話をするという対策を取っておくと、嫌な思い出を回想しなくなります。つまり、負のイメージを取り去るため、という理由で、楽しい思い出を語るという対応をしたほうが良いということです。

【恋愛抜きで元彼に連絡する時の注意点⑦】謝罪をする

恋愛抜きで元彼に連絡したいという場合、人によっては謝罪をする、という対応が必要になる場合もあります。謝罪が必要な理由は、元彼がまだあなたのことを許していない可能性があるからです。

この対応は、全ての人が行うべき対応ではありません。別れる時に、元彼が恨みを抱くようなひどい言葉を言ったり、あなた自身の浮気などが理由で別れたりしたという人のみ、行うべき対応です。

別れる時にこのようなことがあると、元彼はその怒りをずっと蓄え続けている可能性もあります。ひどい場合、それが理由で、トラウマのような状態になっていることもあるのです。

そのため、別れる時にひどいことをしてしまったという人は、必ず最初に謝罪をするようにしましょう。そうしないと、高い確率で無視されてしまうことになります。無視するのが当然ではありますが、元彼が寛大な人であれば、謝罪したことを理由に許してくれるかもしれません。とにかく、まずは謝罪しましょう。

復縁したい元彼に連絡する時の注意点を知ろう

恋愛抜きで元彼に連絡したい場合の注意点を紹介してきましたが、ここからは復縁したい人が元彼に連絡する時の注意点を紹介していきます。

実は恋愛抜きで連絡する時よりも、復縁したいという理由で連絡する時のほうが、注意点としては多いです。その理由は、恋人としては一度失敗しているため、元彼にやり直したいという意欲が湧かないことが多いという理由からです。

友達と恋人はまったく別物です。そして今回も、友達と恋人の差ほど、両者には大きな差があります。そのため、復縁をしたい人ほど、より注意点を守り、様々なことに対応していく必要があるのです。

では、実際に復縁したい元彼に連絡する時は、どのようなことに注意するべきなのでしょうか。紹介していきましょう。

【復縁したい元彼に連絡する時の注意点①】いきなり迫らない

復縁したい元彼に連絡する時の注意点としては、いきなり迫らないということが大切です。そのようなことをしてしまうと、無視されることもあるため注意しましょう。

いきなり迫らないというのは、復縁のことです。元恋人とはいえ、二人は一度別れています。あなたの中では終わっていなくても、別れた時点で元彼の中では終わっている、ということも多いです。そのような状態でいきなり復縁を迫れば、無視されてしまっても仕方がないでしょう。

その無視が、今後ずっと続く可能性もあるため、復縁したいのであれば、このような対応は絶対にしないようにしてください。

【復縁したい元彼に連絡する時の注意点②】まずは友達に

復縁したい元彼に連絡する時には、まずは友達を目指す、ということが大切です。

復縁を目的とするわけですから、最初からそのつもりで行動したほうが良いのでは、と思う人もいるかもしれませんが、いきなり復縁というのはハードルが高過ぎます。一度別れているわけですし、失敗してしまえば無視されてしまうことになるでしょう。

こういうことは、一度無視されてしまうと、チャンスは二度と訪れません。そのため、丁寧に時間をかけて関係を作り直していかなければならないのです。

友達であれば、復縁よりはハードルは下がります。相当嫌われていない限りは、まずは友達からやり直すことができるでしょう。そして友達として長く付き合っていくことで、初めて復縁を考えるくらいが丁度良いです。間違っても、元彼に無視されるような突発的な行動を起こさないように注意しておきましょう。

【復縁したい元彼に連絡する時の注意点③】時間を空けること

復縁したい元彼に連絡する際には、時間を空けることが大切です。これは恋愛関係を望まない人が元彼に連絡する際の注意点としても紹介しましたが、復縁したい時も同じく、時間を空けるということが大切になってきます。

別れを選んだ二人ですので、まだ別れたばかりの頃は、どちらかにしこりが残っています。そのような状態で連絡すれば、火に油を注ぐことになるため、無視される確率は高まってしまうでしょう。

そのような展開がきた場合、それ以上はどうすることもできなくなってしまいます。手の施しようがなく、無視され続けて二人の関係は終わりです。やってきたことが全て無駄になってしまうでしょう。

稀にそうならないこともありますが、それは特殊な場合です。確実性を求めるのであれば、時間を空けたほうが良いため、別れてすぐに連絡をするのだけはやめておきましょう。

【復縁したい元彼に連絡する時の注意点④】近況を見てから

復縁したい元彼に連絡する時の注意点としては、近況を見てから行動する、ということも大切です。

あなたは元彼にとって、元カノという存在です。そのような元彼女と元彼が連絡を取っていることを、新しく元彼にできた今の彼女が知ったら、間違いなく良い気分にはならないでしょう。元彼もそのように考えるため、彼女がいる状態では、あなたと連絡をしようとすらしないはずです。

もしもそのようなタイミングで連絡してしまい、それを彼女に見つかってしまったら、無視どころか着信拒否をされてしまったり、連絡先を消去されたりする可能性があります。まだ無視のほうが優しい状態です。こうなってしまうと、二度と相手と連絡を取れない可能性も出てくるでしょう。

そのため、無視よりひどい着信拒否をされないためにも、現在の元彼の近況を確認し、彼女がいないかどうかということを確認しておくことが大切です。共通の友達などがいれば、すぐに確認できます。

【復縁したい元彼に連絡する時の注意点⑤】返事しやすい内容

復縁したい元彼に連絡する時の注意点としては、返事しやすい内容にする、ということも大切なことです。

連絡をする際にはメールで連絡をすることになると思いますが、元彼の立場に立つと、返事をしにくいメールがきたら、そのまま無視してしまう可能性もあります。「こんにちは、ひさしぶり」というようなメールなどは最悪でしょう。用件がわからない上に、どう返事すれば良いのかわからなくなってしまうからです。

できれば、メールがきた立場になれば、内容は疑問系のほうが返事しやすくなります。質問に答えれば良いだけで、特に迷う必要がないからです。

付き合っていた時は、そのようなメールでやってきたのかもしれませんが、これまでやってきたメールをここで使ってはいけません。もう関係が壊れているわけですから、新たな関係性を結ぶつもりで、メールをしましょう。

【復縁したい元彼に連絡する時の注意点⑥】NGな話題

復縁したい元彼に連絡する時の注意点として、NGな話題をしないということも覚えておきましょう。

二人の関係がどのような道を辿ってきたのかは、それぞれですが、その辿ってきた道の中には、地雷が埋まっているような場所もあります。簡単に言えば、喧嘩したことや、とんでもない暴言を吐いてしまったことなどです。

メールをする際には時間が経っているはずですが、時間が経つと人は、思い出を美化します。嫌な思い出を消し、良い思い出だけを残していくのです。そのため、これまで元彼とやってきたことを話しても良いのですが、せっかく美化しているかもしれない思い出を、あえて悪い思い出でかき消してしまうと、時間をおいてきた意味がなくなってしまいます。

そのため、メールをする時は、必ずこれまでやってきた良い思い出の話をするようにしましょう。元彼の誕生日である記念日に、メールを送ると、誕生日の話が中心となるため、うまく悪い話を避けることができます。誕生日でメールがきたら誰でも嬉しいものですので、おすすめの方法です。

【復縁したい元彼に連絡する時の注意点⑦】催促しないこと

復縁したい元彼に連絡する時の注意点としては、催促しない、ということも大切なことです。

もしもメールを送信した後、1日待っても、1週間待っても、返事が来ない、ということがあるかもしれません。復縁したいあなたとしては、もう一度、メールを送りたくなるでしょう。しかし、それは我慢してください。

元彼がメールを返信しないのには、何か理由があるのかもしれません。もっとも多いのが、今は付き合っている彼女がいるから、という理由でしょう。そのような時に、またメールがやってきたら元彼は怒ってしまう可能性があります。

そのため、返信が無い時は、もう一度、時間をおいてメールを送るようにしてください。できれば、3ヶ月は時間を空けましょう。そうしたら、相手の状況が変わっていることもあるため、今度は返事をもらえる可能性もあります。

【復縁したい元彼に連絡する時の注意点⑧】丁寧な言葉で

復縁したい元彼に連絡する際には、丁寧な言葉で話すということも大切です。

一度付き合っているのですから、普通に考えれば、互いに馴れ馴れしい言葉を使うものでしょう。しかし復縁とは関係を修復することです。

これまで使ってきた言葉遣いは、あくまで恋人の時のものですので、それと同じ話し方をすると、相手は彼女でもないくせにと思ってしまいます。そのため、できるだけ丁寧に話すということが大切になってくるのです。

【復縁したい元彼に連絡する時の注意点⑨】変化を見せる

復縁したい元彼はもしかしたら、あなたを嫌っている可能性もあります。それが別れの原因になったということであれば、おそらく今でも同じでしょう。

そのため、もしも別れの原因になってしまうほど、嫌われているポイントがあるということであれば、昔の自分ではない、ということをアピールする必要があります。今までやってきたことは行わず、新しい自分を元彼にお披露目するのです。

その変化に元彼が気づけば、少し興味が出て、あなたと連絡してみようかな、という気になることがあります。元彼にうまくアピールしましょう。

【まとめ】元彼と連絡する時は彼女気取りにならないこと

元彼に連絡したい場合は、とにかく付き合っていたことを一度忘れるようにしましょう。今でも彼女のような態度をとってしまうと、元彼は不機嫌になり、連絡を取れなくなってしまうかもしれません。そのため、まず精神的な意味で、元彼との関係をリセットすることが大切です。

もっと復縁の情報を知りたいアナタへ!

振られた彼氏と復縁する方法とは?可能性はあるの?
元カレと復縁する方法13選!彼を諦められない人必見!
別れた後の連絡頻度で復縁の可能性がわかる?うまくいくのはこれ!
復縁したいあなたへ!復縁方法5選公開!「やり直そう」と彼が言う?

関連するまとめ

wasezaimu
wasezaimu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ