干支の漢字の意味は?普段と漢字が違う理由も解説

年賀状や正月になると出てくる干支ですが、「子」と「鼠」のように、干支の読み方といつも使っている漢字の読み方は一致しません。初めて年賀状を書いたときに、疑問に思った人も多いでしょう。子どもに干支の由来と漢字を聞かれても困らないよう、しっかり覚えておきましょう!

干支の漢字の意味は?普段と漢字が違う理由も解説のイメージ

目次

  1. 1干支の漢字は、なぜ読み方が違うのか?
  2. 21.暮らしに息づく干支の漢字を調べてみよう!
  3. 3正午の「午」は干支の「うま」
  4. 42.干支の漢字の読み方が違う理由は古代中国に!?
  5. 5干支の漢字は中国の皇帝が作った!?
  6. 6甲乙の続きを全て言える?
  7. 7江戸時代までは干支の漢字カレンダーだった!?
  8. 8干支の漢字は植物にも例えられた!
  9. 93.干支の漢字も陰陽五行でスッキリ解決!
  10. 10なぜ甲子は「きのえね」と読むのか?
  11. 114.干支の漢字の意味と乾さんとの関係とは!?
  12. 12鬼門の起源は干支の漢字だった!
  13. 135.戊辰戦争は干支の漢字の読み方から名付けた!?
  14. 14新政府軍と庶民では感覚が違った?
  15. 156.中国の12番目の干支は豚!?干支の動物の由来とは?
  16. 16豹も干支の漢字なの?
  17. 177.干支の漢字の意味を探求する!
  18. 18「辰」は貝だった!
  19. 19「戌」の意味は武器!
  20. 208.水戸黄門の歌による干支の覚え方
  21. 21歌なら、漢字もすっと頭に入る!
  22. 22大事なのは漢字ではなく母音
  23. 239.干支の漢字に動物が広まった理由
  24. 24日本で知られる干支の逸話
  25. 25鼠は悪者なのか?
  26. 2610.干支の漢字は、画期的なシステム!
  27. 272000年以上前に干支の漢字が使われた!
  28. 28干支の漢字と還暦のつながりとは?
  29. 2911.二割の人しか知らない「十干」の漢字の意味とは?
  30. 30「丙」は土台を固める
  31. 31「戊」は古代のトレジャーハンター
  32. 32「辛」は収穫祭の意味!
  33. 33「癸」は戦国時代のヒーロー!
  34. 34まとめ

干支の漢字は、なぜ読み方が違うのか?

例えば、十二支の最初の「子」という字。普段の暮らしで使う読み方と言えば、「こ」、「し」、「す」ぐらいでしょう。十二支で言う「ね」という読み方はしません。「ね」と読むのは十二支のときだけです。きっと初めて年賀状を書く子どもたちは由来や理由が気になることでしょう。
ここでは、暮しに隠れた干支から十二支の由来や干支の漢字の読み方が違う理由を探っていきます。

■参考記事:十二支の相性占いはコチラを参照!

十二支(干支)の相性・性格!【干支占い】

1.暮らしに息づく干支の漢字を調べてみよう!

「今、何時ですか?」と聞かれたとき、「午後1時です。」と答える人もいます。また、単に「1時です。」と答える人もいます。太陽が出ているのだから、わざわざ午後とつけなくても昼の1時と分かるという理由からでしょう。

しかし、これは現代型の時計で暮らしている私たちの話で、古代中国や平安時代の日本では、明確に午前と午後を区別していました。
それが十二支に由来する時間法なのです。

megurin0314さんの投稿
21984634 1700229563328590 1731441375901122560 n

正午の「午」は干支の「うま」

12の数で一日の暮らしを表現するには、一時(いっとき)を二時間とする必要がありました。「午の刻」は、現代で言う11時から13時に当たります。その午の刻より前という理由から「午前」、後なので「午後」と呼ばれるようになりました。

fashionsilyさんの投稿
21984837 928069900673705 6001048835638427648 n

つまり、十二支は時刻を表現していた符号なのです。そのため、「午前」の「午」という字を「うま」と読むのは、十二支に由来する読み方なのです。
こうした覚え方をすると「午」という漢字もすぐに頭に入ります。

caiti_rose_さんの投稿
21985435 2022555211310332 4882481550366605312 n

2.干支の漢字の読み方が違う理由は古代中国に!?

干支の読み方が後から作られた理由はわかりました。
では、なぜ「子」という字をそのまま「こ」と読まずに十二支の動物に当てはめたのでしょうか。覚え方が難しくて仕方ありません。

little_filou__さんの投稿
21984975 131061857622980 5596062419244810240 n

実は、中国を中心に何人かの学者が十二支の由来を研究をしており、時代を中国の「夏王朝」まで遡らないといけません。夏王朝とは現在、遺跡などの出土している「殷」の時代よりも前の時代です。
日本でもよく知られた三国志の時代よりもずっと前の時代に当たります。西暦で言うとおよそ4千年前の紀元前2600年頃です。

natgeoexpeditionsさんの投稿
21980661 1425377794249211 8137392326315081728 n

干支の漢字は中国の皇帝が作った!?

ある学者が暮らしの中の十干十二支(干支のこと)について調べ始めたとき、殷王朝の時代にはすでに十干十二支の「十干」に由来する部分が普段の暮らしで使われていたことを発見しました。故に殷王朝よりも前の時代の夏王朝の時代に十干が作られ、暮らしの中で使われていたことになります。

monstravel_blogさんの投稿
21980343 127497011240173 1070689493821947904 n

甲乙の続きを全て言える?

よく「甲乙つけがたい」と二つの優れた作品に対して評論することがあります。ここで言う「甲」とはトップ、「乙」は二番目です。実は、甲乙の後には続きがあって、「甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸」と10番目まであります。
第二次世界大戦では大日本帝国でも徴兵のときに使われており、最も強靭な肉体をした新人の兵士を甲一種として、ランク付けするのに使用していました。現在で使われているのは甲と乙、丙ぐらいまででしょう。
これが十干です。

江戸時代までは干支の漢字カレンダーだった!?

十干に十二支を加えて、十干十二支とし、カレンダーとして中国の黄帝が暮らしで使い始めました。これを「干支暦法」と呼び、60で一周するカレンダーでした。干支暦法を発展させたのが旧暦と呼ばれる月の満ち欠けに由来した暦です。
21世紀の日本ではグレゴリオ暦を採用していますが、明治時代の暮らしからです。江戸時代までは現代と違う旧暦が暮らしの中で使われていました。
江戸時代の人は寺子屋で覚え方を習ったのでしょうか。

fabbbenさんの投稿
21909742 1993844454210162 6521994107689107456 n

干支の漢字は植物にも例えられた!

要するに十二支の由来はカレンダーだったのです。そして、一般庶民でも理由づけして覚えやすいように12種類の動物を当てはめて十二支とし、その年の干支を決めたのです。今でこそ動物を十二支に当てはめるのが普通ですが、古代中国では違う覚え方で使っていました。それは、植物や木の生長に理由づけした覚え方です。
これらの理由から、カレンダー由来の干支の漢字と動物の漢字の読みが違うのは当然なのです。

reneeroamingさんの投稿
22069873 1836165116695147 6374684146844827648 n

3.干支の漢字も陰陽五行でスッキリ解決!

十二支の「子」の漢字にどういう意味や由来があるのかという質問は、漢数字の「一(いち)」にどういう意味や由来があるのかという質問に近いです。
冒頭で十二支は時刻を表すのに使われていたと説明したように順番としての意味しかありません。
もし、「子」を「こ」と読めば、「子ども」や「成人に達していない人間」などと理由を説明できますが、「ね」と読んだ場合は、十二支の最初の漢字という順番を表す以外の理由や意味ありません。覚え方もたくさんあったことでしょう。
十二支の読み方が後から違う方法で加えられたという理由から、漢字そのものには意味がないのです。

なぜ甲子は「きのえね」と読むのか?

しかしながら、十干十二支の読み方や覚え方にはコツがあります。高校野球でお馴染みの甲子園は「こうしえん」と読みますが、十干十二支では「甲子(きのえね)」と読みます。
これも、通常の読み方と違う漢字です。
十干十二支には、さらに陰陽五行(いんようごぎょう)が加えられているのです。陰陽五行とは「木(き)、火(ひ)、土(つち)、金(か)、水(みず)」です。
「きのえね」の「き」は木です。

financialtimesさんの投稿
21910937 274837266362289 5933364248452268032 n

次に「え」ですが、「え」は「兄」と書きます。陰と陽なので二つあります。もう一つは「弟(と)」です。
つまり、「きのえね」とは「木の兄子」です。陰陽五行の「木」と「兄」を、十二支の「子」とを合わせて作られているのです。
その読みを十干十二支の「甲子」に当てはめているのです。もちろん後付けです。
乙は「きのと」、丙は「ひのえ」、丁は「ひのと」、戊は「つちのえ」、己は「つちのと」、庚は「かのえ」、辛は「かのと」、壬は「みずのえ」、癸は「みずのと」となります。
読み方が違うので、むずかしいですね。覚え方を工夫することでマスターしましょう。

4.干支の漢字の意味と乾さんとの関係とは!?

漢字そのものに意味や理由はありませんが、十二支がどのような用途で使われていたのかには、大いに意味があります。
一つ目は時刻です。二つ目はカレンダー(暦)です。そして、三つ目が方角です。どれも暮らしに身近なものばかりです。

少し珍しい名字ですが、「乾(いぬい)」さんという知り合いはいないでしょうか。これは十二支が方角に使われていたことを理由づける名字なのです。
北を「子(ね)」として時計回りに当てはめていくと、最後は「戌(いぬ)」と「亥(い)で終わります。
時計回りでいったので、戌と亥の方角は北西に当たります。元の村(本村)から見て、北西の方角に住んでいた人を「乾の方角に住む人」という理由から「乾(いぬい)」さんと名付けました。

鬼門の起源は干支の漢字だった!

名字ではありませんが、北東は艮(うしとら)、南東は巽(たつみ)、南西は坤(ひつじさる)と江戸時代の暮らしの中で使われていました。
ここでピンと来た方もいるでしょう。艮(うしとら)の方角は鬼門です。風水も関わってきますが、みなさんのイメージする鬼はどんな鬼でしょうか。赤鬼や青鬼でしょうか。
しかし、「鬼の採用条件」というものがあります。それは、色でも角の本数でもありません。角が一本でもあれば鬼です。

olgamichiさんの投稿
21911028 365039190617743 7041533684188446720 n

答えは牛と虎です。北東を鬼門、つまり鬼が攻めてくる方角と平安時代の日本人は考えました。そこから、イメージした昔の日本人は牛の角が生えて、虎皮のパンツをはいた妖怪を「鬼」と読んだのです。
するどい牛の角に、虎を退治して皮を衣服にしてしまうほど腕力のある妖怪は、どれだけ強いのでしょうか。「鬼に金棒」ということわざがありますが、金棒を持っていなくても十分に強いはずです。
このように平安時代から江戸時代にかけて方角として十二支は、昔話の鬼に具現化されるほど、身近な存在だったのです。

5.戊辰戦争は干支の漢字の読み方から名付けた!?

旧幕府軍と新政府軍の戦いである「戊辰戦争」はご存知でしょうか。
薩摩と土佐を中心とした新政府軍は錦の御旗をかかげ、官軍として旧幕府勢力に対抗し、徳川慶喜、会津、榎本武揚を中心とした旧幕府軍は箱館(現在の函館)の地で終焉を迎えます。

naturepicshokkaido.jpさんの投稿
17934038 988756264594259 4183251331160473600 n

新政府軍と庶民では感覚が違った?

日本で最初の近代戦争と言われる戊辰戦争の名も戦争の始まった年が「戊辰の年」だったことから名付けられています。
アームストロング砲などの近代兵器を使用した戦争ですが、その名前は旧暦の干支を用いた「戊辰」から名付けられているのは、庶民の暮らしと新政府の理想との感覚に違うイメージがある証拠でしょう。
それぐらい庶民や戦争に参加した者にとっても戊辰の年に起きたから戊辰戦争と名付けるのは一般的な事だったのです。
ちなみに西暦で言うと1868年に当たります。

samurai_tamashiiさんの投稿
11137957 869734869754532 1460324081 n

6.中国の12番目の干支は豚!?干支の動物の由来とは?

十二支の動物がどうやって決められたのか、なぜ「子」が鼠なのかと問われても答えは謎です。
また、非常に古い時代から使われて広まった十二支ですから、漢字圏の国である日本、大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、中華人民共和国、台湾などは十二支が使われています。また、漢字圏ではないもの中国と国境を接するベトナム社会主義共和国やモンゴル国でも使われています。

豹も干支の漢字なの?

ここで面白いのが12番目の「亥」です。日本ではイノシシを年賀状などに描きますが、中国では豚を書きます。豚というと日本では「臭い」とか「安い肉」のようなマイナスイメージがありますが、中国で豚に対する地位は高く、全く違うイメージです。
ピンク色の豚がかわいらしい笑顔で新年を祝う絵やイラストを見ていると愛らしさを感じます。
中国の暮らしにおいて豚は大切な家畜であると同時に食糧でもありました。一家に豚がいることは富の象徴であり、12番目の干支に豚を据えるのは自然なことだったのです。

dewi94_さんの投稿
21911341 1963156523972181 7663093031913914368 n

反面、イノシシの方がポピュラーな動物であった日本では、12番目の干支にはイノシシが選ばれました。島国で山や森林の多い日本では、イノシシが高い支持率を得たようです。干支の動物が違うのは日本を含む中国以外の国で見られる特徴です。
つまり、国よって十二支の動物が微妙に違うのです。虎が豹になっている国もあります。
結果的に言えば、その国の暮らしに適した動物を当てはめることが重要だったのです。
起源は中国の夏王朝にまで遡る十二支ですが、後から当てはめた動物に関しては若干緩く解釈されたようです。

ron3764さんの投稿
21984861 1459740104073164 3804104846768865280 n

7.干支の漢字の意味を探求する!

十二支の漢字と動物は関係ありませんが、字義はあります。
「子(し)」は髪の毛が伸び、増えていく様子を表しています。
「丑(ちゅう)」手をカクッと曲げた形を表します。肘と同じような意味を持ちます。
「寅(いん)」は、まっすぐな矢の形を表します。「引」や「伸」と同じ意味です。
「卯(ぼう)」は、両サイドに押し開ける様子を表しています。大きな門扉を開けるのをイメージすると分かりやすいでしょう。

「辰」は貝だった!

「辰(しん)」は、貝の肉の部分が、ヒラヒラと動く様子を表しています。
「巳(し)」は、子どもを意味します。
「午(ご)」は、杵の元の字で、杵を上下させて餅をつく棒の形を表しています。
「未(び)」は、木の梢の中で、まだ若い枝を表しています。熟語の「未然」や「未来」などを想像するといいでしょう。

seagems_shellsさんの投稿
21984680 2103395863019858 5837942990101807104 n

「戌」の意味は武器!

「申(しん)」は、稲妻を表しています。現在の「電」の字の原型に当たり、まっすぐに伸びた様子を含んでいます。
「酉(ゆう)」は、酒をしぼる壺を意味しています。なんとなく形が壺に似ているでしょう?
「戌(じゅつ)」は、武器の矛を表します。意味としては武器で敵から身を守ることです。
「亥(がい)」の字は、豚全体を表しています。このことから、中国では、豚が12番目の干支であることも説明がつきます。日本のイノシシの方が例外なのです。

empire_of_samuraiさんの投稿
22069981 1956988827905862 4339515792010772480 n

8.水戸黄門の歌による干支の覚え方

十干十二支や陰陽五行、方角における十二支など由来や用途を紹介してきました。では、十二支の覚え方にはどんな方法が一番いいのでしょうか。
十二支の漢字と動物に関連性がありません。ここはリズムによる覚え方がいいでしょう。
一番いいのは好きな歌に合わせた覚え方です。学校の宿題はなかなか覚えられませんが、テレビのCMはすぐに覚えられます。これは、リズムに乗った覚え方がもっとも簡単だからです。
もちろん語呂や音節の区切りなども考えられています。
少し古いですが、水戸黄門の歌による覚え方が十二支にはぴったりです。

歌なら、漢字もすっと頭に入る!

「人生楽ありゃ、苦もあるさー 涙の後には、虹も出るー」のところを「ねうしとらうたつみ、うまひつじー さるとりいぬい、じゅうにしー」に変えます。
「人生楽ありゃ」は、「ねうしとらうたつみ」
「苦もあるさ」は、「うまひつじ」
「涙の後には」は、「さるとりいぬい」
「虹も出る」は、「じゅうにし」です。

大事なのは漢字ではなく母音

「苦もあるさ」の「苦」と、「うまひつじ」の「う」が同じ母音なのでしっくり歌えます。
また、「涙の後には」の最初の「な」と、「さるとりいぬい」の「さ」も同じ「ア行」なので、覚え方も簡単です。やはり、母音が違うより、同じ方が歌いやすいでしょう。
水戸黄門の冒頭部分は有名なので、いい覚え方です。

9.干支の漢字に動物が広まった理由

十二支の動物たちが21世紀の暮らしにまで連綿と続いた理由は何でしょうか。
おそらく庶民に親しみやすい動物を当てはめたからではないでしょうか。ここで一つ、日本の十二支に関する逸話を紹介します。

naturbanlifeさんの投稿
21911543 1976241222665737 4681969056532660224 n

日本で知られる干支の逸話

ある年の暮れ、神様の一人が動物たちを集めて、十二支を決めると宣言しました。それは、元旦に到着した順に12頭の動物を十二支として永遠に据えるとしたのです。
何か何かと集まってきた動物たちは、栄誉ある十二支に入るため各自が発奮し、来る元旦に備えて自分たちの棲家へと帰ってきました。
しかし、日付を聴き逃してしまった猫は、鼠に日にちを確認しました。ところが鼠が元旦ではなく、違う日付を伝えました。

my.cute.catssさんの投稿
21985260 511528642531446 5287079817680781312 n

歩くのが遅い牛は夜明け前から出発し、ゴールの扉の前で今か今かと開くのは待っていたのです。
朝日が登ると同時に門が開くと牛の背中に乗っていた鼠がぴょこんと飛び降りて一位になってしまったのです。
なんという大逆転劇でしょう。牛は残念ながら二番目になってしまいました。
しかし、その鼠は暮れに嘘を猫に教えたため、今でも猫に追い掛け回されています。
こうして、猫は13番目の干支となり、十二支に入ることはできませんでした。

kozisanさんの投稿
21980240 147841655820628 3326644834394963968 n

■参考記事:猫好きな人の性格はコチラも参照!

猫好きの特徴・性格を完全解説!

鼠は悪者なのか?

おそらく、猫のエピソードは日本の暮らしに身近なため、後から加えられたものでしょう。一見、鼠は悪者のように見えますが、この世は頭のいい人が利益を得るということを暗示しているのかもしれません。
その昔ギリシャのアリストテレスは言いました。

「知は力なり」

magic.mouseryさんの投稿
21911222 200228210517417 8102377815887839232 n

10.干支の漢字は、画期的なシステム!

干支とは十干十二支の「干」と「支」の二文字をとって「えと」と読みます。
「干」は根幹、基幹。「支」は枝葉や末端などを表します。つまり、「甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸」を基本に、「子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥」の枝葉を加えたものが十二支なのです。

2000年以上前に干支の漢字が使われた!

十干と十二支に陰陽五行を巧みに組み合わせて、60通りに暦を古代中国の皇帝が、十二支暦法を作りました。
最初の日は「甲子」です。中国の文献にも立春を「甲子」とするという記述があります。これは、旧暦とも違うのです。その十二支暦法が成立したのが、三国志で知られる中国の戦国時代です。紀元前260年頃と言われています。

carolina_cenさんの投稿
21984960 679576262240967 1971487360067567616 n

干支の漢字と還暦のつながりとは?

60で一周するというシステムは還暦も同じです。仏教の教えで人は60年すると輪廻転生して、新たに生まれ変わると言われ、自分が生まれた十干十二支と同じ年(甲子など)を60年に一度迎えます。
人間は60歳(数え年)の元旦をもって新たな命を宿すのです。誕生日ではなく、新年に「赤いちゃんちゃんこ」が送られるのは、寒い時期だからでしょう。年上を敬うと同時に体を大事にして、長生きしてほしいという願いが込められているのです。

pazuさんの投稿
21910685 501243940243363 7562260711770947584 n

11.二割の人しか知らない「十干」の漢字の意味とは?

最後に十干(じっかん)の漢字の意味も紹介していきます。暮らしに密接な成り立ちもあるので、余裕のある方は読んでみて下さい。

「甲」は、かぶせるという意味があります。甲羅や甲冑のように身体を覆うイメージです。また、植物が殻に覆われている状態も「甲」と言います。
「乙」は、上から下へと抑える様子を表します。「抑」と同じ意味です。植物が何らかの力で押されて、地中で屈折している状態を言います。

「丙」は土台を固める

「丙」は、元の字は魚の尾です。ピンと左右に張り出すという意味があります。植物で言うと根が左右に張り出し、地盤を固める時期に当たります。
「丁」の元の字は釘の頭の部分を指します。「打」や「釘」、「町」などと同じ由来の漢字です。植物の芽が地表に出ようとするところで、物体に阻まれて、地表に目が出せない状態を言います。

「戊」は古代のトレジャーハンター

「戊」は、「卯」や「貿」、「冒」などと同じ意味の漢字で、危険を冒して、無理に進む様子を表しています。植物に例えると芽が固い地面を突き破り、強引に芽を出す状態を言います。
「己」は、曲がりながらも起き上がる様子を意味し、「起」の原字に当たります。部首の「走」と合わせて現代の「起きる」という漢字が出来上がっています。植物の若い芽が土から出て、むくりと起き立つ様子を表します。

「辛」は収穫祭の意味!

「庚」は、字の中央に横棒が一本通っていることで、強い心棒を表しています。「更」と同じ由来の漢字で、「梗」や「硬」、「康」などと同じ意味を持ちます。植物では茎が固くなり、実りの時期であることを意味します。
「辛」は、刀で切りとる様子を表しています。へんを「辛」、つくりを「斤」として「新」という字にしました。切りとることを意味し、「薪」と同じ由来の漢字です。実った植物を刈り取る収穫の時期を意味します。

audiodeviantさんの投稿
19932726 248277985667279 863081503561613312 n

「癸」は戦国時代のヒーロー!

「壬」の元の字は糸まきの象形文字に当たり、「妊」や「任」などと同じ意味を持ちます。また、中に何らかの物体を入れてふくれる様子を表しています。収穫した実で蔵がいっぱいになる時期を指します。
「癸」は、四鋒の矛に由来する象形文字で、矛をぐるぐると回転させて敵陣に切り込む様子を表しています。「揆」と同じ意味の漢字で、一巡するという意味もあります。ある物事が一周して終わった様子を指し、一年の終わりを意味します。

kyouken_do_jujitsu_napoliさんの投稿
22069428 275696229590722 5685081625113657344 n

まとめ

身近な物事から十二支と暮しとの関係を紹介して、十干と十二支のそれぞれの漢字の意味や由来も解説しました。漢字の意味は少し難しいところもありますが、漢字の成り立ちが分かると違う読み方の十二支を覚えるのも早くなります。
例えば、元旦の「旦」の字は正月に地平線からゆっくりと太陽が登る様子に由来しています。つまり、漢字とは暮らしに根付くアートなのです。複数の部首から成り立つ漢字も多くありますが、漢字の大半は「アート」と考えると覚えるのも楽しくなります。

干支や神社についてもっと情報を知りたいアナタに!

干支の順番の意味や由来・理由は?十二支の覚え方・読み方も解説
縁結びの本当の意味とは?良縁祈願との違いは?おすすめ神社は?
厄払い・厄除けにおすすめの東京都内の神社・寺!【ご利益抜群】
神社参拝の作法:願い事を叶えるお参り方法とマナー

関連するまとめ

youyi8282
youyi8282
こんにちは!恋愛ライターのyouyi8282です。最近、デスクワークばかりで体重が気になっています。おすすめのダイエット方法があれば教えて下さいね。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ