育ちが悪い人の特徴!育ちがいい人との決定的違いはコレだ!

育ちが悪い人と育ちがいい人が世の中にはいます。この両者だったら、多くの人が育ちのいい人と友達になったり、恋人になったりしたいと思うでしょう。そこで今回は、育ちが悪い人と育ちがいい人を見極めるために必要な、それぞれの特徴を紹介していきたいと思います。

育ちが悪い人の特徴!育ちがいい人との決定的違いはコレだ!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】育ちが悪い人と育ちがいい人
  2. 育ちが悪い人の特徴とは
  3. 【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが悪い人の特徴①
  4. 【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが悪い人の特徴②
  5. 【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが悪い人の特徴③
  6. 【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが悪い人の特徴④
  7. 【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが悪い人の特徴⑤
  8. 【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが悪い人の特徴⑥
  9. 【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが悪い人の特徴⑦
  10. 【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが悪い人の特徴⑧
  11. 【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが悪い人の特徴⑨
  12. 育ちがいい人の特徴とは
  13. 【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが良い人の特徴①
  14. 【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが良い人の特徴②
  15. 【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが良い人の特徴③
  16. 【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが良い人の特徴④
  17. 【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが良い人の特徴⑤
  18. 【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが良い人の特徴⑥
  19. 【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが良い人の特徴⑦
  20. 【まとめ】育ちが悪い人と育ちがいい人にはそれぞれ特徴がある

【はじめに】育ちが悪い人と育ちがいい人

育ちが悪い人と育ちがいい人、という目で人を見たことがある人も多いでしょう。ある女性の行動を見て、育ちが悪いのかな、と思うと、その人と一緒にいるときの心理は悪いものになりますし、逆に育ちがいい人なんだろうな、と思うと、その人と一緒にいるときの心理は良いものになります。

育ちが悪い、育ちがいいというのは、人に与える印象がまったく違います。女性であれば、できれば育ちがいい男性と結婚したいと思うものですし、逆に男性も、育ちがいい女性と結婚したいと思うものです。

育ちが悪いか育ちがいいかということは、生まれた環境のことでもありますので、それが性格を形成する部分もあります。つまり育ちによってその女性や男性が、どれだけ心理面で充実しており、一緒にいて居心地が良いかということが変わってくるのです。

育ちが悪い人の特徴とは

育ちがいい人と育ちが悪い人が世の中にはいますが、できればこの両者は見分けることができるようになりたいものです。

自分も育ちが悪いということであれば、相手が育ちが悪い人でも、特に気になることはないでしょう。しかし、育ちがいい女性にとっては、育ちが悪い男性とあまり一緒にいたいとは思いません。結婚も考えられないでしょう。

たとえ自分が良かったとしても、結婚という話になれば、また別の心理になります。結婚することになれば、両親にも親戚にも紹介しなければなりません。結婚を両親に反対されることがあれば、充実した心理で結婚生活を続けることができないでしょう。そうなればやはり結婚相手は、男性も女性も育ちがいい人を選びたいものです。

そこでこの両者を見分けるために、ここからはまず、育ちが悪い人の特徴を紹介していきたいと思います。絶対にこの特徴があるからといって、育ちが悪いというわけではありませんが、その可能性は高いため、充分に注意しておくことが大切です。

【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが悪い人の特徴①

育ちが悪い人の特徴としては、まず食事のマナーが悪いという特徴が挙げられます。

食事のマナーいいか悪いかというのは、両親のしつけの違いがそのまま表れるものです。両親がしっかりと子供の頃からしつけをしていれば、しっかりとしたマナーになりますし、逆にしつけを怠っていれば、マナーが悪い大人になってしまいます。

特にこのような部分の違いが顕著になるのは、箸の握り方です。しつけがしっかりされていれば、箸の握り方は正しくなりますし、逆にしつけがされていないと、大人になっても間違った箸の握り方のままになってしまいます。

他にも、食事の時にヒジをついたり、ヒザを立てたり、というようなマナー違反が多くありますので、このような部分もよく見ておくと良いでしょう。そのマナー違反が、気にならない心理というのもあまり良い心理ではないため、このような育ちの悪い人は、心理的にも様々な問題がある可能性があります。

【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが悪い人の特徴②

育ちが悪い人の特徴として、食生活の乱れという、特徴もあります。

育ちがいい人は小さな頃から両親に、栄養バランスの良い食事を与えられているものです。栄養に関する知識も多少持っており、少なくても野菜を定期的に食べるような食生活を送っています。

逆に育ちが悪い人は、野菜をあまり食べず、肉中心の生活を送っているものです。女性にはあまりこのような人はいませんが、特に男性の中には肉中心の食生活で生活している人が多く存在します。

食事は心理面にも様々な影響を与えます。カルシウムが少ないと、心理的にイライラしやすくなるというのが一番有名でしょう。栄養バランスが取れているということが、その人の心理や性格を形成するという部分もあるため、これは意外に大切なことです。

絶対に悪い人というわけではありませんが、あなた自身がその影響を受けることもあるため、注意しておきましょう。

【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが悪い人の特徴③

育ちが悪い人の特徴としては、靴を揃えない、という特徴もあります。家に帰り、部屋に上がる時、育ちのいい人であれば、帰りに履きやすいように、靴をしっかりと揃えるものです。しかし、育ちが悪い人は、このようなことをしないため、これも一つの特徴となるのです。

靴を揃えなければならないというのは、子供の頃に、親のしつけとして必ず受けるものです。しかし、子供はなかなか靴を揃えないものですので、親は何度も何度も注意をして、しつけを行わなければなりません。

こうして形成された靴を揃えるという行為は、心理的に気遣いができるかどうか、という部分も表しています。自分の家ならばまだ良いですが、人の家でこのようなことをするのは失礼に当たるので、靴を揃えるという行為で、人を気遣える心理があるかどうかということがわかるものなのです。

人の心理は行動にそのまま表れます。ベストな結婚相手を見つけるためには、このような行動から、その人の心理を見抜くということが大切です。

【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが悪い人の特徴④

育ちが悪い人の特徴として、ギャンブルが好き、という特徴も挙げられます。

ギャンブルは基本的に悪い物ではありませんが、育ちのいい人はギャンブルをやらないものです。というのも、育ちがいい教育を行う親は、ギャンブルに対して偏見を持っているからです。

ギャンブルを行う人はダメな人間、ギャンブルは人の心理をおかしくする、ギャンブル場は怖い場所、というような偏見を、育ちがいい教育をする親は持っています。これは偏見ですが、その偏見を親が子供に教え込むため、育ちがいい人がギャンブルを行うことはほとんどないのです。

とはいえ、育ちがいい人も彼氏の影響などでギャンブルを覚えることもあります。絶対にそうだというわけではないので、一つの基準として覚えておきましょう。

【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが悪い人の特徴⑤

育ちが悪い人の特徴としては、言葉遣いが汚いという特徴もあります。
育ちがいい人は、人に対して「お前」と言ったりしないものです。上品な言葉を使いますし、そうするように小さな頃から、親に教育を受けているものです。

実際に言葉遣いが汚い女性を、男性は嫌うものです。女性も汚い言葉を使う男性を嫌います。これは、言葉からその人の育ちの悪さを、多くの人が感覚的に見抜いているためです。

また、言葉遣いが悪い人は、下ネタなども平気で言う傾向があります。女性としては、飲み会などで下ネタを言ってくるような男性は避けたいものでしょう。彼氏にしたいと思う女性は少ないはずです。

多くの人は感覚的に言葉遣いによって判断していることですが、改めて意識しておくと、さらに育ちが悪い人を見分けやすくなります。精度としても高いため、見分ける手段として便利に使いましょう。

【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが悪い人の特徴⑥

育ちが悪い人の特徴としては、声が大きい、という特徴もあります。
二人きりの時ならばまだ良いですが、映画館やショッピングの最中に、大きな声で話をする人が彼氏だとしたら、女性としては嫌なものでしょう。かなり恥ずかしい思いをしてしまいますので、結婚など考えられる相手ではありません。

もしもこのような人と結婚してしまうと、毎日、その大きな声と付き合うことになります。結婚の挨拶を両親にする時も、心象は良くないものです。それが理由で結婚を反対されてしまうこともあるでしょう。

声が大きい人は周りに気遣いができない人です。子供の頃、周りのことを気にせず大きな声で喋り続けていたら、育ちのいい人であれば、必ず両親に注意されるはずです。大人になってからも声が大きいということであれば、子供の頃にそのような教育を受けて来なかったのでしょう。

それを考えれば、声が大きい人は育ちが悪いということになります。育ちどうこうの前に、単純にこのような人と女性は結婚しようなどと思わないかもしれませんが、念のため覚えておきましょう。

【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが悪い人の特徴⑦

育ちが悪い人の特徴としては、社会的なマナーを守らない、という特徴もあります。

社会的なマナーとは、エスカレーターで立ち止まる人は左に行く、電車は降りる人が先、ゴミをポイ捨てしない、というようなことです。このようなことは、親が教育することで子供は覚えることです。そのため、これができない人は、育ちが悪いということになります。

社会的なマナーを守らない人と結婚してしまうと、女性はかなり苦労します。このようなことを守るという心理こそが、その人の倫理観を示しているというようなところもあるため、結婚してしまうと、旦那の浮気などに悩まされてしまうこともあるのです。

結婚する相手は、このような部分を基準にして選ぶと、意外と良い相手を選ぶことができるようになります。女性はしっかりと覚えておきましょう。

【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが悪い人の特徴⑧

育ちが悪い人の特徴としては、姿勢が悪いという特徴もあります。

姿勢が悪いという特徴は、特に男性に表れるものです。女性の場合、ほとんどの親が子供の時に姿勢を注意するため、顕著に特徴として現れるのは男性となります。これも、子供の頃の教育として注意されることですので、姿勢の悪い男性は、育ちが悪いと判断しても良いでしょう。

ただし、姿勢に関しては、腰痛というようなことが原因であったり、スポーツなどの癖である場合もあります。ボクシングのような格闘技は、構えが前かがみになるものですので、その癖で姿勢が悪くなってしまうこともあるのです。

そのため、姿勢に関しては一概に育ちが悪いことが原因ということにはなりません。女性の方はそこを見誤ってしまわないように注意しましょう。また、姿勢の悪い女性は男性にかなり引かれますので、これにも注意が必要です。

sawa1711さんの投稿
21980774 155706155012511 8955542055279394816 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが悪い人の特徴⑨

育ちが悪い人と育ちがいい人の違いとしては、陰口を言うかどうか、という違いもあります。

育ちがいい人は性格の悪い部分を親から注意されます。学校の友達の悪口であったり、嫌いな親戚のおばさんの悪口を言おうものなら、親から陰口を言ってはダメ、と怒られることになるでしょう。そのような性格の子にしてはいけないと親は思うからです。

親も陰口を言うことがあるのですが、それはまた教育とは違います。子供の性格を考えたら、自分がそのような間違いをしていても、子供にはマネさせて、ゆがんだ性格を形成してはいけないと思っているものなのです。そのため、育ちがいい人は人の陰口を言わないという違いが表れるのです。

育ちがいい人は陰口どころか、人のことを基本的に悪く言わないものです。簡単に言えば、性格が良いということにもなるのですが、このような性格は親から愛情をしっかり受けた人がなる性格です。この性格の違いで、育ちがいい人と育ちが悪い人を見極めましょう。

■参考記事:デリカシーのない人は嫌!コチラも参照

デリカシーの意味とは?デリカシーがない人の特徴・心理9選まとめ!

育ちがいい人の特徴とは

育ちが悪い人の特徴を紹介してきましたが、逆に育ちがいい人には、育ちがいい人の特徴があります。この両者を知ることで、違いが浮き彫りになり、育ちがいい人と悪い人を簡単に見分けられるようになるため、両者を覚えておくことが大切です。

今回、育ちがいい人と悪い人を紹介しているため、どうしても育ちが悪い人が悪役になってしまうのですが、育ちが悪い人の中にも良い人はいます。

また、育ちがいい人が必ずしもいい人だとも限りません。そこはまた、別問題なのです。

とはいえ、育ちがいい人の中に、良い性格を持つ人が多いというのもまた事実です。また育ちが悪い人と一緒にいると、恥ずかしい思いをしてしまうことも多いでしょう。育ちがいい人と悪い人には、そのような違いがありますので、できれば見分けられるようになっておいたほうが良いです。では、育ちがいい人の特徴を紹介していきましょう。

【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが良い人の特徴①

育ちがいい人の特徴としては、キレイ好き、ということがまず挙げられます。

育ちがいい人は、部屋を片付けるように親から何度も注意を受けています。実際にその言葉によって部屋を片付けていたでしょうし、何より、親が掃除好きなため、キレイな環境で育ってきたはずです。そのため、部屋がキレイな状態じゃないと落ち着かない、という性格が形成されています。

育ちが悪い人は、育ちがいい人と違い、正直部屋が汚かったのでしょう。そしてその環境の中で育ってきたため、部屋を片付けるという習慣がなく、そのような環境こそ落ち着くという性格になってしまっています。

このような違いは、一緒に生活すると一番ぶつかる部分です。キレイ好きとズボラな人は、その性格の違いから、喧嘩することも多くなってしまいます。どちらが正解というわけではないですが、性格としては合わない性格ですので、自分と性格が一致した人を結婚相手の候補に挙げるようにしましょう。

【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが良い人の特徴②

育ちがいい人の特徴としては、高級料理に興奮しない、という特徴があります。
基本的に育ちがいい人は、実家がお金持ちです。お金を持っているからこそ、親の心に余裕が生まれ、しつけをしっかりする時間が生まれます。

お金持ちということは、高級料理を毎日食べているということはないでしょうが、何度か食べたことはあるでしょう。そのため、いちいちそのような料理を見ても、興奮することはないのです。喜びはするでしょうが、育ちが悪い人とは違いが出るので、ここを見て判断すると良いです。

育ちが悪い人は両親が共働きで、しつけをする時間がないという状態になっています。お金が全てのような考え方になってしまいますが、事実ですから仕方がありません。

とはいえ、家がお金持ちではなくても、しっかりとしつけされている子供もいます。高級料理には興奮するかもしれませんが、必ずしもしつけを受けていないとは限りません。そのため、このような違いは、必ずしも育ちが悪いということを示すものではありません。間違えないようにしましょう。

【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが良い人の特徴③

育ちがいい人の特徴としては、一人でもいただきますと言う人、という特徴もあります。
いただきます、という言葉は食事の前に言うものですが、ほとんどの人はいただきますを言いなさい、という教育を受けているでしょう。学校でもこのようなことは言われますので、育ちがいい人だけが受ける教育というわけではありません。

しかし、人がいる時や、誰かに料理を作ってもらった時はいただきますと言うけど、一人の時には言わない、という人がほとんどです。一人の時に言っても、意味がないからです。そのような意味のないことを、多くの人はしません。

いただきます、という意味は、農家や命あるものをいただくことへの感謝、という意味もあります。そのため、厳密な意味で言えば、一人でも言わなければなりません。

育ちがいい人は、いただきますの意味をしっかりと理解していたり、癖になっているため、このような意味のないように思えることもしっかりとやります。育ちがいい人の中でも、一部にしかいないタイプの人です。

【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが良い人の特徴④

育ちがいい人の特徴として、お礼をする、という特徴もあります。

これはどのような意味かというと、人から何かしてもらった時に、感謝の言葉を言えるかどうか、という意味です。育ちがいい人はこのような時、しっかりと感謝しますし、何か大きな仕事を手伝ってもらった時は、お菓子などを持ってくることもあります。

また、旅行に行った際などに、お土産を買ってくるかどうか、というのも、育ちのいい人と悪い人で差が出ます。このような日本人としての心得のような部分で、育ちがいい人と悪い人とでは違いが出てくるのです。

旅行のお土産を買う意味がわからないというような人もいますが、これは休んでしまったことの謝罪と感謝という意味があります。自分がいない間に、他の人に仕事を任せた部分もあるでしょう。そのような意味があるので、これができないと社会人としても、恥ずかしい思いをすることになります。注意しておきましょう。

■参考記事:結婚相手にするなら誠実な人がいい!コチラも参照

誠実な人の特徴・行動27選!誠実な男性の見極め方とは!

【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが良い人の特徴⑤

育ちがいい人の特徴としては、初対面の人に敬語を使う、という特徴もあります。

初対面の人に敬語を使うのは当然、と思うかもしれませんが、これはそのような意味ではありません。初対面の相手が、同年代や年下であっても敬語を使うかどうか、という意味です。

基本的に初対面の相手でも、年下や同じ年であれば、敬語を使う必要はありません。しかし、いきなり距離を詰め過ぎると、相手も戸惑ってしまうかもしれないため、最初は敬語で話すのがマナーとなります。

敬語で話すことに、このような意味があることを知らず、タメ口になってしまうと、他の人に育ちが悪い、と思われてしまう可能性もあります。初対面の時は、はるかに年下が相手でない限りは、できるだけ敬語で話すようにしましょう。

【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが良い人の特徴⑥

育ちがいい人の特徴としては、字がキレイという特徴もあります。

育ちがいい人を育てる両親というのは、意外とこのような美、という部分にこだわります。日常のマナーを教え込むということも大切なのですが、女性らしさ、というものも、子供に教え込むことが多いのです。

字がキレイな人は多くの場合、小さな頃から習字などを習っているものです。意外と字がキレイということが、人に好印象を与えることは多いので、そのような意味で両親が習わせているのでしょう。子供が自分からやりたいと言い出すことは少ないので、習字を習う人は大抵、親の勧めで習っているものです。

育ちがいい人の両親がこのような美にこだわるのは、自分の子供が誰に見られても恥ずかしくないように、という、エゴのような動機もあります。とはいえ、大人になってから習っていて良かったと思うものですので、字がキレイということに意味はあるでしょう。実際に育ちがいいと、周りからも思われるようになります。

【育ちが悪い人と育ちがいい人】育ちが良い人の特徴⑦

育ちがいい人の特徴としては、人の悪意に気付かない、という特徴もあります。

これはどういう意味かというと、人から悪口を言われたり、嫌味を言われたりしても、それが悪口であったり嫌味であったりということに気付かないのです。

育ちがいい人は、人の悪口を言いません。人から言われることも少なかったでしょう。そのため、悪口に慣れていないという部分があり、そもそもその存在にすら気付かないことが多いのです。

【まとめ】育ちが悪い人と育ちがいい人にはそれぞれ特徴がある

育ちが悪い人と育ちがいい人では、それぞれに特徴が表れます。これを見分けることができれば、育ちが悪い人が好きな人、育ちがいい人が好きな人、双方にメリットがあるでしょう。好みはそれぞれですので、自分の好みのタイプを見極め、アプローチをしてください。

育ちがいい人についてもっと情報を知りたいアナタに!

上品な人の特徴11選!上品な人に共通するものはこれ!
おしとやかな女性の特徴!上品でモテる!おしとやかの意味も解説
結婚相手の決め手ってなに?男性が選ぶ女性の特徴・価値観とは?
高嶺の花はモテない!高嶺の花だと思われる女性の特徴11選

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ