要領が悪い人の原因とは!改善すべきポイント教えます

あなたの周りに要領が悪い人、いませんか?あるいは、あなた自身が要領悪いかも?と心配になっているかもしれません。要領が悪い人にはそれなりの原因があり、改善することもできるのです。今回は要領が悪い人の原因と、改善すべきポイントをご紹介します!

要領が悪い人の原因とは!改善すべきポイント教えますのイメージ

目次

  1. 1悲しい要領の悪さ
  2. 2要領が悪い人の原因を探りましょう!
  3. 3要領が悪い人の原因①全体を把握できない
  4. 4要領が悪い人の原因②優先順位をつけられない
  5. 5要領が悪い人の原因③失敗を恐れてしまう
  6. 6要領が悪い人の原因④細かいことにこだわる
  7. 7要領が悪い人の原因⑤力を借りるタイミングが遅い
  8. 8要領が悪い人の原因⑥自分の能力を過信している
  9. 9要領が悪い人の原因⑦整理整頓ができていない
  10. 10要領が悪い人の原因⑧時間配分がおかしい
  11. 11要領が悪い人の改善すべきポイントをご紹介!
  12. 12要領が悪い人の改善すべきポイント①環境を整える
  13. 13要領が悪い人の改善すべきポイント②手を出す前に頭で考える
  14. 14要領が悪い人の改善すべきポイント③やり方に固執しない
  15. 15要領が悪い人の改善すべきポイント④優先順位をつける
  16. 16要領が悪い人の改善すべきポイント⑤シンプルに考える
  17. 17要領が悪い人の改善すべきポイント⑥自分の能力を自覚する
  18. 18要領が悪い人の改善すべきポイント⑦完璧を目指さない
  19. 19要領が悪い人の改善すべきポイント⑧人をうまく活用する
  20. 20【まとめ】発想の転換も大事

悲しい要領の悪さ

自分では一生懸命やっているつもりなのにうまくいかない。
やればやるほどドツボにはまる。
自分が動くと、知らないうちに他の人に迷惑をかけてしまう。
周りにイライラされたり、といったこともあるかも知れません。

そんな要領の悪い人も世の中にはいますね。
こっちを立てれば、なぜかあっちが倒れ、良かれと思ってやったことが人の迷惑になってしまう。
悪気はないのにそうなってしまうのはなぜでしょう?

要領が悪い人の原因を探りましょう!

要領の悪い人は自分の要領の悪さ自覚しつつも、なかなかうまく物事を進めていけないという問題があります。
それでは要領の悪い人の原因はなんでしょうか?
探っていきましょう!

要領が悪い人の原因①全体を把握できない

要領が悪い人の特徴は、仕事の全体像を把握していないということです。
自分の今やっている一点の仕事だけに集中しすぎて、全体の流れが見えていないということを意味しています。
一生懸命なのは理解できますが、全体の一部しか理解していないということは、そこから先に進めない、という意味なのです。
目に前のことだけにとらわれてしまい、それ以外のことは盲目同然になっています。
やる気があっても、結局空回りに終わってしまうことが多いのです。

要領が悪い人の原因②優先順位をつけられない

物事に優先順位をつけられないというのが、要領の悪い人の特徴です。
これも先の「全体を把握していない」に通じることですが、目の前のことばかりにとらわれて、「大事なこと・緊急なこと」と「そこまで切羽詰まってはいないこと」の片付け方がぐちゃぐちゃになってしまっているのです。
結果、自分のことでイライラしてしまいます。
優先順位をつけられないということは、流れを妨げるということを意味するのです。

緊急を要することには臨機応変に対処しないと、後で大変なことになってしまいます。

chiekawataさんの投稿
22159014 151812545415698 7058718685858365440 n

例えば、バイトでお店で店内整理をしていて、そこにお客様がクレームを言いに来たとします。
お客様はご立腹でイライラ、他の店員は平謝りしています。
そこであなたはまだ店内整理をしますか?

正解は店内整理などすぐやめて、そのスタッフと一緒にお客様に謝らなければいけないのです。
店内整理などいつでもできます。
大事なのは、目の前のお客様の対応なのです。
一人よりも二人で謝ったほうが、説得力がありますよね。

muku_tokyoさんの投稿
19051569 194798654377992 7382305503373688832 n

仕事でもプライベートでも、いまやらなければいけないことは何か、一番大事なことは何か、それを理解して動かないと大事なものを失ってしまうのです。

要領が悪い人の原因③失敗を恐れてしまう

要領が悪い人は、自分の評価が必要以上に低い、という特徴があります。
もしかしたら、一度の失敗がトラウマになってしまっているのかもしれません。
そのため自信を失ってしまい、「また失敗するかも。」と恐れているのです。
あるいは、要領が悪く、バイト先でいつもみんなに迷惑をかけているので、自分のやることに自信がなく、思いっきり力を発揮できずにいるのかもしれません。

どちらにしろ、「どうせまた失敗するのだから、あんまり率先して動かないようにしよう。」という考えで消極的になっているのでしょう。
いつまでもオドオド、ビクビクしていては、それが足かせとなり、要領の悪いままの人間でい続けるのです。
そんなあなたを見て、周囲もイライラしてしまいます。

失敗を恐れない、それは自分の力を存分に発揮するという意味でもあるのです。

要領が悪い人の原因④細かいことにこだわる

要領の悪い人は、細かいことにこだわる、という特徴があります。
仕事なども、無駄に丁寧なので、なかなか先に進みません。
急ぎの手書きの書類など、確かに綺麗な字の方がいいに決まっていますが、やたら丁寧に綺麗な字で書こうとするあまり仕事が詰まってしまったり、上司がイライラしてしまったり、読めさえすればいいメモでさえ、綺麗に丁寧に仕上げようとするのです。

丁寧なことは決して悪いことではありません。
しかし、状況も考えず、ただ自分の自己満足のために丁寧にやったりするのは、周りを見ていないということを意味しています。
イライラした空気は、その場の雰囲気を最悪にしてしまいます。
結果がすべて。
そういう状況もあるはずです。
時には手を抜いたり、省略したり、臨機応変に動いた方がいいこともあるのです。

要領が悪い人の原因⑤力を借りるタイミングが遅い

要領の悪い人は、誰か他の人の力を借りるタイミングがつかめていない、という特徴があります。
「責任感が強いけど、要領が悪い」というタイプがこういう人です。

「自分一人の力でどうにかなるだろう、自分でなんとかしなければ…。」そう思って、一人で抱え込んでしまうのです。
おそらくそこで誰かの助けを得ることができれば、物事はスムーズに運んでいたかもしれません。
しかし、結果的には、自分一人では手が回らなくなり、みんなに迷惑をかけ、イライラさせてしまうのです。


また、他人に気を使いすぎて、バイトでもヘルプを頼めない人もいるでしょう。
「いつも助けてもらっているから悪いな。」とか、「みんなやることあるから頼めない。」とか、そんなことを考えている間に、物事はどんどん悪い方へ進んでいくのです。
人に助けてもらうという意味は、頼り切るという意味ではないのです。


要領が悪い人の原因⑥自分の能力を過信している

要領の悪い人の中には、自分の能力を自分で過大評価しすぎているという特徴の人もいるでしょう。
こんな仕事は自分一人の力で十分だ、そう考えているのかもしれませんが、時には誰かの力を求めることもチームワークという意味で大事なことなのです。
要領のいい人は、タイミングを見て他の誰かにヘルプを求め、仕事をスムーズに進めてゆくものです。
それに、要領の悪い自己評価の高い人に限って、仕事ができないことを自覚していない場合も多いようです。
自分のせいで仕事が滞っても、何かのせいにしようとするのです。
責任転嫁してイライラするという最悪のパターンです。

kusujunさんの投稿
21827798 2050185765210092 2632965916253487104 n

自分の能力を公平に的確に判断し、自分に素直になることも時には大事なのです。
社会は自分一人の力で乗り越えられるものではありません。
時には誰かの力を借りることも大事なのです。
チームワークとはそういう意味なのです。
アルバイトだって同じです。

要領が悪い人の原因⑦整理整頓ができていない

要領の悪い人は、整理整頓がまったくできていないという特徴もあります。
デスクの上はグチャグチャ。これでは、大事な書類もどこに行ったかわかりません。
時には誰かに「私のデスクの上のあの書類、持ってきて!」なんて頼むこともあるかもしれません。
そんな時、誰がすんなりそのデスクから書類を持ってこれるでしょうか?
整理整頓していない自分が悪いのに、ぐずぐずしている相手にイライラするのは、もってのほかです。
身の回りの混乱は、頭の中の混乱でもあるのです。

仕事のできる人、要領のいい人は身の回りも頭の中もすっきり整理整頓されています。



ryuji2228さんの投稿
22157800 802850603230834 8388936599357882368 n

要領が悪い人の原因⑧時間配分がおかしい

要領の悪い人は、時間配分をきちんと考えられないという特徴があります。
仕事の優先順位を決められないということもそうですが、1つの仕事が終わらないうちに次の仕事に手を出したり、何もかも中途半端にしてしまうのです。
「この仕事はこれくらいの時間で終わるから、次の作業は何時くらいに始められるだろう。」こういった考えができないのです。

m.craftworksさんの投稿
21910013 1675289399172136 3910455315123929088 n

また、面倒な作業を後回しにして、楽な作業ばかりに手をつけ、後でヒーヒーいってる人をよく見かけます。
結局時間に間に合わず、無駄な残業になったり、バイトでも仲間に手伝ってもらう羽目になって迷惑をかけてしまうのです。
何かに夢中になることはいいことですが、それが仕事となると、そうはいきません。
職場には決められた時間というものがあるのです。
その時間内に仕事が終わらない、ということは、はっきりいって要領が悪いということを意味しているのです。

要領が悪い人の改善すべきポイントをご紹介!

要領の悪い人でも、努力すれば何事も要領よくこなすことができるものです。
けっして難しいことではないはずです。
それでは、要領の悪い人の改善すべきポイントをご紹介しましょう!

要領が悪い人の改善すべきポイント①環境を整える

要領の悪い人は、まず環境を整えることから始めてみましょう。
部屋は片付いていますか?
職場のデスクは整理整頓されていますか?

外出する時、バタバタしてしまうのは、部屋の中のどこに何があるか、自分で把握していないということを意味しています。
きちんと把握していれば、外出の時忘れ物をしたり、バタバタして遅刻したりもしないはずです。

tamaokiayalifestyleさんの投稿
22157418 1425949644186012 8454458747819917312 n

仕事でバタバタイライラしてしまうのは、デスクの上の書類、ペンやハサミなどの道具類が散らかっているからです。
なにがどこにあるかきちんと頭に入っていれば、仕事もスムーズにいくはずです。

生活環境、職場の環境を整え、動きがスムーズに行えるようにしておくことで、要領も良くなるはずです。

要領が悪い人の改善すべきポイント②手を出す前に頭で考える

nosmilenolife_kさんの投稿
22070031 1117077635090369 1292173565637951488 n

要領の悪い人は、考えることなくすぐ行動に移してしまうという特徴もあります。
例えば、バイト先で仕事の指示を受けたら、すぐに体を動かすのではなく、一旦立ち止まって頭の中を整理しましょう。
つまり段取りを考えるのです。

仕事において、段取りというものをおろそかにしてしまうと、無駄な作業で非効率的な流れになってしまい、納期に間に合わなかったりなどのトラブルを引き起こしてしまいます。

まず全体の流れを把握し、仕事の進め方や段取りなどについて頭で考える時間を設け、慎重に検討してから作業に入るのがいいでしょう。

要領が悪い人の改善すべきポイント③やり方に固執しない

要領の悪い人は、自分のやり方、あるいはマニュアル通りに物事を進める特徴があります。
もちろん、アルバイトなどで決まったマニュアル通りにやらなければいけない場合もありますが、それ以外での作業で、自分の考えに固執しすぎている場合が多いようです。

こだわりを持つのも良いことですが、頭をもう少し柔軟にさせ、どうすればもっと効率的に作業を進められるか考えることも大事です。

要領が悪い人の改善すべきポイント④優先順位をつける

要領の悪い人は、とりあえず目についたものから着手する、という特徴があります。
思い出したもの、目の前にあるものにとらわれ、優先順位に御構い無しに取り掛かってしまうのです。

要領のいい人は、いくつもの業務が重なった時、まず優先順位を考え、仕事の段取りを組み立てていきます。
新たに仕事が加わった時はそれが優先順位が高いと判断したら、優先順位を入れ替えるなどして作業を進めていくのです。

自分が要領が悪いと自覚している人は、まずリストを作りましょう。
まず「今日やるべきこと」「やる必要のないもの」から分けましょう。
次に、優先順位を決めます。取り組む順番を決めるのです。

優先順位について工夫を凝らすこと。
これをやるだけで、作業効率はグンと上がるはずです。




ss0055ss2200さんの投稿
22158039 326521367850549 5807834474787897344 n

要領が悪い人の改善すべきポイント⑤シンプルに考える

要領の悪い人は、物事を複雑に考えてしまうという特徴があります。
たくさんのことを考えすぎて、バイト先で混乱することはありませんか?
物事を複雑に考えて、いいことは何もありません。混乱して、イライラするばかりです。
発想の転換をしましょう。
先のことまで考えて、物事をややこしくする必要はないのです。
逆に、シンプルに考えることによって作業もスムーズに進みます。

物事を自分の考えられるレベルで単純化し、出来ることから始めてみるのです。
まずは簡単なことから確実にこなしていきましょう。
そうすることで一歩一歩描き実に成果が上がるものです。

videobrandingcreatorさんの投稿
22159018 1669816709696745 4410673427191431168 n

要領が悪い人の改善すべきポイント⑥自分の能力を自覚する

自分の能力を自覚することによって、要領の悪さを改善することができます。
バイト先であなたは自覚していますか?
自分の得意とする分野は何か、不得意なことは何か、それを知ることで格段に仕事の能率が上がります。
また、作業をこなすスピードを自分で把握しておくことも大事です。
この2つがいわゆる自分の能力、スキルであり、これを知っておけば具体的な作業スケジュールも立てることができます。

michiyo_naさんの投稿
21433327 115587372452974 9159679565935673344 n

自分の限界も知っておきましょう。
そして、無理な時は断る勇気も必要です。
頼まれたからといって、自分の能力以上のことをやると、逆に周りに迷惑をかけることもあるのです。

要領が悪い人の改善すべきポイント⑦完璧を目指さない

一日にすべてのことを完璧にすることは大変難しいことです。
バイトでも同じです。
特に要領の悪い人は、やるべきことのクォリティーにすべてこだわっていたら、何ひとつ成し遂げることはできません。
完璧を目指していたら、キリがないのです。
時間には限りがあります。
100%を目指して時間切れ、消化不良になるよりも、80%を目指して空いた時間で他の作業をしたほうが効率的です。

たった1つのことを100%で仕上げるよりは、全てを平均値で成し遂げるやり方を意識してみましょう!

kentaaamanさんの投稿
21149638 518029425206275 8022192481573535744 n

要領が悪い人の改善すべきポイント⑧人をうまく活用する

要領がいい人は、人を活用することが上手です。
人をうまく活用することで、自分の作業できる時間を確保することができます。
自分だけにしかできないこと、そこに集中して取り組むことができるのです。
また、余った時間を人の助けに回すこともできます。

仕事を他の人に頼むためには、日頃からコミュニケーションをうまく取っている必要があります。
めんどくさい仕事ばかり押し付けたり、自分が楽をするために仕事を頼んだり、そんなことをしていては心地よい関係性を築くことはできません。
バイトでも普段からチームワークや雰囲気の良い人間関係を築くように努めましょう。
そうしておけば、いざ仕事を頼んだ時、嫌な顔をされることもないのです。
人を活用するということは、こき使うという意味ではないのです。

■関連記事:対人関係スキルをアップさせるには?こちらもチェック!

会話力を向上させる23の方法・コツ!
聞き上手になるには?7つのテクニックとコツで聞き上手に【モテる】

【まとめ】発想の転換も大事

いかがでしたか?
要領の悪い自分を変えるには、発想の転換も大事です。
今までの自分を振り返り、時には真逆なことにチャレンジすることも功を奏することがあります。
要領の悪い自分にイライラしたり、バイトだからといって要領の悪さで甘えたりすることは、自分の成長を妨げます。
自分を変える努力も大事ですね!

デキる人になるための方法についてもっと知りたいあなたへ!

できる女に共通する11の特徴!
「デキる男」の特徴11選!仕事も恋愛もできる男になるには!
要領がいい人の特徴11選!要領を良くするには?【必見】
気配りができる人になるには?気配りできる女性の習慣は?

関連するまとめ

naogeba
naogeba
楽しいことが好きです!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ