分割睡眠とは?危険?健康に効果がある?

分割睡眠という言葉。私は初めて知りました。その睡眠方法とはどういったものか。 分割睡眠による効果はどのようなものなのか。長時間眠るよりもいいの?悪いの? 健康に関わる効果や弊害はあるの?分割睡眠についてまとめてみました!

分割睡眠とは?危険?健康に効果がある?のイメージ

目次

  1. 1分割睡眠とは
  2. 2いろいろな睡眠のやり方
  3. 3分割睡眠のやり方とコツ
  4. 4睡眠は量より質?
  5. 5質の高い睡眠とは?
  6. 6分割睡眠は健康に良いと言われた訳
  7. 7分割睡眠は良いのか、弊害はないのか?
  8. 8分割睡眠のデメリット①:不眠症との区別
  9. 9分割睡眠のデメリット②:体は休まらない?
  10. 10余談:赤ちゃんがいると分割睡眠になる!?
  11. 11分割睡眠が向いている人はこんな人
  12. 12まとめ:分割睡眠は賛否両論

分割睡眠とは

分割睡眠とは普段の暮らしの中で睡眠時間を小分けにとる方法の事です。
ただ、2時間寝て3時間起きてそのあと3時間寝るといったような、バラバラに分割睡眠をとることは逆に健康を損なうことに繋がりかねません。

いろいろな睡眠のやり方

睡眠にはいろいろあります。
日中に活動している人も、夜勤などで夜型の暮らしをされている人でも、恐らく多くの方はだいたい8時間ほどの睡眠をとる暮らしをしているのではないでしょうか。
このやり方を「単相性睡眠」といいます。
これはまとめて眠ること前提のため、眠る時間が削られると睡眠不足を感じるそうです。

そして分割睡眠のように寝る時間を何度も分割する睡眠のやり方を「多相性睡眠」といいますが、これはもともと哺乳類がとってきた睡眠方法です。


我々を含め哺乳類は本来その暮らしの中で敵から身を守るために、少ない時間眠り、すぐ行動をとることを取ってきました。
野生の暮らしでは長時間の睡眠はデメリットしかないですからね。
また危険を察知してすぐ逃げられるようにするためにこの睡眠は効果的だったのでしょう。

ちなみに身近なところでいうと猫や人間の赤ちゃんは多相性睡眠です。

また固定した睡眠時間帯があり、それ以外の睡眠時間は定めていない睡眠のやり方は「係留睡眠(アンカー・スリープ)といいます。」

分割睡眠のやり方とコツ

分割睡眠にのやり方にはコツがあるようです。
それは同じ時間に眠るということ。

1日に何度も寝たり起きたりを繰り返すことは体内時計を狂わすことに繋がり、かえって危険なのでデメリットですが、分割睡眠はその日だけ何回かとる睡眠ではなく、毎日続ける目的でとるべき睡眠方法と言えるでしょう。

睡眠は量より質?

睡眠で大切なことは時間よりも質だということを聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。
健康であるために睡眠は大切ですよね

長時間寝ても疲れが取れなかったりすると、睡眠の質が悪いと言えます。
逆に短時間しか眠っていないのにスッキリと目覚めて気持ち良く活動できると、それは良い睡眠をとったと言えます。どちらが健康的かは明確ですが、長い睡眠が良い人もいれば、短い睡眠が良い人もいます。
または暮らしに合わせて睡眠方法を変えるのも良いかもしれません。

質の高い睡眠とは?

では質の高い睡眠はどのような睡眠でしょうか。

人は浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を繰り返しています。
レム睡眠は体を休める睡眠で、ノンレム睡眠は脳を休める睡眠です。
そして浅い眠りの時に目が覚めるとスッキリしているそうです。

だいたい1時間周期で繰り返すこの睡眠ですが、加齢と共にそのバランスは不安定となり、とくにノンレム睡眠の割合が低下していきます。

お年寄りの目覚めが早い原因はこのレム睡眠とノンレム睡眠のバランスにあったのです。

分割睡眠は健康に良いと言われた訳

なぜ分割睡眠が健康にいいと言われるのでしょうか。本当に危険はないのでしょうか。

理由は睡眠のメカニズムにありました。
先ほどあげたように、睡眠は浅い眠りと深い眠りをだいたい1時間周期で繰り返しています。
5時間、6時間と長くなるとともにノンレム睡眠は覚醒(浅い眠り)へと近づき、レム睡眠の方は長くなっていきます。

なので2~3時間の眠りであっても脳がある程度休んだのであれば、起きて活動することに弊害がなくなるのです。

そして分割睡眠は短い睡眠を繰り返すことですから、再び眠りにつく時間が訪れます。
するとノンレム睡眠にも入りやすくなり、再び脳が休まるので、長時間眠る人と変わりなく休息がとれるというわけです。

分割睡眠は良いのか、弊害はないのか?

分割睡眠は暮らしによってよくもなり、悪くもなるでしょう。
ただ健康的との謳い文句には乗らないで、メリット・デメリットを把握することが大切です。
効果を理解し、危険のないように実行すれば、弊害なく健康効果は得られるでしょう。
ではデメリットについてもご紹介いたします。

分割睡眠のデメリット①:不眠症との区別

眠りについても目が覚めてしまい、眠れないので起きて、眠くなったら寝る。これを繰り返すことは分割睡眠ではなく単なる不眠症です。
分割睡眠はあくまで定めた時間で眠ることが原則。

まずは分割睡眠なのか、眠れなくて目が覚めてしまっているのかをはっきりさせることです。
睡眠は質が大切ですから、分割睡眠なら弊害ないと思い込み、むやみに行ってはいけないのです。

分割睡眠のデメリット②:体は休まらない?

もう一つのデメリットは、体を休める時間は短縮していると言う事。
脳を休める時間を先にとるので目覚めは良いかもしれませんが、体はもう少し休みたいのが本音でしょう。

そのために1日に何度も眠るのが分割睡眠ですが、体力のある方が向いているといっても過言ではありません。

例えば4時間眠り、8時間活動することを繰り返すのは「海軍式睡眠」と言います。これも分割睡眠の一つです。

また、ヨットレースの選手も長時間睡眠はとれないため、小刻みに眠ることを繰り返すのだそうです。
そうすることでレースの成績もあがるのだとか。
海上で長時間の睡眠は弊害がありそうなので、分割睡眠が良い手段なのでしょう。

余談:赤ちゃんがいると分割睡眠になる!?

私は妊婦の時からすでに3時間しか眠れない日々を送っていました。
仕事も辞めて家にいるから疲れないんだと思いきや、4キロの道のりを散歩しようが、いっそ睡眠を我慢してまとめて眠ることを試みようが眠るときっちり3時間。
不眠症だと困りましたが薬も飲めないので、赤ちゃんが生まれる準備なのだと言い聞かせていました。
今思えば分割睡眠だったようです。目覚めはスッキリし、とくに日中の活動に支障もなく、健診でも太鼓判の健康体でした。

赤ちゃんは生まれたら3時間おきに授乳が必要です。
3時間眠れるかと思いきやそうではありません。
授乳初めから3時間と数えます。
生まれたばかりの赤ちゃんはおっぱいを吸うのが下手ですし、お母さんも初めての経験でなかなか思うように吸わせることはできません。
私の場合、授乳は比較的楽な方でしたがそれでも最初は45分ほどはかかりました。
飲んでも寝付いてくれない子だっています。

お母さんはなるべく赤ちゃんが寝たら一緒に眠るようにと言われますが、まさにそのとおりです。
というより、今だ!!と思って眠らないと休まる暇がないのです。

自然と分割睡眠になっていくと思います。

赤ちゃんと生活するうえで危険なことの一つはお母さんの睡眠不足です。

睡眠不足はデメリットだらけです。
集中力の低下だけではなく運動機能も衰えますし、感情面も不安定になりやすいのです。
泣きやまなくてイライラしてきてしまったら睡眠不足のサインかもしれません。
赤ちゃんは敏感ですから、お母さんのイライラも感知して泣いてしまいます。それを一つ減らす意味でもやはり睡眠の質は大切ですね。

もちろん個人差はありますし、合う合わないはありますが、こうした生活になることから赤ちゃんが生まれる新米お母さんには効果的な睡眠方法と言えるのではないでしょうか。

■関連記事:妊娠関連の記事を知りたい方はこちらもチェック!

子作りのコツ!正しい方法を知って妊娠確率をあげよう【女性必見】
高温期10日目の症状!フライングで陰性なら妊娠してない?陽性だと?

分割睡眠が向いている人はこんな人

分割睡眠にすることで弊害なく生活できる人は

・体力のある人

・寝つきや目覚めが良い人

・多忙な人

があげられます。
しかし必ずしも当てはまるわけではありません。
私自信、寝起きは最悪に悪い方です。
ただし分割睡眠にしてから寝起きはよくなりました。
健康面はというと、風邪も滅多にはひかず(風邪気味も含め)肌荒れも起こさず体調不良は全くありません。
もちろん睡眠以外にも気を付けていることがあっての体ですが、分割睡眠だから危険・弊害があるとは言えないのです。むしろ良質な睡眠がとれることから健康効果はあると言えます。

一番は個々の体質とライフスタイルを重視して良いでしょう。

まとめ:分割睡眠は賛否両論

いかがでしたでしょうか。
実際のところ、医師の見解からしても分割睡眠という睡眠のやり方については賛否両論あるようです。
まとめて眠れないなら不眠症であるという医師もいれば、作業効率があがるのなら良い睡眠方法という医師もいます。
2~3時間の睡眠で目覚めて、その後1~2時間過ごすことは不眠症の定義に当てはまるのだそうです。
そうなると危険な気もしてきますが、良いか悪いか決めるのは個人です。
分割睡眠が合っていると感じて実践し続けている芸能人もいます。
何度も言いますが大切なのは質の良い睡眠をとることです。
睡眠のやり方はそれぞれの体質や暮らしに合わせて取り入れて健康へと近づきたいものです。

もっと「睡眠」に関する情報を知りたいあなたへ!

早く寝るには?早く寝る方法とコツ11選!
よく夢を見る理由・原因とは?睡眠との関係は?
異常に眠い理由!スピリチュアルな意味7つ!
カップルの寝方・寝相で相性がわかる!診断11選!【深層心理】

関連するまとめ

みや
みや
二匹の猫と女の子ベビーの母です。趣味は映画と食とホットヨガ。産前の2回しかヨガしてないけど趣味はヨガって言っちゃうよ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ