口喧嘩で勝つ方法・強くなる方法!冷静に勝とう【最強裏ワザ】

いつも口喧嘩になると負けてしまうという人も多いのではないでしょうか。実は口喧嘩が弱い人には弱い人の、強い人には強い人の特徴があります。そこで今回は、口喧嘩に負けないために、口喧嘩が弱い人の特徴や、口喧嘩に勝つための方法を紹介していきたいと思います。

口喧嘩で勝つ方法・強くなる方法!冷静に勝とう【最強裏ワザ】のイメージ

目次

  1. 【はじめに】口喧嘩になるといつも負けてしまう
  2. 口喧嘩が弱い人の特徴を知ろう
  3. 【口喧嘩が弱い人の特徴①】自信がない
  4. 【口喧嘩が弱い人の特徴②】柔軟な人
  5. 【口喧嘩が弱い人の特徴③】雑学を知らない
  6. 【口喧嘩が弱い人の特徴④】難しい言葉を知らない
  7. 【口喧嘩が弱い人の特徴⑤】滑舌が悪い
  8. 【口喧嘩が弱い人の特徴⑥】経験が少ない
  9. 【口喧嘩が弱い人の特徴⑦】すぐ熱くなってしまう
  10. 【口喧嘩が弱い人の特徴⑧】優しい顔をしている
  11. 口喧嘩が強くなる方法を知ろう
  12. 【口喧嘩が強くなる方法①】挑発する
  13. 【口喧嘩が強くなる方法②】自分のペースで話す
  14. 【口喧嘩が強くなる方法③】練習する
  15. 【口喧嘩が強くなる方法④】相手を憎む
  16. 【口喧嘩が強くなる方法⑤】とにかく冷静になる
  17. 【口喧嘩が強くなる方法⑥】相手に喋らせる
  18. 【口喧嘩が強くなる方法⑦】最強の言葉「で?」
  19. 【口喧嘩が強くなる方法⑧】無表情を保つ
  20. 【まとめ】口喧嘩は自分の心を強くすることが大事

【はじめに】口喧嘩になるといつも負けてしまう

生きていれば必ず誰かと口喧嘩をすることになります。できればそのバトルに勝ちたいものですが、なかなか勝つことができないという人も多いでしょう。難しい言葉を知らないという人や、口喧嘩に勝つ方法を知らない人は、口喧嘩に負けやすい人のため、いつもバトルの敗者となってしまうものです。

バトルになってしまうとき、口喧嘩に負けてしまう人は今度こそは負けない、と意気込みますが、結局負けてしまうことになります。また、バトルそのものが嫌いという人もいるでしょう。しかしそのような人でも、不可抗力でバトルになってしまうこともあるものです。

口喧嘩は誰でも体験する、一番身近なバトルと言えます。このバトルに負けてしまうと、その人との上下関係ができあがってしまい、不利益を被ることもあるでしょう。

それを考えれば、できれば口喧嘩には勝ちたいものですが、そのコツを知っていなければ、バトルの勝者となることはできないものです。いったい、どうすれば口喧嘩に勝てるようになるのでしょうか。

口喧嘩が弱い人の特徴を知ろう

口喧嘩に勝つ方法を知りたければ、まず自分がなぜ口喧嘩に弱いのか、ということを知っておかなければなりません。そこでここからは、バトルにいつも負けてしまう人の特徴を紹介していきたいと思います。

バトルに負けてしまう人は、それぞれに負けてしまう原因と特徴があるものです。何も相手がバトルに強いことや、時の運ということだけが原因ではないのです。敗者が敗者になる理由は、必ず存在します。

口喧嘩に負ける原因がわかれば、次のバトルにそれを活かすことができるでしょう。自分のバトルの弱点を知ることが、勝つ方法を学ぶために大切なことですので、強くなるためにもしっかりと勉強していきましょう。

口喧嘩が弱い人の特徴は様々ありますが、いつもバトルに負けてしまうという人は、その特徴が複数、当てはまるものです。いくつ当てはまるかが、どれだけバトルに弱いかを示しているため、そこも考えながら、口喧嘩が弱い人の特徴を見ていきましょう。

【口喧嘩が弱い人の特徴①】自信がない

口喧嘩が弱い人の特徴としては、自信がない人、という特徴を挙げることもできます。

バトルをする際には、自分の主張を声高に叫ばなければなりません。自分はこう思う、という考えを相手にぶつけることになるのですが、この主張に対して自信がなければ、それを相手にぶつけることはできないでしょう。

口喧嘩が強くなるためには、まずこの自信というものがないとダメです。勝つ方法やバトルの時に使える言葉など、様々なコツもあるのですが、まずこの自信というものがないと、それらを使っても口喧嘩には勝てないものなのです。

自信がない人は、口喧嘩の際だけでなく、様々な部分で自信がないことが多いです。人前で話すことが苦手だったり、あがり症だという人も多いでしょう。逆に言えば、そのような人は口喧嘩が弱い傾向があるため、注意が必要です。

【口喧嘩が弱い人の特徴②】柔軟な人

口喧嘩が弱い人の特徴としては、柔軟な人、という特徴を挙げることもできます。

柔軟な人、という特徴は一見、良い特徴にも思えます。口喧嘩が強くなるために必要な要素だと思う人も多いのですが、柔軟な思考能力を持っていると、ある弊害を生み出してしまうのです。それは、相手の言葉に対して納得してしまうということです。

口喧嘩が強くなるためには、相手の言葉を聞き入れてはいけません。どれだけ相手が正しい言葉を言っても、それに納得してしまうと負けてしまうため、強くなるためにはそれを無視しなければならないのです。

しかし、柔軟な人はいくら口喧嘩をしている相手とはいえ、その意見が正しいものであれば、納得してしまう傾向があります。人間としては素晴らしいことなのですが、口喧嘩が強くなるためには、この柔軟さは邪魔になってしまうでしょう。そのため、口喧嘩が強くなるためには、ある程度、頭を固くする必要があるのです。

【口喧嘩が弱い人の特徴③】雑学を知らない

口喧嘩が弱い人の特徴としては、雑学を知らない、という特徴がある場合もあります。

雑学と口喧嘩がどう関係するのか、わからないという人も多いでしょうが、雑学は口喧嘩が強くなるためには大切なものです。口喧嘩はある意味、知識のぶつけ合いでもあります。そこで、様々な雑学を知っていると、相手も納得させやすくなるため、雑学を知っているかどうか、というのが重要になってくるのです。

また、雑学を知らないことで、間違った知識を相手にぶつけてしまうこともあります。相手が雑学をたくさん知っている人で、あなたの言った言葉をその雑学により否定されてしまえば、立場がなくなってしまい、それ以上言葉を発することができなくなってしまうでしょう。

そのため、雑学というものが口喧嘩が強くなる上では大切なものなのです。たかだか雑学と思っているかもしれませんが、雑学は様々な場面で役立つため、雑学を多く知っている人は、社会的にも成功しやすいのです。

【口喧嘩が弱い人の特徴④】難しい言葉を知らない

口喧嘩が弱い人の特徴としては、難しい言葉を知らない、という特徴もあります。

雑学も口喧嘩の際には必要となりますが、難しい言葉を知っているかどうか、というのも口喧嘩が強いかどうかに関わってきます。というのも、もしも相手が難しい言葉を言ってきて、意味がわからなかった場合、こちらの思考が止まってしまうからです。

訳のわからない言葉を言われたら、「どういう意味だろう?」という思考になってしまうでしょう。そこで言葉が止まってしまいますし、相手にどのような意味かを口喧嘩の最中に聞くわけにもいかないため、謎を抱えたまま会話を続けなければならないのです。

別のことを考えながら口喧嘩をしなければならないということですので、やはり口喧嘩としては不利になってしまうでしょう。そのため、口喧嘩が強くなるために、難しい言葉を知っているということは大切なのです。

【口喧嘩が弱い人の特徴⑤】滑舌が悪い

口喧嘩が弱い人の特徴としては、滑舌が悪いという特徴を挙げることもできます。

口喧嘩が強くなるための要素としては、思考力のような賢さに目が行きがちですが、口喧嘩が強くなるためには、滑舌も重要です。というのも、口喧嘩の途中で噛んでしまったら、そこで会話が止まってしまうからです。

会話が止まってしまうと、相手はその隙に様々な言葉を投げかけてくるでしょう。さらに、噛んだことを突っ込まれると恥ずかしい思いをすることになり、その恥ずかしさが気後れという感情を湧かせてしまい、口喧嘩としては不利になってしまうのです。

そのため、口喧嘩が強くなるためには、滑舌の良さというものが大切になってきます。口喧嘩が強くなるためには、このような技術も必要となってくるため、よく覚えておきましょう。

【口喧嘩が弱い人の特徴⑥】経験が少ない

口喧嘩が弱い人の特徴としては、経験が少ないという特徴も挙げられます。

口喧嘩が強くなるためには、雑学や難しい言葉など、様々なものが必要ですが、それがあるだけでは強くなることはできません。口喧嘩をこれまでに何度もしてきたという経験が必要になってくるのです。

何事においても経験というものは大切なものです。スポーツにおいても、何度も反復練習をすることにより、強くなるようになります。雑学や難しい言葉、口喧嘩に勝つ方法だけが頭の中にあったとしても、それを実行できるかどうかというのはまた別の話で、それをうまく口喧嘩に活かすためには、経験が必要なのです。

そのため、いくら雑学があっても、いくら難しい言葉を知っていても、口喧嘩の経験が少ない人は、口喧嘩に勝つことはできません。よく覚えておきましょう。

【口喧嘩が弱い人の特徴⑦】すぐ熱くなってしまう

口喧嘩が弱い人の特徴としては、すぐ熱くなってしまう、という特徴もあります。

熱くなってしまうというのは、感情的になってしまうということです。口喧嘩は悪口を言い合うため、感情的になりやすいものなのですが、口喧嘩の最中に熱くなってしまうと、思考がうまく回らなくなってしまいます。

そのようなことになると、うまい切り替えしができなくなってしまうため、いくら難しい言葉や雑学を知っていても、熱くなってしまえば口喧嘩に負けてしまうのです。

感情的になってしまうのは、女性に多い特徴です。また、口喧嘩の最中に感情的になると、暴力をふるってしまうような人もいます。このようなことになると、かなり面倒なことになってしまい、場合によっては警察沙汰になってしまうこともあるでしょう。そのため、感情的になりやすい人は、そうならないように注意しておくべきなのです。

【口喧嘩が弱い人の特徴⑧】優しい顔をしている

口喧嘩が弱い人の特徴としては、優しい顔をしている、という特徴もあります。

口喧嘩には難しい言葉が必要となってくることがあるため、極力、リラックスしておかなければなりません。難しい言葉を会話に盛り込むためには、それなりに精神的なコンディションも良好でなければならないのです。なぜなら、精神のコンディションが、思考を通常通り使えるかということを左右するからです。

緊張していれば誰でも頭が真っ白になってしまいます。難しい言葉など出てこなくなってしまうでしょう。そのため、口喧嘩の時には、相手を緊張させればかなり有利になるということになります。相手は難しい言葉を言えなくなりますし、こちらの難しい言葉を理解できなくなるからです。

顔が怖い人と口喧嘩をするのは、誰でも緊張するものです。それを考えれば、顔はできるだけ怖いほうが良いということになります。逆に優しい顔をしている人は、口喧嘩の時に相手をリラックスさせてしまうため、顔が怖い人よりも不利になってしまうのです。


◆関連記事:脱つまらない女!

つまらない女の特徴7選!会話力が原因で男に魅力がないと思われる?

口喧嘩が強くなる方法を知ろう

口喧嘩が弱い人の特徴を紹介してきましたが、ここからは口喧嘩に勝つ方法を紹介していきたいと思います。基本的には、口喧嘩が弱い人の特徴を克服していくということになるのですが、その具体的な方法も紹介していくため、口喧嘩が弱い人は参考にしてください。

口喧嘩は雑学や難しい言葉を知っていたり、滑舌が良くなければならなかったりと、様々な要素を鍛えなければ強くなることはできません。しかし、雑学はまだしも、滑舌を良くしたり、難しい言葉を会話に組み込んで話すためには、それなりの時間がかかってしまうものです。

そのため、今回はできるだけ簡単にできる、口喧嘩に勝つ方法を紹介していきたいと思います。とんでもなく即効性があるわけではありませんが、それでも簡単にできる方法が多いため、実行してみてください。

では、口喧嘩が弱い人が口喧嘩に勝つ方法を紹介していきたいと思います。

【口喧嘩が強くなる方法①】挑発する

口喧嘩に勝つ方法としては、挑発する、という方法があります。

口喧嘩は感情的になってしまうとダメという話がありましたが、逆に言えば、相手を感情的にさせることができれば、それが勝つ方法としては最適の方法となるということです。感情的にさせるためには挑発という行為が一番簡単で効果的ですので、挑発こそが勝つ方法になるということになります。

挑発として使える言葉としては、バカにする言葉を選ぶと良いです。「そんなことも知らないの?」「だからダメなんだよ」「頭悪いんだね」というような言葉が使える言葉となるため、勝つ方法として利用してみましょう。

挑発は格闘技でも使われる、立派な戦術の一つです。ただ、あまりにも言い過ぎてしまうと、埋められない溝ができてしまうこともあるため、取り扱いには注意しましょう。勝つ方法としては、最適の方法となりますが、勝てば全て解決というわけでもないため、よく覚えておいてください。

【口喧嘩が強くなる方法②】自分のペースで話す

口喧嘩に勝つ方法としては、自分のペースで話す、という方法もあります。

これは、噛み癖のある人のための勝つ方法です。滑舌が悪い人はそれを治そうと思ってもなかなか治らないため、どうしても口喧嘩が弱くなってしまいます。しかし、噛んでしまうのは、早口になってしまうからです。噛みやすい人は、早口になると、余計に噛んでしまうものでしょう。

そのため、ゆっくり話すということを意識しておけば、滑舌が悪い人でも、ある程度、噛まずに話すことができるようになります。

ただ、喋るスピードが遅いことで、相手が会話に割り込んでくる場合もあるでしょう。その場合に使える言葉として「人の話を聞くこともできないの?」という言葉を覚えておきましょう。他の場面でも使える言葉ですので、この言葉自体が勝つ方法と言うこともできるほど、便利に使える言葉です。

【口喧嘩が強くなる方法③】練習する

口喧嘩に勝つ方法としては、練習する、という方法もあります。

口喧嘩の必勝法には様々なものがありますが、経験が少ないという弱点に関しては、練習することでしか克服することができません。経験もないままに、経験があるように振舞うことはできないため、必勝法として確立したければ、地道な練習というのも必要になってくるのです。

口喧嘩を経験していけば、自分の中で使える言葉や必勝法というものが、自然と身につくようになります。自分のキャラクターに合った言葉というものもあるため、使える言葉というのは、人それぞれによって違いがあるものなのです。

自分に合った使える言葉は、自分で発見するしか方法がありません。彼氏のような何でも言える相手を練習台にして、何度も口喧嘩の練習をしてみましょう。


◆関連記事:会話力は向上できます!

会話力を向上させる23の方法・コツ!

【口喧嘩が強くなる方法④】相手を憎む

口喧嘩の必勝法としては、相手を憎む、という必勝法もあります。

口喧嘩の必勝法としては、相手の言葉を聞き入れないということも大切になってくるのですが、柔軟な考えを持っている人は、思わず相手の正論に頷いてしまうこともあるものです。しかしそれでは、口喧嘩に負けてしまうため、相手を憎むということが大切になってきます。

本当に憎むというよりも、口喧嘩の時はとことん嫌いになるということなのですが、人は嫌いな相手に対しては、その人の全てを嫌いになってしまうものです。正しい言葉を言っていても、その人がその言葉を言うだけでイライラしてくるため、相手の言葉を聞き入れないためには、嫌うということがベストな方法なのです。

この必勝法を実行するためには、相手からの悪口に腹を立てるということが大切になってきます。ただ、必勝法としては感情的になってもいけないため、その必勝法を守りながら、嫌いになるという必勝法を実行するようにしましょう。

【口喧嘩が強くなる方法⑤】とにかく冷静になる

口喧嘩の必勝法としては、とにかく冷静になる、という必勝法もあります。

口喧嘩は相手を感情的にさせたほうの勝ちです。挑発するという必勝法も紹介しましたが、その必勝法を実行しながら、自分が感情的になってしまったら意味がないため、冷静な状態で挑発をするという必勝法が大切になってくるのです。

口喧嘩の時に冷静になるためには、ある程度、相手の言葉を予想しておくと良いです。相手も必勝法を駆使して、挑発をしてくるはずですが、自分に言われる悪口はある程度、予想できるでしょう。事前にそれがわかっていれば、それほど感情を揺さぶられることなどないものです。

冷静になるというのは、様々な必勝法の中でも、かなり重要な必勝法となります。これができるかどうかで、そのバトルの勝敗が決まるといっても過言ではないため、この必勝法だけは忘れないようにしましょう。

【口喧嘩が強くなる方法⑥】相手に喋らせる

口喧嘩が強くなる方法としては、相手に喋らせる、という方法もあります。

口喧嘩で使える言葉などを紹介してきたため、イメージとして、口喧嘩の際にはこちらが悪口をベラベラ喋ったほうが良いと思う人も多いかもしれません。しかし、それは逆です。使える言葉などはここぞという時に使うのであって、基本的には相手に喋らせたほうが口喧嘩は勝てます。

口喧嘩では、相手の言葉の矛盾や間違いを指摘することが、大きなポイントとなります。それにより、相手は辱めを受けますので、心と思考を乱すことができるのです。

様々な口喧嘩で使える言葉を持っていたとしても、もしも自分が話すことで、矛盾が発生してしまったら、口喧嘩で使える言葉も意味をなくしてしまいます。常識的に考えれば、たくさん喋ったほうが矛盾が発生する確率は高いため、口喧嘩の序盤は、基本的に相手に話させたほうが良いのです。相手に矛盾が発生してからが反撃開始の合図ですので、そこからたくさん喋るようにしましょう。


◆関連記事:会話のネタに困ったら

会話のネタに困らない!盛り上がる話題・会話術!初対面でも大丈夫

【口喧嘩が強くなる方法⑦】最強の言葉「で?」

口喧嘩に勝つためには、最強の使える言葉である「で?」を使うと良いです。

「で?」という言葉は、口喧嘩でかなり便利に使える言葉となります。何を言われてもこれで対応できますし、こればかりを言われたら、口喧嘩をしている相手はかなりムカつくため、口喧嘩をこちらのペースに持ち込むことができるからです。

「で?」という最強の使える言葉を何度も言われると、相手としては自分の言葉が何も響いていない、と感じるものです。そのため、もっとひどい言葉を言おうとするのですが、それでも響かず、焦りに焦って、矛盾が発生してくるようになります。

「で?」「だから?」「それで?」というような言葉は、かなり口喧嘩で使える言葉ですので、覚えておきましょう。

【口喧嘩が強くなる方法⑧】無表情を保つ

口喧嘩に勝つ方法としては、無表情を保つ、という方法もあります。

顔が優しくて、相手にプレッシャーをかけられないという人もいるでしょう。このような人は整形するわけにもいかないため、口喧嘩の際には不利になってしまいます。しかし、人の顔は何も怒った顔だけが怖い顔ではありません。もっと別のベクトルの怖さというものがあります。それが無表情です。

無表情で冷静に会話をされたら、誰でも怖いものです。どれだけ優しい顔だったとしても、その優しい顔が奇妙な顔に見えてくるでしょう。

また、無表情だと感情が伝わらないため、どんな言葉も伝わっていないような印象を相手は受けます。口喧嘩の最中だと、それが一番のダメージになるため、無表情がおすすめなのです。

【まとめ】口喧嘩は自分の心を強くすることが大事

口喧嘩は強くあることが大切なのではなく、冷静であることが一番大切です。それは言葉を強くするのではなく、自分の心を強くするということですので、ある意味、修行僧のような精神が必要となります。大切なことですので、よく覚えておきましょう。

もっと口喧嘩に関する情報を知りたいアナタへ!

会話が苦手な人の特徴9つ!原因と克服方法も教えます
会話が続かない人の特徴9選と会話を続ける方法!
会話術を磨く13のコツ!もう口下手とは言われない!

関連するまとめ

wasezaimu
wasezaimu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ