妊娠初期に太る原因と対策は?妊娠初期の体重増加でダイエットすべき?

妊娠初期にはまだまだお腹の赤ちゃんも小さいのでお腹も目立ちません。それなのに体重が増えて太る妊婦さんもいます。妊娠初期から太るのはどうしてなのでしょうか?!この記事では妊娠初期の体重増加の原因とダイエットなどの対策法についてお伝えします。

妊娠初期に太る原因と対策は?妊娠初期の体重増加でダイエットすべき?のイメージ

目次

  1. 妊娠初期に体重が増えて太るのって当たり前なんでしょうか?!
  2. 妊娠初期の体重増加の目安とは?
  3. 臨月までの体重増加の目安とは?
  4. 妊娠初期に体重が増えて太る原因は?
  5. 【妊娠初期に体重が増えて太る原因①】食べつわり
  6. 【妊娠初期に体重が増えて太る原因②】自然な増加
  7. 【妊娠初期に体重が増えて太る原因③】体質の変化
  8. 妊娠初期に体重が増えるのはどの部位?
  9. 【妊娠初期に体重が増えて太る部位①】お腹周り
  10. 【妊娠初期に体重が増えて太る部位②】太もも
  11. 【妊娠初期に体重が増えて太る部位③】顔
  12. 妊娠初期からの体重増加で太ることにはリスクがある!
  13. 【妊娠中に体重増加で太ることのリスク①】難産になりやすい
  14. 【妊娠中に体重増加で太ることのリスク②】妊娠糖尿病
  15. 【妊娠中に体重増加で太ることのリスク③】妊娠高血圧症候群
  16. 【妊娠中に体重増加で太ることのリスク④】体への負担が増加
  17. 妊娠初期からダイエットをしても大丈夫?
  18. 【妊娠初期に太る!ダイエットや対策は?①】野菜を食べる
  19. 【妊娠初期に太る!ダイエットや対策は?②】ウォーキング
  20. 【妊娠初期に太る!ダイエットや対策は?③】毎日体重を計る
  21. 【妊娠初期に太る!ダイエットや対策は?④】食べたものを記録
  22. 【妊娠初期に太る!ダイエットや対策は?⑤】摂取カロリー計算
  23. 【妊娠初期に太る!ダイエットや対策は?⑥】ヘルシーおやつ
  24. 太りすぎないように健康できれいな妊婦さんでいましょうね!!

妊娠初期に体重が増えて太るのって当たり前なんでしょうか?!

妊娠超初期から初期にかけて、待望の赤ちゃんを授かったことがわかった時、思わず飛び跳ねて喜んでしまうママやパパもいますよね。でも、妊娠4か月までは流産の危険性も高いし、お腹も目立たないので、安定期に入るまでは誰にも言わないことにしている妊婦さんもたくさんいます。

まだ妊娠4か月までは赤ちゃんも小さくてお腹も目立たないはずなのに、なぜか妊娠超初期から体重増加してしまい、突然太ったことを心配される人もいます。

なぜ妊娠すると妊娠超初期から妊娠初期にかけて太る妊婦さんが多いのでしょうか?!

この記事ではなぜ妊娠初期に太るのかその原因と、妊娠中になぜ過剰に体重増加するといけないのかそのリスクを、体重増加し過ぎた時のダイエットなどの対策についてお伝えします。

10swkzさんの投稿
22709292 287333128418388 2238503960736432128 n

妊娠初期の体重増加の目安とは?

まず妊娠初期に体重増加して太る時に、どのくらいまでなら太っても良いのか、その目安が気になりますよね。

お腹の中では赤ちゃんが育っているので、赤ちゃんが育ったり、羊水や胎盤が作られることで妊婦さんの体重はある程度は増えても当たり前です。

ということで妊娠初期の体重増加の目安はどのくらいなのでしょうか?!

妊娠15週、妊娠4か月までの妊娠初期の理想的な体重増加の目安は2kg以内と言われています。

意外に少ない気がしますよね。


ただ妊娠4か月の赤ちゃんの体重というのは、まだ100g程度なので妊娠したからと言ってお腹の赤ちゃんがいるから体重増加が起こる、という時期ではまだありません。

ある程度人それぞれのところはありますが、妊娠4か月までに2kg以上体重が増えた人は太るペースが速すぎると考えた方がいいでしょう。

a_tbabyさんの投稿
22710233 182768228951665 5237377730281996288 n


◆関連記事:産後のダイエットについてはこちら

産後に痩せない原因は?ダイエットや母乳育児で痩せられるの?

臨月までの体重増加の目安とは?

ちなみに、妊娠後期での体重の増加のペースというのはどのくらいが目安なのかもみておきましょう。

妊娠5か月に入るとおなかの赤ちゃんの成長が一気に加速します。

妊娠5か月からの体重増加のペースの上限の目安は週に500gと考えて下さい。

1週間に500gを超えて体重が増えていく場合には、ダイエットを考えた方がいいです。

mamari_miniさんの投稿
22710461 362059570885734 979338399884247040 n

また、臨月の出産直前までの理想的な目安は妊娠前の体型が痩せ型の人で10kgから12kg、標準体型の人で10kg程度、ぽっちゃり体型の人で7kgから8kg程度となります。

これはあくまでも目安ですが、このペースを大幅に超えて体重が増える場合には、産婦人科のお医者さんや助産師さんからダイエットの指導が入ることもあるので、この目安の中に収めるように気を付けましょう!!

nico_babyphotoさんの投稿
22794454 123107995034434 1638057345093206016 n

妊娠初期に体重が増えて太る原因は?

お腹の中で赤ちゃんを育てているのだから、妊娠したら妊娠超初期から思う存分食べても良い!と思っている妊婦さんもいることでしょう。

しかし、実際には妊娠4か月ではお腹の赤ちゃんはたったの100gまでしか育っていません。

赤ちゃんが100gしかないのに、お母さんの方は2kgまで太っても大丈夫だ、ということの方がちょっと意外かもしれませんよね。

しかし、妊婦さんの中にはなぜか妊娠4か月までに2kgを大幅に超えるペースで体重が増えて太る妊婦さんもいます。

妊娠初期で赤ちゃんが育っていないのに太ってしまう原因はなぜなのでしょうか?!

koeri_rosetteさんの投稿
22708649 150537095554319 9001237071334998016 n

【妊娠初期に体重が増えて太る原因①】食べつわり

妊娠中になぜ体重が増加して太るのか、その原因には、食べつわりというものがあります。

つわりの症状にはいろいろなものがありますが、中にはなぜか異常に食欲がわいてしまったり、胃が空っぽになると気持ち悪くなるので食べ続けていないと居られなくなる、食べつわりというものあります。

つわりが食べつわりになってしまうと、1日中何かしら食べていないと居られなくなってしまいます。

しかし身体が求めるままに手近にあるスナック菓子などを食べすぎてしまうと、すぐにカロリーオーバーしてしまい、体重増加して太る原因となってしまいます。

しっかりと食べるものや総カロリーをコントロールする必要があります。

bakery_misuzuさんの投稿
22500598 147277659222795 1113940939774099456 n


◆関連記事:妊娠中にダイエットしたいならこちらもチェック

妊婦のダイエット!妊娠中に痩せる方法まとめ!【おすすめ】

【妊娠初期に体重が増えて太る原因②】自然な増加

妊娠初期になぜ体重が増えるのか、その原因には、妊娠したことによる自然な体重増加もあります。

妊娠すると子宮の中で胎児が成長するのに伴って、羊水や胎盤も作られるようになります。

また来るべき出産や子宮の中で育っていく赤ちゃんのためにエネルギーを蓄えるために、全身の血液の量と脂肪の量が増えます。

臨月までには血液と脂肪の量はそれぞれおよそ2kgほど増えると言われています。

xx_yurio.chan_xxさんの投稿
22710694 162394687678588 5737427466746593280 n

妊娠4か月での赤ちゃんの大きさはおよそ100gなので、まだまだそれほど母体の体重は増える訳ではありませんが、子宮の中で胎盤や羊水は作られ始めていて、全身の血液や脂肪の量も増えてくるので、体調が悪くなければ妊娠4か月までに2kg程度の体重増加には全く問題がありません。

しかし妊娠4か月までの妊娠初期に2kgを大きく超えて太ることがあったら、太りすぎです。気を付けましょう。

ayanon0710さんの投稿
22709159 148777412402843 993945029607161856 n

【妊娠初期に体重が増えて太る原因③】体質の変化

妊娠初期になぜ体重が増加して太るのか、その原因には、妊娠前と体質が変化して、同じような食生活のパターンでは痩せにくくなってしまった、というのもあります。

20代のまだ若い人なら、妊娠前は多少暴飲暴食が続いたとしても、数日節制したりダイエットに励んだりしたら、簡単に体重が落ちたものです。

しかし妊娠すると、なぜか同じようなパターンでは簡単に体重が落ちてくれなくなります。

studiococo.aizuさんの投稿
22793824 507809672917049 405064331395334144 n

というのは、妊娠するとプロゲステロンというホルモンの影響で、母体の代謝が落ちて、身体が水分や脂肪を蓄えやすくなってしまうからです。

なかなか一度増えてしまった体重は元に戻すのは妊娠中は大変なので、最初から目安の体重以上には体重増加しないように気を付けることが大切です。

littlegiraffe_japanさんの投稿
22793683 1726557377415694 1067920687320006656 n

妊娠初期に体重が増えるのはどの部位?

妊娠初期に誰かに久しぶりに会うと、お腹がまだ目立たない妊娠初期でも「ちょっとぽっちゃりした?」と言われることがあります。

中にはお肉の付き具合を見て、妊娠を言い当てるような人もいますよね。

一体どうしてお腹が目立たない妊娠初期に妊娠していることが他の人にもわかるのでしょうか?

それは妊娠初期には特に体重が増えやすい部位というのがある程度決まっているからです。

studiophotoaraiさんの投稿
22709178 125293481493064 3062375367823065088 n

それはお腹周りと太ももと顔になります。

特に顔の変化は見る人が見たらすぐにわかることもあるようです。

いったいどうしてその3つの部位が特に太りやすいのでしょうか?!

その原因についてみていきましょう。

ribbonbabymamaさんの投稿
22710720 503502933342823 3898357770935599104 n

【妊娠初期に体重が増えて太る部位①】お腹周り

妊娠初期からお腹周りが太る人がいます。

まだ赤ちゃんも小さくて、お腹が出てくる時期ではなく、体重増加がそれほどではない人でも、お腹だけが先にポッコリと出てしまう人もいます。

一体、妊娠初期にお腹周りが太るのはなぜなのでしょうか?!

体重増加が一緒にあるのなら、食べすぎて付いた脂肪がお腹周りにも付いたということになります。

しかし体重増加に関係なく、妊娠初期にお腹周りが太る原因に、便秘があります。

妊娠初期には黄体ホルモンのプロゲステロンが胃腸のぜんどう運動を弱めるために、便秘になりやすくなります。

そのために腸に便やガスが溜まりやすくなってしまい、そのためにお腹がポッコリと出てしまうのです。

また、出産経験がある人は子宮が早く大きくなる傾向にあります。

そのためにお腹が早く大きくなってしまうこともあります。

kaaaaaanyさんの投稿
22710228 896151280554302 4847421358667202560 n

【妊娠初期に体重が増えて太る部位②】太もも

妊娠初期から太ももが太る人もいます。

太ももは身体の中でも脂肪が付きやすい部位なので、妊娠して身体にエネルギーを蓄えるために脂肪を溜め込み始めると、太ももが太くなる傾向にあります。

ryo_chi0224さんの投稿
21985353 1242499519187806 3991437426001182720 n



また妊娠すると出産に備えて骨盤が緩むようになります。そのために太ももや腰回りに締りがなくなり太りやすくなってしまうのです。

また妊娠初期にはつわりで体調が悪いことが多く、運動不足なりがちです。そのために歩く量が減ってしまい、代謝が悪くなり足の筋肉が落ちて水分や脂肪を溜め込みやすくなることも原因として考えられます。

kurumo_de_pomさんの投稿
21107742 1701128666860798 2521452072574910464 n

【妊娠初期に体重が増えて太る部位③】顔

妊娠初期で誰にも言っていないのに、妊娠したことが周りの人にわかってしまう一番の原因は顔が太ることです。

顔の変化から妊娠を言い当てる人はかなりいます。

妊娠すると顔が太ってしまうのは、食べすぎて脂肪がついてしまうこともありますが、一番の原因はむくみです。

okazakiseikotsuinさんの投稿
22638944 123912114954990 8140036643189948416 n

つわりによって運動不足になり代謝が落ちることで、体中に水分が溜まりやすくなり、むくんでしまうのです。

またつわりで塩辛いものを好むようになると塩分を摂りすぎてしまいむくんでしまいます。

ohki.bonchanさんの投稿
22637362 1634279739970391 599972614462504960 n

妊娠初期からの体重増加で太ることにはリスクがある!

妊娠初期に体重が増加して太る原因には様々なことがあるのがわかりましたね。

でも妊娠初期から目安を大きく上回るペースで体重が増えていくと、妊娠後期から臨月に掛けては大幅に体重が増えてしまう可能性があります。

amink__s2さんの投稿
22710937 319837618489839 1540095308644483072 n

妊娠初期には太りすぎていても、それほど母体や赤ちゃんには影響がなくても、妊娠後期から出産のときには、母体や赤ちゃんの健康に大きな影響を与えてしまうこともあります。

一体、妊娠中の太りすぎにはどんなリスクがあるのか、ここからみていきましょう。

babytube_officialさんの投稿
22709597 875309012631532 4646166621470064640 n

【妊娠中に体重増加で太ることのリスク①】難産になりやすい

妊娠中に体重が増えすぎることでリスクには、出産時に難産になりやすくなる、ということがあります。

妊娠中に脂肪が付きすぎると、赤ちゃんがお腹の中で大きくなりすぎて巨大児になってしまうことがあります。

また、産道の周りにも脂肪がついてしまうので、お母さんが太りすぎると、分娩の時に赤ちゃんの通り道が狭くなってしまいます。

buuuuuco1223さんの投稿
20766948 904103643087153 7570680213470707712 n

標準よりも大きく育った赤ちゃんが、狭くなった産道を通って外に出てくるのはものすごく大変なことですよね。

お産が長引いて難産になると、赤ちゃんの呼吸状態が悪化するので、吸引分娩や帝王切開になってしまうこともあります。

im.3294さんの投稿
22709236 125987568108065 2486167743712198656 n

【妊娠中に体重増加で太ることのリスク②】妊娠糖尿病

妊娠中に体重が増えて過ぎてしまうことのリスクには、妊娠糖尿病になる可能性が高くなることもあります。

妊娠糖尿病とは、妊娠中に血糖値が上がってしまい、身体の状態が本格的な糖尿病の1歩手前まで行ってしまうことです。

妊娠糖尿病がどなぜリスクが高いのかというと、妊娠高血圧症候群や羊水過多症、早産や巨大児の原因になることもあるからです。


妊娠後期になると発症する人が多いのですが、原因には食べすぎた体重増加があります。

妊婦健診ではたまに尿糖がプラスに出ることもありますが、一時的に腎臓機能が低下して出ることもあるので、一過性であれば心配はいりません。

毎回のように尿糖が出るようであれば、妊娠糖尿病の疑いがあります。病院の先生の指導に従って生活習慣の改善が必要になります。

【妊娠中に体重増加で太ることのリスク③】妊娠高血圧症候群

妊娠中に体重が増えて過ぎてしまうことのリスクには、妊娠高血圧症候群のリスクが高まることもあります。

妊娠高血圧症候群というのは、何らかの原因で妊娠中に妊婦の血圧が必要以上に高くなってしまうことを指します。

なぜ高血圧になってしまうのか、原因ははっきりとわかってはいませんが、妊娠高血圧症候群を起こしやすい要因の1つに妊婦の肥満があることはわかっています。

m_k_n123.0さんの投稿
22802445 492534737797291 8406833350123192320 n


なぜ妊娠高血圧症候群のリスクが高いかというと、胎児の発育不全や仮死、早産、死産、妊婦の脳出血などの原因になるからです。

楽しみにしていた赤ちゃんとの出会いが悲しいものにならないように、しっかりと普段から節制するようにしましょうね!!

matsuyuri0721さんの投稿
20066671 1937911159763503 6415757533276798976 n

【妊娠中に体重増加で太ることのリスク④】体への負担が増加

妊娠中に体重が増えて過ぎてしまうことのリスクには、身体への負担が大きくなる、ということも挙げられます。

妊娠に関係なく、人の身体は体重が1kg増えると毛細血管が3km伸びると言われています。

ただでさえ妊娠中というのはお腹の赤ちゃんを育てるために、お母さんの心臓には2人分の負荷がかかっているところに、余計な脂肪を付け過ぎてしまうとその分の負担も掛けてしまうことになりますよね。

その他にも、妊娠中には体重が増えてお腹が大きくなって良い姿勢を取りにくくなることから、腰やひざへ大きな負担を掛けるようになります。

そこへ余計について脂肪の分まで体重が増えすぎてしまうと、ひざや腰への負担が大きくなりすぎてしまいます。

また妊娠中に太りすぎると妊娠線ができやすくなることも覚えておきましょう。

juricolotさんの投稿
21147335 1403626443048208 6307662767033679872 n

妊娠初期からダイエットをしても大丈夫?

妊娠中に必要以上に体重が増えすぎてしまうのは、大きなリスクがあるので、妊娠初期から体重をしっかりとコントロールする必要があります。

しかし、流産の危険性が高い妊娠初期や妊娠超初期からダイエットなどの対策をしても大丈夫なのでしょうか?!

妊娠超初期からでも、もともと太りすぎている人は出産までにダイエットをした方がいいでしょう。

sunnyhulaさんの投稿
15539102 583187855211890 9179954478747484160 n


妊娠超初期から妊娠初期の流産の危険性が高い時期にダイエットをする場合には次の点に気を付けるようにします。

まずはお腹に負荷を掛けないことです。最近では妊娠中でも腹筋運動ができると言う人もいますが、妊娠超初期から妊娠初期にはやってはいけないことになっています。妊娠超初期から妊娠初期には特にお腹に負荷を掛けてはいけません。

kozu.a.kumaさんの投稿
20759753 1612568778793996 1205514903859757056 n

また体調にムリのない程度にやることが大切です。妊娠超初期から妊娠初期は特に体調が不安定になりがちです。気持ちが悪いのに無理してウォーキングをしても却ってストレスになってしまい、運動の効果が半減してしまいます。

体調が悪い時には食事での対策に力を入れるなど、対策には工夫が必要です。

それでは妊娠超初期から妊娠初期にかけて、お腹に負担を掛けることなくできるダイエットや体重増加への対策にはどんなものがあるのか見ていきましょう!!

kgkg0000888さんの投稿
19436447 226714124515340 968683659764695040 n

【妊娠初期に太る!ダイエットや対策は?①】野菜を食べる

妊娠超初期から妊娠初期にできるダイエットや体重増加への対策の1つ目には、野菜を食べる、というものがあります。

肉をたくさん食べると、どうして高カロリーになりがちで、脂肪分も摂りすぎてしまいます。

そこで野菜を多めにとることで、総カロリーを減らします。

chanyui_mamaさんの投稿
18251986 1027534924045977 6281674967897604096 n

また食事の時に食べる順番も野菜から口を付けることで、血糖値の上昇を炭水化物やタンパク質から食べた時と比べると穏やかに抑えることができます。

先に野菜スープでお腹を満たしておけば、食べすぎる心配もありません。

野菜は生野菜のサラダよりも野菜スープなどよく火を通したものの方が、食べられるカサがが増えるのでお勧めです。

memetan_1124さんの投稿
15803557 1859322584349807 1087447562857742336 n

【妊娠初期に太る!ダイエットや対策は?②】ウォーキング

妊娠超初期から妊娠初期には激しい運動やトレーニングは絶対に行ってはいけませんが、その中で妊娠超初期からできる運動にウォーキングがあります。

お腹に大きな負荷を掛けずにできる運動で、しかも有酸素運動なので余計な脂肪を燃やす効果も絶大です。

産院の中には、出産に備えた体力を付けるために、出産までに5km歩けるようにしておくように、と指導するところもあるほど、妊婦さんにとってウォーキングというのは大切な運動になります。

妊娠超初期から妊娠初期にかけては、体調に無理をしない範囲でいいので、歩けるときには歩きましょう。

sunnyhulaさんの投稿
15056662 1144321608985220 728972519838580736 n

【妊娠初期に太る!ダイエットや対策は?③】毎日体重を計る

妊娠中に体重をコントロールするためには、毎日体重を計って記録を付けることも効果があります。

母子手帳には妊娠中の体重の目安のグラフが載っていますよね。

そのグラフの目安と比べて、自分がどの位置にあるのかを週ごとや月ごとに確認することで、きちんと体重コントロールができているのかを確認することができます。

目安の体重をオーバーしているようなら本気でダイエットに励みましょう!!

【妊娠初期に太る!ダイエットや対策は?④】食べたものを記録

妊娠中に体重をコントロールするためには、毎日食べたものを記録することも効果が高いものです。

特に食べつわりの人や、妊娠後期になって食欲が爆発して、つわりで食べられなかった反動で急激に食べ始めてしまった人は、毎日何をどのくらい食べたのかを記録しましょう。

記録をしていないと、いったい自分がどのくらいのカロリーを摂っているのかわからなくなってしまい、気が付いたら体中に脂肪が付きすぎてしまっていた、ということになりかねません。

そんなことにならないようにするためにも、食べつわりの人や食欲爆発してしまった人は、食事やおやつの記録を付けることが大切です。

kumikotenbossさんの投稿
20066595 157397994808002 5428123897981566976 n

【妊娠初期に太る!ダイエットや対策は?⑤】摂取カロリー計算

妊娠中に体重をコントロールするための対策には、摂取したカロリーを計算して、1日とか1週間の総量でカロリーを考えることも大切です。

妊娠前と比べて、妊娠中に1日あたり増やしていいカロリーの量の目安は、妊娠初期で約50kcalしかありません。

ご飯1膳分の約3分の1しか食べる量は増やしてはいけないのです。

kei.co.nさんの投稿
22793993 538734699812450 6748600529301012480 n

妊娠中期にはそれが250kcal、妊娠後期には450kcalまで増えますが、妊娠初期には食べつわりでも食べる量を増やしてい良い訳ではありません。

食べつわりで食べ続けていると、1日にどのくらいのカロリーを摂っているのかわからなくなってしまいます。

記録を付けて、カロリーオーバーしていないか、確認することも大切です。

dieterharuさんの投稿
22710924 1608934335819489 2127957416707358720 n

【妊娠初期に太る!ダイエットや対策は?⑥】ヘルシーおやつ

妊娠中に体重をコントロールするための対策には、おやつをヘルシーおやつにすることも有効的です。

これも食べつわりや、妊娠後期に食欲が爆発してしまった人におすすめです。

食べつわりでとにかく何かを食べていないといられない人や、妊娠後期に食べたくて仕方がない人は、カロリーが低いこんにゃくゼリーや寒天ゼリーを食べる回数を増やして、カロリーコントロールをしましょう。

misamo737さんの投稿
22710669 1746807015623080 7048515827837960192 n

それだけでは口寂しい時には、食べごたえがあり栄養価が高いけれども、スナック菓子よりもカロリーが低いナッツ類を時間を掛けて噛んで食べましょう。

よく噛むことで満腹中枢を刺激することができます。

ナッツは糖尿病や高血圧の心配が少ない砂糖や塩、バターで味を付けていない、ローストしただけのモノを選びましょう。

またおやつではありませんが、しらたきを細かく刻んで軽く炒って細かく刻んでご飯と一緒に炊きこんだしらたきごはんもカロリーオフにお勧めです!!

tohellwithhouseworkさんの投稿
22710897 810200575829629 2868187896232280064 n

太りすぎないように健康できれいな妊婦さんでいましょうね!!

妊娠初期からなぜ体重オーバーがよくないのか、わかっていただけたでしょうか?!

体重オーバーは見た目を損なうだけではなく、母子ともに健康面でのリスクが高いので、太りすぎは避ける様にしましょう。

また妊娠から出産を経ると、独身時代の面影が全くなくなってしまう人も多くいます。

そんなことにはならないように、妊娠超初期から妊娠初期にかけて、しっかりと体重コントロールやカロリーコントロールをして、健康できれいなお母さんでいましょうね!!

marynoboriさんの投稿
12328326 1673000946277435 1542911364 n

もっとダイエットについて知りたいアナタはこちらもチェック

A型に最適のダイエットは?どんな体質?【血液型ダイエット】
B型におすすめのダイエット方法!痩せる食事・食材や運動のコツ!
O型におすすめのダイエット成功の秘訣!食べ物など解説【血液型】
AB型に最適のダイエット!体質にあった痩せる食べ物・運動はこれ!

関連するまとめ

yukky777
yukky777
読者の方が知りたいと思う情報をわかりやすくお伝えできればと思っています。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ