髪の毛が伸びない原因7つ!髪を伸ばす方法はあるの?

髪の毛がなかなか伸びないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。実は髪の毛が伸びないのには理由があります。その髪の毛が伸びない原因を見つけ、改善することで、髪の毛を伸ばすことができるため、ここできっちりその原因と解決策を学んでいきましょう。

髪の毛が伸びない原因7つ!髪を伸ばす方法はあるの?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】髪の毛がなかなか伸びない悩み
  2. 髪の毛が伸びない原因とは
  3. 【髪の毛が伸びない原因①】生まれつき
  4. 【髪の毛が伸びない原因②】切れ毛の量が多い
  5. 【髪の毛が伸びない原因③】栄養不足
  6. 【髪の毛が伸びない原因④】血行不良
  7. 【髪の毛が伸びない原因⑤】ダイエット
  8. 【髪の毛が伸びない原因⑥】ストレス
  9. 【髪の毛が伸びない原因⑦】睡眠不足
  10. 髪の毛が伸びない原因は病気?
  11. 髪の毛が伸びない!伸ばす方法を知ろう
  12. 【髪の毛が伸びない!伸ばす方法①】三大栄養素を摂る
  13. 【髪の毛が伸びない!伸ばす方法②】質の良い睡眠を取る
  14. 【髪の毛が伸びない!伸ばす方法③】ストレス解消する
  15. 【髪の毛が伸びない!伸ばす方法④】運動をする
  16. 【髪の毛が伸びない!伸ばす方法⑤】トリートメントをする
  17. 【髪の毛が伸びない!伸ばす方法⑥】摩擦で傷めない
  18. 【髪の毛が伸びない!伸ばす方法⑦】正しいドライヤーの使い方
  19. 【髪の毛が伸びない!伸ばす方法⑧】パーマやカラーを減らす
  20. 【まとめ】髪の毛が伸びない原因は自分にある

【はじめに】髪の毛がなかなか伸びない悩み

髪の毛がなかなか伸びないということが悩みになることもあります。女性の場合、髪の毛を早く伸ばして、様々なヘアスタイルをしたいという欲求があることも多いため、髪の毛が伸びないということが悩みとなるのです。

髪の毛が伸びるスピードはそもそも個人差があるものですが、なかには何かしらの原因があり、髪の毛がなかなか伸びないという場合もあります。ヘアスタイルを早く変更したいのに、なかなか髪の毛が伸びないとなると、そのことがストレスにもなってしまうでしょう。

また、ヘアスタイルを思い切って変更し、美容師に行き、出来上がりのヘアスタイルを見たら愕然とすることもあるでしょう。なぜこんなヘアスタイルにしようと思ったのだろうと後悔することになり、早く髪の毛を伸ばしたいと思います。

しかしそう願っても、伸びない人はなかなか髪の毛は伸びないものです。その似合っていないヘアスタイルで四六時中過ごさなければならないため、ため息も多くなってしまいます。このようにヘアスタイルを失敗した時などに、髪の毛を早く伸ばす方法はないのでしょうか。

【2019.6月最新版】少しでも早く髪の毛を伸ばすためのシャンプーTOP5!

髪の毛が伸びない原因とは

髪の毛が伸びない人と伸びやすい人が世の中にはいるのですが、体質の差以外で、なぜこのような差が出てきてしまうのでしょうか。実はそこには、様々な要因が考えられます。

ヘアスタイルを早く改善したい時になかなか髪の毛が伸びないとなると、かなり厄介です。そのため、早くヘアスタイルを改善するためにも、髪の毛が伸びない原因を探し出し、解決していく必要があります。

ヘアスタイルの変更で髪の毛を短く切ってしまったら、早く伸ばすしか、ヘアスタイルを変える手段はありません。そのためには、髪の毛が伸びない原因を探すことが大切ですので、様々な原因の中から自分の髪の毛が伸びない原因と思われるものを探していきましょう。

では、髪の毛が伸びない原因として考えられるものを紹介していきたいと思います。

【髪の毛が伸びない原因①】生まれつき

髪の毛が伸びない原因としては、生まれつき、という原因が考えられます。

髪の毛が伸びるスピードは個人差があります。これはその人によって決まってくるものですので、なかには生まれた時からなかなか髪の毛が伸びないという人もいるのです。

このような人は、生まれつき髪がなかなか伸びないものです。そして家族もそうである場合が多いため、自分ではわからないということであれば、家族に確認してみても良いでしょう。

自分の髪の毛が伸びるスピードは、意外と知らない人が多いです。ヘアスタイル変更に失敗してから気付くという人が多いため、かなり焦ってしまうことになります。注意しておきましょう。

【髪の毛が伸びない原因②】切れ毛の量が多い

髪の毛が伸びるのが遅い原因としては、切れ毛の量が多い、という原因がある場合もあります。

切れ毛が多くなってしまうと、せっかく途中まで生えた髪の毛が途中で寸断されることになるため、髪の毛が伸びていても、実際には長くならないということになってしまいます。髪の毛が伸びるスピードが遅いのではなく、途中で切れてしまっているのです。

特にヘアスタイルを何度も変えるという人は、切れ毛が多いものです。何度も縛ったり、編んだりしていると、髪の毛にダメージが蓄積してしまい、最終的には切れてしまいます。髪にダメージを与えるようなヘアスタイルをすると、長時間、髪の毛に力がかかるため、髪の毛も切れてしまいやすくなるのです。

また、ヘアスタイルを変える際に、ヘアアイロンやパーマ、カラーリングなどをすることにより、髪の毛がダメージを受けてしまうことも多いです。髪の毛が伸びるのが遅いと悩んでいるのであれば、ヘアスタイルを頻繁に変更するのはやめておきましょう。

■参考記事:髪を乾かさないで寝るとどうなる?コチラも参照!

髪を乾かさないで寝るリスクは?乾かす方がいいの?【徹底解説】

【髪の毛が伸びない原因③】栄養不足

髪の毛が伸びない原因としては、栄養不足、という原因も考えられます。

ヘアスタイルを変更したい人は髪の毛が伸びるのが遅いとイライラしてしまいますが、その原因はそもそも自分にある可能性もあります。髪の毛が伸びるのが遅いのは、もしかしたら、髪の毛を作る栄養分が足りていない可能性もあるからです。

髪の毛はたんぱく質を元に作られます。さらにビタミンや亜鉛というものも必要になってくるため、このような栄養素を摂取していないと、髪の毛が伸びるスピードが遅いという状態になってしまうのです。

正常な状態で突然、髪の毛が伸びるスピードが遅いという状態になることはありません。そこには何かしらの原因が必ずあり、多くの場合、髪の毛に正しく栄養素が行き届いていないということが原因となります。注意しておきましょう。

【髪の毛が伸びない原因④】血行不良

髪の毛が伸びるスピードが遅い原因としては、血行不良が原因の場合もあります。

髪の毛が伸びるスピードが遅いとうことは、髪の毛に栄養が行き届いていないということになるのですが、必要な栄養素をしっかりと摂っていても、髪の毛が伸びるスピードが遅いということがあります。そのときは、血行不良が原因である場合も多いです。

髪の毛は毛細血管を流れる血液から栄養を受け取り成長していきます。食べたものの栄養はこのようにして、髪の毛に与えられていくのです。しかし、血行不良になってしまうと、髪の毛には栄養が行き届かないということになってしまいます。

その結果、髪の毛が伸びるスピードが遅い、という状況が発生してしまうのです。どれだけ栄養をとっても、その栄養が髪の毛に届かないと、髪の毛が伸びるスピードは遅い状態になってしまうため、注意しておきましょう。

【髪の毛が伸びない原因⑤】ダイエット

髪の毛が伸びるスピードが遅い原因としては、ダイエットが原因の場合もあります。

髪の毛が伸びるスピードが遅いのは髪の毛に栄養が渡っていないことが原因であることも多いのですが、ダイエットのせいで栄養が髪の毛に行き届いていない可能性もあります。

ダイエットをしていると、人にもよりますが、なかにはかなり食事量を減らす人もいます。さらにその上で筋力トレーニングをしている人もいるでしょう。髪の毛を生成する栄養分はたんぱく質です。たんぱく質は筋肉を生成するために必要な物質でもありますので、ただでさえ摂取するたんぱく質が少ない状況で、筋力トレーニングをするとなると、髪の毛を生成するためのたんぱく質がなくなってしまいます。

体は髪の毛よりも、筋肉を修復することを優先するものです。実際に筋肉がムキムキの人などは、髪の毛が薄くなっていることが多くあります。そのような人は男性ホルモンなども影響しているのですが、髪の毛が伸びるスピードが遅いということであれば、たんぱく質が足りていないということが原因であることも多いため、ダイエットには十分に注意しておきましょう。

【髪の毛が伸びない原因⑥】ストレス

髪の毛が伸びるスピードが遅い原因としては、ストレスが原因である場合もあります。

仕事などでストレスが溜まっているという人も多いでしょう。ストレスが溜まると、人間の体の中にある自律神経が乱れてしまいます。ただそれだけであれば、髪の毛が伸びるスピードが遅い状態になることはありません。問題はそれにより、成長ホルモンの量が減ってしまうということです。

成長ホルモンは若い人だけが持っているものというイメージがありますが、大人になっても若いときほどではありませんが、成長ホルモンが分泌されます。その成長ホルモンは髪の毛を生成するために大切な物質ですので、これがないと髪の毛が伸びない、という状態になってしまうのです。

ストレスは頭皮トラブルを引き起こす原因にもなりますので、髪の毛が伸びない原因を様々生み出してしまいます。充分注意しましょう。

【髪の毛が伸びない原因⑦】睡眠不足

髪の毛が伸びない原因としては、睡眠不足が原因である場合もあります。

髪の毛を成長させるための成長ホルモンは、眠っている間に分泌されるものです。そのため、睡眠時間が少ない場合、成長ホルモンが充分に分泌されず、髪の毛が伸びない、という状態になってしまうことがあります。

また、睡眠の質が悪くても同じことが起きるため要注意です。眠っている途中に何度も起きてしまうような浅い睡眠は、質の良い睡眠とは言えないため、このような場合も髪の毛が伸びないというようなことが発生してしまいます。

睡眠不足は病気などを引き起こしてしまうため、髪の毛が伸びないという意味だけでなく、注意しておくべきことです。自分の体のためにも、しっかりと睡眠はとるようにしましょう。

髪の毛が伸びない原因は病気?

髪の毛がなかなか伸びないとなると、もしかして自分は病気なのでは、と心配になってしまう人もいます。

確かに髪の毛がなかなか伸びないようになる病気は存在します。下垂体機能低下症や甲状腺機能低下症というような病気です。これらの病気はホルモンの分泌量が減ってしまう病気ですので、その影響によって、髪の毛がなかなか伸びないようになってしまいます。

ただ、確かに病気の可能性はありますが、髪の毛がなかなか伸びない原因が病気ということはほとんどありません。多くの場合は、生活習慣や切れ毛などが原因ですので、いきなり病気を疑う必要もないでしょう。

もしも髪の毛が伸びない以外にも、体調が悪いということがあるという場合は、病気を疑ってみるのも良いと思いますが、そうでない限りは、病気以外の原因を探りましょう。どうしても病気が心配な人は、病院で検査してみてください。

髪の毛が伸びない!伸ばす方法を知ろう

髪の毛がなかなか伸びない場合、病気以外の要素が原因であれば、大抵の場合、自分で髪の毛を伸ばす方法を実行することで対応できます。さすがに病気は自分で対応できないため、病気の場合は医師の指示に従ってください。

髪の毛が伸ばす方法を実行すれば、なかなか髪の毛が伸びないという人でも、ある程度、髪の毛が伸びるスピードを上げることができます。

ただし、髪の毛が伸びない原因に合った、髪の毛を伸ばす方法がありますので、自分の原因に沿っていない髪の毛を伸ばす方法を実行しても意味はありません。そこを間違えてしまうと何の意味もないため、そこだけは注意しておきましょう。

ではさっそく、髪の毛がなかなか伸びないという人が、髪の毛を伸ばす方法を紹介していきましょう。

【髪の毛が伸びない!伸ばす方法①】三大栄養素を摂る

病気以外の原因で髪の毛が伸びない人が髪の毛を伸ばす方法としては、三大栄養素をしっかりと摂るという方法があります。

髪の毛を伸ばすためには、栄養素をしっかりと摂取するということが必須です。髪の毛は食事から得られる栄養素によって作られるため、当然でしょう。そして、髪の毛を生成するために重要な栄養素と言われている、三大栄養素というものが存在します。たんぱく質、ビタミン、亜鉛です。

たんぱく質は髪の毛の主成分となる栄養素ですので、必要なのは当然でしょう。ビタミンは頭皮環境を整えてくれる栄養素ですので、髪の毛が生える環境を整えるために必要な栄養素となります。亜鉛はたんぱく質を髪の毛として生成する際に必要となる栄養素ですので、これも重要です。

この三大栄養素が髪の毛を生やすためには重要な栄養素となりますので、これらを意識して、食事をするようにしましょう。そうすることで、髪の毛がなかなか伸びないという状態を改善することができます。

【髪の毛が伸びない!伸ばす方法②】質の良い睡眠を取る

髪の毛がなかなか伸びない場合、質の良い睡眠を取る、という方法を取ることで、髪の毛を早く伸ばすことができます。

髪の毛が成長するためには、成長ホルモンが分泌されるということが大切になってきます。睡眠中に成長ホルモンは分泌されるため、質の良い睡眠を取ることが、髪の毛を早く生やす方法として有効になるのです。

質の良い睡眠を取るためには、就寝の一時間前から注意しておく必要があります。特に、タブレットやパソコン、テレビなどには注意が必要です。これらのものから発せられる光には、人を興奮させる効果があります。そのため、就寝の一時間前からはこのようなものを見ないようにしましょう。

質の良い睡眠を取ることができれば、病気をしない体を作ったり、疲れを取ることができたりと、様々な良い効果を得られます。髪の毛を早く伸ばす方法としてだけではなく、健康にも良い方法ですので、ぜひ実行してみてください。

【髪の毛が伸びない!伸ばす方法③】ストレス解消する

髪の毛がなかなか伸びないという人が髪の毛を早く伸ばす方法としては、ストレス解消をする、という方法もあります。

ストレスも髪の毛が伸びない原因になるものです。しかしストレスは生きていれば必ず誰もが感じるものでしょう。仕事や人間関係などで、必ずストレスは発生してしまいます。そのため、これを感じないようにするというのは、現実的な方法ではありません。

そこで重要になってくるのは、溜まったストレスを解消できるかどうかということです。誰にでもストレスに耐え得る力が存在しますので、ストレスは溜め過ぎなければ体に害を及ぼすことはありません。そのため、ストレス解消をすることが大切になってきます。

ストレスを解消する方法としては、大声を出す、という方法が簡単に行えるストレス解消の代表です。実行してみましょう。

【髪の毛が伸びない!伸ばす方法④】運動をする

髪の毛が伸びないという場合、運動をする、というのも良い方法です。

運動をすれば、血行促進効果も得られますし、ストレス解消にもなります。さらに成長ホルモンを分泌させるためにも良いですし、質の良い睡眠も取れやすくなるため、髪の毛を生やすために様々な良い影響を与えてくれるのです。

運動自体は何を行っても良いのですが、注意点としては有酸素運動を疲れ過ぎない程度に行うということです。無酸素運動を筋肉痛になるほど行ってしまうと、髪の毛を生成するたんぱく質が、筋肉を修復するために使用されてしまいます。

また、過度な運動はストレスにもなるため、疲れが翌日に残らない程度の運動を毎日行うという方法を取ったほうが良いのです。健康のためにも運動は欠かせないものですので、健康を守るという意味でも、実行してみましょう。

【髪の毛が伸びない!伸ばす方法⑤】トリートメントをする

髪の毛が伸びない場合、トリートメントをすることで、髪の毛が伸びない状態を改善できる可能性があります。

髪の毛が伸びない原因は、切れ毛が多過ぎることが原因である場合もあります。切れ毛は髪の毛にダメージを与える、ヘアスタイルの頻繁な変更や、パーマ、カラーリングなどによって発生してしまうものです。

トリートメントは髪の毛の表面にバリアを作るような状態にすることができるため、外部からの刺激を受けても、髪の毛自体が受けるダメージを減らすことができます。そのため、トリートメントをすることにより、切れ毛を減らすことができるのです。

トリートメントは切れ毛だけでなく、くせ毛の発生を減らしたり、髪の美しさを保つというような効果があります。女性にとっては大切なことですので、必ず行うようにしましょう。

【髪の毛が伸びない!伸ばす方法⑥】摩擦で傷めない

髪の毛が伸びない場合、摩擦で髪の毛を傷めない、というのも大切なことです。

髪の毛は多くの場合、摩擦によってダメージを受けてしまいます。髪の毛を縛ったり、編みこんだときに発生する摩擦やかかる圧力などが原因です。そのため髪の毛に負担がかかる行為を減らすことで、切れ毛を減らし、髪の毛が伸びないという状況を打破することができます。

髪の毛に負担がかかる行為としては、他にも髪の毛をバスタオルなどで拭くという行為が挙げられます。また、シャンプーのときに髪の毛同士をこすり合わせるのもNGです。

このような行為をやめることで、髪の毛に負担がかからなくなり、切れ毛を減らすことができます。髪の毛が生えるスピードが早くなったような感覚を得られるため、試してみましょう。

【髪の毛が伸びない!伸ばす方法⑦】正しいドライヤーの使い方

髪の毛が伸びない人が髪の毛を伸ばす方法としては、ドライヤーのかけ方に注意する、という方法もあります。

ドライヤーのかけ方は間違えてしまうと、かなり髪の毛を傷めてしまいます。多くの切れ毛はドライヤーをかけるときに発生するものですので、この方法を改善することにより、かなりの切れ毛を減らすこともできるのです。

まず注意するべき点は、ドライヤーをかけるときに髪の毛をゴシゴシとしないということです。髪の毛を乾かしやすくなりますが、そのせいで摩擦によって、髪の毛には大きなダメージが与えられてしまいます。多くの人が間違ってやっているため、注意しておきましょう。

また、熱風を同じポイントに長く吹かせ過ぎるのもNGです。熱により、髪の毛は大きなダメージを受けてしまいます。ドライヤーはある程度、距離を離してから、髪の毛にあてるようにしましょう。そうすることで、ダメージを減らすことができます。

■参考記事:髪の正しい乾かし方をチェック!コチラも参照

髪の乾かし方次第で美髪を作れる!正しい髪の乾かし方を知ろう

【髪の毛が伸びない!伸ばす方法⑧】パーマやカラーを減らす

髪の毛が伸びないと悩んでいる人は、パーマやカラーリングを減らす、という方法を取るのも大切なことです。

髪の毛を早く伸ばしたいという人は、ヘアスタイルの変更に失敗した人が多いため、その失敗を補うために、パーマやカラーリングをすることも多くなります。それで何とか、失敗した髪型を誤魔化そうとするのです。

しかしパーマやカラーリングは髪の毛にとっては大きな負担です。そのため、頻繁に行うと、切れ毛を増やすことになり、結果的に髪の毛が伸びるのが遅くなってしまいます。

パーマやカラーリングと、髪の毛が早く伸びるということ、どちらを選ぶかということになりますが、とにかく早く伸ばしたいということであれば、パーマやカラーリングは控えるようにしましょう。そうすることで、髪の毛を早く伸ばせるようになります。

【まとめ】髪の毛が伸びない原因は自分にある

髪の毛が伸びない場合、大抵の原因は自分にあります。逆に言えば、その原因さえ排除できれば、髪の毛が伸びない、という問題は解決できるということです。努力次第でどうにでもすることができるため、髪の毛を早く伸ばしたいのであれば、努力するようにしましょう。

もっと髪の毛に関する情報を知りたいアナタへ!

髪の毛が伸びる速さは?1ヵ月で髪はどれくらい伸びる?
髪の毛が抜ける原因と対策!量や本数はどれくらい抜けると要注意?
髪の手入れの方法!毎日のケアで髪がツヤツヤに!【美髪】
髪がボサボサする原因は?へアケア方法のポイントも解説します!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ