おりものが黄色なのは病気かも!注意すべき症状とは?

おりものというのは女性の健康の重要なバロメーターですが黄色になった時には、どんな原因隠れているのでしょうか?!黄色いおりものは病気のサイン?この記事では女性なら誰でも気になる黄色いおりもの注意するべき原因と症状についてお伝えします。

おりものが黄色なのは病気かも!注意すべき症状とは?のイメージ

目次

  1. おりものが黄色!これって病気なの?!
  2. おりものが黄色!そもそもおりものとは何?
  3. おりものが黄色!正常なおりものの状態は生理周期で変わる!
  4. 【おりもの状態①】生理の直後
  5. 【おりもの状態②】卵胞期
  6. 【おりもの状態③】排卵期
  7. 【おりもの状態④】黄体期
  8. 【おりもの状態⑤】生理前
  9. おりものが黄色くなるのは病気!その原因とは?
  10. 【おりものが黄色くなる原因①】クラミジア感染症
  11. 【おりものが黄色くなる原因②】子宮内膜炎
  12. 【おりものが黄色くなる原因③】卵管炎
  13. 【おりものが黄色くなる原因④】淋病
  14. 【おりものが黄色くなる原因⑤】トリコモナス膣炎
  15. 【おりものが黄色くなる原因⑥】膣内の異物
  16. 黄色のおりものは妊娠に影響があるの?!
  17. 黄色いおりものが出たらすぐに病院へ!
  18. おりもの色の異常は黄色以外にも!
  19. 【黄色以外のおりものの異常①】水っぽい
  20. 【黄色以外のおりものの異常②】ボソボソしている
  21. 【黄色以外のおりものの異常③】ピンクや茶色
  22. おりものは健康のバロメーター!黄色以外にもチェックを!!

おりものが黄色!これって病気なの?!

女性の体というのは、生理の周期によって、身体の状態が大きく変化していくものです。

その中で、特に大きな変化が見られるのが、おりものの状態です。

おりものというのは、女性に特有の現象ですよね。婦人科系の異常があると、まず真っ先におりものに異常が出ると言ってもいいくらいです。

ある意味ではおりものというのは、女性の体にとってはとても大切な健康のバロメーターになると言ってもいいもので、トイレに行くたびに、しっかりと色や臭いなどのおりものの状態を確認して、色や臭い何か異常を感じたらすぐに婦人科に相談することが大切ですよね。

yu0517yuさんの投稿
24174995 148226809140545 1710720550994706432 n

そんな、女性の体にとって大切なおりものですが、病気のサインとなる変化には、臭いの他に色があります。

特に、黄色のおりものが出た時には要注意だと言われていますが、黄色のおりものが出たときには一体どのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

この記事では、健康なおりものの状態と、黄色のおりものが出る原因と対処法についてみていきたいと思います。

kukipants.officialさんの投稿
23596397 525365831179414 1217408737749237760 n

おりものが黄色!そもそもおりものとは何?

黄色いおりものが出ると、何らかの病気の可能性を考えて受診しなければいけませんが、そもそもおりものというのはどういったものなのでしょうか。

おりものというのは、女性にとっては、無臭の時もありますが、時に少し臭いも気になり、下着を汚すこともあり、場合によっては、生理でもないのにおりものシートを使わなければいけないこともある、ちょっと面倒臭い厄介なものです。

しかし、おりものというのは女性の体にとってとても大切な役割を果たしてくれているものなんです。

hiziri_zerogouさんの投稿
24274721 135750527133646 5631512684169003008 n

おりものの正体というのは、子宮頚管や、膣から分泌される分泌液がまざって身体の外に流れ出てくる分泌液になります。

基本的に無色透明から白濁した感じで、無臭か少しつんとした臭いがします。

この分泌液があることで、膣の中が乾燥するのを防いで、粘膜を守って、膣から細菌が侵入することを防いでくれています。

またおりものには妊娠を手助けするという大切な役割もあります。排卵の時には、精子が入ってきやすい状態を作ってくれて、妊娠の手助けをしてくれるので、妊娠したい女性にとってはとても大切なものになります。

audible1996さんの投稿
24254245 501093083592842 1126152438034726912 n


◆関連記事:おりものが黄緑な場合はこちらをチェック

おりものが黄緑なのは病気?無臭でも気をつけて!

おりものが黄色!正常なおりものの状態は生理周期で変わる!

おりものが黄色になった時には要注意だと言われますが、それでは、正常なおりものの状態というのはどのようなものなのでしょうか。

生理前や生理の後、生理と生理の間の排卵期で色や臭いや量、粘りなどおりものの状態は大きく変わってきます。

生理前などの正常なおりものの色や臭い、粘りの状態がわからないと、どうして黄色いおりものが出たときに注意しなければならないのか、その理由がよくわからなくなりますよね。

yoko_kozukiさんの投稿
20968993 886119638203316 455055513042812928 n

ということで、ここからはまずは正常なおりものの状態についてみていきたいと思います。

おりものの状態というのは、生理周期で大きく変わってくるので、生理前や整理後、排卵期などで大きく色や臭いなどの状態が変わってきます。

生理前や排卵期などそれぞれの時期に、どのような状態なのが正常なのか、それぞれ見ていきましょう!

babyvvvnmさんの投稿
24175682 151405672253401 4722948735368167424 n

【おりもの状態①】生理の直後

bingshan_wuさんの投稿
15803153 1427465667552709 5429826448787505152 n

生理が終わった直後のおりものは、生理周期の中でも一番量が少なくて、粘りもなくさらっとした状態です。

しかし、生理の経血の最後の残りがおりものにまざることもあって、茶色っぽい色をしていることもあります。

臭いは経血が混じっているためか、無臭ではなく多少臭いと感じることもあります。

immurasakaiさんの投稿
24273924 1998876653461360 1324590501319409664 n

【おりもの状態②】卵胞期

生理が終わると、生理周期では排卵に向けた卵胞期という期間に入ります。

卵胞期というのは、卵子を作るために必要な卵胞が成長していく時期で、子宮内膜が厚くなっていく時期です。

batabatuさんの投稿
24254258 772384816284288 3899756332546260992 n

生理直後というのは、おりものの量も少なく粘りもなくさらっとしたものですが、生理が終わって数日後から排卵に向けた準備が始まります。

徐々におりものの状態というのは、排卵に向けて量が増えて粘り気が出てきます。臭いは無臭からほんの少し臭いがある程度です。

rinretuさんの投稿
21435549 1331345260326907 8699718740679327744 n


◆関連記事:おりものの量が気になる方はこちら

おりものが毎日多く出るのは普通?おかしい?原因は?

【おりもの状態③】排卵期

排卵期というのは、卵巣から卵子が排出されて、妊娠の準備が整った状態になります。

生理周期の中で一番おりものの量も粘り気も増えますが、これは精子をスムーズに受け入れられるようにして、妊娠を手助けするのと、膣内の清潔を保つ必要があるためです。

satochan0529さんの投稿
23098807 887406031412936 5396969382037422080 n

おりものの状態は、透明で粘り気が強いゼリー状になることが普通です。

粘りが強くて、指にとると糸を引くほどの粘りの時もあります。

粘り気はあっても以外にも臭いはほとんどなく無臭です。

無臭から若干酸っぱい臭いがする程度です。

排卵期出血が起こる場合には、粘り気のあるゼリー状のおりものに若干血の色がまじったり、ピンクになることもあります。出血があってもほんの少量なので臭いも無臭が多いです。

しかし、出血の程度はほんの少量であれば問題はありません。

chica.keikoさんの投稿
22430382 1339254606197547 6871473079713792000 n

【おりもの状態④】黄体期

黄体期というのは、排卵が終わってから次の生理が始まるまでの期間になります。

受精卵が子宮内に着床するための期間にもなります。

臭いは無臭から若干酸っぱい臭いがする程度です。

おりものの状態は、排卵期と比べると量が徐々に少なくなっていき、粘り気もなくなって、さらりとした状態になっていきます。色は透明から徐々に白っぽくなっていきます。


【おりもの状態⑤】生理前

いったん黄体期に量が減ったおりものも、生理前になると、徐々におりものの量も増えてきます。

生理前になると、臭いも無臭から少しきつくなっていきます。

生理前の特徴としては、経血が混じり始めて、経血が混じり始めると臭いも無臭から少し臭い始めるようになります。

そのためか、生理前には若干茶色っぽくなることもあり、臭いがきつくなる理由も経血が考えられます。

生理前にはおりものの状態が黄色っぽくクリーム状になることもありますが、生理前なら多少クリーム状に黄色くなることはよくあるようです。

生理前に多少黄色くなっても、量が増えたり、臭いが無臭から悪臭にならなければ、生理前の黄色っぽいおりものは心配することはないようです。

量や臭いに変化があった場合には、病院へ行きましょう。

おりものが黄色くなるのは病気!その原因とは?

ここまで見てきたように、健康な状態のおりものというのは、透明から若干白っぽい色をしているのが普通の状態です。臭いも無臭から若干酸っぱい匂いがする程度です。

黄色のおりものが出てくることは健康な状態ではまずないと言っていいでしょう。

おりものが黄色くなっているということは、子宮か膣の中で何らかの炎症が起きて、最近やウイルスによって黄色くなってしまっていると考えられます。

とはいえ、おりものは、体の中から出てくるものです。

下着やおりものシートについてから、雑菌と混ざって乾いてしまい、黄色く変色してしまうこともないわけではありません。

病気が原因でおりものが黄色くなってしまっている場合には、黄色いおりもののほかに、かゆみや痛みなどど他の症状も伴うことが多くあります。

rirakuharikyuirohaさんの投稿
22499748 121737085166304 1700727583731089408 n

黄色いおりもののほかに、何らかの気になる症状がある時には、迷わずに婦人科を受診して、病気の検査をすることをお勧めします。

また、下着についたおりものは、正常な状態でも乾いて黄色く変色してしまうこともありますが、トイレットペーパーについたおりものは、身体の状態を正確に表しているものです。

トイレットペーパーにいつもとは違う黄色いおりものが付いた時に、無臭ではなく悪臭したり、かゆみや痛みを合った場合には、すぐに病院へ行くことをお勧めします。

それではここからおりものが黄色くなる病気にはどのようなものがあるのか、その原因となる病気についてみていきたいと思います。

【おりものが黄色くなる原因①】クラミジア感染症

おりものが黄色くなる病気には、クラミジア感染症があります。

クラミジア感染症というのは、クラミジア・トラコマチスという細菌に感染することで起こる病気です。

感染ルートは、ほとんどの場合が性交渉だということで、性感染症の中でも代表的なものとしてよく知られています。

そのために、症状が現れても、特に女性は恥ずかしいという思いから病院に行くことを迷いがちになるのですが、クラミジアにかかっている人と性交渉をすると、50%以上の確率で感染すると言われているので、二次感染、三次感染を防ぐためにも、早急に受診しましょう。

クラミジアは、潜伏期間が1週間から3週間ほどあり、自覚症状が出る前に次の相手に移してしまうということもよくあります。

kadoma_uro_yasudaさんの投稿
24126717 344453372694359 7954597259771904000 n

クラミジアに感染したときの症状としては、おりものの状態が大きく変化します。通常よりも量が増えて、黄色みが増します。

粘り気のある膿みのようなおりものが出ることもあり、臭いも無臭だったのが臭いがきつくなることが少なくありません。

下着について乾燥した時の黄色と明らかに黄色の感じが違うのが特徴です。

排尿をした時にツンとした痛みが出るときには、クラミジア頚管炎を患っている可能性があります。下腹部痛や発熱もある時には症状がかなり進行している状態となります。

検査は膣の分泌液を分析して行います。

クラミジアは自然治癒することは絶対にないので、抗生物質でクラミジア菌を退治することしか完治はありません。

しかし、完治しても再び感染者と性交渉を行えば、感染を繰り返すこともあります。

パートナーとの間でピンポン感染を繰り返すことも多いので、パートナーと一緒に治療を進めることが大切です。

【おりものが黄色くなる原因②】子宮内膜炎

おりものが黄色くなる病気には、子宮内膜炎もあります。

子宮内膜炎というのは、子宮の内側にある子宮内膜が炎症を起こしてしまう病気になります。

とはいえ、子宮内膜というのは、生理が来るたびに剥がれ落ちてしまうので、めったなことでは子宮内膜炎になることはありません。

子宮内膜炎になる原因としては、タンポンを長い間入れ続けていたり、淋病やクラミジア等の感染症が広がって、子宮内にまでおよんでしまったことが考えられます。

ayapanman.09.22さんの投稿
23498282 1170781706389461 5849907175555596288 n

感染症によって子宮内膜が炎症を起こすので、おりものの状態は量が増えて、黄色みが増していきます。

また、不正出血や排尿痛を伴い、微熱も続くことがあります。

臭いも無臭ではなく、臭いがきつくなっていきます。

子宮内膜炎の治療は、原因となっている感染症を特定して、その感染症の治療をすることになります。

原因となっている病気が完治できれば、子宮内膜炎も起こさなくなっていきます。

kirarhyさんの投稿
15275465 231230703967563 8230437617347330048 n

【おりものが黄色くなる原因③】卵管炎

おりものが黄色くなる病気には、卵管炎もあります。

子宮内膜炎に気が付かずに放置してしまうと、炎症が卵管の方にまで及び、卵管炎となってしまうのです。

卵管炎にまでなってしまうと、性交痛や下腹部の痛みを感じることもありますが、自覚症状がない場合もあります。

yuri_mapさんの投稿
15803341 1640396162930930 2587002580706000896 n

卵管炎を放置しておくと、不妊症や子宮外妊娠など、妊娠しにくくなったり、正常な妊娠が出来なくなってしまう体になってしまう可能性も高いので、注意が必要です。

卵管炎の治療も、子宮内膜炎と同じように、原因となっている感染症を特定して、治療することになります。

yuri_mapさんの投稿
16124134 105367283313945 1120626558881497088 n

【おりものが黄色くなる原因④】淋病

おりものが黄色くなる病気には、淋病があります。

淋病も、クラミジア感染症と同じく、性感染症としてとても有名な病気ですよね。

男性は淋病に感染すると症状がわかりやすく出やすいのですが、女性はなかなか自覚症状が出ないこともあり、ついつい見逃してしまいがちになるので、おりものの状態に何か変化を感じた時には、すぐに婦人科を受診することが大切です。

淋病の症状は、おりものに一番よく現れます。淋病は自覚症状がないとはいえ、体にとっては異物に感染した状態なので、おりものに黄色く膿がまじることがほとんどです。

また、臭いも無臭のおりものに悪臭がしたり、若干の出血もおりものにも出ることもあります。

m__mgさんの投稿
20393677 1873074416243341 8581809042156945408 n


淋病の治療は、抗生物質を投与して体内の菌を殺していくことが大切ですが、再発を繰り返していると、抗生物質への耐性ができてしまい、以前と同じ抗生物質が効かなくなってしまうこともよくあります。

そのために、淋病は再発を繰り返さないことがとても大切なので、治療する時には、完治するまでしっかりと治療をすることと、パートナーと一緒に治療を進めることが大切なります。

aria201606さんの投稿
17883096 1146464982130702 3453188993435303936 n

【おりものが黄色くなる原因⑤】トリコモナス膣炎

おりものが黄色くなる病気には、トリコモナス膣炎があります。

トリコモナス膣炎というのは、トリコモナス原虫という寄生虫が感染することで発症する病気です。

感染経路は、性感染によるものの他に、浴槽やプール、トイレ、下着やタオルの使い回しでも感染する可能性があります。

トリコモナス原虫というのは0.1mm程度のとても小さな寄生虫で、グリコーゲンを餌にして増殖します。女性の膣の中にはグリコーゲンが沢山含まれているために、トリコモナス原虫に感染すると瞬く間に増えてしまい、膣内のバランスを保つのに必要な常在菌に影響を与えて、多くの自覚症状を発症するようになります。

rie_isekiさんの投稿
18513332 528164447573661 4592109140880392192 n


トリコモナス膣炎を発症すると、膣の中が炎症を起こして雑菌が増えるために、おりものの状態が黄色か泡だったようなおりものになります。

感染が、尿道や膀胱の方まで広がると、尿道炎やぼうこう炎を引き起こすこともあります。

おりものが黄色くなり、臭いも悪臭が立つようになり、下腹部の痛みや局部のかゆみを感じるようになったら、すぐに病院を受診するようにしましょう。

mt_erkさんの投稿
21480147 1336973096421539 3315220401776230400 n

【おりものが黄色くなる原因⑥】膣内の異物

おりものが黄色くなる原因には、膣の中に異物が入っていることもあります。

タンポンやコンドームを膣の中に放置しておくと、雑菌が繁殖して炎症を起こしてしまい、おりものが黄色くなってしまうこともあります。

mame_btsvさんの投稿
21373487 1309344955857648 6318878605975748608 n

さらに、かゆみも伴うようになると、免疫力が低下していることを表します。

自分では、黄色いおりものやかゆみの原因がわからない場合には、とりあえず受診してみましょう。

内診した時に、タンポンやコンドームが見つかることもよくあると言われています。

mirukopurulipさんの投稿
24254516 1330636637082928 7190614271070306304 n

黄色のおりものは妊娠に影響があるの?!

ここまで見てきたように、黄色いおりものが出るということは、何らかの細菌などに感染していたり、何らかの原因によって、本来はそれほど繁殖しないはずの雑菌が大量に繁殖してしまい、炎症を起こすことでおりものの色が黄色くなってしまうことがわかりましたよね。

さて、女性の中には、そろそろ妊娠を考えたいと思っている人もいることでしょうが、黄色いおりものが出ている時というのは、妊娠に何か影響があるのでしょうか。

黄色いおりものが出るということは、膣内や子宮の中に何らかの異常があるということです。

万が一、黄色いおりものが出るような病気があるのに、妊娠が成立するということがあっても、性感染症の中には、早産や流産の危険性が高まる病気もあります。

pubicare_salonさんの投稿
24254019 137189740318120 3492454838585786368 n

また、病気の種類によっては、不妊気味になり、なかなか妊娠出来ない場合もあります。

黄色いおりものが大量に出たり、においやかゆみなど、何か異常を感じることがあったら、特に妊娠したいと考えているのであれば、早期に受診をして、その原因をしっかりと治療するようにしましょう。

また、性感染症の場合は、パートナーの間でピンポン感染をしてしまうことがよくあります。

特に妊娠したいと考えているのであれば、お互いに協力して、完治する様に努力することが大切です。

sazukari0919さんの投稿
24327492 173405669917057 3946969516461785088 n

黄色いおりものが出たらすぐに病院へ!

市販薬でも局部のかゆみの治療薬などが販売されていますよね。

しかし、黄色いおりものが出た時には、その原因となるほとんどの病気というのは、自然治癒をしたり、市販薬で治せるようなものではありません。

machamumachamuさんの投稿
24327272 1988167098129125 5149526167107141632 n


病院で、その原因に合った治療薬を処方してもらい、それをしっかりと治りきるまで服薬することが、黄色いおりものを治療するための唯一の方法となります。

黄色いおりものが出た時には、まずは病院で治療を開始することが大切です。

uka_photographyさんの投稿
24175140 1620078461387917 4824380495506702336 n

おりもの色の異常は黄色以外にも!

ここまで、おりものが黄色だったときの原因についてみてきましたが、おりものの色の異常というのは、黄色以外にもあります。

いったいどんな色のおりものが出た時に、どんな異常が考えられるのか、ここからみていきましょう!

【黄色以外のおりものの異常①】水っぽい

おりものの状態が、水っぽいおりものが出ることがあります。

通常おりものは、無色透明か若干白っぽい感じで、多少粘り気があるものです。

卵胞期に出るおりものは、粘り気が少なく排卵期に比べると水っぽくてサラサラとしています。また妊娠した時にも、水っぽくさらさらしたおりものが出ることがあります。

しかし、病気になった時にも水っぽいおりものが出ることがあります。

barber46_hiroyuki.watanabeさんの投稿
12555890 508932649309276 1833336505 n

おりものが水っぽくなる原因としては、この記事でもご紹介したクラミジア頸管炎や、トリコモナス膣炎があります。

また、この他にも子宮体がんの場合も、水っぽいサラサラとしたおりものになることがあります。

おりものがいつもよりも水っぽいと感じたら、自己判断はせずに、まずは病院で診断をしてもらいましょう。

jgyejn0118さんの投稿
13188088 1393990223960322 1233770884 n

【黄色以外のおりものの異常②】ボソボソしている

ヨーグルトやカッテージチーズのような、ぼそぼそとしたようなおりものが出るときには、カンジタ膣炎を患っている可能性があります。

カンジタ膣炎というのは、カンジタ菌というカビの一種によって起こる膣炎です。

性感染症だと勘違いしている人も沢山いるのですが、カンジタ菌というのは私たちの体にいつでもいる常在菌の1つなので、性感染症ではありません。

nico_oorgさんの投稿
14717575 617739501741866 9065477627325710336 n

ホルモンバランスが崩れたり、身体の免疫力が低下したりしたといった、何らかの体調の変化が起きた時に、膣内でカンジタ菌が異常繁殖をして膣カンジタが発症することがあります。

膣カンジダになってしまうと、外陰部にかゆみと、ボソボソとしたおりもが大量に出るようになります。

治療は、病院で抗真菌剤を処方してもらい治療します。抗真菌剤は、膣座薬、クリーム、飲み薬などがあり、症状などに合わせて処方してもらいます。

ktamit.iさんの投稿
17882521 641758066024779 1009351665708433408 n

【黄色以外のおりものの異常③】ピンクや茶色

おりものの色が、ピンクや茶色の場合には、出血していることが疑われます。

正常な出血としては、生理前や生理直後に、経血が若干おりものに混じることや、排卵期出血があります。

生理前後と排卵期出血以外の出血は何らかの異常による不正出血の可能性が高くなります。

snhiisosryiさんの投稿
23735584 2150637881674710 5161900856945147904 n

不正出血を起こす原因としては、子宮がんや、クラミジア頚管炎、子宮頸管ポリープなどが考えられます。

生理前や生理直後といった、おりものに血がまじるのに思い当たる節がない場合には、早急に受診しましょう!

meron0512さんの投稿
20837113 522138694798378 2371172154730348544 n

おりものは健康のバロメーター!黄色以外にもチェックを!!

ここまで、特に黄色いおりものが出るときの原因についていろいろと見てきましたがいかがでしたか。

おりものというのは、とてもデリケートな問題なので、異常を感じてもなかなか病院に行くことはできませんよね。

しかし、おりものというのはとても大切な女性の体の健康を図るためのバロメーターとなるものです。

異常を感じていても、病院に行くのが恥ずかしくて手遅れになってしまうと、不妊にになってしまう可能性もあります。

そのようなことにならないためにも、色や臭い、粘りに何か異常を感じたら、病院で検査してもらうようにすることが大切です。

nadeshiko.yuさんの投稿
23161331 127064891336997 2238936682986471424 n

もっとおりものについて知りたいアナタはこちらをチェック

【おりものの変化】妊娠超初期・着床後はおりものがどう変わる?
おりものが黒い原因と対処法!病気かもしれない?
おりものとは?おりものが体の変化のサインってほんと?

関連するまとめ

yukky777
yukky777
読者の方が知りたいと思う情報をわかりやすくお伝えできればと思っています。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ