婚活デートでの告白のタイミングは?注意点を男女別に解説!

婚活を頑張っている人も多いと思います。婚活パーティーやお見合いでこの人素敵だなと思ったら大切なのは婚活デートです。婚活デートを重ねたらいつかは告白をしようと考えますよね。今回は婚活デートでの告白のタイミングについてまとめました。婚活デートの参考にしてください。

婚活デートでの告白のタイミングは?注意点を男女別に解説!のイメージ

目次

  1. ドキドキの婚活デート
  2. 婚活デート、告白のタイミングは何回目?
  3. 婚活デート1回目・男性の注意点
  4. 婚活デート1回目・女性の注意点
  5. 婚活デート2回目・男性の注意点
  6. 婚活デート2回目・女性の注意点
  7. 婚活デート3回目・男性の注意点
  8. 婚活デート3回目・女性の注意点
  9. 婚活デート4回目・男性の注意点
  10. 婚活デート4回目・女性の注意点
  11. 婚活デート5回目・男性の注意点
  12. 婚活デート5回目・女性の注意点
  13. 婚活デート6回目以降・男性の注意点
  14. 婚活デート6回目以降・女性の注意点
  15. 婚活デートでの告白のタイミングは?まとめ

ドキドキの婚活デート

婚活のために、ネットに登録をしたり、婚活パーティーに参加している人は多いそうです。
多い人では、婚活パーティーに参加する頻度が月1なんて人もいるくらいです。
出会いが少ない現代では、珍しいことではありません。
しかし頻度の多い偶然の出会いの恋愛とは違い、ネットや婚活パーティーで出会った異性のことをどのタイミングで好きになるのかって、難しいですよね。
偶然の出会いの恋愛の場合は、相手のことを好きになってからお付き合いをしたり、連絡の頻度を増やしたりして、結婚を考えるものです。

しかし婚活パーティーなどで出会った異性との、婚活のためのデートは、相手のことが好きなのかわからない状態、ファーストインパクトだけで、デートをすることになります。
連絡する頻度も少ないですし、デートする頻度も少ないのが通常です。
お互いに探り合いをしながらのデートになる分、どのタイミングで告白をしたらいいのかも難しいと思います。
今回は、そんな婚活デートでの告白をするタイミングと注意点をまとめていきます。

婚活デート、告白のタイミングは何回目?

告白のタイミングは人それぞれで、デートの回数に決まりはありませんが、遅くても5回目のデートまでには、男性から告白をするようにしたほうが良さそうです。
デートの回数が多くなりすぎると、別の相手から告白されたり、デートの回数の頻度が少ない人であればフェイドアウトしてしまうおそれがあるからです。
もちろん婚活パーティーで相手のことが好きになったのであれば、回数など関係なく、1回目のデートで告白をしても全く問題はありません。
しかし注意をしなくてはいけないのが、偶然の出会いの恋愛ではないという点です。

婚活デートでの告白は、将来的に結婚をするという前提での告白になります。
偶然の出会いの恋愛であれば、好き嫌いで告白をしても、イコール結婚をしなくてはいけないものではありません。
しかし婚活デートの場合は、告白イコール結婚だと思って間違いがありません。
もちろん結婚の話を進めていく中で、何かしらのトラブルが起こって、会う頻度が減ってしまい破断になることもありますが、基本的にはお互い結婚するつもりで婚活パーティーに参加して、婚活デートをしている以上、告白をする時にはそれなりの覚悟が必要だということを忘れてはいけません。

婚活デート1回目・男性の注意点

婚活デートの1回目で男性が気を付けなくてはいけないのは、女性の話を聞いてあげるということです。
婚活パーティーの時や、お見合いなどの時には短い時間しかお互いの話をしなかったと思いますが、基本的に女性はおしゃべりです。
相手の話を聞くよりは、自分の話をしたいと考えることが多いのは事実です。
またあまり自分のことばかり話しすぎると、女性は「自分にはあまり興味がないのかも」と思ってしまうかもしれません。

2人でご飯を食べる時には、1回目の婚活デートでは男性が奢ってあげるほうが良さそうです。
今の世の中、女性も働いていることが多いので、割り勘でいいんじゃないか、という人もいると思いますが、1回目から女性と割り勘にする男性はモテません。
できれば、告白をするまでは男性が奢った方が良さそうですが、少なくとも1回目の婚活デートでは男性が食事を奢るようにしましょう。

もしも1回目の婚活デートで告白をする場合は、あまり相手のことがわかっていない状態で告白をすることになります。
自分が相手のことをわからないということは、相手も男性のことがわからない状態で告白されることになります。
知らない相手のことを好きになれるのか不安に思って、振られてしまうことがあるというデメリットも理解をしておきましょう。

婚活デート1回目・女性の注意点

1回目の婚活デートでの女性の注意点は、まずは相手が一緒に居て楽しめる相手かを見極めることです。
女性のほうが男性よりも、結婚に関しては前向きで現実的に考えているところがあります。
そのため、ついつい男性を質問攻めにしてしまう傾向があるようです。
仕事内容は、どれくらいの収入があるのか、結婚後の住居はどうなるのか、親との同居はあるのか。
もちろん、いずれは聞かなくてはいけないことですが、1回目の婚活デートから矢継ぎ早に質問をしてしまうと男性はびっくりしてしまいます。

意外なことに、男性のほうがロマンチックなところがあるので、あまり現実的な話はしないほうがいいでしょう。
ただどうしても気になる1点を今日は聞こう、というぐらいならいいと思います。
会話で、家でご飯を食べるという話になった時に、「結婚したら同居のほうがいいですか?」とさらっと聞いてみたりすれば、それほど重い会話にならずにすみます。
また1回目の婚活デートで、相手と連絡先を交換することがあると思います。
もしも2回目はないな、と思った時には連絡先を交換しないほうがいいでしょう。
婚活デートは、お互いに結婚を前提に付き合う相手を探している場所です。
ヘタに相手に期待を持たせてしまうのは、逆に相手に失礼です。

■参考記事:婚活に焦りは禁物!

婚活地獄に堕ちやすい女性の特徴!抜け出して幸せを掴む方法とは?

婚活デート2回目・男性の注意点

婚活デートの2回目は、2回目があるということは、ある程度お互いに興味がある、という状態での2回目の婚活デートになります。
女性のほうも、男性に興味があるということは、少し結婚に対して自分がどう思っているのかを、女性に伝えておくと、女性も将来のことを考えることができるでしょう。

具体的には、2回目の婚活デートで聞いておきたいのは、いつごろ結婚したいと考えているのか、結婚したら同居するのか別居なのか、どこに住むのか、女性の仕事は続けてもいいと考えているのか専業主婦になってほしいのか、などです。
「あなたの事が気になっているので、将来の話をしたいのですが」という前提で、しっかりと向き合って話をしてもいいと思いますし、ドライブをしながらなど、何かをしながらお話をしても問題ありません。
あなたがこうしたいと思っている将来像と、女性の将来像が違う場合、もしかしたら振られてしまうかもしれませんが、考え方が違う人と長くお付き合いをするほうが時間の無駄だと考えるようにしましょう。

婚活デート2回目・女性の注意点

2回目のデートで女性が注意したい点は、相手が結婚に対してどう思っているのかをしっかりと聞いておくという点です。
できれば2回目の婚活デートで男性のほうから結婚に対する考え方を話してもらえるとありがたいのですが、そういう話が苦手な男性もいます。
ですが例えば女性はすぐにでも結婚したいと考えているのに、男性のほうは1年ぐらいじっくりと付き合ってから結婚を考えたいと思っているかもしれません。

その時点で、2人の結婚観がかなり違うのがわかりますよね。
そんな話をしたら、結婚を焦っていると思われるから恥ずかしい、なんて思うかもしれませんが、そもそも結婚するために、婚活デートをしているのです。
逆に結婚の話をしないほうが不自然です。
恥ずかしいなんて考えないで、2回目のデートでは、しっかりと相手の結婚観を聞いておきましょう。
2回目の婚活デートで相手の結婚観を聞いた上で、場合によっては両親と話をしなくてはいけないこともでてくるかもしれません。
告白をOKした後で、そんな話は聞いていなかった、なんてことがないようにしましょう。

婚活デート3回目・男性の注意点

3回目の婚活デートでは、できれば告白するかどうかを決めておけるといいですね。
1回目では相手とのフィーリングを、2回目で結婚観を確認できたら、3回目は告白をするだけです。
3回目の婚活デートでの告白は、通常男性からするものだそうです。
偶然の出会いの恋愛であれば、男性から告白しても女性から告白してもいいものだと思いますが、婚活デートをする女性の多くは奥手の女性が多いものです。
相手のことが好きだな、と思っていてもなかなか告白ができないから、結婚もできないのです。

男性も告白をするのが苦手な人もいるかもしれませんが、ここは勇気を出して告白をしてみてください。
ただし3回目の婚活デートだからといって、必ずしも告白をしなくてはいけないものでもありません。
まだ相手との相性がよくわからない、と男性の中でモヤモヤしたものが残っているのであれば、相手に質問をしてスッキリとしてから次の婚活デートで告白をしてもかまわないと思います。
ただし3回目の婚活デートでの告白を逃すと、相手が素敵な人である場合、もしかしたら婚活パーティーで知り合った別の誰かに先に告白をされてしまう場合もあります。

婚活デート3回目・女性の注意点

3回めの婚活デートで女性が注意をしなくてはいけないのは、3回目の婚活デートでは告白をされるかもしれないという気持ちでのぞむことです。
もしも回数を重ねてお会いしてみて、どうも自分とは会っていないと思う相手であれば、3回目以降の婚活デートはするべきではありません。
3回目もお会いするということは、相手からすれば自分に好意があると感じています。
なんとなく、断るのも悪いと思って誘われるままにデートをするのは良くありません。

婚活パーティーで知り合った場合、同時期に違う男性からもアプローチを受けている可能性もありますよね。
もし天秤にかけているのであれば、この段階までにどちらの男性と付き合うのかを決めておくべきです。
4回目、5回目と回数を重ねていくのは、どちらの男性にも失礼になります。
もしも告白されたとき、あなたがまだ相手のことがよくわからなくて、どう返事をしたらいいかわからないのであれば、無理にOKともNOとも返事をする必要はありません。
ただしどうして返事ができないのかを相手に伝える誠意は必要です。
例えば、まだ結婚観についてお互いに話をしていないからとか、順番が前後してしまうけれど、ご両親に会ってから決めたいとか、何かしら女性の中で気になる点があるからこそ、告白に対してOKができないのだと思います。
最初に書きましたが、告白をOKしたイコール結婚へ進むということになります。
後から後悔しないように、しっかりと相手と向き合うようにしましょう。

婚活デート4回目・男性の注意点

4回目の婚活デートでの男性の注意点は、そろそろ女性に告白するかどうかを決断することです。
だいたい3回目のデートで、お付き合いをするかどうするかを決める男性が多いので、4回目のデートまで引っ張られるというのは、女性からすると相手が何を考えているのかわからない状態です。
もしも男性の方で、女性に対して何か聞きたいことがあるのであれば、嫌われるかもとか、恥ずかしいという気持ちは捨てて、4回目の婚活デートではしっかりと話を聞く必要があります。

男性がいいにくいことは、両親との同居や、女性の仕事に関することが多いようです。
しかし結婚を前提にお付き合いをする以上、その話は避けて通ることができません。
あいまいにしたまま、お付き合いをしても、結局その点でお別れすることになっては意味がありません。
女性との結婚で気になる部分は、4回目の婚活デートでしっかりと話し合いをして、告白をするのかどうかを決めましょう。

婚活デート4回目・女性の注意点

4回目の婚活デートは、女性にとっても大切なデートになります。
大抵の場合、3回目で告白になるものですが、4回目まで告白をされないということは、何かしら男性が女性に不安に思う点があるということです。
もしも女性が男性に好意を持っているのであれば、4回目の婚活デートでその気持ちを素直に伝えてもいいかもしれません。
「私はあなたとの、結婚を前向きに考えているのですが、あなたはどうですか?」と逆に告白をしてしまってもいいと思います。

男性も4回目も婚活デートに誘ってくれるということは、少なからず女性に好意があるはずです。
もしも気になっているところがあるのなら話して欲しい、と女性から男性に話をふることで、男性が何で告白を躊躇っているのかを知ることができると思います。
男性ももしかしたら、婚活パーティーで知り合った何人かの女性と同時期にお付き合いをしている可能性もあります。
お付き合いをしている女性が多いために、4回目の婚活デートでも告白ができないという可能性もあります。
そんな男性は嫌だと思えば、あなたからサヨナラをすることも問題ありません。

■参考記事:4回目のデートまで進展なし…、どうすればいい?

4回目のデートは脈なし?男性が4回目のデートに誘うのはなんで?

婚活デート5回目・男性の注意点

5回目の婚活デートまでには、男性は告白をするようにしたほうが良さそうです。
回数は関係ないとは書きましたが、5回目までには心を決めましょう。
1週間に1度デートをしたとして、5回目のデートはだいたい婚活パーティーから1ヶ月以上経過していることになります。
偶然の出会いの恋愛の場合、デートをするというのはお付き合いをしているからデートをしているわけですが、婚活パーティーやお見合いの後の婚活デートは、お付き合いをしているデートではありません。
だからこそ、男性も女性も何人とデートしていても浮気にはならないのです。

逆に言えば、そういう男性なのかもしれないと女性は思い始めるころです。
特に好きでもないのに、キープされているのかもしれないと考えるようになるでしょう。
5回目の婚活デートで男性から告白が無い場合、女性はたいてい相手を諦めて、違う男性とお付き合いをしようと考えるようです。
相手に好意をもっているけれでも、何かの理由で女性に告白ができないのであれば、正直にそれを女性に伝えるようにしましょう。

婚活デート5回目・女性の注意点

5回目の婚活デートでの女性の注意点は、この婚活デートを続けるか続けないかを見極めることです。
回数は関係ないかもしれませんが、5回目でも何もないのであれば、この先も何もないかもしれません。
会う頻度を落としたり、別の人と会う頻度を増やしてもいいかもしれませんね。
もしもあなたが男性に好意をもっているのであれば、男性からの告白がなければ女性から告白をしてしまってもかまいません。
もしも男性から告白がなく、あなたも告白をする勇気を持てなかった場合、これ以降もその相手と婚活デートを続けるかどうかを真剣に考えましょう。

婚活パーティーで出会ってから、1ヶ月以上たっても前に進まないというのは、相性が悪いのかもしれません。
2ヶ月3ヶ月と伸びていくことに、問題がなければその男性とのデートを続けてもいいとは思いますが、別の婚活パーティーなどに参加して、違う相手を見つける、という方法も検討すべきです。

婚活デート6回目以降・男性の注意点

6回目以降の婚活デートは、どのタイミングで告白するのかを、自分でしっかりとした予定を立てることです。
例えば、この質問ができたら告白しよう、など目標があるといいでしょう。
5回目の婚活デートを過ぎてしまうと、正直に言ってしまうと、告白するタイミングを逃してしまっています。
相手から会う頻度を減らされてしまう可能性もあります。
女性も、もしかしたら何でも話せる友達、くらいにしか思っていない可能性もあります。
それでもいつか告白しようと思っているのであれば、6回目の婚活デートの前までに、いつ告白をするのか自分でリミットを決めるべきです。

ダラダラと婚活デートの回数を重ねることは女性に対しても失礼です。
もしも男性のほうも、その女性とは友達にはなれるかもしれないけれど、恋愛対象にはならないと思っているのであれば、そのように伝えてしまうべきです。
それで女性が離れていってしまうこともあるとは思いますが、6回目の婚活デートでも告白ができないということは、男性は結婚相手としてその女性を見れていないのだと思います。

婚活デート6回目以降・女性の注意点

6回目以降も、同じ男性と婚活デートをする場合は、違う男性も候補にいれておくべきです。
違う婚活パーティーへの参加の頻度を増やしてもいいですし、別の男性と会う頻度を増やしても問題ないと思います。
婚活デートの回数が6回目に入ってしまった場合、完全に告白するタイミングを逃してしまっている可能性があります。
立てなおしてくる男性もいるかもしれませんが、多くの場合フェイドアウトしていきます。
最初のうちは、お互いに知らないことの方が多いので会話も弾むと思いますが、探り合いながら会っている相手と回数を重ねて会うというのは、気を使いますよね。

6回目のデートをした後、どっと疲れがでているようであれば、女性だけではなく男性も、気疲れをしている可能性があります。
そんな状態で、婚活デートの回数を重ねてもお互いが辛いだけです。
男性からお断りが無い場合は、女性から勇気をもってお断りを入れる方法も考えましょう。

婚活デートでの告白のタイミングは?まとめ

今回は婚活デートでの告白のタイミングをまとめてみました。
偶然の出会いの恋愛とは違って、結婚が前提のデートになりますから、相手に聞きたいことも多いし、相手から聞かれることも多いと思います。
こんなことを言ったら嫌われてしまうかもしれない、というような内容もあるかもしれませんが、いずれその内容が話さなければいけないものであるなら、話しておいた方がいいでしょう。
ある程度結婚の話が進んでから、やっぱりこの人とは結婚ができない、と言われたり言ったりしたくはないですよね。
お互いの目標が同じ婚活デートであるからこそ、振られることを恐れずに、聞きたいことはどんどん聞いておくようにしましょう。

もっと婚活について知りたいアナタはこちら

36歳女性で結婚したい時は婚活しかない?顔や肌が劣化する?
33歳女性で独身なら結婚は厳しい?婚活事情を調査!
バリキャリの婚活事情!年収が高いと男にドン引きされる?
婚活での高望みってどのくらい?勘違い女にならないようにしよう!

関連するまとめ

鈴子
鈴子
最近嬉しかったこと。 1位 指輪をもらったこと。 2位 ネックレスをもらったこと。 3位 チョコジャンボモナカを1日に2個食べたこと。 頑張って体型を維持します。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ