縮毛矯正が失敗しない方法と失敗した時の対策まとめ!

縮毛矯正が失敗しない方法と失敗した時の対策について、具体的にご紹介していきます。縮毛矯正をかける女性も多いですが、失敗しないとは限りません。失敗しないための方法と、上手くいかなかった時の対応をセットで覚えておくことで、役立つこともあるでしょう。

縮毛矯正が失敗しない方法と失敗した時の対策まとめ!のイメージ

目次

  1. 1縮毛矯正が失敗しない方法
  2. 2ヘアスタイルを彩る縮毛矯正
  3. 3ストレートパーマと縮毛矯正の違いとは?
  4. 4縮毛矯正の失敗はビビリ毛につながる
  5. 5縮毛矯正失敗後のビビリ毛は直らない?
  6. 6縮毛矯正が失敗する理由とは?
  7. 7縮毛矯正が失敗する理由 セルフ縮毛矯正
  8. 8縮毛矯正が失敗する理由 技術者の力量不足
  9. 9縮毛矯正に失敗しないためにはセルフケアも重要
  10. 10縮毛矯正の失敗を防ぐ 弱酸性のシャンプーを使う
  11. 11縮毛矯正の失敗を防ぐ 髪の毛をすぐに乾かす
  12. 12縮毛矯正の失敗を防ぐ 縮毛矯正後すぐに髪をいじらない
  13. 13縮毛矯正が失敗したらセカンドオピニオンを頼る
  14. 14縮毛矯正が失敗したら髪をカットする
  15. 15縮毛矯正が失敗した時の返金制度
  16. 16縮毛矯正の施術時間
  17. 17ショートの縮毛矯正が素敵
  18. 18ボブの縮毛矯正も素敵
  19. 19縮毛矯正が失敗しないようにできることはやっておこう
  20. 20【まとめ】縮毛矯正が失敗しない方法と失敗後の対策について

縮毛矯正が失敗しない方法

女性のヘアスタイルを鮮烈なものへと変えてくれるヘアアレンジとして、縮毛矯正の人気が高まっていますが、縮毛矯正は必ずしも成功するとは限りませんよね。

もちろん、多くのケースで上手く縮毛矯正が終了することもありますが、中には上手くいかず、失敗してしまったというケースもあります。

forest.annexさんの投稿
27574763 2035699819779132 2328139838009638912 n

そんな縮毛矯正に失敗しない方法はあるのか、あるいは、失敗しないためにできることはあるのか、もし失敗してしまった時には、どういった対処法があるのかなど、縮毛矯正の失敗にまつわる事例や考え方についてご紹介していきます。

縮毛矯正を100%失敗しない方法はありませんが、なるべく失敗から遠ざけることはできます。

自分の行動も見つめ直すことで、素敵なヘアスタイルを完成させていきましょう。

wisp.sekidokengoさんの投稿
27877623 146489286036414 4807380701416521728 n

ヘアスタイルを彩る縮毛矯正

縮毛矯正は失敗するとビビリ毛と呼ばれるチリチリのスタイルになってしまいますが、成功すれば、真っ直ぐに伸びた美しいストレート基調のヘアスタイルを楽しむことができますよね。

女性らしいヘアスタイルとして人気を誇っており、美しさ、かわいらしさ、上品さ、清楚さなど、女性としての魅力が存分に詰まった印象を与えることができます。

yokotakuxxさんの投稿
26223358 2021242824786012 2380222788989353984 n

普段からチリチリの部分があって悩んでいる、もう少し髪全体をなめらかにしていきたい、といった女性からも人気を誇っているのが、縮毛矯正であり、多少値段は張りますが、美容室でやってもらうという人も少なくありません。

縮毛矯正をかけるのは圧倒的に女性が多くなっていますが、男性でもかける人はいます。

男女問わず、サラサラの美しいヘアスタイルを楽しめるのが縮毛矯正であり、外見だけでなく、内面も豊かにしてくれるパワーがありますよね。

forte.yusukekidaさんの投稿
26872413 472490909814547 8965859941113921536 n

ストレートパーマと縮毛矯正の違いとは?

よく縮毛矯正とストレートパーマを混同してしまう人がいますが、厳密には違う部分もあります。

縮毛矯正もストレートパーマもかけた後の印象は似たようなヘアスタイルとなりますが、その後の変化に違いが出てきます。

縮毛矯正の場合は、くせ毛やチリチリした毛をストレートにしていき、一度縮毛矯正をかけた部分の髪は、半永久的にストレートの状態をキープすることができます。

salondeaimer2014さんの投稿
27878268 171326393510468 6894001652060127232 n

一方で、ストレートパーマは、もともと直毛だった人が、パーマをかけた後に、元の髪質に戻すためにかけるものです。

したがって、もともとクセ毛がある人がストレートパーマをかけても、時間の経過と共にパーマの効果が落ちてきて、再びクセ毛のヘアスタイルに戻ってしまいます。

縮毛矯正とストレートパーマには、こういった違いがあるので、覚えておくと良いでしょう。

縮毛矯正の失敗はビビリ毛につながる

ストレートパーマとの違いもある縮毛矯正ですが、縮毛矯正に失敗すると、ビビリ毛と呼ばれるチリチリのヘアスタイルになってしまいます。

ビビリ毛とは、髪の毛のダメージが強すぎて、チリチリの状態になってしまう現象のことで、チリチリの状態になってしまうと、元の状態に直すのは相当大変なものとなってしまいます。

直すことができないケースも多いので、縮毛矯正の失敗はできれば避けたいところなのが実情です。

_joe_hair_さんの投稿
27892987 1720470768017089 3364828244707639296 n

せっかくサラサラのストレートヘアを楽しみたいと思って縮毛矯正をかけても、終わってみたらチリチリのビビリ毛になってしまっては、見た目的にも台無しですし、精神的にもショックが大きいでしょう。

そういったビビリ毛にならないためにも、縮毛矯正の失敗を避けることが重要なのです。

_joe_hair_さんの投稿
27580429 1358684320904790 2651997620716699648 n

縮毛矯正失敗後のビビリ毛は直らない?

縮毛矯正に失敗した時のチリチリ現象をビビリ毛と呼びますが、上記でもご紹介したように、ビビリ毛を直すのは相当至難の業であり、直すことができないケースも多々あります。

もちろん、チリチリの度合いによっては、直すことができるケースもありますが、多くの場合においては、ビビリ毛を直すことは不可能だと考えておくと良いでしょう。

まずは、ビビリ毛を直すことを考えるのではなく、縮毛矯正を失敗させないためにできることを考えることの方が重要です。

良い美容師をつかまえる、セルフで縮毛矯正をしないなどといった基本的な条件をクリアしていくことで、縮毛矯正の失敗を防いでいくことができます。

ビビリ毛を直すのは相当難しいということを頭に入れておくことで、縮毛矯正をかける際の行動も慎重にしていくことができるでしょう。

そうすることで、成功率を高めていくことが大切です。

縮毛矯正が失敗する理由とは?

縮毛矯正が失敗すると、チリチリ状態のビビリ毛になることをご紹介しましたが、一体なぜ縮毛矯正は失敗してしまうことがあるのでしょうか。

一般的なパーマに比べて、かかる時間も長いですし、美容師の技量もかなり高いレベルが求められるのが縮毛矯正です。

そういった中で、安易に縮毛矯正をかけようとすると上手くいかず、ビビリ毛状態になってしまうことがあるので、注意しておいた方が良いでしょう。

縮毛矯正をかける前の髪の状態も重要であり、何度もブリーチをかけていたり、日頃からヘアアイロンを多用したりして、髪の毛へのダメージが強い状態だと、熟練の美容師がやっても失敗する可能性があります。

場合によっては、当日の縮毛矯正は避けて、髪質を改善してから後日かけ直した方が良いこともあるので、縮毛矯正にあたっては、慎重な判断を下すこともポイントとなります。

縮毛矯正が失敗する理由 セルフ縮毛矯正

髪の毛のダメージが強すぎる状態で縮毛矯正をかけようとすると、失敗する可能性が高まりますが、それ以外に、自分で縮毛矯正をかけようとしても、失敗してチリチリのビビリ毛になってしまう可能性が高くなります。

市販のストレートパーマ剤を買ってきて、くせ毛を伸ばしていくこともできますが、必要な薬剤の量と、ストレートアイロンの適温がわからないと、成功させる方が難しくなってしまいます。

yokotakuxxさんの投稿
26263907 168280963783574 7939454416266985472 n

美容師でも、セルフで縮毛矯正をかけるのは難しいと言われているので、一般の人がセルフ縮毛矯正に挑戦しても、失敗する可能性が高いのはうなずけることでしょう。

まして、自分で縮毛矯正をかける場合には、髪の後ろ側がどういった状態になっているのかわかりにくく、ますます失敗する可能性が高くなっていきます。

したがって、縮毛矯正をかける場合は、セルフで行うのではなく、美容室に行ってやってもらうと良いでしょう。

縮毛矯正が失敗する理由 技術者の力量不足

セルフ縮毛矯正も失敗の原因の元となりますが、それ以外に、技術者の力量不足も失敗の原因として挙げることができます。

縮毛矯正は、単純なカットやパーマに比べて、美容師にとっても相当高度な技量が必要となる施術であり、さほど経験を積んでいない人がやろうとすると、なかなか上手くいかずビビリ毛を作ってしまう可能性が高くなります。

woodytt0604さんの投稿
26183291 161436264484556 8980439486773067776 n

縮毛矯正をかけていく際には、クセ毛の強さや髪の毛の密度、量、ヘアアイロンの設定温度や薬剤の選定など、さまざまな要素を考慮して、施術を行っていく必要があるのです。

もちろん、女性のヘアスタイルはそれぞれ違うものであり、髪の密度や量も人それぞれ異なっていきます。

したがって、あまり経験のない美容師が縮毛矯正をかけようとすると失敗に終わることも少なくありません。

失敗したくなければ、注文する時に、「縮毛矯正が上手な美容師さんをお願いします」と言っておくと良いでしょう。

縮毛矯正に失敗しないためにはセルフケアも重要

美容師の技量不足によって、縮毛矯正が失敗に終わり、チリチリのビビリ毛状態になってしまうこともありますが、それだけでなく、セルフケアの段階で、徐々にビビリ毛が発生してしまうこともあります。

美容室で縮毛矯正をかけてもらった時には、美容師の施術も上手で、髪全体もサラサラなストレートのヘアスタイルになった場合でも、その後の対応が良くないと、失敗時と同じような形になってしまうことがあるので、注意しておきましょう。

miwako.yamamuraさんの投稿
27573884 165083194277390 2463004912070426624 n

縮毛矯正はかけ終わったらすぐ完成というものではありません。

縮毛矯正をかけて、数日から数週間程度は、ストレートの状態をキープし続けるために、できることを行っていくことがポイントです。

そういった具体的な行動についてご紹介していきますので、ぜひ参考にして、取り組んでみてください。

縮毛矯正の失敗を防ぐ 弱酸性のシャンプーを使う

ショートでもロングでもボブでも素敵なヘアスタイルを作り上げることができる縮毛矯正ですが、かけ終わった後のセルフケアも重要です。

一回、チリチリになってしまうと直すのが難しいので、直すのではなく、ケアしていくことに専念していけると良いでしょう。

c0rh2n0tさんの投稿
11261430 791592734285449 1165439747 n

そのためには、まず弱酸性のシャンプーを使用することがポイントとなります。

縮毛矯正の際に利用する薬剤には、アルカリ成分が豊富に含まれており、縮毛矯正をかけ終えた後も、髪の毛の状態がアルカリ状態となっています。

したがって、そのアルカリ状態の髪を解消していくためには、弱酸性に戻していく必要があります。

ayackie8945さんの投稿
27578475 550022895359057 983972978834276352 n

そうすることで、髪への負担を緩和して、きれいな縮毛矯正状態をキープしていくことができるのです。

弱酸性のシャンプーは、美容室で販売していることもあるので、担当の美容師に確認してみると良いでしょう。


◆関連記事:おすすめシャンプーはこちら!

ヘアカラー後のシャンプーはいつから?当日はしないほうがいい?
アミノ酸シャンプーのおすすめ!市販でドラッグストアで買える!

縮毛矯正の失敗を防ぐ 髪の毛をすぐに乾かす

縮毛矯正の失敗を防ぐためのセルフケアとして、弱酸性のシャンプーを利用することをご紹介しましたが、シャンプー後にすぐに髪の毛を乾かすことも重要なポイントです。

できれば、縮毛矯正後から24時間以内は、シャンプーすることはおすすめできません。

髪が傷みやすい状態になっているので、縮毛矯正当日の夜や翌朝にシャンプーをして、髪に刺激を加えるのは避けておくと良いでしょう。

proof.antennaさんの投稿
27580124 2027241430865429 4598835016716255232 n

万一、縮毛矯正当日や翌朝にシャンプーをするという場合でも、シャワーや浴槽に浸かって、お風呂から上がったらすぐに髪を乾かすようにしましょう。

縮毛矯正に限らず、髪を濡らした状態にしておくのは良くありませんが、濡れた状態の形がそのまま残ってしまい、せっかくのストレートヘアスタイルが崩れていってしまいます。

縮毛矯正自体は成功していても、その後の行動次第で失敗に変わる可能性があるので、慎重に行動していくと良いでしょう。

genesis.loungeさんの投稿
27576710 337160673451705 2110093088650166272 n

縮毛矯正の失敗を防ぐ 縮毛矯正後すぐに髪をいじらない

縮毛矯正の失敗を防いでいく上では、髪をすぐに乾かす習慣を身につけることが重要ですが、さらに縮毛矯正後、すぐに髪の毛をいじらないこともポイントです。

縮毛矯正後は、髪が弱っており、髪へのダメージが受けやすい状態になっています。

makoto.he.0510さんの投稿
27578443 2039699019645519 7141170478709735424 n

そういった状態の時に、帽子をかぶったり、髪を結んだり、髪を耳にかけたりしてしまうと、その形が残ってしまい、せっかくのストレートが崩れてしまいます。

美しいヘアスタイルも、チリチリ混じりの残念な感じがするヘアスタイルへと変わっていってしまいますので、縮毛矯正後は、なるべく髪をいじらないようにしましょう。

ヘアワックスやスタイリング剤をつけるのも禁物です。

とにかくストレートの状態が固まっていくまでは、変なアレンジをしないように、細心の注意を払って行動していきましょう。

縮毛矯正が失敗したらセカンドオピニオンを頼る

ここからは、万一縮毛矯正が失敗に終わってしまった場合の対応策についてご紹介していきます。

自分でできることをやっていても、何らかの事情で縮毛矯正が失敗に終わってしまうこともあるでしょう。

そういった場合にも、慌てず次の方法を考えて行動していくことで、心を落ち着けていくことができます。

panda9715さんの投稿
27581639 141817543296123 9126470436421369856 n

まずは、セカンドオピニオンに頼るという方法を挙げることができます。

医療の世界で頻繁に用いられるセカンドオピニオンという言葉ですが、美容業界でも利用していくことができます。

一度目に縮毛矯正を行った美容室とは別の美容室で、施術者の指示を仰ぐという方法です。

髪のチリチリ状態やダメージ、髪の長さや密度などを総合的に勘案して、打開策を講じてくれますので、そういった方法で、縮毛矯正の失敗をカバーしていく方法をおすすめすることができます。

縮毛矯正が失敗したら髪をカットする

縮毛矯正が失敗した時には、セカンドオピニオンを頼る方法がありますが、他にもチリチリになった箇所をカットしてしまうという方法が挙げられます。

ショートはショートの縮毛矯正、ボブはボブの縮毛矯正といった形で、ヘアスタイルに合わせて縮毛矯正を行っていくことになりますが、髪全体が失敗するというケースが多いわけではなく、一部分だけチリチリになってしまうということもあります。

clover_yuuki.kishimaさんの投稿
27580139 400056337105189 4788084164974870528 n

そういった場合には、上手くいかなかった一部分をカットして、それに合わせてヘアスタイルを整えていくことで、失敗をカバーしていくことができます。

縮毛矯正が失敗した部分を完全に直すことはできませんが、カットすることで、直すのと同等のヘアスタイルを作り上げていくのです。

こちらも、縮毛矯正を失敗した美容室でカットしてもらいたくなければ、別の美容室に行って、カットしてもらうのも一つの選択肢です。

縮毛矯正が失敗した時の返金制度

美容師のミスや力量不足で、縮毛矯正が失敗に終わった場合の返金制度というのは存在するのでしょうか。

多くの美容室では、返金制度という形はとっていません。
美容室によって、縮毛矯正が失敗した時の対応が異なりますので、事前に返金制度なども含めて、担当美容師に確認しておくと良いでしょう。

nishi__pさんの投稿
27574198 2092164974400622 4975785634653274112 n

例えば、返金制度はなくても、次回の縮毛矯正が割引になったり無料になったりするケースもあります。

返金という形ではなくても、実質的なサービス無料という形で、お詫びの意志を示してくれる美容室もありますので、都度確認しておくと良いでしょう。

いずれにしても、縮毛矯正は時間がかかる施術であり、事前の担当者とのコミュニケーションも重要なので、施術のやり方も含めて、返金や失敗時の対応について確認しておくことをおすすめします。

縮毛矯正の施術時間

返金があるにせよ、返金はないにせよ、できれば失敗したくない縮毛矯正ですが、縮毛矯正には施術にかかる時間が長いという特徴もあるので、施術当日は時間に余裕を持って美容室に行くと良いでしょう。

縮毛矯正の一般的な施術時間の目安としては、ショートの場合で、2時間30分前後、ロングの場合は3時間~3時間30分程度かかることも珍しくありません。

platinum.iidukaさんの投稿
27578992 770059469848831 6735113490177982464 n

それだけの時間を割いて、縮毛矯正をかけていくことになるので、当日はゆとりをもったスケジューリングを組んでおくと良いでしょう。

美容室によって価格も異なり、8,000円~9,000円前後で行ってくれる美容室もあれば、10,000円~15,000円程度かかる美容室もあるので、Webサイトなどで事前にチェックしてから予約すると良いでしょう。

ショートの縮毛矯正が素敵

失敗した時の対応や返金制度の有無など、いろいろと気になることも多い縮毛矯正ですが、実際にかけてみて、上手くいった時のヘアスタイルとしては、本当に素敵で魅力あふれるものとなりますよね。

ロングの女性が縮毛矯正をかけることが多いですが、ショートでもストレート系統のヘアスタイルはとても似合います。

ショートにはショートの良さがあり、ボーイッシュな魅力を引き出したり、明るさや元気さといった部分を印象づけたりしてくれるのが、女性のショートヘアです。

kcraft.kaizawaさんの投稿
22639062 122620451742832 3412381182011113472 n

男性では一般的なショートスタイルでも、女性でショートに挑戦する人はそれほど多いわけではないでしょう。

もちろん、ショート一筋という女性もいますが、普段はロングの女性が髪をばっさりと切って、ショートにしてくると、それだけで印象ががらりと変わりますよね。

女優さんの場合は、役柄に合わせてショートにすることもありますが、女性らしさや柔らかい雰囲気を強調していくという点では、ショートと縮毛矯正の組み合わせもとても素敵です。

kcraft.kaizawaさんの投稿
22638914 123779621667089 8826352917939224576 n

ボブの縮毛矯正も素敵

ショートと縮毛矯正の組み合わせも素敵ですが、ボブと縮毛矯正の組み合わせもショートに負けないくらい素敵ですよね。

ショートボブやミディアムボブなど、ボブスタイルを楽しむ女性も増えており、ボブだけでも、十分に魅力的なヘアスタイルです。

aogokolo.0311さんの投稿
14350974 1149499748449756 6874928552702115840 n

そのボブを、清潔感あふれるストレートスタイルにすることで、ボブのオシャレさとストレートの優しさが組み合わさって、とても魅力的なヘアスタイルを実現していきます。

普段から、ショートボブやミディアムボブを楽しむという女性で、ボブの雰囲気を少し変えたいなどという場合には、積極的に縮毛矯正にチャレンジしていくと良いでしょう。

kukum.straightさんの投稿
16122998 1867776260125707 2863042847534219264 n

縮毛矯正が失敗しないようにできることはやっておこう

ボブと縮毛矯正の組み合わせも、より一層ボブの魅力が引き立つオシャレなヘアスタイルを作り上げてくれますね。

そういった縮毛矯正ですが、失敗しないためにできることは、ぜひ積極的に行っていきましょう。

返金制度の有無の確認もその一つであり、返金がある場合には、どれくらいの金額が返金されるのかというところまで確認しておくと良いでしょう。

komatsu_yuta_さんの投稿
27892849 489328441462297 745134172535783424 n

基本的に縮毛矯正が失敗した場合には、それを直すことができません。

失敗部分を直接的に直すというよりも、再び縮毛矯正をかけ直すか、失敗した部分をカットすることによって直すという形をとることになります。

そういったことも踏まえると、やはり1度で成功した方が、圧倒的に楽なので、セルフケアも含めて、縮毛矯正前後は入念に行動していくことがポイントです。

relian_ginzaさんの投稿
27879892 2030715303840469 3431968586522951680 n

【まとめ】縮毛矯正が失敗しない方法と失敗後の対策について

ken34kejiさんの投稿
27581660 338641963294316 8543037096770666496 n

縮毛矯正が失敗しない方法と失敗後の対策について、セルフケアや返金に対するアプローチなども含めてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

返金については、お店のホームページに記載があることもあるので、確認しておくと良いでしょう。
返金制度がないお店も多いので、その際には何か他の対応策があるのか確認しておきましょう。

自分の大切なヘアスタイルを崩さないためにも、できることは一つずつ確実にこなしていくことをおすすめします。

tokyohair.kenさんの投稿
27878704 1784575004896791 8263863655594983424 n

縮毛矯正に関する情報についてもっと知りたいアナタへ

縮毛矯正とカラーはどっちが先にすべき?同時でもいいの?
縮毛矯正で前髪をきれいに!失敗しないコツを解説!
縮毛矯正でもショートボブを楽しめる!自然で可愛いシルエット♡
たつお
たつお
みなさんに楽しく読んでもらいたいです!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ