頭がいい人の特徴23選!発言もかっこいい?

あなたが思う頭がいい人の特徴ってどんな特徴でしょうか。今回は頭がいい人の特徴を厳選してまとめてみました。あなたの中にも、もしかしたら当てはまる特徴があるかもしれませんよ。社会の中で、あなたも頭がいい人だと思われるように特徴を参考にしてみてください。

頭がいい人の特徴23選!発言もかっこいい?のイメージ

目次

  1. 頭がいい人、あなたはいくつ当てはまる?
  2. 頭がいい人の特徴①難しいことを単純に言える
  3. 頭がいい人の特徴②結果を出せる
  4. 頭がいい人の特徴③いつも何かを想像している
  5. 頭がいい人の特徴④疑問を持てる
  6. 頭がいい人の特徴⑤専門用語に頼らない
  7. 頭がいい人の特徴⑥字が汚い
  8. 頭がいい人の特徴⑦変わり者
  9. 頭がいい人の特徴⑧疑い深い
  10. 頭がいい人の特徴⑨的確な論点を突ける
  11. 頭がいい人の特徴⑩ひとりが好き
  12. 頭がいい人の特徴⑪せっかち
  13. 頭がいい人の特徴⑫意見が変わるのが早い
  14. 頭がいい人の特徴⑬決断がはやい
  15. 頭がいい人の特徴⑭筆箱の中がシンプル
  16. 頭がいい人の特徴⑮新しいモノが好き
  17. 頭がいい人の特徴⑯ちょっとワガママ
  18. 頭がいい人の特徴⑰わからないままにしない
  19. 頭がいい人の特徴⑱自分の考えで行動
  20. 頭がいい人の特徴⑲物事を同時に考えることができる
  21. 頭がいい人の特徴⑳テキトーなのにあたる
  22. 頭がいい人の特徴㉑数字が得意
  23. 頭がいい人の特徴㉒没頭する
  24. 頭がいい人の特徴㉓その人の気持ちになれる
  25. 頭がいい人の特徴!まとめ

頭がいい人、あなたはいくつ当てはまる?

頭がいい人と頭が悪い人がいます。
頭がいい人、というとどういう人を思い浮かべるでしょうか。
偏差値の高い大学へ行っている人、テストの点が良い人。
確かにテストの点が良くて、偏差値の高い大学にいっている人は頭がいい人ですよね。

社会に出ると、理解力や発想力、直感力や整理力、記憶力、想像力、国語力が優れている、テストの点が良かったり偏差値の高い大学にいっている人だけではなく、頭が切れる人、対応力の優れている人も頭がいい人だと言われることがあります。
今回は社会に出たときに「頭がいい人」と言われる人の特徴を厳選してご紹介していきます。
あなたにいくつ当てはまるかも考えてみてくださいね。

頭がいい人の特徴①難しいことを単純に言える

頭がいい人は、難しいことを単純に言うことができる人です。
例えば「電磁波のうち、光より周波数が低いもの」というと、なんのことだかわかりません。
しかしそれを「電波」だと言われれば、仕組みはわかりませんが電波というものは普通の人であればなんとなくわかります。
頭がいい人というのは、普通の人がわかる言葉で話してくれるという特徴があるのです。

仕事のときにも、なんだか難しい話し方で計画を練る人がいますよね。
結局その人が何を言っているのか理解ができずに、ついていけない、という経験をした人もいるのではないでしょうか。
自分だけがその難しいことをわかっているという人は、頭がいい人なのではなく、自分に酔っている性格の人です。
一緒に仕事をしたくないタイプの人ですね。

頭がいい人の特徴②結果を出せる

努力しているところをみないのに、結果を出せる人も頭がいい人です。
本当に努力をしていないのかもしれませんが、頭がいい人というのは、人知れず努力をする人でもあるようです。
仕事においても、結果を出すために計画をして、着実に進めていくという特徴があります。
頭が悪い人であれば、結果を出すのに時間がかかったり、とりかかったはいいけれど、やり遂げることはできても、結果を出すことができないという場合があります。

仕事においての頭がいい人というのは、結果を出すことができます。
頭が悪い人ではなく、勉強ができる人であっても結果が出せないという人もいます。
理論や計画は素晴らしいけれど、実践ができなかったり、急なトラブルに対応できないという性格の人もいるでしょう。
そういう意味で、社会に出てからの頭がいい人というのは、勉強ができるだけでなく、社交性や対応力も求められることになります。

頭がいい人の特徴③いつも何かを想像している

時々何かぼーっとしているような人も、頭がいい人の特徴のひとつです。
頭がいい人の中には、妄想癖があるとも言われています。
頭がいい人というのは、時に普通の人には考えの付かないようなことを言ったり、考えつかないような仕事をするものですよね。
話し方も独特だったりすることもあるようです。

頭がいい人は、そこに無いものもあるものと想像して、考えを進めていくことができると言われています。
そのためにその考え方は、普通の人には妄想のように思うようなこともあるようです。
頭が悪い人であれば、想像力があまりないために、想像することすらできないのです。
でも頭がいい人の頭の中には、普通の人には見えない何かがあるのでしょう。
その何かが、時に仕事でとても役に立つこともあるようです。

頭がいい人の特徴④疑問を持てる

「どうしてこれは、こういう風になるのだろう」と疑問を持てるのも頭がいい人の特徴です。
頭が悪い人や普通の人であれば、なんとなく見過ごしてしまうようなことにも疑問をもって追及していきます。
頭がいい人は、わからないことをほうっておくことができない性格だともいえますね。
疑問を持って、わかるまで調べることで知識を身に付けることもできます。

仕事に関係の無いことにまで疑問を持つことがあるので、場合によっては仕事が遅れてしまうこともありますが、その知識はいつか必ず役にたつはずです。
その知識が役にたつときに、すらすらとした話し方で説明できるようになっているのが頭がいい人の特徴で、「あの人はやっぱり頭がいいな」と思われる理由でもあるのです。

頭がいい人の特徴⑤専門用語に頼らない

頭がいい人は、難しい言葉を使わなくても会話ができるという特徴があります。
頭が悪い人や普通の人は、専門用語に頼りがちです。
例えば「わが社のホームページのLPの評価は高く、PV数も伸びています」と当たり前のような話し方で言われたら、わかる人はピンときますが、ホームページに興味がない人にはLPとは?PVとは?と言葉の意味がわからなくて会話ができない、なんてことになりかねません。

頭がいい人は、この人とは専門用語で話してもいい、この人には専門用語は通じないだろうというのを見極めて言葉を選んだ話し方をすることができます。
専門用語のわからない人には「わが社のホームページの最初のページは評判もいいので、ホームページのアクセス数も伸びているようです」と言い換えて話してくれます。
仕事をしている時も、お客様によっては専門用語の通じないお客様もいらっしゃいます。
この仕事をしていれば、誰でも専門用語を知っているはず、と思い込んで仕事をする性格の人は、頭がいい人とは言えません。

■参考記事:意識高い系がよく使うカタカナ用語、その意味は?

意識高い系が使う言葉・ビジネス用語まとめ!カタカナを使いがち!

頭がいい人の特徴⑥字が汚い

頭がいい人は、字が汚いと言われています。
必ずしもそうとは限らないようですが、頭がいい人は字が汚いそうです。
しかし頭が悪いからといって字がキレイとも限らないという、不思議な論理です。
頭がいい人は字が汚いと言われるのは、「字を書くこと」が目的ではないからだと考えられています。
勉強をする時に、多くの人はノートなどに書くことで覚えたりする勉強法を実践してきたと思います。
その時に、字のキレイさは求められたでしょうか。

暗記の勉強法は、暗記をすることに意味があり、字がキレイだろうが汚かろうが問題ありません。
日々の勉強法においても、提出するレポートなどは別にして、自分が読むためだけであれば、字がキレイだろうが汚く書こうが問題ありません。
日本においての勉強法は、「キレイな字でキレイにノートをとる」ことが正しい勉強法だと教えられてきましたが、ノートを取ることが目的になってしまって、大切な勉強の中身をわかっていない、ということもあったと思います。

頭がいい人は、ノートをメモの代わりとしてとるという勉強法にしている人が多いのだそうです。
自分の記憶を呼び起こすためにノートをとるので、ノートの字が汚くても、勉強の中身が思い出すことができれば大きな問題ではありません。
そのまま社会人になってしまうと、字が汚いままです。
頭がいい人は、そんな理由から字が汚いと言われているようです。
個人的には、頭がいい人には字もキレイであってほしいと思ってしまうのですけれどね。

頭がいい人の特徴⑦変わり者

頭がいい人は、非常識ではないまでも、変わり者であるという特徴があります。
これは頭が悪い人や普通の人には、頭がいい人が何を考えているのかがわからないから、というのが大きな原因になります。
仕事の場面でも、頭がいい人は突然、周りの人が理解できない方法で仕事をしたり、わからない話し方をして周りの人を悩ませることがあるようです。

頭がいい人は、何か考えがあってやっていることでも、周りへの説明を後回しにするような性格があるので、最初は驚かれます。
頭がいい人には変わり者が多いですが、「頭がいい人だから仕方がないよね」で済まされてしまうのも頭がいい人の特徴とも言えます。

頭がいい人の特徴⑧疑い深い

頭がいい人には、情報を鵜呑みにしない、疑い深いという特徴があります。
これはわからないことをわからないままにしておかないという性格にも繋がりますが、例え世間一般の考え方になったとしても、頭がいい人が納得しなければ、どれだけ良いと言われるものも疑ってかかるのです。
疑り深い性格だとも言えそうですね。
例えば〇〇ダイエット、というのがブームになったとします。
頭が悪い人や普通の人であれば、テレビや雑誌で何度も取り上げられれば、そういうダイエットが効果的なのか、と始める人も多いと思います。

しかし頭がいい人はテレビや雑誌の情報を鵜呑みにはしません。
紹介した人の話し方などから、「このダイエット方法はまだ実証例がないのではないか」などと考えることができるのです。
実際にそのダイエット方法で効果があるという実証例をみつけたり、自分で実証できるまでは、効果的だとは言えないと考えるのが、頭がいい人の特徴です。

頭がいい人の特徴⑨的確な論点を突ける

頭がいい人は、相手へ悪いことを伝える話し方が上手だという特徴があります。
仕事の場面では、相手に注意をしなくてはいけない場面もでてくるでしょう。
例えばお客様への電話の対応が悪いということを注意しなくてはいけない場合、頭が悪い人や普通の人だと、批判的に相手を責めてしまったり、感情的な話し方をしてしまうかもしれません。
こちらが感情的な話し方をして注意をすれば、相手もついつい感情的な話し方になってしまう、というのも良くあることですよね。

頭がいい人は、感情的になることなく、的確に相手に注意を促すことができます。
「相手はお客様なのだから、年下の人であっても話し方に注意をしてください」と論理的に注意をされると、YESとしか答えられないですよね。
仕事の場合は、なぜ〇〇をしなくてはいけないのか、をしっかりと伝える話し方ができると、論理的に話すことができると言われています。

■参考記事:仕事に役立つ判断力を鍛えるには?

判断力がない人の特徴と鍛える方法解説!仕事に役立つ!

頭がいい人の特徴⑩ひとりが好き

頭がいい人は、ひとりでいることを好む特徴があります。
変わり者と言われたり、理解されないこともあるのが頭がいい人の性格です。
頭がいい人は、社会には順応しておいたほうがいいことをしっているので、周りに溶け込もうと努力をするので話し方に気をつけたり、行動に気をつかったりしています。
だからストレスもためやすいのです。

ひとりであれば、誰かに気を使った話し方をしなくてもいいし、自分のペースで仕事をすることもできます。
ですから頭がいい人は、プライベートも仕事でも、ひとりで出来るものを好む特徴があるようです。
仕事で言えば、営業やクリエーターの仕事も頭がいい人が好む職業と言えそうです。
頭が悪い人や普通の人には、少し理解をするのが難しい特徴かもしれません。

頭がいい人の特徴⑪せっかち

頭がいい人というのは、多くがせっかちで落ち着きのない性格をしています。
何故なら、頭がいいからです。
頭がいい人は、頭の回転が早いので、行動するより先に考えがどんどんと溢れ出てしまいます。
頭の中の考えを、早く外に出したいと思ってしまうので、せっかちで落ち着きのない行動になってしまうのです。

せっかちで落ち着きがないので、話し方も早口の人が多いようです。
頭が悪い人や普通の人の話し方がゆっくりなわけではありません。
頭がいい人が、極端に早口なのです。
電話では何を話しているのかわからないくらいに、早い話し方になってしまう人もいるようです。

頭がいい人の特徴⑫意見が変わるのが早い

意見がころころと変わっていくのも、頭がいい人の特徴です。
この意見がころころ変わるのも、変わった性格だと言われる由縁です。
きのうまでは全否定していた仕事のやり方も、日にちが変わったら全肯定なんてことはしょっちゅうです。
頭がいい人は疑り深い性格なので、最初は否定から考えていくといってもいいでしょう。
しかしその仕事のやり方が本当に素晴らしいものであるとわかれば、きのう否定していたものでもOKになってしまうのです。

言い方を変えれば、考え方が柔軟なのです。
良いものは良い、という理論で仕事をしていくので、頭が悪い人や容量が悪い人、普通の人は、頭がいい人に振り回されてしまうこともあるかもしれませんね。

頭がいい人の特徴⑬決断がはやい

仕事でも勉強法でも、決断がはやいのも頭がいい人の特徴です。
頭がいい人は頭の回転が早いので、自分の中での決断も、頭が悪い人や普通の人よりもずっとはやくに決断をすることができます。
はやく決断するだけの知識が、頭の中にあるからこそ頭がいい人なのでしょう。
あまりにも決断がはやいので、中には強引な性格だと感じる人もいるかもしれませんが、頭がいい人の中では理論的に決断へと導いたプロセスがあるのです。

スピードとメリハリ感があるのが、頭がいい人の特徴です。
仕事であってもゴールまでの最短距離が見えているので、決断もはやく下すことができるのですね。
そして次の仕事の着手までの時間もスピーディーにこなすことができるというのも特徴です。

頭がいい人の特徴⑭筆箱の中がシンプル

社会人でも学生でも、筆箱の中がシンプルな人は頭がいい人だと言われています。
筆箱と頭がいい人と、どんな関係があるのだろう、と思う人もいると思います。
筆箱というのはご存知の通り、文房具を入れるものです。
皆さんは、筆箱に入れる文房具に何を持っていたでしょうか。
小学校の頃の筆箱であれば、鉛筆に消しゴム、赤鉛筆に定規でしょうか。
高校の頃の筆箱には、シャープペンに消しゴム、定規、三色ペンなんかも入っていたかもしれませんね。

筆者の友達で、筆箱を5個もって学校に来ている人がいました。
1つめの筆箱には、たっぷりのシャープペンと消しゴム。
2つめから5つめの筆箱にはイロイロな色のペンが入っていたのです。
その友達は、ノートをとるのが大好きな子だったので、その4つの筆箱に入ったペンでカラフルで見やすいノートを作っていました。
それにしても、筆箱5つは多いですよね。

実際に学生時代でも、ノートをとるのに必要なのは、多くても5色だったと思います。
それを筆箱5つにペンをたっぷりと入れてもってくるというのは、やっぱりムダが多かったかもしれませんね。
社会人になってからも、黒のペンと赤、蛍光ペンが1本あれば、たいていの仕事はできると思います。
筆箱にはいっているのは、それだけで十分なのです。
頭が悪い人や要領が悪い人は、必要のないものまでも必要以上に持っておこうとする特徴があります。
もっていなくて使いたい時に無かったら困る、という心配性な性格なのかもしれませんね。

しかし筆箱の中をシンプルにしておくことで、「ここは何色で書こう」と考える時間が短縮できますし、「あのペンはどこにいっただろう」と探す手間もなくなります。
筆箱の中をシンプルにしておくことで、作業効率はぐっと上がるのです。
頭がいい人は、そのことを知っている人だと言えます。

頭がいい人の特徴⑮新しいモノが好き

ミーハーとも違いますが、新しいモノが好きなのも頭がいい人の特徴です。
新しいモノが好きなだけではなく、その新しいモノを試してみたいという好奇心が旺盛な性格でもあります。
知識や勉強法でも、新しいモノを取り入れることが大好きだという特徴があります。
普通の人であれば尻込みしてしまうような新しいモノでも、積極的に取り入れていこうとすることで、新しい考え方が生まれるのかもしれませんね。

プライベートだけでなく、仕事でも新しいモノが好きな性格は変わりません。
疑り深い性格ではありますが、まずはやってみようという好奇心も旺盛なのです。
新しいモノに挑戦をして、失敗をすることもありますが、その失敗をカバーできるのも頭がいい人ならではなのです。

頭がいい人の特徴⑯ちょっとワガママ

頭がいい人は、ちょっとワガママだと思われてしまうこともあります。
頭がいい人は、意外にも素直なところがあります。
変わり者だと言われることが多いので、ちょっと性格が曲がった人が多いと思われがちですが、実はその反対なのです。
真っすぐすぎて、変わり者だと言われてしまうのです。

社会に出れば、そこは考えを曲げるしかないか、という場面もでてくると思います。
でも頭がいい人には、理屈に合わない考えには合わせることができないのです。
勉強法でも、どうしてそのやり方がいいのか納得ができなければ、自分のやり方の勉強法を貫きます。
その真っすぐな姿が、見る人によってはワガママだと感じてしまうようです。

頭がいい人の特徴⑰わからないままにしない

頭がいい人は、わからないものをわからないままにしないという特徴があります。
わからないままにしておくことを、悔しいと感じてしまう性格なのです。
ですからわからないものは、すぐに調べます。
頭がいい人は、自分が納得するまで調べるという勉強法をしています。
自分が納得するまでなので、時には脱線して、最終的に調べていたところとは関係のないところへ向かっていることもあります。

例えばワインのことを調べていたのに、いつのまにか葡萄のことを調べ始めて、最終的に土について調べていた、なんてこともあるようです。
でも頭がいい人は、自分が納得のできる勉強法で調べているのでそれで良いと考えています。
その時は必要のない知識であっても、その知識を使うときがくるかもしれない、と考えて調べているのかもしれませんね。

頭がいい人の特徴⑱自分の考えで行動

自分の考えて行動できるのも、頭がいい人の特徴です。
自分の考えを持っていても、イロイロな人の意見を聞いている間に流されてしまう、という経験をした人もいると思います。
しかし頭がいい人は、自分の考えに自信を持っているので、周りの意見に流されてしまうことがありません。
しっかりと優先順位をつけて、ゴールまでの最短距離で行動をすることができます。

しかし頭がいい人が頭がいいと言われるのは、それだけではないところにあります。
頭がいい人は、周りの意見が自分の意見よりも正しいと思った場合や、そのやり方や勉強法のほうがより早くゴールに近づくを理解できれば、迷わずに周りの意見に賛同できるという考え方の柔軟さも持っているのが特徴です。

頭がいい人の特徴⑲物事を同時に考えることができる

女性脳は同時にイロイロなことを考えることができると言われていますが、頭がいい人も物事を同時に考えることができるという特徴があります。
頭が悪い人や要領が悪い人は、1つのことの集中してしまうと、他のことに意識がいかないのです。

頭がいい人は、同時にイロイロなことを考えて行動することができる、視野の広い人だとも言えそうです。
仕事のやり方でも勉強法でも、同時に考えることができるというのは、頭がいい人ですよね。

頭がいい人の特徴⑳テキトーなのにあたる

頭がいい人の特徴には、テキトーに言っているようなこともあたったりする、という特徴があります。
「〇〇社はもうすぐ倒産するんじゃないか」なんてテキトーなことを言ってるなというような内容が、あたったりするということです。

頭がいい人は視野が広く、調べる事が好きなので、仕事についてのイロイロな情報を収集していることがあります。
ある程度の知識と情報を持っているので、テキトーに言っているようなことでも、実は確信があって言っていることなのかもしれませんね。

頭がいい人の特徴㉑数字が得意

頭がいい人の多くは、数字が得意だという特徴があります。
数学の勉強法ではなく、数字に強い人です。
イメージやフィーリングは人によって感じ方が違いますが、数字は誰に対しても同じです。
「1」は誰が見ても「1」です。
頭がいい人はそのことを理解できている人だとも言えます。

「ここのところ成績がなんとなく落ちてきたから、来月はもっと頑張ろう」というのは、よく聞く目標です。
なんとなく頑張らなくてはいけない、というのはわかりますが、どんな勉強法でどれだけ頑張るのかは人それぞれになってしまいます。
「先月の成績を見ると、その前の月より成績が10点下がっているから、来月は20点あげられるように、勉強時間を1時間増やす勉強法に変えよう」と具体的な数字で伝えてもらったほうがわかりやすいことも多いと思います。

頭がいい人の特徴㉒没頭する

頭がいい人には、好きなことになると昼夜を忘れて没頭してしまうという特徴があります。
どこまでも探求してしまう性格なのかもしれませんね。
仕事に関しても、仕事内容が自分の好きなことなら、とことん没頭して仕事人間になってしまう可能性もあるようです。

頭がいい人の特徴㉓その人の気持ちになれる

頭がいい人は、その人の気持ちに寄り添うことができるという特徴があります。
頭がいい人は、年齢や性別などで人を見下すことはしません。
自分は頭がいいのだと過大評価をすることはありませんし、人から褒められるべき人間だとも思っていないからです。
頭がいい人は、頭がいいゆえに、自分にはまだまだ知らないことが多く、学ぶことが多いと考えています。

学ぶべきものが、書物や情報からだけではなく、人から学ぶことが多いのも分かっているのが頭がいい人なのです。
自分の知らない何かを持っている周りの人を尊重することができるというのは、本当に頭がいい人の姿なのだと思います。

頭がいい人の特徴!まとめ

今回は頭がいい人の特徴を厳選してまとめてみました。
ちょっと変わった人だとも思われがちな頭がいい人の特徴ですが、あなたには何個当てはまったでしょうか。
勉強ができるからといって、社会で頭がいい人だと思われるとは限りません。
あなたが仕事をしていく中で、頭がいい人だと思われるように、特徴を真似してみてくださいね。

もっとデキる人になるための情報が知りたいアナタヘ

「地頭がいい」の意味とは?地頭がいい人の特徴も解説
フットワークが軽い人の特徴13選と仕事でのメリット!自己PR例も
業務連絡をLINEでするのはアリ?仕事のマナーを解説します!
仕事にやる気が出ない時の対処法15選!モチベーションを上げたい!

関連するまとめ

鈴子
鈴子
もうすぐ冬ですね。イベントの準備が大変です♪

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ