一重さん向け!アイメイクの方法解説!ナチュラルで可愛い!

一重のみなさんはアイメイクをするときにどのようなメイクをすればいいのか戸惑ったことはありませんか? 今回はそんな一重の人のために初心者の方でもわかるような一重さん向けのアイメイクの方法をご紹介させていただきたいと思います。

一重さん向け!アイメイクの方法解説!ナチュラルで可愛い!のイメージ

目次

  1. 【アイメイク×一重】初めに
  2. 【アイメイク×一重】一重だと?
  3. 【アイメイク×一重】印象
  4. 【アイメイク×一重】使ってはいけない色
  5. 【アイメイク×一重】やり方①アイシャドウ
  6. 【アイメイク×一重】やり方②アイライン
  7. 【アイメイク×一重】アイラインの濃さ
  8. 【アイメイク×一重】応用
  9. 【アイメイク×一重】20代
  10. 【アイメイク×一重】30代
  11. 【アイメイク×一重】40代
  12. 【アイメイク×一重】初心者
  13. 【アイメイク×一重】二重メイク
  14. 【アイメイク×一重】整形
  15. 【アイメイク×一重】最後に

【アイメイク×一重】初めに

一重の方のアイメイクって難しいと感じたことはありませんか?
ネットや雑誌などで取り上げられているアイメイクはほとんどが二重幅が広くないと綺麗に映えない事が多いです。
また、メイクのモデルを務めている人も二重幅が広い人がほとんどで、奥二重や一重の方からすればどのようにメイクを真似すればいいのかわからない時があります。

今回は、そんな一重の人へ向けた初心者でもできるナチュラルアイメイクのやり方をご紹介していきたいと思います。
また、アイメイクに限ったことではありませんが20代・30代・40代ではメイクのやり方が変わってきます。
20代・30代・40代すべての世代が同じやり方でメイクをしてしまうと、年齢に合ったメイクをすることができません。
なので、20代・30代・40代の世代別に合ったナチュラルなアイメイクのやり方もご紹介していきたいと思います。

【アイメイク×一重】一重だと?

さきほど、雑誌やネットで見かけるアイメイクのやり方でそのほとんどが二重幅の広い人をモデルとしているので、奥二重や一重の人だとどう真似していいのかわからなくなる時があるとご説明させていただきました。
もしも、一重の人が二重幅の広い人と同じアイメイクのやり方をしてしまうと、腫れぼったい印象のアイメイクになってしまったり、もともと一重の人は目が小さく見えてしまいがちなのですがそれが余計に目を小さく見せてしまう原因となることもあります。

akisakura95さんの投稿
28435052 793341927541518 306746478380974080 n

この目が小さく見えてしまったり腫れぼったい印象を与えてしまうのは、アイシャドウなどの色のチョイスも関係してきますがやはりその塗り方でも目が小さく見えてしまったり、腫れぼったい印象を与える原因となります。
なので、一重の人は二重幅の広い人と同じアイメイクをするのではなく一重の人は一重の人のアイメイクのやり方でメイクするといいでしょう。

mmtkmrさんの投稿
28153620 223760524838556 5664726022751256576 n

【アイメイク×一重】印象

一重まぶたの人は周りにどのような印象を与えているのでしょうか。
一重の人はまぶたも重い人が多く、周りからは暗い雰囲気の人や目つきの悪い人という印象を受けていることがあります。

そんな一重さんだからこそアイメイクに力を入れて、今よりもいい印象を周りに与えていただきたいです。
また、一重メイク初心者の方はメイクの仕方を間違っていて、余計に怖いイメージを植え付けてしまうことも・・・。

【アイメイク×一重】使ってはいけない色

一重で一番重要になってくるのがアイシャドウのカラーです。
アイシャドウのカラー選びを間違えてしまうとかなり印象が変わってしまうので注意してください。
一重の人が一番使ってはいけないアイシャドウのカラーは、肌と同系色のものです。
例えば、ベージュやピンクベージュなどの肌なじみの良いアイシャドウのカラーを使ってしまうとまぶたが重たく見えてしまうので注意してください。

一重の人におすすめなアイシャドウカラーは、濃い色のアイシャドウカラーがおすすめです。
濃い色のアイシャドウで疑似的に二重幅を作ることで目を大きく見せることができます。
また、特に寒色系のアイシャドウカラーやラメがたっぷりと入っているアイシャドウを選ぶと、大人っぽいアイメイクになるのでおすすめです。
しかし、注意してほしいのが濃い色のアイシャドウだからといって濃く塗ってしまわずにナチュラルに塗るようにするといいでしょう。

【アイメイク×一重】やり方①アイシャドウ

次にアイメイクのやり方について詳しくご説明していきたいと思います。
まず初めにアイホール全体にハイライトカラーをのせてまぶたのくすみなどをカバーしていきます。
そして、一重の人は基本的に目のキワからアイホールのキワに向けて薄いカラーになっていくグラデーションカラーがおすすめです。
アイシャドウを塗る順番は、ハイライトカラーから始まり、薄い色から順に色を重ねていきます。

chopipi55さんの投稿
28155610 152324795452570 3234206546795692032 n

特に意識してほしい部分はグラデーションカラーの中間色です。
一重の人の場合はこの中間色と呼ばれているアイシャドウカラーを目を開けた時に、まぶたの少し上のあたりまで見えるように塗るのがコツです。
また、目尻部分から黒目の上あたりまでグラデーションになる様に濃い色のアイシャドウをのせることで立体的な目元を作り出すことができます。

fmg0401さんの投稿
28154402 158555641433674 5574768976413589504 n

そして、グラデーションカラーで一番濃い色となるメインカラーには締め色を使用します。
メインカラーの塗り方は目のキワに細く塗っていくのが特徴的で、一重の人は目尻の部分だけ少し太めに塗ることで目元を印象付けるアイメイクをすることができます。

この時に目頭部分からアイシャドウを太く塗ってしまうと、目を開けた時に中間色と一緒にメインカラーも見えてしまって目が腫れぼったく見えてしまったりナチュラルとは程遠いケバいメイクになってしまう原因となってしまいます。
また、初心者の方はアイシャドウを塗る時は細めのアイシャドウブラシなどを使うとうまくグラデーションカラーをすることができます。

【アイメイク×一重】やり方②アイライン

一重の人のアイシャドウの塗り方が分かったところで、次にアイラインの引き方をご紹介させていただきたいと思います
アイラインの基本的なポイントは左右対称にすることです。
一重の人は二重の人よりも目力がどうしても弱くなってしまいがちです。
なので、アイラインを引くことでそんな目力の弱さを補うことができます。

ha.na.109さんの投稿
28154298 2033516856662593 6314978960354574336 n

人間のほとんどは左右の目の大きさや高さが違っています。
なので、これを左右対称に見えるようにアイラインを引くことで顔全体を美しく見せることができます。

blanche6171さんの投稿
28152316 200571890698716 7239305812793884672 n

特に初心者の方や一重の人はアイラインを見せようとしてアイラインの太さを気にしてしまいがちですが、重要なのは目が左右対象に見えているかということです。
なので、左右で同じアイラインの引き方をしようとせずに目の大きさや高さが左右対称に見えるようにアイラインを引きましょう。

【アイメイク×一重】アイラインの濃さ

アイラインの濃さで自分のなりたいイメージを決めてみましょう。
例えばナチュラルなイメージを与えたい場合にはあまり濃くアイラインを引かないようにしましょう。
一重の人に特におすすめなのがナチュラルでシャープなアイメイクがおすすめです。
なので、アイラインを太く引こうとせずにまつ毛の隙間を埋めていくような感覚でアイラインを引いていきます。
また、目尻の部分は目の延長線を引くようにアイライナーを引き抜く感覚で引いていくとうまくアイラインを引くことができます。

http.makeup.mayu.jpさんの投稿
28151036 404039573389354 6792424962545156096 n

その他にもふんわりとした印象を周りに与えたいときには、アイラインをあえて二重幅の陰影に見えるようにする引き方もおすすめです。
この方法はナチュラルに目を大きく見せることもできますし、ナチュラルにアイラインを引くよりは濃く見えますが汚く見えることがありません。
アイラインを目頭部分から太めに引いていって、最後にブラシでアイラインをうまくぼかすことで、ふんわりとした印象のある目元を作り出すことができます。

chopipi55さんの投稿
28156099 2047521538858307 595367709441523712 n

【アイメイク×一重】応用

さきほどまでご紹介させていただいていたナチュラルメイクとは別の応用編のアイメイクをご紹介させていただきたいと思います。
例えば鮮やかなアイシャドウカラーをつかったカラーメイクがおすすめです。
二重幅の広い人がこのカラーメイクをしてしまうと、とてもきつい印象を周りに与えてしまったりケバいメイクになってしまうので、このカラーメイクは一重の人の特権なのではないでしょうか。

kumikosalonさんの投稿
28153387 222322051663782 4678886081762951168 n

また、腫れぼったく見えてしまうピンクカラーのアイシャドウでも、アイラインを少し太めにしっかりと引くことでまぶたを腫れぼったく見せることなく、ピンクカラーのアイシャドウを楽しむことができます。
その他にもアイシャドウブラシを使って目頭の切開ラインや、疑似的に二重幅のラインを引くダブルラインなどを引くのも目を通常よりも目を大きく見せることができて、なおかつ一重の人ならナチュラルに見せることができるのでおすすめです。

【アイメイク×一重】20代

まず初めに20代の人へおすすめなアイメイクのやり方をご紹介していきたいと思います。
20代の人の場合は、目尻にシワがあったり皮膚のハリがとてもいいのが特徴的です。
なのでアイラインを引く時にはリキッドタイプのアイライナーがおすすめです。
皮膚のハリがいいということは、メイクを乗せた部分にしっかりと色をつけたり線を引いたりすることができます。

blanche6171さんの投稿
28150986 153521972126618 3424596056116035584 n

なので、20代のうちはしっかりとしたメイクをおすすめします。
アイメイクをナチュラルに見せたい時には、アイシャドウの使うカラーを一段階明るくしてみたり、使うアイライナーも濃い色のものを使ってみると簡単に目力のあるしっかりとしたアイメイクをすることが出来ます。
しかし、初心者の方が初めから濃い色でアイメイクをし始めてしまうと、ヨレや化粧が落ちてしまいやすくなってしまいます。

【アイメイク×一重】30代

さきほどは20代のにおすすめなアイメイクのやり方をご紹介させていただきました。
次は30代の方におすすめなアイメイクのやり方をご紹介していきたいと思います。
30代の方は、20代の方よりも目尻のシワが増えてきたりお肌が乾燥気味になってしまったりなどの肌トラブルが増えてきてしまいます。
なので20代の方と同じ様なリキッドタイプのアイライナーやアイシャドウを使ってしまうと、目尻のシワの部分にリキッドタイプのアイラインが入り込んでしまってヨレてしまうことがあります。

ha.na.109さんの投稿
27878621 1592961180758507 1176569225171435520 n

そうするとせっかくのアイメイクが汚く見えてしまう原因になってしまうので注意してください。
なので、30代の方はペンシルタイプのアイライナーでまつげの隙間を埋めたり、目尻に少し影をつけたりするようなアイメイクのやり方がおすすめです。
この30代の方におすすめの方法は、アイラインを長く引くよりもナチュラルでどの世代にも取り入れやすいアイメイクの方法でもあります。

【アイメイク×一重】40代

最後に40代の方におすすめなアイメイクのやり方をご紹介していきたいと思います。
40代の方は10代や30代よりも目元のシワなどが気になったりしてしまいます。
また、もともと一重の人の場合40代などの年齢になってくると、まぶたが垂れ下がってきてしまって目が小さく見えてしまったり、アイラインを引いても全く見えないということがあります。

blanche6171さんの投稿
27892478 148273942520736 1880256357710430208 n

なので40代の方は、少し太めにアイラインを引く方法がおすすめです。
そうすることで、まぶたを開いていてもアイラインを正面から確認することができます。
また、20代や30代で使えていたアイシャドウのカラーが40代では似合わない場合もありますので、自分に合うアイシャドウのカラーなのか確認してからアイメイクをするようにしてください。

【アイメイク×一重】初心者

メイク初心者の方はダブルラインや目頭の切開ラインなどを描くのが難しいと思います。
なので、初心者の方はまずはメイクをする練習から始めてみてください。
一重の人のアイメイクはナチュラルに見えますがかなり手を加えていることが多いです。
もともとの目力が弱かったりすることで、多少濃いメイクをしても目立たないので初心者の方は自分が似合うメイクの濃さなどを研究してみましょう。

また、初心者の方は基本的なメイク道具しか持っていないはずです。
特にアイシャドウなどはブラウン系をチョイスしている人が多いと思います。
もしも初心者の方がメイクを練習してうまくアイメイクができるようになってきたら、ラメ感のあるものを選んだり鮮やかなカラーアイシャドウに挑戦してみても、いつもと違う雰囲気を楽しむことができるのでおすすめです。

■参考記事:ダブルラインの引き方、コチラもチェック!

ダブルラインメイク!引き方・書き方を一重、二重別に解説します!
ダブルラインフェイカー(KATE)で整形級メイク!使い方教えます!

【アイメイク×一重】二重メイク

一重の人の中に、一重さんようのメイク方法を見てもどうしても二重幅に憧れる!という人もいると思います。
そんな人にはメザイクやアイプチ、アイテープなどの二重幅を作るメイク道具を使うのがおすすめです。
しかし、この方法では二重幅ができる人とそうでない人がいますので、一度自分が二重幅を作れるようなまぶたなのか確認してみてください。

■参考記事:アイプチを上手にするコツは?

アイプチのやり方・コツ7選!失敗しないでキレイな二重に!

【アイメイク×一重】整形

さきほどご紹介させていただいた二重幅を作ることができなかった人で、それでもどうしても二重幅を作りたいという人は二重整形しか手がありません。
二重整形はプチ整形と言って、失敗も少なく価格も方法によってはとてもリーズナブルです。
しかし、いくら失敗が少ないからといっても失敗することもありますし、二重の整形が周りにバレてしまう可能性もあるので注意してください。

【アイメイク×一重】最後に

いかがでしたでしょうか。
一重の人におすすめなアイメイクの方法はわかっていただけましたでしょうか。
今回は20代・30代・40代の世代別にもやり方をご紹介させていただきました。

特に30代・40代はしわが増えてきてしまいます。
なので、いままでと同じようなメイクの仕方をしているとしわの部分にアイラインやアイシャドウが入り込んでしまって、汚い印象を与えてしまうこともあります。
特に40代の方はほとんどの人がそうなってしまうので気をつけてください。

初心者のみなさんもぜひ一重の人に似合うアイメイクを試して、今までとは違う雰囲気を周りに与えてみませんか?

一重のためのアイメイクについてもっと情報を知りたいアナタに!

一重さん向けアイメイク解説!これで可愛い目元を作れる!
一重さん向けアイメイク方法韓国オルチャン編!これで韓国美女風に!
一重まぶたのアイシャドウおすすめ15選!塗り方や人気のメーカーは?

関連するまとめ

すうこ
すうこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ