コンビニでクレジットカードは使える?サインは不要なの?

急いでいる時や現金の持ち合わせがない時に非常に便利なクレジットカード。いまや1人1枚以上持っている事も珍しくない時代ですが、今はコンビニでもクレジットカードを使えるというのをご存知でしょうか。今回はコンビニでクレジット使う時の方法などについてご紹介致します♪

コンビニでクレジットカードは使える?サインは不要なの?のイメージ

目次

  1. とっても便利!コンビニでクレジットカードを使おう♪
  2. すぐ慣れる♪コンビニでのクレジットカードの使い方とは?
  3. コンビニでのクレジットカードの使い方①手数料
  4. コンビニでのクレジットカードの使い方②サインの有無
  5. コンビニでのクレジットカードの使い方③支払い回数
  6. コンビニでクレジットカードを使うメリット5選!
  7. コンビニでクレジットカードを使うメリット①お会計が早い
  8. コンビニでクレジットカードを使うメリット②現金が不要である
  9. コンビニでクレジットカードを使うメリット③ポイントが貯まる
  10. コンビニでクレジットカードを使うメリット④ポイントが使える
  11. コンビニでクレジットカードを使うメリット⑤家計簿が不要
  12. コンビニでクレジットカードを使えるものは?
  13. コンビニでクレジットカードを使える物①店内の商品代金
  14. コンビニでクレジットカードを使える物②宅急便・ゆうパック
  15. コンビニでクレジットカードを使える物③たばこ
  16. コンビニでクレジットカードを使える物④新聞
  17. コンビニでクレジットカードを使える物⑤ギフトセット
  18. コンビニでクレジットカードで使えない物は?
  19. コンビニでクレジットカードが使えない物①公共料金
  20. コンビニでクレジットカードが使えない物②切手や年賀はがき
  21. コンビニでクレジットカードが使えない物③地域のゴミ処理券
  22. コンビニでクレジットカードが使えない物④コピー代金
  23. コンビニでクレジットカードが使えない物⑤プリント代金
  24. コンビニでクレジットカードが使えない物⑥公的書類関係
  25. コンビニでクレジットカードが使えない物⑦プリペイドカード
  26. まとめ

とっても便利!コンビニでクレジットカードを使おう♪

日々の暮らしの中で最も身近なお店であるコンビニ。コンビニは一人暮らしの男性や女性だけでなく、主婦にとってもちょっと買い足したいものがある時などにもとても便利ですよね。公共料金の支払いなどもできるため万が一公共料金の支払いを忘れてしまっていたとしても安心です。

1週間に何度もコンビニを利用するという人であればかなりの金額をコンビニに支払いをしている計算になりますが、皆さんは商品を購入する時にクレジットカードが使えるのをご存知でしょうか?

最近のコンビニでは数百円とかなり少額の買い物代金でも現金払いよりもクレジットカードで支払いをする人が増えてきています。今回はコンビニで商品を購入する時のクレジットカードの使い方などについて詳しくまとめてみました。

クレジットカードを持っているもののコンビニでの使い方や支払い方が分からないという人は、ぜひこの機会にコンビニでクレジットカードを使えるようにその使い方を覚えてみてくださいね♪

すぐ慣れる♪コンビニでのクレジットカードの使い方とは?

それではさっそくコンビニでのクレジットカードの使い方を順番に詳しくみていくことにしましょう!

クレジットカードは使い慣れていないと本当に支払いができるのかドキドキしてしまったり、また何を聞かれるのか不安になってしまうこともありますよね。

コンビニではまずお会計金額を言われたら店員さんにクレジットカードを差し出し、「クレジットカードでお願いします。」と伝えます。コンビニでは少額のお買い物の場合は支払い回数を尋ねられることもなくレジにカードを通してもらった後はサインも暗証番号もなくレシートを受け取って支払いが完了します。

コンビニのクレジットカード払いは現金で支払うよりも拍子抜けするほど簡単に支払いが完了するため、今や若い人たちの間ではメインの支払い方法となってきているようです。

ここではまず最初に気になるコンビニでクレジットカードを使った時の手数料、サインの有無、支払い回数などについて詳しくまとめてみました!

コンビニでのクレジットカードの使い方①手数料

コンビニでのクレジットカードの使い方の1つめはまず手数料についてです。

コンビニでクレジットカードを使いたいと思っても、支払いのたびに手数料がかかるのであればやはり少しためらってしまうこともありますよね。

実はクレジットカードというのは1回払いで支払いをすれば多くのカードで手数料が無料である場合がほとんどです。おそらくコンビニで毎回のように何万円も買い物をするという人は少ないと思いますので、支払いを1回払いにしておけば手数料無料でまとめて口座から利用料金を引き落とすことが可能です。

ガム1個、お菓子1袋だけ購入する時も小銭を出してお釣りをもらう手間を考えればサッとクレジットカードを出して一瞬で会計を終わらせてしまう方がずっと大人らしく格好良いですよね。

買い物金額が高額になりにくいコンビニでの買い物はクレジットカードでの支払いがとてもおすすめです♪

コンビニでのクレジットカードの使い方②サインの有無

コンビニでのクレジットカードの使い方の2つめは、サインの有無についてです。

クレジットカードといえばレシートのような紙にサインを求められるのが面倒!という方もいるかもしれませんが、実はコンビニではお客さんの暮らしの利便性とお店側の手間暇を考慮して一定金額以下の支払ではクレジットカードのサインや暗証番号は不要であると定めているところがほとんどです。

大手コンビニのセブンイレブンでは支払い金額1万円以下の支払ではサインも暗証番号も不要です。同様にローソンやファミリーマートでは4000円以下の支払いまではサインも暗証番号も不要となっています。

支払い金額がいくらまでならサインレスでお買い物ができるかはそのコンビニによって違います。クレジットカードのサインや暗証番号の有無について気になる方はコンビニの窓口でも気軽に教えてもらえますのでぜひ日々の暮らしの中でよく行くコンビニの店員さんに尋ねてみてくださいね。

コンビニでのクレジットカードの使い方③支払い回数

コンビニでのクレジットカードの使い方の3つめは、支払い回数です。

クレジットカードを使って支払いをする時はサインや暗証番号は不要な場合がほとんどですが、店員さんから支払い回数を尋ねられることはよくありますよね。

コンビニで初めてクレジットカードを使う時は支払い回数をどう答えれば良いのか使い方が分からない場合もあるかもしれませんが、支払い回数は基本的に1回払いは手数料無料ですがそれ以上になると分割手数料が必要になることが多くなります。

コンビニでの支払いはせいぜい1回の食費分やおやつや雑貨程度のものだと思いますので、そのような時は迷うことなく1回払いで支払いを済ませると余計な費用がかかる心配がありません。覚えておくと便利ですね。

コンビニでクレジットカードを使うメリット5選!

それでは実際にコンビニでクレジットカードを使うとどんなメリットがあるのでしょうか?

何となく格好良いという以外にもコンビニでクレジットカードを使うメリットは実は意外とたくさんあるんです♪一人暮らしの人も家計を預かる主婦の人も、賢いクレジットカードの使い方で今よりももっと毎日の暮らしを便利にすることができるかもしれません。

次はコンビニでクレジットカードを使うメリット5選をご紹介します♪

コンビニでクレジットカードを使うメリット①お会計が早い

コンビニでクレジットカードを使うメリットの1つめは、お会計が早いことです。

クレジットカードの最大のメリットはとにかくパパッとお会計を終わらせることができることです。財布から小銭を数えて出して並べているとそれなりに時間がかかってしまうものですが、クレジットカードならサッと取り出して手渡しすることが可能です。

特にコンビニでの少額での支払いならサインも暗証番号も不要で、お釣りを受け取る手間もなくレシートだけを受け取ってお会計が完了するのもとても楽ですね。

レジが混み合っている時は店員さんの手間を省くこともできて一石二鳥といえます。

コンビニでクレジットカードを使うメリット②現金が不要である

コンビニでクレジットカードを使うメリットの2つめは、現金が不要であることです。

コンビニでクレジットカードを使う時は当然ですが現金が不要になります。大きい財布を片手に持って移動する必要もなく、もしスマホーケースなどにカードを入れる場所があればそこに入れておけば荷物を最小限に減らすことができるのもクレジットカードが人気がある理由の1つです。

特に男性は普段の暮らしの中でカバンを持ち歩かないという人も結構多いため、かさばる現金よりもクレジットカード1枚を利用する方を好む人もたくさんいるようです。

コンビニでクレジットカードを使うメリット③ポイントが貯まる

コンビニでクレジットカードを使うメリットの3つめは、ポイントが貯まることです。

クレジットカードはカードに種類にもよりますが、利用金額に応じてポイントがどんどん加算されています。200円で1ポイントなどその還元率は微々たるものかもしれませんが、ちりも積もれば山となると言うように気付けば数千円分のポイントが貯まっていたという事も少なくありません。

現金で支払いをしていると1円もポイントがつかないことを考えると、クレジットカードを使った方がはるかにお得であることが分かりますね。

一人暮らしの人などコンビニを利用する頻度が多い人はぜひクレジットカードをおおいに有効活用してお得なポイントを貯めてみてはいかがでしょうか。

コンビニでクレジットカードを使うメリット④ポイントが使える

コンビニでクレジットカードを使うメリットの4つめは、貯まったポイントが使える可能性があるということです。

これはクレジットカード会社とそのコンビニが業務提携している場合に限りますが、コンビニで支払いをして貯めたポイントを商品の合計金額の支払いに充当して使うことができる場合もあるのをご存知でしょうか。

コツコツためたポイントでちょっと高級なスイーツを買って自分へのご褒美にするのも良いですし、そのポイントで勿体ないかなと我慢していた漫画本を購入するのも楽しみの1つになります。普通にお買い物をするだけで貯まっていくポイントが使えるのは暮らしの節約にもつながりますね。

気になる方は行きつけのコンビニでどんなクレジットカードならポイントを使えるのか聞いてみるのもオススメですよ。

コンビニでクレジットカードを使うメリット⑤家計簿が不要

コンビニでクレジットカードを使うメリットの5つめは、家計簿が不要になることです。

これはコンビニに限らずのメリットですが、クレジットカードではどこで何に幾ら使ったのかが簡単にインターネット上などで確認できるようになっています。

そのため今まではレシートを保管して家計簿をつけていたという人でも、ネット上でお金の使い方を把握できるため家計簿をつける手間を省くことができるようになります。

些細なことかもしれませんが、忙しい主婦にとっては時間を効率よく使えるようになるため非常に便利といえますね。

コンビニでクレジットカードを使えるものは?

それではいざコンビニでクレジットカードを使おうと思った時に、どんな商品でもクレジットカードを使えるのかも気になりますよね!

実はコンビニでは陳列されている商品以外にもたくさんのサービスを取り扱っています。そのためコンビニのサービスの中にはクレジットカードを使えるものと使えないものが分かれていることもよくあります。

ここではまずコンビニでクレジットカードを使えるものから順番に詳しくご紹介していきますので、ぜひ一緒にご覧くださいね♪

コンビニでクレジットカードを使える物①店内の商品代金

コンビニでクレジットカードを使える物の1つめは、店内商品の代金です。

コンビニで普通に販売している食品や飲み物、本や暮らしの雑貨などの商品は当然ですが普通にクレジットカードを使う事ができます。

上記でもご紹介しましたがコンビニごとに少額の買い物であればサインや暗証番号も不要ですので、缶コーヒー1本からでもクレジットカードを使うことができますよ。

コンビニでクレジットカードを使える物②宅急便・ゆうパック

コンビニでクレジットカードを使える物の2つめは、宅急便やゆうパックの送料です。

これはコンビニにもよるので全てのお店でクレジットカードが使えるというわけではないのですが、大手のコンビニで取り扱っている宅急便やゆうパックの送料も大抵のコンビニでクレジットカードで支払うことも可能です。

特にゆうパックは郵便局で申し込みする場合はクレジットカードを使うことはできませんのであえてコンビニに持ち込む人も多いようです。たくさんの荷物を送る場合はポイントもたくさんつきますのでぜひ積極的に利用してみてくださいね。

■参考記事:コンビニでのゆうパック利用についてはコチラも参照!

ゆうパックのコンビニ受け取りの方法は?できないコンビニもある?
ゆうパックをコンビニに持ち込みすると料金割引に?箱の梱包は?

コンビニでクレジットカードを使える物③たばこ

コンビニでクレジットカードを使える物の3つめは、たばこです。

たばこも年齢確認はされるかもしれませんが、コンビニのレジであればクレジットカードで支払うことが可能です。自販機では1つずつしか買えないたばこもコンビニのレジでは箱買いなどもできます。

たばこはまとめ買いすればかなり高額になることもありますので、その場合はサインや暗証番号を求められることもあるかもしれませんので臨機応変に対応するようにしましょう。

コンビニでクレジットカードを使える物④新聞

コンビニでクレジットカードを使える物の4つめは、新聞です。

コンビニでは当日の新聞も販売していますが、新聞もクレジットカードで支払うことが可能です。朝の忙しい通勤前に缶コーヒーと新聞を買おうといった時にもとても便利ですね。

コンビニでクレジットカードを使える物⑤ギフトセット

コンビニでクレジットカードを使える物の5つめは、ギフト用品です。

コンビニではちょっとしたお土産にも使えるお菓子の詰め合わせなどのギフトセットも購入することができますが、ギフトセットもクレジットカードを使って購入することが可能です。ギフトセットはレジの後ろの棚などに置いていることがよくありますので、必要な人は店員さんに声をかけて取ってもらってくださいね。

コンビニでクレジットカードで使えない物は?

それでは次はコンビニでクレジットカードが使えない物についてもご紹介していきましょう!

少額であればサインや暗証番号も不要と日々の暮らしの中で非常に便利なコンビニでのクレジットカード払いですが、何でもカードで支払えるわけではありません。

コンビニでクレジットカードを使えないものはたくさんありますが、覚えておくとレジなどでの二度手間を防ぐこともできますのでぜひこちらの方も目を通してみてください♪

コンビニでクレジットカードが使えない物①公共料金

コンビニでクレジットカードが使えない物の1つめは、公共料金です。

暮らしの公共料金とは電気、ガス、水道代などが挙げられますが、公共料金は口座振替にしている人がほとんどです。しかし公共料金の引き落とし口座を変更した時など振込用紙で公共料金を払わなくてはいけない時もありますよね。

振込用紙の公共料金もコンビニで支払うことが出来るのですが、実は公共料金はクレジットカードで支払うことはできません。

公共料金は結構まとまった金額になることも多いため少し残念な気持ちになりますが、実は大手コンビニで、そのコンビニで発行することができるクレジットカードであれば公共料金もカードで支払うことが出来る場合もあります。

口座引き落としの公共料金をコンビニで支払う頻度はそれほど多くはないと思いますが、気になる方はぜひコンビニのレジで確認してみてくださいね。

コンビニでクレジットカードが使えない物②切手や年賀はがき

コンビニでクレジットカードが使えない物の2つめは、切手や年賀はがきです。

コンビニでは公共料金以外にも切手や年賀はがきもクレジットカードを使うことはできません。切手や年賀はがきはコンビニで販売している商品の中でも少し特殊な扱いになりますのでこれは仕方ないことかもしれませんね。

切手や年賀はがきは郵便局で買う時は書き損じのはがきなどと交換してもらえる場合もあります。また不要な切手などと交換してもらうことも可能ですので、状況に応じてお店を使い分けてみるのもおすすめです。

日々の暮らしの中で切手や年賀はがきをコンビニで購入する時は気を付けましょう。

コンビニでクレジットカードが使えない物③地域のゴミ処理券

コンビニでクレジットカードが使えない物の3つめは、地域のゴミ処理券です。

ゴミ袋もいまや有料の時代ですが、地域のごみ処理券は市内にたくさんあるコンビニで購入できる場合がほとんどです。しかし税金などの公共料金と同様に、コンビニではこのような市が管理するゴミ処理券なども代行業務の1つになるためクレジットカードが使えない場合がほとんどです。

地域のごみ処理券は市から郵送されてくる交換チケットなどを利用できる場合もありますので、1人暮らしの方などは特にその使い方などをしっかり確認しておくことをオススメします。

コンビニでクレジットカードが使えない物④コピー代金

コンビニでクレジットカードが使えない物の4つめは、コピー代金です。

コンビニでは商品を買わなくてもコピー機を使わせてもらうことは可能ですが、コピー機を使う時はそのコピー機自体にお金を入れる所がありますのでレジでお金を支払うことはありません。

お金を入れる機械はクレジットカードはもちろんお札も入れる入り口もありませんので、小銭を持っていない時はレジで相談してみましょう。

コンビニでクレジットカードが使えない物⑤プリント代金

コンビニでクレジットカードが使えない物の5つめは、プリント代金です。

コンビニでは暮らしの利便性を向上させるため、店内のコピー機を使って非常に精度の高い写真プリントなどのサービスを提供しているところも多くなりました。

プリント代金もコピーと同じくコンビニではレジを通さずにお金を支払うシステムになっているためクレジットカードを使ってお金を支払うことはできません。写真をたくさんプリントする時などはネット通販などを利用してクレジットカードを使った方がお得になるかもしれませんね。

コンビニでクレジットカードが使えない物⑥公的書類関係

コンビニでクレジットカードが使えない物の6つめは、公的書類関係です。

住民票や印鑑証明などこれまで市役所に行かなければ受け取ることが出来なかった公的書類も、最近ではコンビニのコピー機を利用して入手できるようになったのをご存知でしょうか。

公的書類を印刷するためには役所が発行する専用のカードなどが必要になる場合がほとんどですが、一度登録しておけば暮らしが非常に便利になること間違いなし!コピー機を利用するこちらもレジを通さないためクレジットカードを使うことはできません。

コンビニでクレジットカードが使えない物⑦プリペイドカード

コンビニでクレジットカードが使えない物の7つめは、プリぺイドカードのチャージ費用です。

プリペイドカードとはあらかじめICカードにお金をデータでチャージしておいてお財布代わりに利用することができる非常に便利なカードなのですが、このチャージ費用もクレジットカードを使うことはできないため現金のみ支払うことになります。

公共料金と同じくかなり高額の費用をチャージする人にとってはクレジットカードのポイントがつかないのは少し勿体ないイメージもありますが、チャージ費用は商品購入代金とはまた違った種類の料金になりますので仕方ないことなのかもしれませんね。

まとめ

コンビニでクレジットカードを使う時の方法や、コンビニでクレジットカードを使えるもの、使えないものなどについてご紹介致しました!

コンビニでクレジットカードの使い方がよく分からなかった人や、少額の買い物代金でクレジットカードを使って良いのか悩んでいた人などにとっては役に立つ情報ばかりだったのではないでしょうか?

コンビニはただ商品を購入するだけでなく、代行業務や公的サービスなど色々なサービスを受けられる非常に暮らしに密着したお店に変化してきています。皆さんも上記のまとめを参考にしながらお得で便利なクレジットカードをもっと積極的に活用してみてくださいね♪

コンビニのサービスについてもっと情報を知りたいアナタに!

コンビニで速達で郵便を送ろう!料金は?土日でも大丈夫?
コンビニでレターパックを購入できる?買えるコンビニはどこ?
コンビニは両替してくれるの?両替禁止の理由を公開!
コンビニでも薬・風邪薬を買えるの?【気になる】

関連するまとめ

わんらぶ
わんらぶ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ