死期が近い人の特徴15選!行動/接し方/夢/手相など

死期が近い人には、独特の特徴があるようです。今回はそんな死期が近い人の特徴を厳選してまとめてみました。死期が近い人がその行動をとったときに、実践してほしい接し方も解説させていただきます。何よりもあなたが後悔しないように、限られた時間を大切に過ごしましょう。

死期が近い人の特徴15選!行動/接し方/夢/手相などのイメージ

目次

  1. 死期が近い人には特徴があるそうです
  2. 死期が近い人の特徴①不思議な手鏡
  3. 死期が近い人の特徴②黒い影
  4. 死期が近い人の特徴③顔の印象がない
  5. 死期が近い人の特徴④昔の夢をよくみる
  6. 死期が近い人の特徴⑤性格が変わる
  7. 死期が近い人の特徴⑥顔に表れる死相
  8. 死期が近い人の特徴⑦手相に出る死相
  9. 死期が近い人の特徴⑧体からの臭い
  10. 死期が近い人の特徴⑨窓を開ける
  11. 死期が近い人の特徴⑩穏やかな表情
  12. 死期が近い人の特徴⑪白い顔色をする
  13. 死期が近い人の特徴⑫食の好みが変わる
  14. 死期が近い人の特徴⑬元気なのに死期が近い人
  15. 死期が近い人の特徴⑭療養中で死期が近い人
  16. 死期が近い人の特徴⑮カラス
  17. 死期が近いと分かったときの接し方

死期が近い人には特徴があるそうです

あなたは誰かの死に直面したことがあるでしょうか。祖父や祖母、両親の死に立ち会った人もいるかもしれませんね。そんな死期の近い人の前兆には、人間ならではの前兆や特徴があるのだそうです。

猫は死期が近づくと、自分の死んだ姿をみられないようにとふっと姿を消すと言われています。小動物の多くは、自分が弱ったことを悟られないように、死期が近づくと元気にふるまうのだそうです。野生のころからの本能的な習性なのですね。

人間にも他の動物と同じように、死期が近くなると本能的な特徴が現れるようです。今回は死期が近づいた多くの人にみられる特徴をまとめていきます。

しかし死期の近づいた全ての人に現れる兆候というわけではありません。あなたの大切な人の死期を感じたいという場合は、毎日の接し方を大切にしてくださいね。

■参考記事:人が死ぬ夢にはどんな意味がある?

【夢占い】人が死ぬ夢の意味は?自分・家族・他人・恋人・兄弟など!

死期が近い人の特徴①不思議な手鏡

死期が近い人の多くの人がとる行動に、不思議な手鏡です。手鏡とは手の中にすっぽりと入ってしまうような小さな鏡のことで、女性が主に使うことが多い鏡になります。

死期が近い人はまるで手の中に手鏡があるように、じっと手の甲をみつめているのだそうです。もしかしたら、何かがみえているのかもしれませんね。

こんなときには、じっと手の甲をみつめている死期が近い人の前兆を見守ってあげるという接し方がいいようです。じっとみている手を無理やり視線から外そうとしたり、無理に話しかけるという接し方は良くありません。

じっと手の甲をみることで、死期が近い人は何かを感じたり、何かを悟ろうとしているのかもしれません。相手が話しかけてくるまで、穏やかに時間が過ぎるように接してあげてください。

死期が近い人の特徴②黒い影

少しスピリチュアルな話になりますが、死期が近い人のそばに黒い影がみえる兆候があるそうです。病室には3人しかいないのに、影が4つあったり、死期が近い人の後ろに2つ影ができていたりするのだそうです。

黒い影ではなく顔がよくわからない黒っぽい人だったり、黒い小人だったという人もいるそうです。どちらにしても現実世界ではありえないような、スピリチュアルな世界の話のようですね。

もしも死期が近い人の周りで黒い影がみえるようになっても、慌てない接し方が大切です。死神が来たとか悪魔が来たとか、騒ぎ立てる接し方はよくないでしょう。

死期が近い人の周りに黒い影が見えるのは、その人の周りの人に死期が近い前兆を知らせてくれるサインです。悪いものではありません。残りの時間を大切に過ごしなさいと、誰かがあなたに伝えてくれているのかもしれません。

死期が近い人の特徴③顔の印象がない

死期が近い人の前兆の特徴には、顔の印象がないという特徴もあるようです。これもスピリチュアルなお話になってしまいます。普通に接していれば、相手の顔や表情は目に入ってくるものです。美味しいものを食べた時には嬉しそうな顔をしていたとか、後ろからおどかしたらビックリした表情をしていた、という印象が残ります。

しかし死期が近い人には、表情の印象がないのだそうです。「今日のおばあちゃんはどんな表情だったっけ?」なんて、顔が思い出せないことが多くなってきた時には、その人の死期が近づいているのかもしれません。

そんなときの接し方としては、普段と同じようにする接し方がいいでしょう。可能であれば、写真をたくさん撮ってあげるのもいいですね。目では死期が近い人の顔の印象は残せませんが、写真にはたくさんの表情を残すことができます。後から写真をみて、このときこんな表情をしていたんだ、と思い出せるかもしれません。

死期が近い人の特徴④昔の夢をよくみる

死期が近い人の兆候が、夢に現れることがあります。夢には夢占いというものもありますが、死期が近い人の前兆の夢というのは夢占いとはまた少し違う、夢の特徴になります。

死期が近い人の夢には、昔の夢や自分の大好きなものが夢に出てくることが多いようです。例えば大好きな食べ物ばかりを食べる夢であったり、すでに亡くなっているお母さんの手料理を食べている夢だったり、子どものころ住んでいた家で食事をしているという夢もあるようです。

夢の中にすでに亡くなっている人が出てくるというのは、スピリチュアル的に考えると、死の世界から呼ばれていると考えられなくもありませんね。

こんな夢をみたんだというような話をされたときの接し方は、あなたがおびえたりせずに、「懐かしかったんじゃない?」などプラスの方向へと話をもっていく接し方が良さそうです。昔のアルバムを一緒にみてみるのもいいですね。

■参考記事:家族の出てくる夢、その意味をチェック!

【夢占い】家族の夢の意味9パターン!自分を映し出している?

死期が近い人の特徴⑤性格が変わる

死期が近い人の前兆の特徴には、性格が変わるというのもよく聞かれる特徴ですね。怒りっぽかった人が、最後に会ったときは穏やかになっていた、というのはよく聞く話です。逆にいつも穏やかだった人が、最後は文句ばかりを言っていたなんてこともあるようです。

死期が近い人の性格が変わるのが、どういう心境からなのかはスピリチュアル的にもよくわからないところですが、本能的に自分は死期が近い人だということを悟っているのかもしれませんね。

こんな時の接し方としては、相手の行動に合わせることです。できるかぎり相手の行動に同調してあげることにしましょう。「いつもはそんな風にニコニコしていないのに」なんて言ってしまうような接し方はよくありません。

いつも穏やかな人が文句ばかりを言うようになったら、そんなに怒らないでと優しくなだめてあげてください。後悔しない接し方を心掛けましょう。

死期が近い人の特徴⑥顔に表れる死相

死期が近い人の前兆には、顔に思想があらわれることがあるそうです。行動などの兆候ではありませんが、顔をみていて、いつもとちょっと顔の印象が違うな、とスピリチュアル的に感じたときには注意をしてみてみてください。

死期が近い人にみられる死相の特徴は、顔に現れる影です。人の顔には凹凸がありますから、例えば鼻の近くには影ができるものです。しかし死期が近い人の顔には、通常は影ができない部分、極端なことを言えば鼻のてっぺんに影ができていたりします。

深い理由はわかりませんが、スピリチュアル的にはこの影が青っぽい黒の影であれば、死期まで少し猶予があるのだそうです。この影が真っ黒である場合は、スピリチュアル的にはかなり死期が近いことを意味しているのだそうです。なんだか不思議ですね。

死期が近い人の特徴⑦手相に出る死相

死期が近い人の前兆には、手相にも死相があらわれるそうです。この場合も行動の特徴ではありませんが、スピリチュアル的な手相に出る死相の特徴もまとめてみます。右手でも左手でも構いませんが、手相の基本の線と言われる運命線や生命線はわかるでしょうか。

この手相にある、運命線や生命線の途中に、手相の線が先に延びるのを妨害するような線や「×」のような模様の手相があらわれていることがあります。

手相にこの妨害線や「×」のような模様があらわれていて、手相の運命線や生命線がそこで切れてしまっている場合は、手相に死相が出ている場合があります。

手相は毎日変わるものです。毎日どんな手相になっているのか、チェックしてみてくださいね。

■参考記事:手相のクロスの意味は?

【手相】神秘十字線の意味と位置は?クロスは何を表すの?

死期が近い人の特徴⑧体からの臭い

死期が近い人の前兆の特徴には、体からの臭いの特徴もあります。臭いといっても体臭というか雰囲気臭のような臭いであるようで、臭いをかぐ人によって、臭いのイメージが違うのも特徴です。

ある人はさびた鉄パイプの臭いといい、ニンニクのような臭いだという人もいます。別の人は線香のような臭いがするという人もいるようです。

ただひとつ言えるのは、どうしてこんなところからこんな臭いがするのだろう、という臭いがしてきたら、もしかしたら近くにいる人は死期が近い人なのかもしれません。

病気で死期が近い人の兆候の場合は、内臓が弱っていることからくる臭いなのではないか、という説もあるようです。

死期が近い人の特徴⑨窓を開ける

死期が近い人の前兆の行動の特徴には、窓を開けたがるという兆候があるようです。死期が近い人は、どうしてだか窓を開けて欲しいと要求してくるようです。

窓の外にスピリチュアル的な何かがみえているのかもしれませんし、息苦しいと感じているのかもしれません。

実際に窓の外に子供がいるという人や、カバンを持った人が立っているという人もいるそうです。死期が近い人にしか見えないスピリチュアル的な何かが、窓の外にはいるのかもしれません。

そんなときは、相手の言葉を否定しないで接してあげる接し方をしてあげましょう。相手に同調してあげることは、死期が近い人に安心感をあたえることができます。

死期が近い人の特徴⑩穏やかな表情

死期が近い人の前兆の特徴には、穏やかな表情になるという特徴があるようです。長く病気で苦しんでいる人も、死期の3日ほど前くらいから穏やかな表情になっていく兆候があるのだそうです。

もしかしたら本能的に自分で死期を悟って、気持ちが穏やかになるのかもしれませんね。話し方や考え方も穏やかなものになるようです。

人の死はときに、線香花火に例えられることもありますね。死期の直前に、ぱっと元気になる兆候があるなんていいますが、この穏やかになるタイミングが、まさにこの穏やかな表情になるときなのかもしれません。

死期が近い人の特徴⑪白い顔色をする

死期が近い人の特徴には、白い顔色をするというものがあります。これはもともと色白の人の白ではありません。また病気をしたときに、ちょっと青白くなるような白でもないのだそうです。

例えるならば、ろうそくのような透き通った白い顔色になることが多いといわれています。透き通っているという点が、死期が近いかどうかを判断するポイントになるようです。

死期が近い人が白い顔色になるのは、長い間病気の人だけではなく、交通事故などで急に死期が近づいた人にも表れる兆候なのだそうです。これもスピリチュアル的なものなのでしょうか。人間が持っている潜在意識で自分の死を理解するのかもしれません。なんにしても不思議な現象ですね。

死期が近い人の特徴⑫食の好みが変わる

死期が近い人は、食の好みが変わるという兆候もあるようです。病気の場合、脂っこいものが食べられなくなったという場合もありますが、ずっと苦手だといっていた野菜が好きになっていったり、お魚派だったのにお肉派に変わっていたりする場合があるそうです。

どうして食の好みが変わるのかについても、理由は良く分かっていません。薬などの副作用で食の好みが変わるのではないかという説もあります。

スピリチュアル的に食べた事のないものを最後に食べておきたいという、人間の本能が食べさせているのかもしれません。

死期が近い人の特徴⑬元気なのに死期が近い人

死期が近い人の特徴にはイロイロありますが、元気なのに突然亡くなってしまう人もいますよね。そんな人の行動の特徴には、印象的なものが多いようです。

例えばいつも仲良く遊んでいる友達と別れる時に「ずっと仲良くしてくれてありがとう」なんて突然いままで言われたことのないことを言われたりすると、どきっとしますよね。なんとなく心に残ることを言われたり、行動があったときには、その友達の死期が近づいている兆候なのかもしれません。

夫婦の場合も、いつもは言わないことやしない行動をとったときには、相手に何か感じるものがあるのかもしれません。「生まれ変わっても、また結婚したいね」なんて言葉を言うようであれば、死期が近づいていることを本能的に感じているのかもしれません。

死期が近い人の特徴⑭療養中で死期が近い人

病気やけがで長い間療養中の人であったり、もうすぐ命の炎が消えてしまうことがわかっている人の場合であっても、死期が近い人には特徴的な兆候の行動があるのだそうです。

例えば認知症で療養していた人が、突然しっかりとした口調で話し始めたり、介護や看護してくれている人を気遣うような言葉をすることがあるのだそうです。これらの行動も、死期が近い人の特徴です。

自発呼吸が難しいような人であっても、最後はしっかりと言葉を交わしたり、人に会いたいと言ったりすることも、死期が近い人の特徴になります。

どうして突然そんな力が出るのかはわかりませんが、死期が近いと人間の底力が発揮されるのかもしれません。

死期が近い人の特徴⑮カラス

昔からスピリチュアル的に言われている話ですが、死期が近づいている人の周りにはカラスが集まると言われていますね。

カラスというのは不吉なものの象徴と言われていますが、そういうスピリチュアル的な話とともに、カラスは本能的に死が近い動物がわかるとも言われているようです。

死期が近いと分かったときの接し方

今回は死期が近い人の特徴についてまとめてみました。実は筆者も最近、大切な人を亡くしたばかりだったので、記事を書いていて涙がとまりませんでした。

死期が近い人にはどういった接し方をしたらいいのか、本当に悩んでしまうものです。筆者が思うに、一番大切なのは、あなたが後悔しないように接するということが大切なのでしょう。

死期が近い人には、普段通り接してあげる方が良いと言われています。おそらく死期が近い人にはそれが一番良いのでしょう。いつもと同じように生活して、同じような食事をすることがその人らしい生き方です。

でももしもあなたが、いつもより良いものを食べさせてあげたいと考えたのなら食べさせてあげてください。いつもよりも笑っていたいと思った時には、笑うことが大切です。

あなたの身近な人が亡くなってしまう場合でも、あなたは生きていかなくてはいけません。後からこうしてあげればよかった、という後悔を1つでも減らすようにしましょうね。

スピリチュアルについてもっと情報を知りたいアナタに!

【手相占い】運命線の見方と意味解説!
【夢占い】自分が死ぬ夢の意味7選!自分が死んだ夢は吉夢だった?
タロットで死神の意味は?【恋愛・仕事】

関連するまとめ

鈴子
鈴子
もうすぐ冬ですね。イベントの準備が大変です♪

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ