ダメージジーンズの作り方!ハサミだけでデニムがおしゃれに!

ダメージジーンズの作り方を知りたいという人も多いのではないでしょうか。ダメージジーンズを自分で作ることができれば、自由にダメージを与えることができますし、おしゃれなジーンズを作ることもできます。そこで今回はダメージジーンズの作り方を紹介していきたいと思います。

ダメージジーンズの作り方!ハサミだけでデニムがおしゃれに!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】ダメージジーンズを作りたい
  2. ダメージジーンズの作り方!自分で作るメリットは?
  3. 【ダメージジーンズの作り方!メリット①】ポイントを選べる
  4. 【ダメージジーンズの作り方!メリット②】アレンジが効く
  5. 【ダメージジーンズの作り方!メリット③】簡単にできる
  6. 【ダメージジーンズの作り方!メリット④】性別が関係ない
  7. ダメージジーンズの作り方を知ろう
  8. 【ダメージジーンズの作り方①】準備をする
  9. 【ダメージジーンズの作り方②】ハサミで切る
  10. 【ダメージジーンズの作り方③】ピンセットで糸を出す
  11. ダメージジーンズの作り方!裾フリンジを作ろう
  12. 【ダメージジーンズの作り方!裾フリンジ①】カット
  13. 【ダメージジーンズの作り方!裾フリンジ②】マーキング
  14. 【ダメージジーンズの作り方!裾フリンジ③】縦にカット
  15. 【ダメージジーンズの作り方!裾フリンジ④】フリンジ作り
  16. ダメージジーンズの作り方!様々なアレンジを知ろう
  17. 【ダメージジーンズの作り方!アレンジ①】レース加工
  18. 【ダメージジーンズの作り方!アレンジ②】色落ち
  19. 【ダメージジーンズの作り方!アレンジ③】ポケット加工
  20. 【まとめ】ダメージジーンズの作り方は他にも色々

【はじめに】ダメージジーンズを作りたい

おしゃれな女子にとって、ジーンズというものは欠かせないものです。ジーンズは様々なファッションと合わせやすいため、かなり重宝されます。ジーンズ自体もおしゃれなものがたくさんあるため、様々なおしゃれジーンズを持っているという人も多いでしょう。

そしておしゃれなジーンズの一つとして挙げられるのが、ダメージジーンズです。ダメージジーンズは昔からあるものですが、今でもおしゃれ女子の中では人気なもので、様々なダメージジーンズが売られています。しかしダメージジーンズを見て、デザインに不満を持つ人もいるものです。

様々なダメージジーンズを見ていると、ダメージの入り方が同じようなものであったり、このジーンズにダメージが入っていればいいのに、と思うことがあるものです。お店の人に、ここにダメージを入れて欲しい、と言うわけにはいかないため、不満を感じたまま購入しなければならないこともあります。

そのような女子におすすめなのは、ダメージジーンズを自分で作るということです。ダメージジーンズは意外と簡単に自分で作ることができます。簡単にそのようなことができれば、おしゃれ女子としては嬉しいものでしょう。そこで今回は、ダメージジーンズの作り方を紹介していきたいと思います。

ダメージジーンズの作り方!自分で作るメリットは?

ダメージジーンズの簡単な作り方を紹介する前に、そもそもダメージジーンズを自分で作る必要があるのだろうかと考える人もいるでしょう。そこでここからは、ダメージジーンズを作るメリットについて紹介していきたいと思います。

洋服が大好きだという人は多くても、自分で服を作るという人はそういないものです。服を作るといわれると、かなり難しい感じがしますが、ダメージジーンズは服を一から作るわけではなく、ダメージを入れるだけですので、簡単に行うことができます。

ただ簡単にできるとはいっても、多少の手間はかかるため、いくら洋服が好きでも面倒臭いと思ってしまうものです。しかし洋服が好きな人も魅力的だと思うようなメリットがそこにはたくさんあるため、ダメージジーンズを作るメリットをしっかり知っておきましょう。

ダメージジーンズを作るメリットを知れば、洋服が好きな人であれば、ダメージジーンズを作りたくなります。洋服が好きな人ほど必見な内容ですので、しっかり読んでいきましょう。ではさっそく、紹介していきたいと思います。

【ダメージジーンズの作り方!メリット①】ポイントを選べる

ダメージジーンズの作り方を知るメリットとしては、ポイントを選べるというメリットがあります。

既製品のダメージジーンズは、当然のようにすでにダメージが入っている状態です。しかし洋服が好きな人であれば、もっと膝の部分にダメージを入れてほしいと思ったり、裾の部分をもっと何とかしてほしい、と欲求が出てきてしまいます。

ダメージジーンズをの作り方を知って、自分でダメージジーンズを作れば、ダメージを入れるポイントや裾のほつれ具合などは自由自在です。もちろん、失敗してしまい最悪なことになってしまうこともありますが、意外と誰でも簡単にできるため、丁寧にやれば失敗することも少ないものです。

自分で洋服をアレンジするとなると、一見、ハードルが高そうに思えますがダメージを入れるくらいであれば簡単ですので、洋服好きの人は少し興味が出てくるでしょう。自分の好きな場所にダメージをいれることで、世界に一つだけのダメージジーンズができるため、洋服が好きな人は試しにやってみましょう。

【ダメージジーンズの作り方!メリット②】アレンジが効く

ダメージジーンズの作り方を知ってダメージジーンズを作るメリットとしては、アレンジが効くというメリットがあります。

ダメージジーンズを作ることができれば、自分の好きなところにダメージを入れることもできますし、様々なアレンジをくわえることもできるようになります。それを想定して、ダメージを入れるという人もいるため、洋服が好きなおしゃれな人にとっては、メリットが大きいでしょう。

ダメージを入れた部分の内側に生地を縫いつけ、おしゃれな感じにすることもできますし、レースをつければ、レディース感をさらに増すこともできるようになります。洋服好きな人にとっては、このようなアレンジもワクワクするものです。

洋服が好きな人ほど、様々なアレンジができると、喜びを感じます。ダメージジーンズをハサミなどで自分で作るというのは、少し手間がかかりますが、わりと簡単ですし、洋服のバリエーションも増えるため、メリットは大きいです。

【ダメージジーンズの作り方!メリット③】簡単にできる

ダメージジーンズの作り方を知り、ダメージジーンズを作るメリットとしては、簡単にできるというメリットがあります。

洋服好きな人は自分で洋服を作りたいという思いがあっても、やはり手間がかかってしまうというところがネックになってしまいます。しかしダメージジーンズであれば、気に入ったジーンズを買ってきてダメージを入れるため簡単です。

作業自体は簡単ですし、守るべき注意点にだけ注意しておけば、失敗することもありません。この簡単にできる加工というものが、ダメージジーンズの魅力でもあるため、簡単に自分だけのダメージジーンズを作れるというのも、大きなメリットでしょう。

その簡単な方法は後ほど紹介しますが、これほど簡単にアレンジできる洋服はそうありません。簡単にできるからこそ、服をアレンジしたことがない人は、最初にやりやすいアレンジですので、興味がある人はやってみてはいかがでしょうか。

【ダメージジーンズの作り方!メリット④】性別が関係ない

ダメージジーンズの作り方を知ってダメージジーンズを作るメリットとしては、レディースやメンズという性別が関係ないというメリットもあります。

このジーンズが欲しいと思っても、レディースではなくメンズだった場合、諦めるしかありません。レディースとメンズでデザインは異なることも多いですが、レディースのものだけでなく、メンズのジーパンが欲しいと思うこともあるでしょう。

ダメージジーンズの作り方をある程度覚えれば、メンズ用のジーンズを切り、ショートデニムに変えることもできます。メンズのジーンズをレディースにできるのです。そのため、このアレンジの方法を覚えておけば、メンズもレディースも関係なく、ジーンズを選ぶことができるということになります。

メンズのものをレディースに変更することで、他の人が絶対に持っていない、世界に一つだけのジーンズを作ることができます。メンズをレディース用にアレンジして、さらにダメージをくわえれば、もっと独創性が増すでしょう。洋服好きな人には最高のメリットです。

ダメージジーンズの作り方を知ろう

ダメージジーンズを作るメリットを紹介してきましたが、ここからはいよいよ、ダメージジーンズの作り方を紹介していきたいと思います。

ダメージジーンズの作り方は簡単だという話をしましたが、失敗してしまうと、せっかく買ったジーンズをダメにしてしまうため、ダメージをハサミなどで与える際には、やはり慎重に行い、様々な注意点も守っておかなければなりません。

特に初めてダメージジーンズを作るという人は、そのやり方がまったくわからない状態だと思うため、しっかり読んで勉強しておきましょう。ハサミでダメージを入れるのが一般的ですが、ハサミ以外のものを使ってやる場合もあります。そのようなものの使い方もしっかり勉強しておいてください。

ではさっそく、ダメージジーンズの作り方を紹介していきたいと思います。

【ダメージジーンズの作り方①】準備をする

ダメージジーンズの作り方としてまずやるのが準備です。ダメージを入れるために、様々なものを使うことができるため、しっかり準備しておきましょう。

ダメージジーンズを作る際には、当然ジーパンが必要になるため、まずはダメージを入れたいジーパンを用意してください。そして、ダメージを入れる際には、ハサミとピンセットが必要となってきます。ただ、ハサミ以外でも、おろし金やサンドペーパー、カッターなどでやることもできます。それぞれ仕上がりが違うのですが、今回はハサミを使ったやり方を紹介していきます。

ハサミなどを用意したら、次はジーンズのどこにダメージを入れるのか、決めておきましょう。正直、どこに入れていいかわからないという人は、既製品のダメージジーンズを見て参考にしてください。

最初はなかなかわからないはずですので、とりあえずマネしてみるというのが安全です。慣れてきたら、自分なりに入れたほうが良いと思う部分に、ハサミなどでダメージを入れていきましょう。

【ダメージジーンズの作り方②】ハサミで切る

ダメージジーンズの作り方としては、次の工程はハサミで切るというものとなります。

いきなりですが、最初にやる作業はハサミで切るという作業です。少しドキドキしてしまうかもしれませんが、ダメージを入れたい部分にハサミを入れていきましょう。基本的には横に、好きな長さに、ハサミで切っていくようにしてください。

このとき、長くハサミで切り過ぎてしまったり、表側を切っていたのに裏側の生地まで切ってしまったということのないように注意しておきましょう。ハサミで切った部分はもうやり直しできないため、このような失敗をしてしまったら、もう終わりです。

ハサミで切る際に、少し長いかもしれないと思ったら、そこでストップしてください。短い状態ということであれば、後からまたハサミで切れば、やり直しできるため、とにかく切り過ぎてしまわないということに注意しておきましょう。

【ダメージジーンズの作り方③】ピンセットで糸を出す

ダメージジーンズの作り方としては、次の工程が最後です。最後はピンセットで糸を出すという工程となります。

ハサミで切っただけの状態だと、ただ切り込みができただけで、ダメージで穴があいている感じがでません。それをダメージの感じにしてくれるのがピンセットです。そしてどのような仕上がりになるかというのは、このピンセットの作業にかかっているようなところもあるため、丁寧に行っていきましょう。

ピンセットはどうやって使うのかというと、切った部分から糸を引っ張り出すだけです。糸を引っ張り出せば出すほど、ダメージも強くなっていくため、お好みのダメージ具合になったらストップしましょう。

これがうまくできたら、ダメージジーンズの完成です。他にもダメージを入れたい場所があったら、その場所も同様に処理をしてください。ダメージジーンズの作り方はかなり簡単ですので、試しにやってみてはいかがでしょうか。

ダメージジーンズの作り方!裾フリンジを作ろう

ダメージジーンズの作り方を紹介してきましたが、メンズ用のジーパンをショートのジーパンに加工するためには、別のダメージジーンズの作り方が必要となってきます。

裾フリンジを自分で作ることができれば、かなりおしゃれにメンズ用ジーパンをレディース用に仕上げることができます。他にも様々なアレンジの方法があるのですが、まずは裾アレンジの処理をやっていきましょう。

裾アレンジのやり方もそれほど難しいものではありません。ただ、ダメージジーンズの作り方よりは、少し難易度が上がるため、メンズ用のジーパンをレディース用にしたいという人は、しっかりと読んでおきましょう。

ではさっそく、メンズ用のジーパンをレディースにするための、裾フリンジの作り方を紹介していきたいと思います。

【ダメージジーンズの作り方!裾フリンジ①】カット

メンズ用のジーパンをレディース用にするための裾フリンジの作り方としては、まずカットという工程があります。

メンズ用のジーパンをレディース用にしたいということであれば、その長さに思いっきりカットしましょう。メンズ用のジーパンをレディース用にするのではなく、長いままの状態で裾フリンジを作りたいということであれば、裾を2~3センチ、カットしてください。

特にメンズ用のジーパンをレディース用にカットする際には、かなりの長さカットすることになるため、左右の長さが一致するように注意しながらカットしてください。

また短くなり過ぎたりしないためにも、最初は少し長めにカットして、一度履いてみて、長さが大丈夫か確認しましょう。短くカットし過ぎると、着ることができなくなってしまうため、注意してください。

【ダメージジーンズの作り方!裾フリンジ②】マーキング

メンズ用のジーパンをレディース用にするための裾フリンジの作り方として、次はマーキングするということが大切です。

裾フリンジを何センチやるかは、自分次第なのですが、一般的に3センチくらいがちょうど良い裾フリンジとなります。もっと長い裾フリンジが好みの人は、好みの長さでやってください。

この長さにマーキングしておくと、後の作業がやりやすくなるため、チャコペンなどで横に真っ直ぐ、マーキングしておきましょう。

マーキングする際にはしっかり定規を使い、左右のバランスがずれていないかということも確認しておいてください。これが終わったら次の工程です。

【ダメージジーンズの作り方!裾フリンジ③】縦にカット

メンズ用のジーパンをレディース用にするための裾フリンジの作り方として、次の工程は縦にカットすることです。

先ほどマーキングをつけたと思いますが、そこから縦にカッターで切り込みを入れていきましょう。床が傷つかないように、いらない雑誌などを下に敷いておいてください。間隔は5ミリ程度で良いです。

この時に注意するのは、しっかり切り込みを入れておくということです。中途半端な切込みだと、あまり意味がなく、しっかりとした裾フリンジにならないため、切込みをしっかり入れてください。

また、雑にやってしまうと、一部だけ切込みが長いということになってしまいます。そうならないためのマーキングですので、しっかりマーキングした部分から下に切り込みをいれ、マーキングを越してしまうというようなことがないようにしましょう。

【ダメージジーンズの作り方!裾フリンジ④】フリンジ作り

メンズ用のジーパンをレディース用にするための裾フリンジの作り方として、最後の工程はいよいよフリンジを作るという工程となります。

裾フリンジを作るためには、先ほど切り込みを入れた部分を、ピンセットでほじくると良いです。横糸が内部に入っているので、それを取り出していくようにしましょう。

こうすることで、横糸がはずれ、縦糸だけが残り、キレイな裾フリンジができるようになります。

横糸を外す際には、縦糸を無理に引っ張ってしまったりしないように、丁寧に行うようにしましょう。そうすることでキレイな仕上がりとなります。慣れれば、10分ほどで完成するはずです。

■関連記事:チュールスカートも手作りできます♪こちらもチェック!

チュールスカートの作り方!簡単に作れちゃう!

ダメージジーンズの作り方!様々なアレンジを知ろう

ダメージジーンズについて様々紹介してきましたが、ダメージジーンズには他にも様々なアレンジを行うことができます。そこでここからは、ダメージジーンズの他のアレンジ方法を紹介していきたいと思います。

ダメージジーンズはフリンジだけでなく、他にも様々なアレンジができるものです。ダメージをつけるくらいであれば誰でもできるため、それだけでは個性は出せません。

ダメージジーンズを自分だけの特別なものにするためには、様々なアレンジが必要となってくるということになります。そのため、ダメージジーンズにもっと個性を出したいという人は、これから紹介するアレンジも利用してみましょう。

ではさっそく、ダメージジーンズの様々なアレンジ方法について紹介していきたいと思います。

【ダメージジーンズの作り方!アレンジ①】レース加工

ダメージジーンズの様々なアレンジの一つとして、レース加工というものがあります。

これはショートにしたダメージジーンズの裾に、レースをつけていくという加工です。意外と簡単にできるため、レースをつけたい人は試してみてください。

まずは自分がつけたいと思うレースなどを用意しましょう。生地でも良いです。それをジーバンの裾の形に切ってください。それをそのまま裾の内側に貼り付けることになりますので、その形に合わせてカットしてください。

後は市販されている裾上げテープを取り付け、アイロンで熱を加えれば、簡単にレース加工することができます。裾上げテープはしっかりくっつければ、そう簡単にはとれないため、このような時に便利に使いましょう。

【ダメージジーンズの作り方!アレンジ②】色落ち

ダメージジーンズのアレンジ方法としては、色落ちさせるというアレンジもあります。

ジーンズは買ったばかりだとまったく色落ちしていない、キレイな状態のものも多いものです。これをあえて色落ちさせるために、何度かわざと洗濯するという人も多いですが、もっと自在に色落ちさせることができる方法があります。

それは水を含ませたメラミンスポンジでこするという方法です。こうすると、スポンジにすぐに色がつき、ジーンズの色を落とすことができます。

この方法であれば、色落ちさせたい部分だけを色落ちさせることができるため、洗濯するよりも自在に色落ちさせることができます。おすすめの方法ですので試してみてください。

■関連記事:服や雑貨にアレンジを加えることに興味がある方はこちらもチェック!

コーヒー染めの方法とコツ!布や紙を自然な風合いに染めてみよう

【ダメージジーンズの作り方!アレンジ③】ポケット加工

ダメージジーンズのアレンジの方法としては、ポケット加工というアレンジもあります。
ダメージジーンズの中には、ポケットの口の部分にダメージが入っているものもあります。それを自分で作ることもできるため、そのようなアレンジをしたい人はここでしっかりその作り方を覚えておきましょう。

作り方といっても簡単です。T字のカミソリを用意して、それでポケット口をこするだけで良いのです。
こうすることで、ポロポロとポケット口が崩れていくような形になり、良い感じにダメージが入ります。

【まとめ】ダメージジーンズの作り方は他にも色々

ダメージジーンズの作り方について紹介してきましたが、ダメージジーンズの作り方はまだ他にも様々な方法があります。多くの方法をマスターすることで、自分だけのダメージジーンズを作ることができるようになるため、気になる方は調べてみましょう。

もっとジーンズに関する情報を知りたいアナタへ!

マムジーンズのおすすめコーデ21選!ハイウエストでおしゃれに!
ユニクロダメージジーンズのメンズ・レディース別コーデ特集!
ユニクロデニム・ジーンズのコーデ特集!【メンズ必見】
GUのデニム、スキニージーンズの美脚効果が凄いと大人気!

関連するまとめ

ふくろうクジラ
ふくろうクジラ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ