ミサンガの平結び(平編み)の作り方解説!簡単にできる!

今ミサンガの人気が再燃しています。いろいろある編み方の中でも平結び(平編み)は、同じ編み方をしても目の詰め具合によって、違った表情を出せるのが魅力です。ミサンガの平結び(平編み)は簡単にできるので、初めて編む方にもおすすめですよ。

ミサンガの平結び(平編み)の作り方解説!簡単にできる!のイメージ

目次

  1. ミサンガを編んでみよう
  2. ミサンガの平結び(平編み)って?
  3. ミサンガ平結び(平編み)
  4. ミサンガ平結び(平編み)⓪材料をそろえる
  5. ミサンガ平結び(平編み)⓵編み始め
  6. ミサンガ平結び(平編み)⓶編みだしたら
  7. ミサンガ平結び(平編み)⓷編み終わり
  8. ミサンガ平結び(平編み)⓸補足
  9. 平結び(平編み)×ビーズ
  10. ミサンガが完成したら
  11. ミサンガを平結び(平編み)で作ろう

ミサンガを編んでみよう

ミサンガを手作りしたことはありますか?ミサンガとは刺繍糸や麻紐を編んで作られるブレスレットやアンクレットのことで、切れたら願いが叶うと言われています。またミサンガの先端を金具で加工すれば、ストラップなどの雑貨として身に着けることもできます。

xlisa_olivexさんの投稿
20582795 725092371025270 2491738926180466688 n

手作りミサンガは刺繍糸の色と本数、そして多彩な編み方を組み合わせることで、デザインを無限に広げることができます。材料である刺繍糸も、手芸ショップなどで気軽に入手できますし、ビーズなどを加えてデザインをさらに変化させることもできます。ミサンガはどんな人でも取り組みやすい、手作りアクセサリーと言えるのではないでしょうか。

今回はたくさんあるミサンガの編み方のうち、平結び(平編み)をご紹介いたします。

ミサンガの平結び(平編み)って?

今回ご紹介する「平結び」は、「平編み」とも呼ばれるミサンガやパラコードの編み方の一種です。芯になる糸に左右の巻き糸を結んで編む作り方で、ちょっとの工夫で多彩な変化を産むことができるのが魅力です。例えば芯になる糸を5~6本にくらいに増やしてみたり、巻き糸の色を2色、3色…と増やしてカラフルにしたり、編み目をゆるめて芯糸の色を出したり、その逆をやってみたり…。

またビーズなどのチャームをつければ、さらに違った雰囲気を演出することもできます。これらの魅力の詰まった平結び(平編み)は、同じ編み方を繰り返せば完成できるので、初めてミサンガを手作りする方にもおすすめです。

ミサンガ平結び(平編み)

平結び(平編み)の特徴は、はしごのような模様、そをして巻き糸の結び加減で模様に変化を出せる点です。糸を結ぶ際に編み目を詰めるか、隙間を空けながら編むかによって、編み目の隙間から見える芯糸の色のバランスを調整することができます。

また巻き糸の色数や芯糸の本数によって、バリエーションを広げられます。例えば芯糸が2本と6本では、芯糸の太さが3倍違うので、それだけ仕上がりの太さも変わります。また芯糸の色プラス巻き糸2色の合計3色で作れば、表裏で色合いに変化が出ますし、編み目の詰まり具合を加減すれば、芯糸とのカラーバランスも楽しめます。

5~6本くらい作って慣れてきたら、ぜひこれらの味わいも楽しんでみてください。

ミサンガ平結び(平編み)⓪材料をそろえる

まず材料です。芯糸と巻き糸を用意します。芯糸は50cmくらいのものを、お好みの本数用意します。色は1色でも2色、3色…と増やしてもOKです。巻き糸は100~130㎝くらいのものを2本用意します。巻き糸は1色でも問題ありませんが、模様に変化を出したいなら、2色使った方が断然おすすめです。

他にあった方が便利なアイテムとして、糸を切るためのハサミ、結び始めの部分を固定するためのセロテープ、間違ってしまった編み目をほどくためのピンセットなどがあります。

maika.kitayamaさんの投稿
12328024 1127838880607713 12696383 n

ミサンガ平結び(平編み)⓵編み始め

材料を揃えたら、いよいよ作り方に入ります。編み始めはまず全部の糸を束ねて、端を数㎝残してひと結びします。次に先端をテーブルなどに固定して、10㎝くらいまで三つ編みで編んでいきます。

編み始めの部分を三つ編みにする際、芯糸と巻き糸の区別は特別意識しなくても大丈夫です。束ねた糸を均等に分けて、三つ編みしましょう。10㎝くらいまで編めたら編み始めの作り方は終了です。もう一度ひと結びして、平結び(平編み)の作り方に突入です。

ミサンガ平結び(平編み)⓶編みだしたら

平結び(平編み)の部分は、動画『平編みミサンガの作り方』を見ながら、一緒に手作りしていきます。動画では芯糸(クリーム色)を2本、2色の巻き糸(水色とピンク)を1本ずつの、3色・4本を使っています。

⓵端をひと結びし、中心に芯糸、両サイドに巻き糸(動画では左が水色、右がピンク)がくるように、糸を配置します。
⓶左の巻き糸(水色)を「4の字」の形になるように、芯糸に重ねます。
⓷右の巻き糸(ピンク)を⓶で重ねた巻き糸(水色)の上に置き、次に輪の下からくぐらせ、左上に引き出します。
⓸2本の巻き糸を引き締めて、結び目を作ります。この時点で2本の巻き糸の位置が、最初と逆になっています。(左が水色、右がピンク→左がピンク、右が水色)

⓹右の巻き糸(水色)を「逆4の字」の形になりように、芯糸に重ねます。
⓺左の巻き糸(ピンク)を⓹で重ねた巻き糸(水色)の上に置き、次に輪の下からくぐらせ、右上に引き出します。
⓻2本の巻き糸を引き締めて、結び目を作ります。これで編み目が1つ完成です。またこの時点でも、2本の巻き糸の位置が⓸の時と逆転しています。(左がピンク、右が水色→左が水色、右がピンク)
⓼⓶~⓻を繰り返しながら、予定の長さまで編みます。

partsclub_staffさんの投稿
26180522 189953481739847 1752232831544721408 n

ミサンガ平結び(平編み)⓷編み終わり

予定の長さまで平結び(平編み)で結び終えたら、ひと結びして編み終わりの部分の作り方に移ります。編み終わりの部分は、編み始めと同じように三つ編みして、ひと結びして終了です。もし平結び(平編み)だけで疲れてしまった場合は、平結び(平編み)終了部分の結び目から10㎝程度のところで、もう1度結び目を作って終わらせる方法でもOKです。

ミサンガ平結び(平編み)⓸補足

・使用する芯糸の本数は基本的に自由ですが、編み始めと編み終わりを三つ編みにする場合、糸の合計本数は【3の倍数(3本、6本…)】になるように設定するのが良いでしょう。例えば芯糸4本、巻き糸を2色1本ずつの、計3色6本などが考えられます。
・今回は【編み始め→平結び(平編み)→編み終わり】の流れでご紹介しましたが、【平結び(平編み)→編み始めと編み終わり】の順番で作っても、問題はありません。

・芯糸の本数を増やす場合は、巻き糸を長めに用意しましょう。例えば糸3本と6本では太さが2倍になるので、巻き糸は1.5~2倍とっておくと安心でしょう。
・編み目の詰まり具合によっても、巻き糸の長さは変わります。編み目を詰める場合はそれだけ結び目の数も増えるので、巻き糸は長めに用意します。
・使う巻き糸の長さが予測しにくい場合は、糸をあらかじめ切り取らず、束のまま使うのも作戦のうちです。

couscousmischief_さんの投稿
31788434 353189471857593 2879699929003982848 n


◆関連記事:もっとミサンガについて知りたいあなたはこちらもチェック

ミサンガストラップの作り方!編み方を解説します!
ミサンガハート模様の作り方と編み方解説!【簡単】

平結び(平編み)×ビーズ

基本の平結び(平編み)の編み方を覚えたら、ビーズなどを取り入れてワンランク上のミサンガを手作りしてみましょう。今回はビーズを編み目の両端に編み込む作り方をご紹介します。

⓵芯糸(画像ではベージュ)2本、巻き糸(画像では水色とピンク1本ずつ)2本の3色、4本を用意して先端を固定します。
⓶平編みで編み目を1つ作り、右の巻き糸(ピンク)にビーズを通して、1回結びます。
⓷左の巻き糸(ピンク)にビーズを通し、再度結びます。ここでビーズ入りの編み目が1つ完成です。
⓸⓶と⓷を繰り返し予定の長さまで編み終わったら、最後にビーズを入れずに編み目を1つ作ります。
⓹両端の処理をして完成です。

補足

・動画では同じ色のビーズを使いましたが、作りたいデザインに合わせて色数を変更してもOKです。ちなみにビーズの穴の大きさは、刺繍糸の太さに合わせる(または若干大きめ)と、作りやすいです。
・動画では3色・4本の糸を使いましたが、こちらもデザインに合わせて変更可能です。例えば芯糸を4本に倍増して、3色・6本にするとさらに存在感のある仕上がりになりますよ。

ミサンガが完成したら

手作りミサンガが完成したら、まずは自分でつけてみましょう。何本も作って編み目の詰まり加減やビーズの入れ具合など、自由自在に作れるようになったら、ぜひちょっとしたプレゼントとしても作ってみましょう。贈る相手に合わせてデザインや長さなどを微調整できるのが、手作りミサンガの魅力です。

ちなみに「ビーズ入りミサンガは、願いが叶って切れた時にビーズが散らばるのが心配…」という場合は、ストラップなどの小物にアレンジすることもできます。

ミサンガを平結び(平編み)で作ろう

平結び(平編み)はシンプルな編み方ですが、糸の色数や本数、編み目の詰め加減で多彩な表情が出せるのが大きな魅力です。5~6本くらい作れば次第にコツをつかめてきます。慣れてきたら芯糸の本数など、細かい部分にもこだわってみると楽しさが倍増しますよ。

作っても楽しい、使っても楽しいミサンガは、シンプルだけど奥が深いハンドメイドアクセサリーです。今回は平結び(平編み)をご紹介しましたが、他にもたくさんの編み方があります。気になる編み方がありましたら、ちょっと試してみてはいかがでしょうか。

iwatamaiさんの投稿
12080539 950566721669204 639605372 n

もっとミサンガについて知りたいあなたはこちらもチェック

ミサンガの作り方!簡単に3本の糸で作れる!【必見】
ミサンガのビーズスタイルの作り方・編み方解説!【簡単】
ミサンガ斜め編みの作り方・編み方!3色斜め模様が人気!

関連するまとめ

yukali03
yukali03
お酒と音楽とパンが大好き♪パンイベントめぐりはもはやライフワークです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ