夫婦関係は壊れたら修復不可能!夫婦関係を保つためにすべきこととは!

結婚すれば幸せになれると思ったのに、何やら夫婦関係が不穏なムード。最初は些細な喧嘩でも、気付いた時には夫婦関係が破綻、修復不可なんてこともあります。 今回はそんなことを防ぐために、夫婦関係をうまく保つための秘策を紹介します!

夫婦関係は壊れたら修復不可能!夫婦関係を保つためにすべきこととは!のイメージ

目次

  1. 夫婦関係は良好ですか?
  2. 夫婦関係は破綻しだすと離婚まっしぐら!?
  3. 夫婦関係の破綻のきっかけ①金銭問題
  4. 夫婦関係の破綻のきっかけ②不貞行為
  5. 夫婦関係の破綻のきっかけ③義実家との関係
  6. 夫婦関係の破綻のきっかけ④DVやモラハラ
  7. 夫婦関係の破綻のきっかけ⑤働かない
  8. 夫婦関係の破綻のきっかけ⑥教育方針の違い
  9. 【注意】夫婦喧嘩を子供に見られたら!
  10. 夫婦関係が修復・改善したら…

夫婦関係は良好ですか?

いきなりですが、あなたのお宅では夫婦関係は良好ですか?

「もちろん。良好です!喧嘩なんてほぼしません!」そんな素敵な夫婦関係を築いているお宅もあるでしょう。
しかし中には、夫婦関係が良好と思っているのは妻だけで、夫は不満を蓄積しているという場合もあります。もちろん、その逆のパターンもあります。

また「幸せな夢を見て結婚したけれど、夫婦関係が破綻している。離婚を考えている」なんてお宅もあるかもしれませんね。

夫婦関係は破綻しだすと離婚まっしぐら!?

夫婦関係がうまくいっていないけれど、「破綻」とか「離婚」まで発展するわけないと、考えている人もいるでしょう。しかし、離婚した夫婦に、その理由を尋ねてみると

「夫婦関係は一度破綻してしまうと、改善が難しい」
「些細なきっかけから夫婦関係が修復不可な状態になった」
「喧嘩しているところを、子供に見られた。見られていることが分かっているのに、自分では止めれないぐらい喧嘩がエスカレートするようになって、離婚を決意した」

このような意見を聞きます。もちろん浮気や金銭問題など、大きな出来事がきっかけである日突然、夫婦関係が破綻する場合もあるでしょう。
しかし、多くの離婚した夫婦を見ていると、夫婦関係が破綻しだすきっかけは、ささいなことが多いのです。

今回はそんな夫婦関係が破綻するきっかけや、離婚に発展する前に、関係を改善、修復する方法をご紹介していきます。
今は夫婦関係が良好な家庭でも、いつ夫婦関係が破綻するきっかけが訪れるかは分かりません。
そのようなことがあった時のためにも、今は夫婦関係に不安がない方もぜひご覧ください。

夫婦関係の破綻のきっかけ①金銭問題

それでは、夫婦関係が破綻するきっかけを紹介していきます。
最初は、金銭問題がきっかけになるパターンです。

夫、妻のどちらが相手に秘密の借金を作っていた
浪費癖があった
知人の保証人になっていた

などなど、一言で「金銭問題」と言っても大きいものから小さいものまであります。

夫が妻に相談せずに親の事業の保証人になっていたなどの、大きな金額のものから、日用品を安価なプライベートブランドの商品にするか、品質重視の高級品にするかの些細な価値観の違いがきっかけで、不満が溜まっていって喧嘩に発展することもあるのです。

okane.com.jpさんの投稿
20583149 106781686673626 2763172415381962752 n

この場合の修復・改善方法

金銭問題が夫婦関係破綻のきっかけになる場合は、話し合いは慎重に行わなければなりません。
もしも問題になっている金額が、すぐに払えないような大きい金額の場合は、あなたや、子供にも返済義務が生じる可能性もあります。場合によっては、修復や改善をするよりも離婚した方がいいでしょう。

支払える金額の金銭問題なら、借金を少しでも早くに返済した方がいいですが、その際には借金の理由やお金の使い道などはちゃんと確認しておきましょう。
そして金銭問題は繰り返すことが多いので、親、兄弟や時には弁護士を入れて、話し合いの内容などを書類に残して、二度と同じ過ちを繰り返さないようにすることが重要です。

okane.com.jpさんの投稿
20478710 880294905471321 7666946304773193728 n

夫婦関係の破綻のきっかけ②不貞行為

夫婦関係の破綻や、離婚事由の中で多いのがこの不貞行為です。
不貞行為と言うと、浮気や不倫、中には旦那が夜のお店に行っていたことがどうしても許せず、夫婦関係が破綻するということもあります。

W不倫や、不倫の末、相手が妊娠した、相手からも慰謝料を請求されたなど、一時の不貞行為がとんでもない代償を払うきっかけになることもあります。

基本的に結婚した以上は、妻、夫以外の人と深い関係になるのは、「不貞行為」に該当します。
しかし、結婚してもいつまでも独身気分のまま、好みのタイプの人が目の前にいると口説いてしまう、そんな人もいるのです。

この場合の修復・改善方法

これは、不貞行為の相手との関係性も重要です。
一夜の過ちや、酔った勢いが原因の不貞行為なら、夫婦で話し合いを繰り返し、次回同じようなことがあれば離婚するということで、関係修復を行うことも可能です。

しかし、不貞行為の相手のことを本気で愛している、妻よりも大切だ、夜になっても自宅に帰ってこない、となると夫婦関係の修復や改善は難しいでしょう。

辛いことですが、場合によっては、離婚を考えた方がいいでしょうね。

■関連記事:浮気症な男性の特徴はこちら!

浮気する男の特徴・行動とは?浮気しない男の特徴も!
浮気性な男性の特徴11選!女たらしな男性の見抜き方教えます!

夫婦関係の破綻のきっかけ③義実家との関係

残念ながら、元々の夫婦仲は良いのに、家同士の仲がうまくいかないため、離婚や夫婦関係が破綻するきっかけになる場合があります。

よく聞く嫁姑問題が代表的ですね。

・夫のいない時に、姑が嫁に嫌味を言う
・嫁が作ったものを姑が捨てる
・嫁のあることないことを、姑が周りに広める
・連絡なしに息子夫婦の家に姑が来る
・子供がなかなかできないと、嫁のせいにする

夫がちゃんとフォローせずに「お母さんもさみしいんだから、許してやってよ」「仕事で疲れて帰ってきた夜に、そんな話するなよ!」なんて言うと、妻は「この人とはやっていけない!」と感じて、夫婦関係が破綻していくのです。

こういった嫁姑問題以外にも、親族の借金なども夫婦関係が破綻するきっかけになることがあります。

この場合の修復・改善方法

関係の修復を考えるなら、夫婦関係が破綻するきっかけになった、義実家とは縁を切るぐらいの思い切った対処法が必要になります。

もっとも重要なことは、夫が母親よりも妻が大事、何があっても妻の味方であるということを明確に表すということです。

「母にも言い分がある」「母も悪いけれど…」と言っていては、夫婦関係の修復は困難です。
たとえ表面上は夫婦関係が修復した様に見えても、妻はいつまでも根に持ち夫が思いがけないタイミングで離婚を切り出すかもしれません。

あなたの夫がもしも、嫁姑関係でモメても母親の肩を持ったり、我関せずで他人事のように接するのなら、
「母親よりも、私を優先できないのなら、母親と二人で暮らしてみてはどう?」と一度伝えてみましょう。

夫婦関係の破綻のきっかけ④DVやモラハラ

続いての夫婦関係が破綻するきっかけは、配偶者からのDVやモラハラです。
よく「結婚する前になんで気付かないの?」と言う人がいますが、結婚してしばらくしてから豹変したり、「家族」と認識してから今まで我慢してきた本音をぶつけてくる人もいるので、残念ながら結婚してから気付くということも多いのです。

「誰のおかげで飯が食えてるんだ」
「おまえなんてどうせブサイクなんだから、美容院に行くだけ金のムダだ」
「あまえは頭が悪いから、しゃべりかけてくるな!」
また夜お酒を飲むと、子供の前でもこのような暴言や暴力を振るう人もいます。

結婚前は優しかった。夜にお酒を飲まなければ良い人。
そう考えて我慢する人もいますが、夫から暴力を振るわれているのを子供に見られたら、子供の心にも深い傷を負わすことになります。



sakipo_nnさんの投稿
15056564 401546590176873 3569172523679481856 n

この場合の修復・改善方法

繰り返しDVやモラハラを行う人は、いくら優しい時があったとしても、基本的に治りません。
これは夫婦関係が破綻して当然のきっかけですし、関係の修復は考えずに、早めに別れた方がいいと言えますね。

自分ひとりでは「優しい時もあるのに」と、なかなか別れを切り出せないかもしれません。時には家族や弁護士など、第三者を入れた話し合いを行いましょう。

sumibiyakitori_motohashiさんの投稿
20481874 109074313101889 486935221329985536 n

夫婦関係の破綻のきっかけ⑤働かない

どんなに愛し合っている夫婦でも、生活をしているとお金がかかります。
しかしその現実に向き合わずに、結婚しているのに収入にならない夢を追い続けたり、定職に就かない、または些細なことを理由にして仕事をすぐに辞めてしまうという人がいます。

最初はそんな気ままなところや、夢見がちなところも「かわいい」「ステキ」と魅力に感じて、「私が支える」「夫婦どちらかが稼げばいい」そう思っていた女性でさえが、やがて見放すようになります。

金の切れ目は縁の切れ目と言われるように、夫婦関係を継続していくためには、お金や仕事は重要です。働かない、もしくは働く意欲が低い男性と結婚した場合、本人たちが思っている以上に早く、夫婦関係が破綻するのです。

wholelottaguitarさんの投稿
20582902 324912457951679 5158421095916765184 n

この場合の修復・改善方法

生活がままらないほど、お金に困っている時は、夫との別れを切り出すしかありません。
夫婦関係修復を考えるなら「○月までに就職して」「○月までに就職して、何があっても1年は働き続けないなら離婚する」と明確な条件を提示しましょう。

それでも仕事をしない、何かと理由を言っては仕事を辞めてくるなら、本格的に離婚した方がいいでしょう。自分が我慢すればいいと思っている女性がいるかもしれません。しかし、今と同じ生活を5年10年と続けたいのか、それで自分が幸せなのかをよく考えてみましょう。

alexdesukedoさんの投稿
20633260 110063069642145 2871187883643895808 n

夫婦関係の破綻のきっかけ⑥教育方針の違い

子供が生まれる前は、あまり子供の教育方針について話してこなかったので分からなかったけれど、子供が生まれた途端、極端に教育熱心になる人がたまにいます。また逆に、子供が生まれても、世話をしない、自分の子供という自覚が生まれないという人もいます。途中までは上手くいっていたのに、子供が幼稚園、小学校へ行くタイミングで、どのような学校に行かせるのか、習い事をさせるのかでケンカになる夫婦もいます。

教育方針というのは、ある意味で正解がない問題です。
キッチリ塾や習い事に行かして、それが良いきっかけになって、成績優秀になる子供もいれば、それが悪いきっかけになって、勉強や学校嫌いになる子供もいます。

偏差値の高い学校に進学しても、いじめにあって退学する場合もあれば、ずっとエリートと呼ばれる道を歩む人もいます。

正解がないことだからこそ、教育方針の違いは夫婦関係が破綻するきっかけに発展することがあるのです。
考え方は違っても「子供の幸せ」を願うことには違いはないはずです。教育方針の違いでケンカしているのを、子供に見られたら「自分は生まれてこない方がよかったのかな」と不安な気持ちにさせてしまいます。

大切な子供をこのような不安な気持ちにさせてしまっては、本末転倒です。何が本当に大切なのか、夫婦共によく考えた方がいいですね。

tsuchiya_randoseruさんの投稿
20393633 230643450791532 6995007188234141696 n

この場合の修復・改善方法

先程も述べましたが「子供の幸せを願う」ことは同じはずです。
子供が自分の意志を伝えることができる年齢なら、本人にどうしたいのか尋ねましょう。

また、夫婦二人だけで話し合いをしていても平行線になりやすいので、家族やママ友の中で、自分の子供よりも年齢が上の子供を育てている人の意見も聞いてみましょう。

妻の意見を受け入れられなかった夫でも、たとえば夫が通わしたいと言っている○○幼稚園に、実際通わしている人の意見を聞くことができれば、考え直すきっかけになるかもしれません。

他の夫婦関係が破綻したきっかけでも言えることですが、夫婦で解決できない時は、必ず第三者に話し合いに入ってもらうようにしましょう。

kayonknsさんの投稿
20582564 108735719796564 1022334651764572160 n

【注意】夫婦喧嘩を子供に見られたら!

夫婦喧嘩はなるべく子供に見られないように、子供が眠った夜などに、なるべく声を抑えて行う人が多いのではないでしょうか。しかし話し合いのつもりが、いつの間にか言い合いになってしまい、声を荒げて汚い言葉で相手を罵るようなこともあるかもしれません。

そんな姿をもし、子供に見られたら、子供はどのように思うでしょうか?

子供の年齢にもよりますが、子供にとって大好きなお父さんとお母さんが喧嘩をしている、怒鳴り合っている、怖い顔をしているというのは、大人が考えるよりも凄まじいストレスになります。

両親の喧嘩を見たのがきっかけで、おねしょをするようになった、夜泣きをするようになったという話もよく聞きます。

中には夫婦喧嘩を子供に見られたのがきっかけで、我に返って「夫婦喧嘩は二度としないでおこう」と思える人もいるようです。

もし子供に見られたとしても、子供が不安に感じないように、喧嘩や言い合いではなく、冷静な話し合いをするようにしましょう。本人は冷静なつもりでも、子供は親の言葉遣いや表情がいつもと違うかどうかを、よく観察しています。

どうしても冷静になれそうにない時は、子供を両親に預けたり、ファミレスやカフェなど、あえて人目がある場所で話し合いをしてみるのもおすすめです。

夫婦関係が破綻したとしても、それは子供には関係ないことです。なるべく子供が思い描いている、大好きなお父さんとお母さん像を壊さないように気をつけましょう。

喧嘩を子供に見られた後に、子供の様子がおかしいと感じることがあれば、カウンセラーなど心理療法士の手を借りた方が良い場合もあります。子供の心はとても繊細な物ということを、決して忘れてはいけません。

夫婦関係が修復・改善したら…

夫婦関係が修復・改善したら同じ理由で、再び喧嘩をしないようにすることが重要です。
その時は危機を乗り切ったと思っていても、不貞行為、金銭問題、DVなどは数年のブランクがあっても何かのきっかけで、また繰り返すことがあります。

「なんとかなる」「自分でどうにかしよう」そう考えても、自分ひとりでは解決ができないこともあります。
時には、家族や弁護士など第三者の力を借りたり、公的な書類に記録する、相談機関を利用することも必要になります。

自分だけが我慢すればいい、時間が経てば解決するはず、そういった考えで、うまく行くことは少ないです。
その場しのぎの解決策よりも、長期的に夫婦関係が良好になるには、どうすればいいのかを考えましょう。

そして、常にどうなれば解決と言えるのか、自分が幸せなのかを考えて行動しましょう。場合によっては別れを決断した方が、お互いの幸せに繋がることもあります。勇気を持って幸せのために、決断しましょう。

もっと結婚生活について知りたいあなたへ

恋愛と結婚はこんなに違う!既婚者が語る違い!婚活女子必見!
結婚に失敗したと思う瞬間まとめ!失敗した理由・原因は?
結婚生活の17の現実!結婚生活をうまくいかせるコツとは?
結婚してもラブラブ夫婦でいるための秘訣・コツ13選!

関連するまとめ

清水あおい
清水あおい
趣味はパン屋めぐりです。おいしいもの大好き。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ