ブスで辛いけどモテたい女子必見!ブスが美人に勝てる方法!

ブスで辛いけどモテたい女子必見!ブスが美人に勝てる方法!

鏡を見るたびに、ブスって辛いなーと思ったり、美人を見るたびに羨ましいなと思っていませんか?
ブスで辛いけど、好きな人の前では少しでも可愛くいたいと思うのは当たり前ですよね!
どうしたら魅力アップできるのでしょうか。ブスが美人に勝てる方法について紹介します!

記事の目次

  1. 1.ブスで辛いけど美人に勝つ方法はある!
  2. 2.ブスは辛い!美人に勝つ方法①笑顔を絶やさない
  3. 3.ブスは辛い!美人に勝つ方法②無理なメイクはNG
  4. 4.ブスは辛い!美人に勝つ方法③おしゃれになる
  5. 5.ブスは辛い!美人に勝つ方法④清潔感を忘れない
  6. 6.ブスは辛い!美人に勝つ方法⑤愛想よくする
  7. 7.ブスは辛い!美人に勝つ方法⑥公平な態度をとる
  8. 8.ブスは辛い!美人に勝つ方法⑦悲観的にならない
  9. 9.ブスは辛い!美人に勝つ方法⑧安心感を与える
  10. 10.ブスは辛い!美人に勝つ方法⑨人を褒める
  11. 11.ブスは辛い!美人に勝つ方法⑩キャラでモテる
  12. 12.ブスは辛い!美人に勝つ方法⑪特技を作る
  13. 13.ブスは辛い!美人に勝つ方法⑫聞き上手になる
  14. 14.ブスは辛い!美人に勝つ方法⑬気遣い上手になる
  15. 15.ブスは辛い!美人に勝つ方法【まとめ】

ブスで辛いけど美人に勝つ方法はある!

ブスだから辛い!と思っている人はいるでしょうが、ブスなことをマイナスとしてとらえすぎてしまうと、本当にモテない人生を歩むことになってしまいます。

あなたの周りには、「ブスなのにモテる女子」がいませんか?

ブスでもいつも周りに人が集まっている人っていますよね!

間違いなく美人は、ブスや普通の人よりはたくさんの得をしていますが、美人=モテる女子というわけではありません。

ブスでも絶対に美人を超えるモテ度を手に入れることができます!

ブスで辛いと落ち込む前に、愛されブスになって、みんなを魅了しましょう!

ブスは辛い!美人に勝つ方法①笑顔を絶やさない

ブスでも毎日笑顔でいる女子と、美人でも眉間にシワを寄せて不機嫌そうな女子、どっちがモテると思いますか?

間違いなくブスで毎日笑顔でいる子のほうがモテるに決まっています。

実は、完璧に見える美人には、「とっつきにくそう」とか、「近づきにくい」というイメージも、ついています。

それに対して、ブスは「親しみやすい」という最大の特典があります!

親しみやすさを売りにして、モテるためには、絶対に笑顔を忘れてはいけません。

どんなときでも笑顔でいる女子は、とても可愛くて、男性から「一緒にいたいな。」と、思ってもらえるのです。

「ブスは笑っていないともっとブスになる!」ということを胸に刻んで、いつも笑顔でいましょう!

ブスは辛い!美人に勝つ方法②無理なメイクはNG

ブスなことがコンプレックスで、とても辛いからといって、似合わない無理なメイクをするのはやめましょう。

似合わないメイクをすると余計ブスに見えますし、男性はメイクが濃い女子よりも、ナチュラルメイクの女子を好きになる傾向があります。

コンプレックスを隠したくなる気持ちは分かりますが、似合わない色などを使った下手なメイクをすると、ますますブスになってしまいます。

しかし、自分に似合うメイクは絶対にあるので、正直に意見を言ってくれる家族や友人を頼って、似合うメイクを見つけましょう!

似合うメイクが見つかれば、可愛く変身することができるはずです!

■参考記事:もっとメイクについて知りたい方はコチラも参照!

優しい顔になれちゃうメイクテク!優しい顔になりたい人必見! | Lovely[ラブリー]のイメージ
優しい顔になれちゃうメイクテク!優しい顔になりたい人必見! | Lovely[ラブリー]
優しい顔になりたいと思っている女性は少なくないではないでしょうか。 実際に、特別に美人でなくても優しい顔をしている人の方が男性にモテるということもありますよね。 優しい顔はメイクで作れます。 今回は、優しい顔になれるメイクテクを紹介させていただきます。
美人メイクはナチュラルが基本?コツをおさえよう!【女性必見】 | Lovely[ラブリー]のイメージ
美人メイクはナチュラルが基本?コツをおさえよう!【女性必見】 | Lovely[ラブリー]
美人メイク、モテメイクは意外とナチュラル、ナチュラル美人のつくり方を押さえます。一重の人も眼力アップで美人度もアップ。いやらしさのない美人メイクの基本から応用編まで、モテる女子なら知っているメイクテクを大公開します。少しのコツで美人は作れます。

ブスは辛い!美人に勝つ方法③おしゃれになる

ブスだからといって、おしゃれまで諦める必要はありません。

むしろ、ブスだからこそ、おしゃれにこだわって、少しでも美人に近づく努力をするべきです。

ブスで顔は変えられなくても、ファッションセンスを磨いて、自分を良く魅せることは絶対にできる技です!

人気モデルの子で、「自分はブスだと分かっていたから、可愛く見えるように研究に研究を重ねた」と言っている子がいました。

その子は今や表紙を飾るほど人気になっています。

「どうせ美人にしか可愛い洋服は似合わないんでしょ」と思っているブスもいますが、おしゃれは美人だけしかしてはいけないというルールはどこにもありません。

ブスでもおしゃれなあなたを見て、美人があなたの真似をすることだってあるのです。

おしゃれを手に入れると、雰囲気美人になれる可能性も高く、そうなると間違いなくモテるようになります。

ブスは辛い!美人に勝つ方法④清潔感を忘れない

次のページ

ブスは辛い!美人に勝つ方法⑤愛想よくする

関連記事

人気の記事