縁談とは?おみくじの縁談の意味って?待ち人と恋愛縁談の内容は?

おみくじの縁談とは「結婚に関する出会い」を示しています。しかし、おみくじの縁談に書かれている内容が分かりづらくメッセージを読み取れていない人も多いのではないでしょうか。縁談の意味や読み方、また、似たような待ち人や恋愛との違いを解説します。

縁談とは?おみくじの縁談の意味って?待ち人と恋愛縁談の内容は?のイメージ

目次

  1. おみくじの縁談とは「結婚に関連する運勢」のこと
  2. おみくじの縁談とは?①恋愛との違い
  3. おみくじの縁談とは?②交際との違い
  4. おみくじの縁談とは?③待ち人との違い
  5. おみくじの縁談の運勢が悪かった場合は?
  6. おみくじの縁談の読み方や言葉の意味は?
  7. そもそも、縁談とは?
  8. 【おわりに】おみくじの正しい引き方とは?

おみくじの縁談とは「結婚に関連する運勢」のこと

今も昔も変わらず書かれてある「縁談」とは、「結婚相手」や「結婚に関連した出会い」を指すようです。

昔の結婚は、お見合いが当たり前で、親が相手を決めてたというのですから…それほど縁談の運勢やいかに!が大切だったのかもしれませんね。

その名残りとして、今もなお「縁談」という項目があるのでしょう。

恋愛結婚が普通な現代からすると、例えば「友人からの紹介」や「一般的なお見合い」「合コンの参加」「結婚相談所へ行く」といった感じでしょう。

もし婚活をしている場合なら「縁談」に書かれている内容を、参考までに気にかけてみては?

「今持ち上がっている新しく出会えそうな人」とのご縁があるかどうか、また「今、紹介を受けても大丈夫かどうか?」がわかるかもしれませんよ。

おみくじの縁談に日時が指定されているならOTOCONのような婚活パーティーもいいですね。

女性は無料参加の場合も多いし、全国好きな場所でパーティー参加できるので、おみくじの縁談に書かれている方位や日時に合わせた出会いの場を選ぶこともできます。

おみくじの縁談とは?①恋愛との違い

昔は、自由な恋愛結婚が一般的ではなかったからなのでしょう。「恋愛・結婚」に関係してきそうなものが「縁談」以外にあまり見られない、古風なおみくじがいまだにありますね。

それでも、現代的なおみくじには、この「恋愛」という項目が、やっと増えてきた感じがします。内容も、わかりやすい現代語で書かれている場合も。

ただ、あくまで恋愛は恋愛…将来に繋がるような結婚のことは、また別物と考えていいでしょう。

今お付き合いしている人がいたり、心を寄せている人がいるなら、「恋愛」の内容を読んでみると、今後の運勢が読めそうですね。

おみくじの「恋愛」の読み方・言葉の意味

書いてある内容を見てみましょう。

「周囲の理解が大切」
三角関係や略奪愛など、複雑な恋愛をしている場合なら参考になりそう

「誠意を示すことが大切」
相手の気持ちを考えているかが問われているのかも…

「余り深入りするな」
相手に恋人や奥さんがいたりする場合は注意が必要かも…

こんな感じで、自分の状況を見て読み取っていくといいですね。

おみくじの縁談とは?②交際との違い

一般的に言う「交際」とは、人間関係ですよね。

恋愛相手だけでなく、会社の上司や同僚・取引先や仕事関係の人・友人や知人関係・先輩や後輩・ご近所など…その全ての人たちとのおつきあいをいいます。

おみくじにあたる「交際」も、広い意味で捉えていいのかもしれません。

しかし、今現在「縁談話」が持ち上がっている場合なら、「結婚を前提としたおつきあい=交際」という結びつきができますよね。

今、まさにその状況の人は、「縁談・交際」の書かれている内容を見逃さずに、ヒントが得られるといいですね。「縁談・交際」の両方がいい内容であれば、今後の運勢も良好なのでしょう。

おみくじの縁談とは?③待ち人との違い

おみくじには、必ず「待ち人」というのがありますが、これもまた「縁談」とは、違う意味になります。

「縁談=結婚話」なのに対して、「待ち人」はその言葉通り「待っている人」。

もっと現代的な感じでいうと、「運命の人」「良い方向へと導いてくれる人」「キーパーソン」というところでしょう。

「待ち人」とは恋愛だけに限らず、人生の転機を迎えていたり、転職を考えていたりする場合でも、参考になりそうですね。

異性を引寄せる女性フェロモン、オスモフェリンや美容成分配合で女子アップ!

おみくじの「待ち人」の読み方・言葉の意味

「待ち人 おそいが来る」
遅くなるけれど来る

「待ち人 さわりあり」
何らかの障害があって、来れるか否かはわからない

「待ち人 来ず 音信あり」
来ないけど、連絡はある

「待ち人 来ず」
来ない、期待はできない

さらに、自分の状況を見て、解釈してもいいかもしれませんね。

おみくじの縁談の運勢が悪かった場合は?

おみくじを引いて、一番目にしてしまう所は「吉凶」ですよね。

ここだけで運勢の良し悪しを解釈してしまいがちですが、それよりも、書かれている内容や神様からのアドバイスを気にかけると良いと聞きます。

吉であればほとんどの内容が良かったり、凶だとそれなりに厳しい内容が多いものですが、必ずや全てがそうではないようです。

たとえ大吉でも、項目によっては厳しい言葉が書かれていたりすることも。

「大吉」や「凶」に囚われず1つ1つの項目を見よう

例えば「縁談」を気にしてる時は、運勢とも照らし合わせて見ていくと、面白いかもしれません。

他の「求人」や「相場」など仕事に関連した項目が今ひとつ良くなくても、「結婚」に関連することは良いということだってあるでしょう。

それでも、やっぱり運勢が「大吉」や「吉」の時は、物事の決断をするために、いい後押しとなりそうですよね。

おみくじの縁談の読み方や言葉の意味は?

おみくじの「縁談」には、実際どんなことが書かれているのか、調べてみました。

わりと多種多様で、わかりやすい文面が多い感じがしますね。

・万事が順調に運ぶ
・多くて困ることあり 静かに心を定めなさい
・急いでは破れる恐れあり。時を待つがよろし
・あせらず静かにして居て思う様になる
・初めの縁は調い難し後の方早く叶う
・本人同士の意思通じ方が足りぬ
・目上の人の意見に任せなさい
・いろいろと心まようて時をうしなう
・先方へ思い通ぜず調いにくい
・ととなわず

等々…本当にたくさんの言葉がありますよ。

仮に運勢が吉でも、すごくいい事だけが書かれてるわけでもなく、現実的で適切な言葉がとても参考になりそうですね。

やはり人生が絡んで来る「縁談」だからこそ、タイミングも大事なのでしょう。

調う・よろし・ととなわず

よくある単語に「ととのう」や「よろし」などがありますが、これは上手くいくことや良いなど、結婚の話がうまく進むことを意味しています。

一方で「ととなわず」「調わず・調はず」は上手くいかないことを示しています。

万事が順調に運ぶ

難なく結婚が進んだり、結婚相手との出会いがあったりすることを示しています。

だからといって自分磨きや相手とのコミュニケーション、新しい出会いを怠らずに行動を続けることが重要です。

多くて困ることあり 静かに心を定めなさい

出会いの数や結婚を意識する相手が多く現れることを示しています。

しかし、相手が複数いることで悩んでしまったり、モテている状態に舞い上がってしまったりするため、慎重に相手を選びましょう。

また、同じような「いろいろと心が迷い時を失う(心まようて時をうしなう)」という言葉もあります。これは、悩んでいるうちにチャンスを逃してしまうことを示しています。

即決は危険ですが時間をかけすぎないよう注意しましょう。

急いでは破れる恐れあり。時を待つがよろし / あせらず静かにして居て思う様になる

焦って結婚を迫ったり、また出会いを求めるのは逆効果であると示しています。

相手の気持ちが重なったときや来るべき出会いのために、相手との関係や自分を見つめ直してみてはいかがでしょう。

初めの縁は調い難し後の方早く叶う

最初に出会う人や上半期の出会いよりも、後から出会う人の方が順調に事が進むということを示しています。

焦るあまり目先の出会いに囚われすぎないようにしましょう。

人にたのめば早く叶うひそかにしてよろし

他の人の力を借りて出会いを求めたり、相談をしたりすれば解決しやすいということを示しています。

また、同じような「他人の言うままにしてよし必ず叶う」「目上の人の意見に任せなさい」もありますが、他の人のアドバイスの力を借りれば結婚がうまくことを示しています。

▼電話占いで占い師に相談もおすすめ!

電話占い ウィル│サイト紹介

他人の口舌に惑わされるな

「他人の言うままにしてよし必ず叶う」とは逆で、人の言いなりにならず、自分の気持ちに正直になりなさいということを示しています。

親や友人、または目上の人に勧められたとしても自らが納得していないのであればきっぱりと断る勇気も必要です。

二人ありてまよう

縁談に「二人ありてまよう」と書かれていた場合は、2人の人物と結婚を見据えた出会いがあったり関係に発展したりすることを示しています。

しかし、おみくじではその2人をよく見極め、うち1人をしっかりと選びなさいというメッセージが込められています。

はっきりと答えを出さずに先延ばしにせずに自分自身が軸を持って相手と接することが大切になりそうですね。

障りあり(さわりあり)

結婚の話や出会いに問題が発生することや都合の悪い事が起こるすることを指しています。

結婚を周囲に反対されたり、相手に隠し子がいたり既婚者だったなど、結婚を諦めざるを得ない障害が出てくるかもしれません。

そもそも、縁談とは?

本来の「縁談」とは、どんな意味を持つのでしょう。

調べると、結婚話だけではなく、養子縁組もそれに当てはまるようですね。

しかし最近では、自ら婚活に積極的ではない限り、日常あまり使わない言葉となりました。

そしていまだに、会社の上司や仕事関係の人から「縁談=お見合い」を勧められる人もいるようです。将来の関係性を案じて、その断り方に悩む人も。

こんな煩わしい「断り方の悩み」が出た時こそ、早速おみくじで運試ししてもいいかもしれませんね。

いずれにしろ、どんな婚活方法でも、自分にとっていい相手と巡り会えるか否かは誰にもわからないもの。

もしかしたら、大切なメッセージが書かれていることもあるかもしれませんよ。


■関連記事:縁結びについて知りたい方はこちらもチェック!

恋愛成就に効く神社!縁結び神社全国17選紹介!【完全版】
縁結びの本当の意味とは?良縁祈願との違いは?おすすめ神社は?

【おわりに】おみくじの正しい引き方とは?

「縁談」を中心に色々な例をあげました。

元来、おみくじの正しい引き方とは、単に吉凶を占うものよりは、書かれている内容を「神様からのメッセージ」として大切にすることだそうです。

また、自分が気になる項目だけを読む、という見方でも良いのだとか。引いたおみくじを持ち帰って、たまに読み返してみるのもいいかもしれませんね。

そして、本当に恋愛や縁談のことで、正しいメッセージを受け取りたい時は、作法をしっかり行いながら

「〇〇のことで何かヒントをください」

と神様にお願いすると…誠実に答えてくれるとも聞きますよ。

女子にとっては、やっぱり「結婚に関すること」はとても重要なもの。神様をいい味方につけて、素敵な人生を送れるようにしていきましょう。

さらに占いに関する記事を読みたいあなたへ!

恋愛・結婚運を手相占いでチェック!あなたの手相はいかに?
【夢占い】異性が夢に出てくる17の意味!恋の始まり?
胸のほくろの意味とは!ほくろの位置から恋愛運を占います!
【夢占い】昔好きだった人の夢の意味25選!恋愛観が診断できる!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ