厄払いの服装を女性・男性別に解説!普段着はまずい?

みなさんは厄年にきちんと厄払いをしてもらっているでしょうか。自分は気にしなくても、親御さんや年配の方にすすめられて渋々出かける方も多いことでしょう。厄払いの作法を知らなくて服装選びから迷ってしまう方のために、厄払い時の服装についてまとめてみました。

厄払いの服装を女性・男性別に解説!普段着はまずい?のイメージ

目次

  1. 厄払いとは
  2. 厄払いの年齢
  3. 厄払いの服装・女性編
  4. 厄払いの服装・男性編
  5. 厄払いのマナー
  6. 厄払いのお金を入れる袋はどれ?
  7. 厄払いの料金はどれくらい?
  8. 厄払いのお礼参りとは?
  9. 厄年は服装の色で厄除け効果が変わる?!
  10. 厄払いのまとめ

厄払いとは

日本で定着したスピリチュアルである厄払いとは、男性女性ともに厄年になったら厄払いのお祓いをしてもらう風習ですよね。

そもそも厄年は前厄・本厄・後厄と3年間続きます。厄払いをしてもらう年に決まりはないのですが、一般的に本厄の年に行う方が多いですね。

神社などに「今年の厄年のお知らせ」的なものが貼ってあったりしますが、それも本厄の年齢(生まれ年)だけを書かれている神社が多いので、基本的に本厄の年にやる方が多くなるわけです。

厄払いというと神社を思い浮かべる方が多いでしょうが、基本的に神社でもお寺でもどちらでも厄払いをしてくれます。懇意にしているお寺があるのであれば、そちらで厄払いをされてもいいでしょう。

決まりはないですが、電話などで日時を相談してからお出かけくださいね。

■参考記事:厄払いにおすすめの都内の神社は?コチラも参照!

厄払い・厄除けにおすすめの東京都内の神社・寺!【ご利益抜群】

厄払いの年齢

厄年は「数え年」を使います。生まれた年を1歳と数えます。以下が本厄の年齢(数え年)となります。

*男性 25歳、42歳、61歳
*女性 19歳、33歳、37歳、61歳

これは本厄の年ですので、厄年は前厄と後厄が前後に1年ずつつくことをお忘れなく。

■参考記事:神社の夢を見たら何かの暗示?コチラも参照!

【夢占い】神社の夢は吉夢?暗示を行動別に解説!参拝など

厄払いの服装・女性編

服装の色は?

厄払いに行くとなって、さて何を着ていけばいいのか…と迷ってしまいますよね。普段ジーンズにTシャツで過ごしている方も、さすがにジーンズはまずいだろうし、と思うでしょう。
服装は決まりがあるわけではなく、基本的に自由ではありますが、神様仏様の前に行くのですから失礼のないようにしなくてはいけません。ジーンズは元はといえば作業用の服装です。ジーンズなどは控えたほうがいいですね。

女性の場合、スーツまたはワンピースが無難です。ラフに見えないよう襟付きの洋服のほうが失礼に当たりません。相手を敬うことを踏まえれば、できるだけフォーマルな洋服選びをして、色も黒や紺色などが良いでしょう。
肌の露出は出来るだけ避けるためにも、スカート丈はひざ下がいいですね。
あくまでも華美にならないことが基本です。

厄払いの服装・男性編

服装は大事?!

女性よりも男性のほうが洋服には無頓着という方が多いですね。それこそ何も考えずジーンズで行こうとしている方も多いことでしょう。
しかし、やはりここはスーツにネクタイという服装にしたいものです。男性の場合、フォーマルな場=スーツと思っていて間違いはないのです。

男性がスーツを着るとなると、次に困るのがネクタイ選びではないでしょうか。女性同様華美にならないネクタイにしなくてはいけません。色や柄が派手なものは厄払いには向かないので、一見地味に見えるようなネクタイのほうが無難でいいでしょう。
Yシャツの色は白、ネクタイの色は落ち着いた色合い、スーツの色は女性同様に黒か紺色がベストです。

厄払いのマナー

きちんとした服装で行おう

まずは服装をきちんと整えること。先程述べたように、ジーンズなどのラフ過ぎない服装を守りましょう。ジーンズに関しては不可としている神社もあるので、やはりスーツで臨みましょう。

神社でのマナーは、突き詰めればものすごく細かいものです。それこそ鳥居をくぐる前からマナーはありますが、最低限のマナーだけ守っていれば大丈夫でしょう。

まず、帽子を被って行った際は、帽子は脱ぎましょう。神聖な場所で帽子を被ったままでいいのは、まず皇族の方々だけと思っていたほうがいいですね。
神社では手水で口をすすぐので、まさか何か飲み食いしながら歩かないでしょうが、ガムあたりが危ないかもしれませんね。ガムを噛みながらというのは神社仏閣を訪れる際は失礼にあたるので止めましょう。

気を付けたいのは夏場に厄払いをしてもらう際です。当日いくら暑くても、スーツで行くことを心していただきたいですね。
暑いからといって、Tシャツに短パン、裸足のまま行くことのないようにしなくてはいけません。服装として大変失礼に当たりますし、断られる可能性もあります。
礼節をわきまえる行動を心がけてくださいね。

また、厄払いに行く際、付き添いの方がいらっしゃる場合もありますよね。その場合、付き添いの方の服装も同様となります。厄払いされる方と付き添いの方はどちらも昇殿するわけですから、付き添いだからといってラフな服装では困ることになります。
付き添いの方は、たかが付き添いと思わず、厄払いに付き添うのだということを心しましょう。

厄払いのお金を入れる袋はどれ?

厄払いには初穂料を納めます。これは祈祷していただいたお礼なので、表書きは神社では「初穂料」、お寺では「お布施」と書きます。

初穂とは、もともと収穫した農作物を神社やお寺に奉る意味がありました。そこから現在では神社仏閣にお払いのお礼として現金を納める際に使われるようになりました。

初穂料に使うのし袋の水引は、紅白のちょうちょ結びです。お礼に渡すものはまずこののし袋を使います。
水引には蝶結びと結び切りの2種類ありますが、何度渡してもいいものには蝶結びを、婚礼などの2度目があってはいけないものには結び切りを使います。

のし袋は、いまや多彩ですよね。水引が可愛らしく凝った作りになっているものもたくさん売られています。蝶結びであれば問題ないのですが、あまりゴテゴテと飾りのついていないほうが好まれるでしょう。
あくまでも、厄払いのお礼としてわたすものであって、おめでたい席でのお祝い金をあげるのとは違いますからね。

厄払いの料金はどれくらい?

さて、次に悩むのはいったいいくら包んでいけばいいのかというところです。神社によっては料金も決まっている場合があるので、厄払いの日時を相談する際に料金を聞いてみてもいいかと思います。料金が決められている場合は、さりげなく神社に貼られていますので、よく見たほうがいいですね。
ちなみに厄払いの日時の相談は決まり事ではありませんが、いきなり行って相手先が都合が悪い場合もあるので念のため聞いておいた方がいいのではないでしょうか。

料金で困るのは規定がない神社の場合です。神社によっては「みなさん〇〇円くらい包まれてきますよ」などとさりげなく料金を指定してくれる場合もありますが、「お心で」と言われると悩みますよね。

料金の相場として失礼に当たらないのは5000円~10000円でしょう。地域によっても若干料金の差は出てくるので、周囲の年配の方や、先に厄払いに行かれたお友達に聞いてみるのもいいですね。
かつてはお払いというと、お礼のお金の他にお酒なども献上しましたが、今はお金だけとしているのが主流ですね。

厄払いのお礼参りとは?

そのときの服装は?

厄払いをしていただいたら、翌年にお礼を兼ねたお参りをするのが一般的な習わしとなっていて、それを「お礼参り」と呼びます。
お礼参りはかしこまった参拝といった感じですが、お礼参りに行く際も服装はスーツなどマナーに乗っ取った服装で行かれたほうがいいでしょう。神様仏様にお礼を言いにいくのですから、ジーンズで行くなどということはやめたほうがいいですね。

このように、お礼参りの際も、男性はスーツにネクタイで、女性はスーツやワンピースで出かけましょう。男性のネクタイや女性のワンピースはやはり華美でないものを選ぶのがマナーですね。
男性は歳をとるごとにスーツは必需品となってくるので、華美ではないよそ行きのネクタイを1本用意しておいた方がいいのではないでしょうか。

お礼参りに付き添いで行かれる方も、同様にスーツなどの改まった服装で行くようにするのがマナーです。
付き添いはただ一緒に行くということではなく、一緒にお願いに行くのだということを忘れないようにしたいですね。それが付き添いの方の役割です。

厄年は服装の色で厄除け効果が変わる?!

服装ひとつで効果UP?!

スピリチュアルではお馴染みの「色」についてです。スピリチュアルには興味のない方も、いいとされていることなら取り入れてみたらいかがでしょう。
特に厄年の場合、やって困ることはないのですから、ちょっとスピリチュアルに興味を持ってみませんか?

スピリチュアルで厄年に身につけることをすすめる色は7色あります。
赤・オレンジ・黄色・緑・ターコイズブルー・紫・ロイヤルブルー
この7色を厄年に当たる3年間に身につけるとよいと言われていますので、試してみてはいかがでしょう。

厄払いのまとめ

厄払いの服装やマナーは理解していただけたでしょうか。お願いに上がるのだということを踏まえれば、特に難しいこともないのではないでしょうか。
スピリチュアルな考え方も含まれますが、古来から伝わる厄除けには、伝わってきただけの意味があるはずです。厄払いをしなくても平穏に過ごす人もいますが、何かあった時に「厄払いしておけば」と思わないためにも、厄払いやスピリチュアルを取り入れてみるのもいいのではないでしょうか。
スピリチュアルも意味があってのものばかりなので、厄年だけでも頼ってみてはいかがでしょう。

運気アップについてもっと情報を知りたいアナタに!

運気アップ!運気を上げる方法まとめ!風水・すべき行動など解説
月星座を調べる方法!自分の月星座を知ろう
潜在能力を持つ人の共通点9つ!潜在能力を引き出す方法教えます
背中のほくろの意味7つ!位置で性格や運勢がわかる?【ほくろ占い】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ