波動とは?波動の高い人・低い人の特徴を知って見分ける方法!

波動という言葉をよく聞きますが、いったいどんな意味なのでしょう?実際は、波動はどういったことを指してるのか気になりませんか。また、波動の見分け方とは?そこで、スピリチュアルなことも含めて、波動の高い人・低い人などそれぞれの特徴や、波動の上げ方を紹介します。

波動とは?波動の高い人・低い人の特徴を知って見分ける方法!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】波動とは?
  2. 波動の種類
  3. 波動で人を見分ける
  4. 波動が良いもの~特徴
  5. 波動が悪いもの~特徴
  6. 自分の波動はどうなってる?〜周りの環境
  7. 自分の波動はどうなってる?~心の状態
  8. 波動の高い人~特徴
  9. 波動の低い人~特徴
  10. 波動が高いとどうなる?
  11. 波動が低くて悪いとどうなる?
  12. 芸能人は波動は高い? 
  13. 波動が高いからいいわけではない?
  14. こんな波動には注意!
  15. 良い波動でいいことを引き寄せる
  16. 波動を見分ける方法
  17. 日常生活で波動を上げる方法
  18. スピリチュアル的に波動を上げる方法
  19. 波動チェック
  20. 【終わりに】波動でいい人間関係を!

【はじめに】波動とは?

スピリチュアルなものが流行ってからというもの「波動」というフレーズをよく聞くようになりましたよね。
波動とは、そもそも何を指すのでしょうか。

「あの人は波動が高い人」とか「あの神社は波動がイイからおすすめ」など、あらゆるところで波動という言葉が出てきます。

波動そのものは、目には見えないものです。
波動は人間だけではなく、動物や植物、物や場所など、すべてに存在している振動といえばいいでしょうか。

もっと分かりやすくいうと、波動は、その人や物が醸し出している雰囲気や特徴的なものといえるかもしれません。

そして、その波動によって、人は無意識のうちに「どんな人なのか」「自分にとって合うものなのか」などと、見分けることをしているのでしょう。

波動は、自分が選ぶものや出来事などを、自然に引き寄せています。

波動の種類

波動と聞くと、やっぱりスピリチュアルなイメージがしませんか。
実際には、波動は目に見えないもので、人や場所などの状態を「心で感じ取るもの」といえば、まだ親しみやすくなるかもしれません。

波動といっても、調べてみると色々な種類があるようです。

・良い波動 ノイズがなく、自然とうまく調和をしている状態。人から好まれる。
      例)森林の空気など

・悪い波動 ノイズが荒くて、自然とは不調和な状態。トラブルも起こりやすい。
      例)汚された空気など

・高い波動 より形がなく、繊細で透明感がある

・低い波動 物質的で、低温で安定感がある

・強い波動 エネルギッシュで影響力が大きい 
      例)スター、カリスマ的な人など

・弱い波動 エネルギーが活性化されてない状態で、影響力が弱い 
      例)弟子、部下など

厳密にいえば、波動はこれだけの種類に分かれています。

波動が高くて強い=良い波動と捉えられがちですが、波動でも自分にとって相性というものがあり、必ずしも全ての人にいいとは限らないようです。

波動で人を見分ける

知らないうちに人が自然と出している波動は、「いい感じがするか、嫌な感じがするか」で人や物事の判断をすることができます。

波動で人を見分けることで、ある意味では、自分の身を守る役割をしているといえるかもしれません。

この見分ける方法は、特別にスピリチュアル的な特殊能力が必要なわけではありません。

波動と意識せずとも、元来、人間が備え持っている本能的な力というのは、自分にとって心地いいものか、心地悪いものかを感じ取ってしまうものです。

もし、道を歩いていて迷った時、どんな人を選んで聞くでしょうか?

あたかもイライラとした表情で脇目も振らずに歩いてる人を選ぶことは、恐くてなかなかできませんよね。

でも、パッと見た感じで「この人ならちゃんと教えてくれそうだな」と思える人になら、話しかけやすいでしょう。

それだけ波動とは、知らず知らずのうちに、人を引き寄せたり避けたりしてしまうものなのです。

波動が良いもの~特徴

波動の良いものというのは、とても気持ちが良く、人が無意識のうちに惹かれるものです。
美しい景色や、人の手によって綺麗に施されたものがありますね。

例をあげてみると

・良い波動とは① 美しい花瓶に生けられた色とりどりの花
・良い波動とは② 物が整理整頓されて掃除の行き届いた清潔な部屋
・良い波動とは③ カラッと晴れ渡った澄んだ青い空
・良い波動とは④ 緑や自然の豊かな公園
・良い波動とは⑤ 窓に差し込む太陽の光
・良い波動とは⑥ 澄んだ空気が流れる森林
・良い波動とは⑦ 神社など、崇高な雰囲気

など、色々な良い波動があります。

こうした波動が良いといわれるものは、その場の空気感が明るく軽く感じるのが特徴的ですね。

朝が爽やかで澄んだ感じがするのも、やはり波動がいいからでしょう。

だからこそ、人はそこに心地良さを感じて、波動の良いものにより近づきたくなるのです。

波動が悪いもの~特徴

反対に、波動の悪いものはどうでしょう。

悪い波動を放ったものは、人にとって見ていて心地悪いものや、その場所から去りたくなったり、避けたくなったりするのが特徴なのはわかりますね。

もちろん、人間の手によって汚されてしまったものも含みます。

例をあげてみると

・悪い波動とは① 物が散らかっていて掃除もされてないような汚れた部屋
・悪い波動とは② 枯れ果てたまま花瓶に挿してある花
・悪い波動とは③ ヨレヨレで型が崩れた服
・悪い波動とは④ 薄汚れた感じの不気味?な雰囲気の家
・悪い波動とは⑤ 暗くてジメジメした感じのある墓場や公園
・悪い波動とは⑥ くたびれ果てた靴
・悪い波動とは⑦ 光の入らない陰気くさい部屋

など、波動の悪いものも世の中にはたくさん存在しますね。

どう見ても、波動が良くないものには、積極的に触れたり近づきたくないものです。
やはり人は、誰でも汚いものは嫌いなのです。

もしこんな波動の悪いものが心地いいのだとしたら、それを好む人にとって、精神的な何か不健康なものを抱えているということかもしれません。

自分の波動はどうなってる?〜周りの環境

では、自分が普段放っている波動はどんな感じでしょう。

この波動とは、その時その時の自分が置かれている環境や、「今、何をどう感じでいるか」という感情でも変わってきます。
波動は、常に一定ではなくて、変化しているものです。

例えば、毎日多くの時間を身を置いている職場や家庭などで、
「綺麗で清潔感のある明るい場所=波動のイイ場所」にずっと居るのと、
「薄汚れて雑然としていて暗い感じの場所=波動の悪い場所」に居るのとでは、
自分の気分や精神状態にも影響が出てきます。

また、毎日、いい言葉を聞かされて過ごしているのと、罵声を浴びて過ごしているのとでも、もちろん感情に変化がありますよね。

そうしたことが、自分が放つ波動にも繋がってきます。

波動は、気を付けていないと、知らない間に良くも悪くも変化したり、引き寄せる物事も変わってくるものです。

自分の波動はどうなってる?~心の状態

自分の波動の状態がどんな感じなのかを、もっとよく知る方法としては、周りが自分に接する態度でわかります。

例えば、外に出た時、お店に入った時の店員さんからのサービスだったり、道ですれ違う人や車など、あらゆるところに「自分の放つ波動=感じ取られ方」が現れたりするものです。

もし、あなたが、とてもイイ気分でにこやかな波動を放っていれば、店員さんから親切なサービスをしてくれたり、知らない人が話しかけてくることもあるかもしれません。

逆に、ひどい不機嫌な状態で、嫌な波動を放って歩いてたとしたら、店員さんから不親切にされたり、人にぶつかってトラブルを引き寄せたりすることにもなりかねません。

人は、あなたの波動から、なんとなく心の状態を見分けることで、接し方を変えてくるものです。

波動の高い人~特徴

では、波動の高い人というのは、具体的にはどんな人なのでしょう?

その特徴として、いくつかの例をあげてみると

・波動が高い人の特徴① いつも笑顔で周りを明るくしてしまう
・波動が高い人の特徴② 暖かい雰囲気があって、人をホッとさせる
・波動が高い人の特徴③ どんな人に対しても平等に接するような博愛さがある
・波動が高い人の特徴④ 人を見下したり、自慢話をして高慢にならない
・波動が高い人の特徴⑤ 物を大切にして、丁寧に扱う
・波動が高い人の特徴⑥ 人の悪口を言ったり、嫌な言葉を向けない
・波動が高い人の特徴⑦ 精神状態がバランスよくある
・波動が高い人の特徴⑧ 話す時の声が柔らかく心地いい感じがある
・波動が高い人の特徴⑨ 心の中が優しく思いやりに溢れている
・波動が高い人の特徴⑩ 慈悲に満ちていて、落ち着きがある


など、波動の高い人の特徴もたくさんあります。

これらの特徴が全て当てはまるから高い人というより、人が接した時に感じる「いい心の状態」があれば、波動の高い人といえるのかもしれません。

波動の低い人~特徴

反対に、波動の低い人というのは、どんな人なのでしょう。

その特徴をいくつかあげてみると

・波動が低い人の特徴① 声や表情が暗い感じ
・波動が低い人の特徴② 無口で何を考えているのかが読み取りにくい
・波動が低い人の特徴③ 人を恨んだり妬んだりしている
・波動が低い人の特徴④ 側にいると、気持ちが重くなる感じ
・波動が低い人の特徴⑤ テンションが低く、顔や動作に表情がない
・波動が低い人の特徴⑥ 動きに張りがなく、動作が鈍い感じがある
・波動が低い人の特徴⑦ あまり存在感がない
・波動が低い人の特徴⑧ 話す時の声がどよんとした暗い感じ
・波動が低い人の特徴⑨ 立ち方の姿勢が悪かったり、歩き方が鈍い
・波動が低い人の特徴⑩ 心の中に一物を抱えた感じがある

など、波動が低い人は、接したり話していると、こちらの波動も下がっていく感じがします。

もちろん波動の低い人だから悪いというわけではなく、ある意味、その場に落ち着きをもたらす存在にもなってくれます。

波動が高いとどうなる?

波動が高い状態だと、実際にどんなことが起こり得るでしょうか。

職場・家庭・サークルなど人の集まり・人間関係・恋愛など、あらゆる場面でいい影響を与えたり、雰囲気も良くなります。

わかりやすい例でいうと、職場に一人でも波動の高い人が存在するだけで、それまで暗めのムードだった場が、明るくなったりします。

逆にその人が居なくなると、ちょっとギスギスしたムードにまた戻ったり…。
そして、波動の高い人が同じく高い人を引き寄せて、周りの波動を上げていきます。

こうしてどんどん雰囲気が変わっていき、人間関係が好転したり、仕事もしやすくなったりするものです。

高い波動とは、当然、悪い出来事や嫌な出来事も起こりにくくなっていきます。

もしこんな理想的な職場があるのだとしたら、「その会社に入りたい」と思うのが人情といったところでしょう。

波動が低くて悪いとどうなる?

逆に、波動が低くて悪い状態では、どんなことが起こりうるか、想像つきますよね。

もし自分の職場に、挨拶をしても無視するような人や、罵声を浴びせる人、やたらと耳障りな大声で喋るような人がいたりすると、当然、雰囲気が悪くなるものです。

これでは仕事がしにくいどころか、そんな波動の低い人や悪い人に嫌気がさして、人が職場から離れていきます。

なぜか、人が居つかない職場というのはあるものですが、やはりこうした悪い波動が一因しているのかもしれません。

また、ありがちなパターンとしては、サークルなどの人の集まる場所で、人の悪口や噂話ばかりしていると、せっかくの人間関係の輪も悪い方向へと流れていきます。

これではけっして居心地がいいはずがありませんよね。

でも、そんな悪い波動を放つ所でも、人の悪口を言うのが好きなのが、ある意味では人間の本質的なところともいえます。

芸能人は波動は高い? 

波動の高い人というと、わりあいと芸能人などの有名人にも多く当てはまりそうですよね。

人から注目を浴びるような職業であれば、波動の低い人よりも高い人の方が人気が集まりやすい、というのはわかる気がしませんか。

いつも人気のトップを誇っている芸能人が、波動が低い状態のままでメディアに登場なんかしたら、たちまち批判にさらされてしまう恐れも出てきます。

また、世間にさらすのに、声や表情が暗かったり、見る側の気分が悪くなってしまうようでは、人はわざわざお金を払おうなどとは思いませんよね。

だからこそ、常に波動を上げるように状態を保つのが、とても大変なのだと思われます。

外見的な磨きをかけたり、見た目が比較的若々しく見えるのも、世間から見て心地いい=波動が高い人と感じられる必要性があるからでしょう。

波動が高いからいいわけではない?

では、波動が高いから、必ずしもいいのかと言うと…?そうでもないところも。

確かに、波動の高い人や場所や物事などを見て取ると、とても素晴らしいものです。
とはいっても、その波動の高いことが、返って人から思わぬ避けてしまうこともあったりします。

特に、スピリチュアルな世界にどっぷりと浸かりすぎている例がそうですね。

特に、スピリチュアルな世界にどっぷりと浸かりすぎている例がそうですね。

スピリチュアルなもの自体は元来いいことですが…いくら波動が高くても、あまりにも言動が現実とは浮世離れしていたり、崇高すぎたりすると、人はついていけなくなることがあります。

誰がしも、波動の高い人ばかりではなく、いろんなことに浸されている日常では、波動の高い時と低い時が交互している場合がほとんどでしょう。

どれが良い悪いではなく、人は自分にとって、心地のいい波動のものを選んで過ごしているのかもしれません。


■関連記事:待ち受け画面を変えると運気が上がるかも!

運気アップ待ち受け・スマホ壁紙画像!恋愛運・開運・金運が上がる

こんな波動には注意!

波動とは、その人の心の状態を見るバロメーター的な役割をすることもあります。
例えば、物を購入しようとする場合。

目の前に置かれたものが放つ波動が、自分にとって合うか合わないか、芯から望んでいて心地いいことなのかを見分けることも必要です。

また、営業してくる人は笑顔で「この商品は一押しですよ」と言っているのに、なんとなく目は笑っていない…波動に落ち着きがない感じがすることがあるものです。

セールストークは良いことを言っているにもかかわらず、声から来る波動がどことなく刺々しい感じがする場合も注意ですね。

いくらその人が作り笑顔で善人を装っていても、放っている波動に違和感を感じたりする時は、波動の状態が悪い人といえるでしょう。

そんな時は、自分の感じたままを信じて、無理して買わないことです。
人の波動とは正直で、けっしてごまかせないものですよ。

良い波動でいいことを引き寄せる

類友という言葉があるように、波動とは、良い悪い関わらず、同じ性質を持ったもの同士を引き寄せ合います。

どうせなら、良い波動を放っていいことを引き寄せたいものですよね。

そこで、どんな言動なら、引き寄せやすいのかをあげてみますね。

・良い波動で引き寄せる方法① なるべくなら上機嫌で過ごせるようにする
・良い波動で引き寄せる方法② 明るい笑顔を絶やさずにいること
・良い波動で引き寄せる方法③ いい言葉を使うようにする
・良い波動で引き寄せる方法④ 悪口や愚痴話などは言わない
・良い波動で引き寄せる方法⑤ 人や物には思いやりを持って接するようにする
・良い波動で引き寄せる方法⑥ 「楽しい・嬉しい」ことをイメージする
・良い波動で引き寄せる方法⑦ 自分の好きなことを楽しんでやる

こんな習慣をつけていくと、同じ波動を持った人や物事に共鳴して、いいことを引き寄せていけるでしょう。


■関連記事:寝室を変えると運気が上がる!

寝室風水で人生を変える!ベッドの位置に注意!【運気を上げるコツ】

波動を見分ける方法

いいものを引き寄せて、悪いものを避けるようにするには、波動を見分けるようにするといいでしょう。

人の心の状態を見る時の方法として、例をあげてみます。

・波動を見分ける方法① 一目見た時に、いい感じがするか? 悪い感じがするか?
・波動を見分ける方法② 顔の表情を見た時、目が笑っているまたはどこか避けている?
・波動を見分ける方法③ 話す口調や声でも、その人が心を開いているか閉ざしているかわかりますよね。
・波動を見分ける方法④ 一定の心地いい声で挨拶をしているかで、機嫌がいいか悪いかが表れます。
・波動を見分ける方法⑤ 歩き方がゆったりかスタスタとした感じなら大丈夫。
            荒々しい人は注意です!
・波動を見分ける方法⑥ 物の置き方や扉の締め方でも、心の状態が出るものです。
・波動を見分ける方法⑦ 体の向きがこちらを向いている時はOK! 避けている時は無理に話しかけないこと。
・波動を見分ける方法⑧ 仕草がせかせかと落ち着きがない時に、物事を頼んでもムダ?
・波動を見分ける方法⑨ 明らかに苛立っている様子の時は、近づかない!
・波動を見分ける方法⑩ 近づいた時に、ジャリジャリとした感じがした場合は、良くないものを抱えてます。

波動は、その人の心の中まで見えてしまうものです。

こうした表に出ている波動で見分けると、その人とその時どう接すればいいかがわかるようになりますよ。

日常生活で波動を上げる方法

いい波動を放つようになるには、日々、波動を上げる習慣も大切になってきます。

では、具体的にはどうしたら波動を上げることができるのか、いくつか方法をあげてみます。

・波動を上げる方法① 部屋の中を整理整頓して、綺麗にする
・波動を上げる方法② 玄関はできるだけすっきりと、綺麗にしておく
・波動を上げる方法③ トイレ掃除を毎日やるようにすると、波動が良くなる
・波動を上げる方法④ 家の中の空気の入れ替えを行う。淀んだ空気は健康的にもNG!
・波動を上げる方法⑤ 生花や観葉植物を置くようにすると、いい波動が生まれます
・波動を上げる方法⑥ 心地のいい音は、いい波動を生みます。素敵な音楽をかけたりするといいですね。
・波動を上げる方法⑦ 部屋の中は明るくする。カーテンや壁の色などを工夫するといいでしょう。

まるで風水のような感じですが、日常生活の環境は、自分の波動を上げることに繋がります。

いい環境に居ると、気がつかないうちに、波動として自分にまとってくるものです。
けっして環境を侮ってはいけませんよね。


■関連記事:運気を上げたいなら魚を飼うのもおすすめ

【風水】運気が上がる魚の種類は?水槽の置き場所のおすすめも解説

スピリチュアル的に波動を上げる方法

波動を上げるために、生活環境を整えることはもちろんですが、必要に応じてスピリチュアルなやり方を取り入れてみるのもいいかもしれません。

そこで、いくつかのスピリチュアル的に波動を上げる方法を紹介します。

・波動を上げるスピリチュアルな方法① お香を焚くと、家の中が浄化されます。
                   白檀が一番イイそう。
・波動を上げるスピリチュアルな方法② 盛り塩で場を清める。塩は古くなったら交換するといいでしょう。
・波動を上げるスピリチュアルな方法③ 古いお守りなど不要になった場合は、必ずお焚き上げをする。
・波動を上げるスピリチュアルな方法④ お札は、神棚にちゃんと置くか、なければ家具など高い位置に置くようにする。
・波動を上げるスピリチュアルな方法⑤ 毎朝、祝詞を唱えると、波動が良くなるといわれます。
・波動を上げるスピリチュアルな方法⑥ 悪い波動を浄化するには、手を叩いて音を出すと飛んでいきます。
・波動を上げるスピリチュアルな方法⑦ 有名な神社よりも、自分の祖先のお墓詣りが一番守ってくれます。

スピリチュアルな方法は、構えてしまいがちですが、あまり難しく考えることはありません。
気楽に波動を上げる方法として、できそうなものから試してはいかがでしょう。

波動チェック

波動とは、生活環境やスピリチュアル的なものだけではなく、生活習慣や健康状態なども関連してきます。

今、自分がどんな波動の状態なのかをチェックしてみましょう。

・波動チェック① 朝の目覚めがよくなっている。または、頭がスッキリしている。
・波動チェック② 集中力が高くなってきた
・波動チェック③ 前よりも健康的な食べ物や質のいい睡眠を求めるようになっている
・波動チェック④ 心の中が軽やかで、物事を複雑に考えることがなくなってきている。
・波動チェック⑤ 悪口や悪い情報など、ネガティブなものから遠ざかってきた。
・波動チェック⑥ 周りの人が親切だったり、ラッキーなことが増えてきている感じがする。
・波動チェック⑦ イライラしたり、怒ることがめっきりと減った。
・波動チェック⑧ 周囲の人に気を配れるようになったり、余裕が生まれてきた。
・波動チェック⑨ 周りから「明るく元気になった」といわれることが多くなった。
・波動チェック⑩ ワクワクすることや、楽しい!と思えることが増えてきている。

当てはまることが多いほど、前より波動が上がってきているといえるでしょう。

【終わりに】波動でいい人間関係を!

いかがでしょうか。
波動は、スピリチュアルな言葉として使われている感じですが、意外と自分の日常にとって身近で深く関連していたりします。

また、波動が高い人だからいいとか、低い人だから悪いなどと、一概にはいえないものです。

波動は環境やその時の気分によって、常に変化しているのと、お互いの相性が関連して、引き寄せあっています。

波動を理解していると、あらゆる人間関係にも役に立つことができたり、起こりうる出来事も変わってきます。

せっかくなら、良質な波動を放って、楽しく過ごせるようにできたらいいですね。

もっとスピリチュアルについて知りたくなったあなたはこちら

ヒーラーとは!スピリチュアルヒーラーになるには?必要な素質は?
異常に眠い理由!スピリチュアルな意味7つ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ