【夢占い】道に迷う夢を見る意味7選!

【夢占い】道に迷う夢を見る意味7選!

寝ているとき、人は夢を見ていますよね。その夢で、道に迷う夢を見たことはありませんか?迷った道やその時夢の中で自分がとった行動によっても意味は変わりますが、道に迷う夢は大きく「迷い」があることを表すことが多いようです。その意味やサインなどを見ていきましょう。

記事の目次

  1. 1.道に迷う夢をみた
  2. 2.【道に迷う夢の意味】①迷いの原因は?
  3. 3.【道に迷う夢の意味】②迷ったときの夢の中の行動は?
  4. 4.【道に迷う夢の意味】③夢に誰か出てきた?
  5. 5.【道に迷う夢の意味】④運転中に迷った
  6. 6.【道に迷う夢の意味】⑤森の中の道で迷った
  7. 7.【道に迷う夢の意味】⑥駅に向かう途中で迷う
  8. 8.【道に迷う夢の意味】⑦タクシーで道に迷う
  9. 9.道に迷う夢でたどり着いたときは?
  10. 10.道に迷う夢まとめ

道に迷う夢をみた

夢は人の深層心理を表していたり、その人自身へ夢を通して何かのサインが送られているとよく言われています。

夢占いは大きな括りでは同じ意味でも、登場人物や夢の中での自分の行動、状況などによっても細かく意味が変わります。


その中でも「道に迷う夢」を夢占いで見ると、大きな意味では「迷い」や「自分自身を見失っている」ことを表します。

道というものは、よく人生にもたとえられますよね。

自分が進むべき道だけではなく、自分の目標を道として表すと、悩みや迷いを抱えていると道に迷う夢をよく見るようになるそうです。

他の夢占いで状況などが変わると意味が変わるように、道に迷う夢占いでも迷った道の状態や人の有無などの様々な要因で夢占いとしての意味が変わってきます。

今回は、道に迷う夢の夢占いの意味や心理を見ていきましょう。

またそれだけではなく、道に迷う夢を見ても最終的に目的地や目標などにたどり着くことができた夢の意味も見ていきたいと思います。

【道に迷う夢の意味】①迷いの原因は?

道に迷う夢の夢占いの意味は、「自分の人生や選択に迷いが出ているサイン」だということがわかりましたよね。

道に迷う夢と一口に言っても全然違う人たちがみんな同じ道を歩いているはずがありません。

その夢の中で歩いている道は人によって様々なはずですよね。

そのため、自分が夢の中で歩いている道がどのような道なのかによっても夢占いが自分に出しているサインが変わってきます。

夢の中で大きな道を歩いているのに道に迷った場合は、安全な道を歩いていること自体に心理的迷いが出ているサインです。

逃げ場のない細い道や細くなっていく道、行き止まりの道で迷ってしまう夢であれば、自分自身に自信がなくなってきているサインであったり、自分の進む道に自信や選択肢がなくなっていて窮地に陥っている心理的なサインでもあります。

自分に余裕がないと、なかなか考え方や見方を変えることができません。

そんなときであるからこそ、冷静に来た道を引き返して打開策を見つけられるようにしましょう。

夢の中で引き返して目的地にたどり着くことができた場合は、現実でも一度進むのをやめて考え直してみましょう。

【道に迷う夢の意味】②迷ったときの夢の中の行動は?

迷う夢を見た場合、夢の中での行動も人によって様々ですよね。

引き返してもなかなか目的地にたどり着くことができない夢や、分岐点や行き先で迷っている夢などその種類は様々でしょう。

行き先を迷っている夢や、分岐路で迷っている夢は自分が進むべき道が決まっていなかったり人生の岐路に立っているサインです。

間違えることを怖がって進まないよりも、チャレンジをして経験を増やしましょう。

また、何度も道を間違えることによって同じ道に出てしまったり、どの道を進んでも間違えることで目的地にたどり着くことができない夢を見た場合は、今進んでいる道が自分にとって進むべき道ではないサインや現状から抜け出すことができないサインでもあります。


なかなか目的地にたどり着かなかったり、道を間違えることが続いたりすると焦ってしまいますが、一度落ち着いて周りをよく見てみましょう。

【道に迷う夢の意味】③夢に誰か出てきた?

道に迷っている途中、誰かに道を尋ねていたり道案内をして貰っていたりすることでも、夢占いとしての意味は変わってきます。

誰かに道を尋ねている場合は、今現実で自分が抱えている問題を誰かに相談したいと思っている心理的なサインです。

正しい道を教えて貰うことができれば、相談することによって問題は解決します。

しかし、わざと間違えるような道を教えられて、余計に迷ってしまう夢であった場合は相談をすることによってそれまで以上に悩んでしまう可能性もあります。

そのような夢を見た場合は、悩んでも人に相談せず、自分の力だけで乗り切りましょう。

また、困っているときに誰かが道案内をしてくれた場合は、抱えている問題に対して誰かが手を貸してくれることを表しています。

声をかけてくれた人が友達や知人であれば、その人に相談をしてみましょう。

問題を解決するための糸口を見つけてくれるかもしれませんよ。

【道に迷う夢の意味】④運転中に迷った

運転中道を間違えることによって迷ってしまう夢を見たことはありませんか?

そんなとき、夢占いでは自分の予定通りに物事が進まなかったり、トラブルに巻き込まれたりしてしまうサインです。

現実でも道を間違えることはあると思いますが、その時はとても焦ってしまいますよね。

通い慣れた道であれば間違えることは少ないかもしれませんが、初めての道で間違えるととても焦ってパニック状態になることもあります。

夢の中で迷ってしまい、慌てる気持ちはとてもわかります。

しかし、あまり慌てすぎてしまうと現状よりもっと酷い状態になってしまうかもしれません。

迷っているからこそ落ち着いて考え、冷静に対処するようにしましょう。

【道に迷う夢の意味】⑤森の中の道で迷った

夢でも現実でも、森の中で迷いたくはありませんよね。

木々で常に薄暗く、道なき道を進んでいくのは迷うこと間違いありません。

夢の中で道に迷った場合、夢占いでは自分自身の視野が狭くなり周りが見えていないと言う心理的なサインです。

目の前にあることにしか目を向けることができていないため、仕事や日常生活に支障が出てしまうかもしれません。

このような夢を見た場合は、一旦冷静になって周りを見ましょう。

視野を広げることにより、大きな視野で物事の解決策を見つけることができるかもしれません。

次のページ

【道に迷う夢の意味】⑥駅に向かう途中で迷う

関連記事

人気の記事