髪に段を入れる・つけるとはどういうこと?

髪に段を入れる・つけるとはどういうこと?

美容師さんに髪を切ってもらう時にちょっと戸惑う一言、ありますよね。「髪に段を入れておきますね」とか「毛先に段を入れて動きをつけましょう」とか。一体どういう意味なんでしょうか?美容師さんとのコミュニケーションに役立つ情報をお伝えします。

記事の目次

  1. 1.上手にヘアスタイルのオーダーできてる?
  2. 2.髪に段をつけるとは?
  3. 3.髪に段がない状態ってどんなヘアスタイル?
  4. 4.ヘアカット用語について
  5. 5.髪に段を入れるメリットは?
  6. 6.髪に段を入れる時の注意点
  7. 7.【画像あり】髪に段をつける長さ別ヘアスタイル
  8. 8.【ショート】髪に段をつけるヘアスタイル
  9. 9.【ボブ】髪に段をつけるヘアスタイル
  10. 10.【ミディアム】髪に段をつけるヘアスタイル
  11. 11.【セミロング】髪に段をつけるヘアスタイル
  12. 12.【ロング】髪に段をつけるヘアスタイル
  13. 13.【まとめ】美容師さんにオーダーする時は♡

上手にヘアスタイルのオーダーできてる?

美容室でしてもらいたいヘアスタイルをオーダーする時、みなさんどんな感じでお願いしています?

「いつもので」
「こんな感じにしてください」(ヘアカタログを指さす)
「全体的に軽い感じで」
「肩ぐらいから段をつける感じで」
「お任せします!」

まぁ、色々なオーダー方法がありますよね。

オーダーする時に、希望のヘアスタイルに必要なやりとりを美容師さんとすると思うのですが、ここで知ったかぶりで美容師さんが使うカット用語なんか出しちゃったりすると、意思疎通がうまくできなくなること、多いんですよね。

自分と美容師さんとの誤差を埋める!

私たちが思っているニュアンスと、実際のカット用語の意味に差があったり、曖昧な感覚で捉えている言葉を使うと、ヘアスタイルが完成した時に、ずいぶんイメージと違ったりするんです。

自分の思うヘアスタイルになりたい、自分に似合う髪型にしてほしいと思うなら、

美容師さんと自分との認識の誤差を埋めること。

これ、大切ですよ。

段を入れるってどんな意味?

と、いうわけで今回は、ヘアスタイルをオーダーする時に使いやすい「段を入れる」とか「段をつける」という言葉について、しっかりと認識を深めたいと思います。

美容師さんにわかりやすいオーダーができるかどうかで、望み通りのヘアスタイルになる確率がずいぶん変わってきますからね♪

美容院に行く前に知っておきたい!こちらが参考になります♪

美容院の頻度の適正は?髪型やカラーで違ってくる?【女性必見】 | Lovely[ラブリー]のイメージ
美容院の頻度の適正は?髪型やカラーで違ってくる?【女性必見】 | Lovely[ラブリー]
美容院へはどれくらいの頻度で通いますか?月に1回、3ヶ月に1回など、人によってその頻度は異なります。 では、実際美容院へはどれくらいの頻度で通えばよいのでしょうか。髪型やカラーの有無で違いはあるのかを中心に解説をしたいと思います。
垢抜ける方法!髪型など!【垢抜けたい女子必見】 | Lovely[ラブリー]のイメージ
垢抜ける方法!髪型など!【垢抜けたい女子必見】 | Lovely[ラブリー]
芸能人や旧友など、久しぶりに顔を見たら垢抜けていて驚くときがありますよね。今の自分じゃ何となくぱっとしない、モテない…そんな女性は特に垢抜ける方法を探しているのではないでしょうか。今回は、女性が努力でできる垢抜ける方法を紹介させていただきます。

髪に段をつけるとは?

今どきのヘアスタイルは、髪に段を入れるスタイルがほとんどだと言ってもいいでしょう。

とは言え、この「髪に段をつける」とか、「髪に段を入れる」って言葉、使うけれど、なんとなくのイメージでしか捉えてない人も多いと思います。

髪に段をつけるという言葉を、勘違いしていると「こんな髪型を希望していたわけじゃないんだけど…」と、悲しい思いをしてしまうことにもつながりますよね。

髪に段を入れることが、どういう意味なのかを説明していきます。

段を入れるヘアスタイルで、パッと思いつくのは、上の画像のような感じではありませんか?トップの髪がずいぶんと短くなっていて、段々になっているのがわかりやすいですよね。

それと、こちらの下の画像。

こちらも段が入っているヘアスタイルです。襟足の辺りに角度が付いているのわかりますか?

ヘアスタイルに丸みが付いていたり、動きがある髪型は、それらほとんどに段(角度)をつけることで作られていますよ。

次のページ

髪に段がない状態ってどんなヘアスタイル?

関連記事

人気の記事