ハイライトの入れ方・使い方のススメ!メイクテクでツヤ肌・小顔に!

いつものメイクも、ハイライトをプラスするだけで印象がガラッと変わります!だけど、その入れ方や使い方がイマイチコツが掴めないと悩んでいる人もいるのでは?!今回は、いつものメイクにプラスしたいハイライトの入れ方や使い方をご紹介していきます!

ハイライトの入れ方・使い方のススメ!メイクテクでツヤ肌・小顔に!のイメージ

目次

  1. メイクで差を付けたい!ハイライトの入れ方・使い方は?
  2. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方①
  3. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方②
  4. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方③
  5. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方④
  6. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑤
  7. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑥
  8. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑦
  9. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑧
  10. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑨
  11. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑩
  12. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑪
  13. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑫
  14. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑬
  15. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑭
  16. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑮
  17. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方ポイント①
  18. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方ポイント②
  19. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方ポイント③
  20. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方ポイント④
  21. ローライト、シェーディングの入れ方・使い方~入れる場所編~
  22. ローライト、シェーディングの入れ方・使い方~注意点~
  23. モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方、まとめ

メイクで差を付けたい!ハイライトの入れ方・使い方は?

外国人のようなくっきりとした目鼻立って、誰もが一度は憧れた経験があるのではないでしょうか?

日本人にはないホリの深さや綺麗な鼻筋は、見る人を魅了しますよね。

しかし、そんな外国人の顔に憧れを抱くからといって整形までしたくはない!出来ることならメイクの工夫だけで綺麗な凹凸の顔に近づきたい!それが多くの女性の願望なのでは?!

その願望は、お望み通りメイクの工夫で解決することができます!

凹凸とメリハリのある顔に近づくために、いつものメイクにハイライトをプラスしてみましょう。

ハイライトというのは、ピンポイントで使うことで顔に立体感を演出することで顔をシャープに見せてくれるという効果以外にも、ハイライトの明るさや輝きによってツヤ肌に見えるという効果を発揮してくれます。

更にこのハイライトの明るさが、くまや影、シミなどを飛ばしてくれますので若返り効果も同時に期待できるのです!

パッと明るいメリハリのあるツヤ肌メイクは、顔に華を添えてくれますね。

piawittenborn_fotografieさんの投稿
23161634 482655172119021 8573523672285839360 n

しかし、ハイライトというのは入れ方や使い方を間違えてしまうとそのような効果を期待できません。

ハイライトを効果的に使うためにも、ハイライトの入れ方や使い方のポイントはしっかりと押さえておきましょう!

更に!後半ではハイライトと合わせて使いたいローライトやシェーディングのポイントもご紹介します!

このハイライトやローライト、シェーディングの入れ方、使い方をマスターして、いつものメイクに差をつけて見ませんか?

pedro_jose_65さんの投稿
23164318 288586524964930 612696304753049600 n

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方①

ではまず初めに、ハイライトの種類について知っておきましょう!

ハイライトと一口に言っても、パウダータイプのものやクリーム、リキッドなど様々なタイプのものがあります。

用途や目的に合ったハイライトを選べるようにするためにも、ハイライトの種類やその特徴についてはしっかり押さえておきましょうね。

ハイライトの種類として一番多くの使われているのが、パウダータイプのハイライトです。

davide_lauriolaさんの投稿
23101758 1942772699296985 369467857194450944 n

パウダーファンデーションのようにブラシなどにパウダーを含ませて顔にのせていくパウダータイプのハイライトですが、特徴としては広範囲にハイライトを広げることができます。

また、パウダーは量の調節もしやすいので濃くなり過ぎず、薄づきで自然なハイライトを演出しやすいのです。

頬などあまりメイクを濃くしたくないポイントに使うのがおすすめです!

gali_collectionさんの投稿
23099283 2024820757758781 5876205243129135104 n

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方②

次にご紹介するのは、クリームタイプのハイライトです。

クリームタイプのハイライトの良いところは、なんと言ってもその発色の良さだと言えます!

パウダータイプのハイライトとは違って、このクリームタイプのハイライトはブラシではなく指に取って使うことが多いです。

主にピンポイントに狭い範囲を指で狙って使うのに適しているクリームタイプのハイライトですが、クリームをしっかり伸ばせば広範囲にも使うことも可能になります!

dz_photogさんの投稿
23164907 1857228991274516 8209360228550967296 n

しかし、このクリームタイプのハイライトは、その発色の良さからムラになってしまうとそれが目立ちやすいので注意が必要だと言えますね。

クリームを塗った部分と塗っていない部分の境目が目に見えてしまうなんてこともあり、そうするといかにもハイライトを入れていますというのがわかってしまい、自然な感じには仕上がりません。

ですのでクリームタイプのハイライトを使うときには、クリームを塗った部分と塗っていない部分の境目をしっかりと馴染ませるように使いましょうね。

クリームタイプのハイライトは、上手く使いこなせればツヤ肌効果も大いに期待出来ますよ!

mkcarol_cosmeticさんの投稿
23164744 1522677341151524 6992425204219641856 n

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方③

ハイライトには、スティックタイプのハイライトというのもあります。いわゆる練りタイプのハイライトということですね。

スティックタイプのハイライトは、もちろんスティック状になっていますから的を狙いやすいというメリットがあります。

練りタイプであることから肌ともよく密着しますので、汗などにも強く時間が経っても落ちにくいというメリットもありますね!

また、このスティック状ですのでコンパクトなものが多く、ポーチなどに入れてもかさばりにくいのが嬉しいですね。

fashionbeauty2k17さんの投稿
23160870 127857714580010 3676240925882843136 n

しかし、練りタイプのハイライトというのは密度が濃いですから、発色は良いのですが浮いてしまいやすいので注意が必要なのです。

特に肌が乾燥している部分に使用すると、乾燥で出来た肌の溝にハイライトが溜まってしまい、シワのように見えてしまうことがあります。

ですので、練りタイプのスティックハイライトを使用する場合には保湿なども同時にしっかりと行うようにしましょう!

goldenrosemacedoniaさんの投稿
21480521 1922147544711209 3317575723186651136 n

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方④

お次はリキッドタイプのハイライトです。

クリームタイプのハイライトともよく似ていますが、クリームタイプと違ってリキッドタイプのハイライトというのはベースメイクにも使うことができるという特徴があります!

ですので、このリキッドタイプのハイライトは顔全体が影っぽく、くすんで見えるというお肌の悩みを持つ方におすすめしたいハイライトだと言えますね。

ベースに使うことで、誰でも簡単に憧れのツヤ肌メイクを完成させることができます!

ng.universeさんの投稿
23164497 149567005789151 8480898411875270656 n

リキッドタイプのハイライトは、もちろんベースメイク以外にも使うことができますよ。

ファンデーションなどの上から指など叩き込むようにリキッドを重ねれば、リキッドタイプでもピンポイントでハイライトを入れることが可能です。

またリキッドタイプのハイライトはツヤが出やすいですので、ツヤ肌メイクにはもってこいのメイクアイテムだと言えますね!

ベースメイクとして顔全体にリキッドタイプのハイライトを使う場合は、ローライトやシェーディングなどで顔にメリハリをつけたいですね。

survivorpeachさんの投稿
23161809 1891735464478158 1205689172157792256 n

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑤

ハイライトの種類について理解することができたら、次はハイライトの色の持つ特徴や効果についても知っていきましょう!

ハイライトの中でも何色か異なる色が売られているのを見たことがあるという人もいるかと思うのですが、どの色味のものを買えば良いのか悩んでしまうという人もいるのではないでしょうか?

ハイライトの色味がもつ特徴や効果をマスターして、自分にぴったりのハイライトを選べるようにしましょう!

まずは、ピンク系のハイライト!

karinaiivetさんの投稿
23160903 765061637011594 9175169541582356480 n

ピンク系のハイライトは、主に顔の血色があまりよくない、青白い感じがするという肌の方におすすめのハイライトになります。

このような人がピンクのハイライトを使うことで、自然に血色がプラスされ、健康的なイメージのツヤ肌顔になる事ができます!

血色の悪さによってくすみが目立ってしまっているというタイプの方でしたら、パープル系の色味のハイライトがおすすめです!

パープル系のハイライトは、顔のくまや影を飛ばして透明感のあるツヤ肌な仕上がりにしてくれます。

lalelavargasさんの投稿
23163988 127056114726592 1298046048651968512 n

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑥

続いて、イエロー系のハイライトですが、こちらは先ほどとは逆に顔に赤みがあるのが気になるという人におすすめしたいハイライトの色味になります。

頬にいつも赤みがあるのが気になる人や、ニキビや肌荒れなどで肌が赤くなってしまっているという人は、このイエローの色味のハイライトをを使うことで肌の赤みが軽減されます。

physio_dermastoreさんの投稿
23161172 169208883660878 3723865941327478784 n

ここまで各色味が持つハイライトの色味の特徴や効果などをご紹介しましたが、それでも自分にはどの色味のハイライトが合っているのかわからない!という人は、オーソドックスな白のハイライトから入ってみるのが良いでしょう。

使っていくうちに、もっとこう見せたいな…という感覚を覚えると思いますので、その時に始めて色味のあるハイライトを活用するという方法もあります!

特に肌の悩みがないという人も、この白のハイライトから使い始めてみると良いかもしれませんね。

しかし、白はピンポイントに入れすぎると白が極端に目立ってしまい不自然ですので、できるだけ広範囲に、薄づきをイメージしながら使うようにしましょうね。

samuelmottakiさんの投稿
23279375 447401582324154 817429003387273216 n

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑦

ハイライトの色味には、上記でご紹介したもの以外に、ゴールド系などのラメやパールが入ったタイプのものもあります。

ハイライトに含まれているラメやパールは、アイシャドウなどに含まれているものとは違い、細い粒子のものが多いです。

ですので、光などに当たったときに 自然な輝きを放ってくれ、お顔全体を華やかにツヤ肌に見せてくれます。

これにより、顔の毛穴なども光飛ばしてくれるという効果も期待出来るのです!

ライトに当たる事が多い夜のパーティーや、太陽が眩しい夏のメイクなどにもおすすめですね!

emmawxtsonxさんの投稿
23161706 542367589444989 5681583558934659072 n

しかし、このようなラメやパールを含むハイライトというのは、あまり広範囲に塗り過ぎると顔全体がキラキラとしてしまい、メリハリの無い顔に仕上がってしまいます。

ですので、ベースは別のハイライトを使い、仕上げのアクセントとしてこのラメやパールの入ったハイライトをピンポイントで使ってでツヤ肌に仕上げるという使い方がおすすめだと言えますね。

akshobhya.mannさんの投稿
23164068 873665032806836 2186029712466247680 n

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑧

では、実際にハイライトを入れていく際にどの部分にハイライトを入れていくのかをご紹介していきます!

まずハイライトを入れる箇所として王道なのが、『Tゾーン』と言われる部分ですね。

Tゾーンというのは眉の上の横ラインから、眉間から鼻先にかけての縦のラインのことを言いますね。

このTゾーンにハイライトを入れることで、メリハリのある目鼻立ちのくっきりした外国人フェイスに近づくことができます!

fanpage_rachelc00k_franceさんの投稿
23101751 220462618491859 8155582466296381440 n

しかし、このTゾーンにハイライトを入れる際に注意したいのが、鼻筋のハイライトをです。

鼻筋のハイライトは鼻を高く見せるのに一役買ってくれるのですが、あまり太く入れてしまうと今度は鼻が大きく見えてしまったり、逆にのっぺりとして見えてしまう原因にもなりかねないのです。

ですので、鼻筋のハイライトはクリームやリキッド、スティックタイプなどのピンポイントに使うのに適したハイライトで出来るだけ細めに入れてあげるのがおすすめです!

aloha5582さんの投稿
23101850 574411036284033 5025140757414019072 n


◆関連記事:童顔になりたい方、逆に童顔で悩んでいる方におススメです

童顔に似合う髪型・メイクとは?童顔女子が大人っぽくなれる方法!
童顔メイクのやり方とは?かわいい幼な顔を作る方法教えます!

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑨

先ほどご紹介したTゾーンに次いで王道とも言えるハイライトを入れる箇所は、Cゾーンと言われる部位です!

Cゾーンは、目尻あたりから頬骨にかけてのあたりを指します。

この部分にハイライトを入れてあげることで、ハリのあるツヤ肌メイクに仕上がります!

また、チークボーンが強調されますので、笑ったときに笑顔がよりチャーミングな印象になるのです♪

perfectgirls117さんの投稿
23164132 1910179652356178 9142552164072161280 n

そんなCゾーンに入れるハイライトは、クリームやリキッドよりも、パウダーなどで広く薄く入れてあげるのがおすすめです。

クリームやリキッドではCゾーンが強調されすぎてしまうので、顔が膨張して見えてしまうことがあります。

自然にツヤ肌を演出しながら立体感を持たせるためにも、Cゾーンのハイライトはパウダータイプのものを使うようにしてみましょう!

existentchaosさんの投稿
23161360 134350823990672 1544257432602017792 n

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑩

では、王道のハイライトの箇所以外にも知っておきたいハイライトを入れるのにおすすめの部位もご紹介!

ハイライトを、TゾーンやCゾーンにプラスして、あごにも入れてみましょう!

あごというのは、顔のパーツの中でそこまで目立つような部分ではありませんのであまり重要視されませんが、そんなあごにも注意を向けてみて欲しいのです!

realmodelsagencyさんの投稿
23164090 813533888850448 7979191818761797632 n

あごにハイライトを入れることで、顔をシュッとシャープに見せることができます!

パウダーで入れても良いですし、クリームやリキッドなどでしっかりと入れるのもアリです。

メイク全体を、クールなイメージに仕上げたいときにおすすめのハイライトの入れ方になります。

ローライトやシェーディングなどと合わせて入れることで、よりクールでシャープなイメージに仕上がります!

kikkakikka64さんの投稿
23164705 198634294014034 3547554982616104960 n

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑪

ハイライトは、口元の周りに使うのもおすすめです!

口元周りのハイライトって意外と挑戦したことの無い女性が多いのですが、印象を明るく、華やかに見せるためには是非覚えておいて欲しい部位になりますので、是非参考にしてみてください。

口元周りのハイライトの入れ方は、上唇のM字になっている部分にピンポイントで入れるという入れ方をします。

クリームやリキッド、スティックなどで入れてあげると入れやすいでしょう!

こうすることで、ぷっくりとした女性らしい唇を演出することができます♪

n.natalinoelさんの投稿
23101359 125379538179047 7541710603224612864 n

更に、下唇の両端にもハイライトを入れてみましょう。

ここにハイライトを入れると、口角がキュッと上がって見えるのですね。

口角が上がって見えると自然と印象も明るい、華やかになります!

こちらも上唇同様、クリームやリキッド、スティックなどでピンポイントにしっかりと入れてあげましょう。

erra0610さんの投稿
23161688 1952281871662050 3436943322587856896 n

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑫

最後に、眉下にハイライトをオンするというのも挑戦してみましょう。

これはやったことのある女性も多いかもしれませんね!

しかし、眉下といっても眉下全てにハイライトを入れると不自然になってしまいます。

眉下にハイライトを入れるときには、眉尻の下辺りにのみ入れてあげましょうね。

ylinka27さんの投稿
23101271 306457603170290 8220737644162711552 n

アイシャドウのパレットに入っている一番明るい色をそのまま眉下に入れるだけでも十分ハイライト効果を発揮できますが、ベースとしてクリームを塗った後に、その上から明るいアイシャドウをのせると更にハイライトが際立ちます!

この部位のハイライトも、クールに決めたいときにおすすめのハイライトの入れ方になります。

眉尻をハイライトで強調することで、キリッとした目元になり、アイラインなどを濃く引かなくても印象的な目元を演出することが出来ますよ!

muralikrishnagさんの投稿
23161514 432217030514160 2063219834216251392 n

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑬

では次に、顔の輪郭別のおすすめのハイライトの入れ方をご紹介していきたいと思います!

これは一番気になっている女性が多いのでは無いでしょうか?!

ここまで様々なハイライトの入れ方をご紹介してきましたが、顔の輪郭によっては入れない方がいいハイライトというのもありますので、自分はどこにハイライトを入れるべきなのかを是非確認してみて下さい!

まずは、丸顔さんのハイライトの入れ方です!

kimjaekyung566さんの投稿
23279599 161542721106155 108547606119972864 n

丸顔さんの場合は横のラインよりも縦のラインを強調すべきですので、Tゾーンやあごを中心にハイライト入れてあげましょう!

Cゾーンも入れてはいけないわけではありませんが、あまり強調し過ぎると丸顔が際立ってしまいますので、目の下にピンポイントに入れるように意識してみましょう。

あとはローライトやシェーディングなどで締まりの部分を作れば、メリハリのあるツヤ肌フェイスに♪

i.am.ginabooneさんの投稿
23164464 330996200700639 267307846696173568 n


◆関連記事:自分の顔を診断して似合うメイクを見つけよう!

自分に似合うメイクの見つけ方!顔タイプ診断を利用しよう!

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑭

では、面長さんの場合はどのようにハイライトを入れていけばいいのでしょうか?

面長さんのハイライトの入れ方は、主に丸顔さんのハイライトの入れ方と逆の入れ方だと思って頂ければ分かりやすいでしょう。

面長さんの顔は、丸顔さんとは反対に縦のラインを強調し過ぎると面長が際立ってしまうのですね。

ですので、Tゾーンのハイライトはできるだけ控えましょう。

this_beautiful_faceさんの投稿
23101761 397623343988937 6866224049857495040 n

その分、Cゾーンのハイライトをしっかり目に入れてあげるとメリハリのあるツヤ肌メイクに仕上げることが出来ます!

もしTゾーンにハイライトを入れるとしても、パウダーなどで薄く入れる程度に留めましょうね。

特に眉上の横のラインは濃くなり過ぎないように気をつけて入れてあげましょう!

nightingale_2002さんの投稿
23161148 820734288051501 2933797077911601152 n

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方⑮

エラ

続いて、エラの張りが気になるというホームベース型の場合のハイライトの入れ方です!

この場合のハイライトの入れ方は、Tゾーンのみにハイライトを入れるという方法がおすすめです!

Tゾーンのハイライトのみで顔の凹凸を強調させ、それ以外のパーツはあまり強調させないようにします。

moanabarrosoさんの投稿
23101614 368439256916005 2211529087921422336 n

ホームベース型のお顔の人が色々なところにハイライトを入れ過ぎてしまうと、全体的に角ばったイメージに仕上がってしまいます。

ですので、あまり各パーツを強調しすぎないようにメイクを仕上げるのが、ホームベース型のお顔の人にはおすすめです!

気になるエラの部分は、ローライトやシェーディングでカバーしてみましょう!

radical_gzさんの投稿
23101755 380637342368097 2916150680789975040 n

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方ポイント①

ササっと

それでは、ここまでご紹介してきました様々なハイライトに関する情報に加えて、ハイライト入れる際の注意点などのポイントをご紹介していきたいと思います!

ハイライトを入れる際のポイントの1つ目は、ハイライトは「ササッ」といれることを意識するということです。

やはりお顔の立体感を持たせるのにはハイライトは重要ですし丁寧に仕上げたいのですが、凝りすぎると返って逆効果なのです。

magnificentbandwmagさんの投稿
23099057 1644960928869075 6750157128528297984 n

あまり念入りにハイライトを入れ過ぎると、いつの間にかハイライトがきつくなりすぎて不自然な仕上がりに…なんてことにもなりかねません。

ですので、ハイライトはあくまでも「ササッ」と終わらせるようにしましょう!

「ちょっと付けたりないかな…?」と思うくらいが、ハイライトは丁度いいのです。

makiakisadaさんの投稿
21690669 1582809831769531 2847536499472203776 n

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方ポイント②

続いてハイライトを入れる際に押さえておきたいポイントの2つ目は、実際にお顔にハイライトをのせる前に、手の甲などで量を調整するということです!

これはハイライト以外にも、ファンデーションやチークなどにも応用の利く方法になります。

いきなりダイレクトにハイライトつけると、仮に付け過ぎてしまったという場合に調整するのが難しくなってしまいます。

一度のせたメイクを薄めるという作業は、メイクのムラなどにも繋がってしまう可能性があるのです。

ですので、はじめから付け過ぎを防止するためにもまずは手の甲などに一度ハイライトを取ってみましょう。そして少しずつ顔にのせていきます。

そうすることで、付け過ぎてしまったからと余分なハイライトを落とす工程が必要無くなるのです!

そしてその都度、鏡で様子を見ながら「ちょっと付けたりないかな?」というところでストップして下さいね!

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方ポイント③

ハイライトを入れる際に注意したいポイントの3つ目は、ハイライトはのせたら馴染ませるという工程を忘れないということです!

ハイライトというのは、言わずもがなメイクの中で一番明るい色味の化粧品になります。

そんなハイライトをのせるだけのせて馴染ませる工程をスルーしてしまうと、後で見た時にハイライトがすごく浮いて見えてしまうのですね。

always_sissfashionさんの投稿
23164095 141195573189645 3646926163474907136 n

もし仮にメイクをした直後は馴染んでいるように見えても、時間が経った時に後で浮いてきやすくなるのです。

ですので、ハイライトはのせたら馴染ませるという工程を忘れないようにしましょうね!

パフなどで抑えるのも良いですし、指などで軽くポンポンと抑えるのも良いですね。

このとき、特にハイライトをのせた部分とそうでない部分の境目を重点的に馴染ませてあげるのはポイントです!

時間が経っても浮いて来ないハイライトで、自然なツヤ肌を演出させましょう♪

hiromichi____wさんの投稿
23279559 1793797763998318 6273709083463778304 n

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方ポイント④

次にご紹介するハイライトを入れる際に注意して欲しいポイントは、明るいところでハイライトをのせるということです!

これはよくやってしまいがちなことなのですが、部屋の中など、光が真正面から当たらないような場所でハイライトを入れると、ハイライトが光を反射しませんからどうしても付け過ぎてしまう傾向があるのですね。

elena.kos.muaさんの投稿
23161636 161583417768361 6269409666581659648 n

メイクをしたときと、外などに出て明るい場所に行ったときとでは、ハイライトの映え方がかなり異なってきます。

特に、ラメやパールの入ったハイライトを使う際には気をつけ欲しいポイントだと言えますね。

後で恥ずかしい思いをしないためにも、明るいところで見られることを前提としたメイクをするように心がけて下さいね。

purelamo_beautyさんの投稿
23161653 1860950247267660 139905218182643712 n

ローライト、シェーディングの入れ方・使い方~入れる場所編~

では最後に、ハイライトとは対称のメイクアイテム、ローライトとシェーディングについても少しご紹介したいと思います。

顔に凹凸をつけるには、ハイライトで光を飛ばすだけではなく、ローライトやシェーディングで影の部分もしっかり作って、お顔にメリハリを効かせましょう!

ローライトやシェーディングを入れる部位は、まずはエラ部分です。

このエラ部分にローライトを入れることでシェーディング効果が期待出来ます!

alyssa.jvさんの投稿
23161031 128947361141544 5301994018601697280 n


わざとらしくなってしまわないよう、密度の少ないブラシなどにローライトを取って、エラを中心にふわっとシェーディングをしていきます。

そして最後、ブラシに残ったローライトで顔まわり全体にシェーディングを入れていきます!

目の横や髪の生え際なども軽くローライトを入れてシェーディングしてあげることで、より小顔効果が期待できるのです。

さらに、クールな印象にメイクを仕上げたいときには、目頭と眉頭の間のくぼみの部分にも軽くローライトを入れてあげましょう。

そうすると、ホリ深で締まりのあるクールな目元に仕上がりますよ!

m.a.c_nesan39さんの投稿
22709424 1534625809985050 1403370612528775168 n

ローライト、シェーディングの入れ方・使い方~注意点~

ローライトやシェーディングにも、入れる際には注意しなくてはならないことがあります!

基本的にはハイライトと同じように扱ってあげればオッケーだと思って大丈夫です。

ローライトも生え際ハイライト同様、暗いところでつけると後で明るいところへ出た際に思っていたよりも濃かった!なんてことになってしまう可能性があります。

ですので、出来るだけ明るい場所で、少しずつお顔にのせてあげるようにしましょう。

scoutmeeeさんの投稿
23101174 366793493773654 2098968457633595392 n

そして、ローライトにも様々な色味のものがありますので、自分の肌の色に合わせてローライトの色を選んであげることが必要ですね。

色白の人が深い色のローライトを使うと濃く発色し過ぎてしまいますし、逆に小麦肌の人が色白の人と同じ色のローライトを使っても、うまく発色してくれない場合があります。

ですのでローライトを購入する際は、出来れば試しに実際に自分の顔に付けてみることの出来るところで購入すると、自分に合うローライトを見つけることができて良いですね!

31_keethyさんの投稿
22794293 139141526732826 3012481621803663360 n

モテメイク!おすすめのハイライトの入れ方・使い方、まとめ

いかがでしたでしょうか?

のせるだけで顔の凹凸やツヤ肌が手に入る万能アイテム、ハイライトですが、その種類はパウダーにスティック、クリーム、リキッドなど様々にあり、また色味も数種類あるという事でした。

そして実際にハイライトを活用する際には、抑えておくべきポイントもたくさんありましたね。



毎日のメイクにハイライトを入れる習慣をつけて、少しずつ自分の顔にベストなハイライトの入れ方を見つけていってみて下さいね!

そしてメリハリのある、自分だけのツヤ肌メイクを完成させましょう♪

ambermelodyさんの投稿
22858327 183267535583414 578174890931126272 n

もっとメイクについて知りたいアナタはこちらもチェック

黒髪に似合うメイクを解説!コツをおさえてもっと美人になろう!
透明感はメイクで作れる!ベースメイクがピュア肌演出のポイント!
色気はメイクで出せる!大人のお色気メイクの方法まとめ

関連するまとめ

beniko
beniko
はじめまして。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ