縮毛矯正で前髪をきれいに!失敗しないコツを解説!

みなさん、前髪の癖で悩んでいませんか?? そんな前髪は縮毛矯正でまっすぐにしてしまいましょう!! 最近では、毛先をふんわり、くるんと丸め込んでくれる縮毛矯正もでてきていますので、不自然にまっすぐになってしまう失敗が少ないんです。

縮毛矯正で前髪をきれいに!失敗しないコツを解説!のイメージ

目次

  1. 【縮毛矯正×前髪】はじめに
  2. 【縮毛矯正×前髪】縮毛矯正とストレートパーマの違いとは
  3. 【縮毛矯正×前髪】前髪だけ
  4. 【縮毛矯正×前髪】頻度
  5. 【縮毛矯正×前髪】セルフで縮毛矯正
  6. 【縮毛矯正×前髪】カールをつけるには
  7. 【縮毛矯正×前髪】不自然に・・・
  8. 【縮毛矯正×前髪】ぺったんこ
  9. 【縮毛矯正×前髪】流す
  10. 【縮毛矯正×前髪】ショートヘア
  11. 【縮毛矯正×前髪】ボブ
  12. 【縮毛矯正×前髪】ミディアムヘア
  13. 【縮毛矯正×前髪】ロングヘア
  14. 【縮毛矯正×前髪】メンズ
  15. 【縮毛矯正×前髪】最後に

【縮毛矯正×前髪】はじめに

まず初めに縮毛矯正とはなにかご紹介します。
縮毛矯正とは、薬液の1剤2剤を髪に塗布することにより、くせなどでうねっている髪をまっすぐにするものです。

そのメカニズムとは、1剤を塗布すると髪の結合が離れ始めます。
数分放置することで完全に髪の結合が離れます。
その後、ヘアアイロンやドライヤーなどの熱を加えながら、髪を伸ばすことで、離れた結合を伸ばしていきます。
その伸びた結合をまっすぐのまま保つのが2剤の役割です。

流れとしては、「1剤を塗布」「放置」「洗い流す」「乾かす」「髪を伸ばす」「2剤を塗布」という流れになります。

k_i_guest_hairさんの投稿
19764872 267850530361736 2599193381519228928 n

【縮毛矯正×前髪】縮毛矯正とストレートパーマの違いとは

良くくせ毛でお悩みの方が耳にする、「縮毛矯正」と「ストレートパーマ」。
名前はもちろん、サロンの料金表を見ると金額が大幅に違っていて、縮毛矯正がものすごく高く感じる・・・。
なんてことありませんか??
ストレートパーマの方が安いならそっちにしようと思っていませんか??
それは間違いなんです。

なんでかというと、「縮毛矯正」はその名の通り、縮れた毛、いわゆるくせ毛のことです。
このくせ毛を矯正するんです。
この矯正とは無理やりではありますが、髪の結合をまっすぐにします。
縮毛矯正のダメージが大きいと言われているのは、無理やり髪の結合を組みなおして、真っすぐな髪ををキープするために、熱でプレスしているからです。

sea_sayuさんの投稿
19931866 1393500350731063 1783414384307994624 n


それならストレートパーマは??
「ストレートパーマ」もその名の通り、髪をストレートにするパーマです。
どちらかというとイメージは、縮毛矯正よりもストレートパーマの方がふんわりと柔らかい自然な、ストレートヘアになるイメージがありませんか??

これは、あながち間違いでもありません。
例えば、くせ毛だけどほとんどくせがないくらい弱かったり、ボリュームだけを抑えて自然なストレートという人にはおすすめできます。
しかし、逆にくせ毛でうねるほどくせが強い人や、髪がチリチリしているなどの髪の状態の人にはおすすめできません。

なぜなら、ストレートパーマの本来の目的、使用方法としては、もともとストレートヘアだった人がウェーブのついたパーマをかけます。
そのウェーブヘアが取れてしまう前や、ウェーブのかかり方が弱くなってきてヘアスタイル不自然でが決まらなくなったときに、元の自然なストレートヘアの状態に戻すために使うパーマだからです。


なので、うねるようなくせ毛やしっかりとまっすぐをキープしたい人には縮毛矯正。
ウェーブヘアを元に戻したい、ボリュームを少し抑えたい人にはストレートパーマをおすすめします。

【縮毛矯正×前髪】前髪だけ

k_i_guest_hairさんの投稿
19764467 1648445445168121 22664641205239808 n

くせ毛で悩んでいるといっても、いろいろな症状の人がいますよね。
「巻き髪のようにくりんくりんとしている」「髪の毛がチリチリしている」「うねりがひどい」「根元からうねっている」などたくさんあります。
今回ご紹介するのは、前髪と縮毛矯正についてなので、「根元からうねっている」「うねりがひどい」に該当します。

この「根元からうねっている」場合のほとんどは、前髪の場合根元が浮く形になるので、ぱっくりと割れたような前髪になります。

くせのうねりが強すぎると、どれだけスタイリングに時間をかけても、どんなヘアスタイリング剤を使っても、前髪が浮く形がなくならず、思い通りのヘアスタイルになりません。

そういう場合に、みなさんが検討しているのが部分的に縮毛矯正する方法です。
他の部分は、まったく縮毛矯正する必要がないけど、前髪のくせ毛だけ治したい場合にとてもおすすめです。

前髪だけなら、全頭を縮毛矯正するよりもかなり範囲が少ないので、価格が大幅に下がりますし、薬剤を塗布する時間も短くて済み、手軽に試すことができます。

なので、前髪が浮くせいでなかなかうまくヘアスタイルが決まらないという人は、一度試してみるのをおすすめします。

【縮毛矯正×前髪】頻度

k_i_guest_hairさんの投稿
19623486 1370771933006033 4689755492937891840 n

ここまでで縮毛矯正についてご説明してきました。
次は、その縮毛矯正をかける頻度についてです。
ほとんどの縮毛矯正はうまく矯正がかかっていれば、その部分を切らない限り、半永久的にストレートヘアのままを保ちます。

しかし、根元から新しく生えてくる髪の毛はどうなのでしょうか。
縮毛矯正は初めにご説明した通り、髪の毛を無理やりストレートの状態に結合を組みなおしてつくっています。
ですので、新しく生えてくる髪の毛はうねった結合のまま生えてきてしまいます。

いままでのことを踏まえて言いますと、一度かけた場所に縮毛矯正をかける必要はほとんどありません。
しかし、新しく生えてくる髪の毛には縮毛矯正をかける必要があります。
なので、縮毛矯正をかける頻度としては、前髪が浮く形になり、ヘアスタイルがうまく決まらなくなってきたな、と思った時で大丈夫です。

しかしやっかいなのが、一度かけた部分に何度も縮毛矯正をかける行為は、髪の毛へのダメージにつながるので、頻繁にしすぎるのはあまりおすすめしません。


◆関連記事:頻度についてはこちらにもまとめています

縮毛矯正の頻度の理想を解説!【髪の長さ別】

【縮毛矯正×前髪】セルフで縮毛矯正

4hplus_manaさんの投稿
14719308 358732321130032 135807084942852096 n

縮毛矯正はサロンでかけてもらうというイメージがありますが、実はヘアカラーが自宅でできるように、縮毛矯正も自宅でセルフ縮毛矯正ができるんです。

いまでは、ドラッグストアだと、1箱買うだけで道具が全部そろっているものもありますし、通販なら、実際にサロンで使われている縮毛矯正の薬剤を買うことができます。

しかし、注意しなければいけないのは、縮毛矯正で大事なのは使う薬剤なのではなく、施術をする人の技術力や知識だということです。

なので、たとえサロンで縮毛矯正をしたとしても、サロンスタッフの技術がなければ、失敗する可能性がありますし、逆に、セルフ縮毛矯正をしたとしても、知識がしっかりとあれば失敗を避けることもできます。

縮毛矯正のやり方

自宅でセルフ縮毛矯正をやるときのやり方をご説明していきたいと思います。


①まずは、皮膚を保護するために、顔周りや首などにワセリンを塗っていきます。
こうすることで、薬剤によるかゆみやアレルギーを防ぐ効果があります。

※シャンプーなのですが、前日に入っておき、ヘアスタイリング剤などをつけていない、素髪の状態にしておいてください。
そうでないと、縮毛矯正の効果を最大限に発揮することができませんし、その日にスタイリング剤を流すために、シャンプーする必要が出てきます。

②次に、耳にカバーをつけます。
これもワセリンと同じで、薬剤から皮膚を守ります。

③今回は、前髪だけですので、後ろ髪はくくえり、縮毛矯正をかけたい部分だけブロッキングします。

④前準備ができたら、1剤を髪に塗っていきます。塗る順番は、根元から毛先に向かって塗ります。
くせが気になる部分は、念入りに塗るなどします。

⑤1剤を塗り終わったら、前髪全体が隠れるようにラップを巻きます。
そして、規定通りの時間放置します。

※ここで気をつけなければいけないのが、放置の時間です。
ここで放置しすぎると、ビビり毛などの失敗の原因となります。

⑥規定の時間がきたら、1剤を流すのですがその前に、一度ラップを外し、前髪を一本取り出し、指に巻き付けてみてください。
そこで、髪が指に巻き付いたままになっていれば成功です。

もし、髪の毛が戻ってきて解けるようであれば、3分毎に確認しながら成功するまで放置を続け、流す工程に入ります。

※また、流す時の注意点で、薬剤が無くなるように良く流してください。

⑦洗い流せたら、一度ドライヤーで乾かします。

⑧髪が乾かせたら、アイロンで髪を伸ばしていきます。温度は160℃から180℃がちょうどいい温度です。
また、アイロンで伸ばす時はしっかりと伸ばすようにしてください。

⑨アイロンで髪を伸ばせたら、2剤を塗っていきます。
1剤と同じように、根元から毛先に向かって塗っていき、規定の時間放置します。

⑩最後に2剤を洗い流すとおしまいです。

【縮毛矯正×前髪】カールをつけるには

chanchika124さんの投稿
15253356 230346224063083 6991228398697709568 n

前髪の縮毛矯正の失敗例としてよく挙げられるのが、前髪が浮く、ぺったんこになってしまったという失敗例です。
前髪のくせ毛の多くは、根元のくせが強く、前髪が浮くのが特徴ですので、その根元が浮くのを抑えようとして重点的に薬剤を塗布したり、アイロンで熱を加えます。
その結果、短い髪の毛の毛先が浮くという現象が起きます。
もともとカールしていた結合をまっすぐに再結合しているので、イメージは頭皮から直角に髪の毛がはえているイメージをしてくれればわかると思います。

髪の毛の重みで少しは下に下がっていますが完全に収まりません。

これを避けるためには、根元付近、せめて根元から1~2センチ離したところから縮毛矯正をおすすめします。
そうすることで、根元がぺったんこになるのを防ぐことができます。

【縮毛矯正×前髪】不自然に・・・

ehddlvさんの投稿
14280389 314496608905368 5111021 n

全頭の縮毛矯正を見ていても、ふんわりしたヘアスタイルを想像していたのに、失敗して、不自然にぺったんこで顔の大きさが目立って見えるヘアスタイルになってしまったという声を聞きます。
自然なストレートのヘアスタイルというのは、ぺったんこではなく、ふんわりと根元が少し浮く状態です。
なので、縮毛矯正を根元付近からかけた場合、その浮く状態を再現できずに、失敗して、ぺったんこで不自然なヘアスタイルになってしまいます。


◆関連記事:セルフでやりたいならこちら!

縮毛矯正を自宅で!セルフで髪をケアしよう!

【縮毛矯正×前髪】ぺったんこ

chiochan_さんの投稿
13694536 1645802722404449 1596683876 n

根元から縮毛矯正をかけてしまった場合は、根元のふんわりと浮く感じがなくなるとご説明しました。
どうすれば、失敗したぺったんこのヘアスタイルから脱出できるのか・・・。
それは、新しい髪が生えてきたらです。

縮毛矯正は、縮毛矯正をかける頻度でご説明した通り、半永久的にかかった状態になります。
しかし、新しく生えてくる髪はうねった結合のまま生えてきます。
したがって、そのうねりがふんわりと浮く役目を果たしてくれて、いい感じのストレートになるはずです。

【縮毛矯正×前髪】流す

key.lilyさんの投稿
11809611 1187792951246891 1174811552 n

縮毛矯正をするなら、失敗でぺったんこのヘアスタイルになってしまても、ほとんどぺったんこの目立たない、長めの前髪で横に流すヘアスタイルです。
横に流すヘアスタイルなら、よほどひどい失敗、髪がちりちりになったりしてない限りはぺったんこの失敗を隠すことができるのでおすすめです。

ぱっつんなどのヘアスタイルにしたい場合は、根元が伸びて、ふんわりしてきてから切ることをおすすめします。
でないと、ぺったんこだった髪が今度は浮いてきてしまい、収拾がつかなくなります。

【縮毛矯正×前髪】ショートヘア

こちらのヘアスタイルは、ショートヘアです。
ふんわりとボリュームを持たせたまま、髪を流しています。
そして、縮毛矯正でまっすぐにしています。

anko.1027さんの投稿
24125047 145606672751321 8141546843885535232 n

こちらのヘアスタイルは、短めのショートです。
前髪だけでなく全体的に、縮毛矯正をしています。
そうすることで、全体的にふんわりとしていますが、ボリュームを抑えた自然なヘアスタイルになっています。

k_i_guest_hairさんの投稿
19764711 1460790867311690 5570581224386199552 n

【縮毛矯正×前髪】ボブ

kamome.rieさんの投稿
12917985 245126655838831 1710902786 n

こちらのヘアスアタイルは、ボブヘアです。
縮毛矯正は、前髪のみにかけています。
オン眉前髪なのですが、浮いてくることもなく、ぺったんこになることもなく、ふんわりと自然な前髪になっています。

【縮毛矯正×前髪】ミディアムヘア

こちらのヘアスタイルは、ミディアムヘアです。
前髪を縮毛矯正しているのですがとても自然でふんわりとしている前髪ですね。
両端は、横に流すようにしていることでより、自然な前髪に見えます。

yusuke.tabataさんの投稿
13117825 1542885756015847 69932782 n

こちらのヘアスタイルは、前髪が少し長めです。
ロッドで少しカールを加えることで、ふんわりとカールした縮毛矯正になります。
また、このくらいの長さの前髪なら、横に流すヘアスタイルでも大人っぽくなってかわいいですね。

kenta.shingakiさんの投稿
19985908 151414748758769 2358331710048829440 n

【縮毛矯正×前髪】ロングヘア

pureplace_senaさんの投稿
13259483 642257822595852 342694993 n

こちらのヘアスタイルは、ロングヘアです。
かなり自然に縮毛矯正がかかっています。
左にすこし流すことで、左わけの前髪になっています。

【縮毛矯正×前髪】メンズ

masaki.higuさんの投稿
19955802 467658313568607 509115785361227776 n

メンズの方でも、縮毛矯正をする人が多いみたいです。
特に、前髪が1番多いようです。
メンズのヘアスタイルは基本的にボリュームが大事ですので、全頭を縮毛矯正する人は少なく、前髪を自然に流すために縮毛矯正をかけるようです。

【縮毛矯正×前髪】最後に

どうでしたでしょうか。
縮毛矯正のことを少しは分かっていただけましたでしょうか。
縮毛矯正は、くせ毛の人がやるものなのですが、前髪だけとなると、どうしてもぺったんこだったり、前髪が浮いてきたりと、失敗が多くなっています。

なので、どうしても心配な人はまず、ストレートパーマから試してみてもいいかもしれませんね。
前髪だけ、ということなので、コストもそんなにかからないですし、急いで縮毛矯正をして失敗するよりは、いろいろ試しつつ、どうしても何をしてもだめだ、となったときに、縮毛矯正をしてみてはどうでしょうか。

また、説明した通り、セルフでも縮毛矯正はできるんです。
実際、ドラッグストアなどで売っている縮毛矯正は部分用、ショートヘア用などの少量が入ったものも売っていますのでより安価で、手に入れやすくなっています。


縮毛矯正を使って、すてきな前髪を手に入れてくださいね。

縮毛矯正についてもっと知りたいアナタはこちらもチェック

縮毛矯正に時間はどのくらいかかる?暇なときしかいけない?
縮毛矯正の頻度の理想を解説!【髪の長さ別】
縮毛矯正のの値段の平均相場は?値段による質の違いはある?

関連するまとめ

すうこ
すうこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ