ブリーチとは?髪色の脱色の仕組みやヘアカラーとの違いを解説!

髪を染めたことがない人も、カラーとブリーチ(脱色)という言葉は聞いたことがあるはず。ではその違いとは?どんな仕組みなの?ヘアカラーとブリーチによって髪や髪色にどんな変化が起こるの?まず、脱色って…?ヘアカラーとブリーチで起こる髪&髪色の違いを解説していきます。

ブリーチとは?髪色の脱色の仕組みやヘアカラーとの違いを解説!のイメージ

目次

  1. 髪色を変える方法はカラーとブリーチ(脱色)
  2. ブリーチ(脱色)ってどういう仕組み?意味は?
  3. ブリーチ(脱色)とカラー(染色)の髪色の違い
  4. ブリーチ(脱色)をすると様々なカラーが入りやすく髪色自由に
  5. ピンポイントのブリーチ(脱色)でカラーメッシュも作れる
  6. ブリーチってどうやるの?やり方を紹介!
  7. ブリーチ(脱色)の脱色加減や髪色(カラー)は、やり方次第
  8. 髪のブリーチ(脱色)によって起こるダメージ
  9. ブリーチ(脱色)で受けたダメージをケアする方法
  10. ブリーチで髪色チェンジ♡ヘアスタイル&カラー紹介
  11. 【ブリーチ(脱色)のヘアスタイル1】色素薄い系♡な髪色
  12. 【ブリーチ(脱色)のヘアスタイル2】インナーカラー
  13. 【ブリーチ(脱色)のヘアスタイル3】ブリーチ×パーマ
  14. 【ブリーチ(脱色)のヘアスタイル4】グラデーション
  15. 【ブリーチ(脱色)のヘアスタイル5】凝ったヘアアレンジをする!
  16. アナタもブリーチカラーに挑戦してみて!

髪色を変える方法はカラーとブリーチ(脱色)

髪色を変えたいとき、ドラッグストアなどに売っているカラーリング剤を使ったり、美容院でカラーをお願いしたりしますよね!
「アッシュ系」や「グリーン系」「ピンク系」など、カラーの中でも様々な系統があると思います。

この記事では、そんな『カラーリング』と、よく聞く『ブリーチ』というものの違いを紹介します!

まだ、髪の毛を染めたことがない人も、これから髪色を変えたい人も…。
この記事を読んでもらえば、自分の好きな髪色になれるはず!

ぜひ、カラーとブリーチの意味・違いを知って、思い通りの髪色やヘアスタイルにしてくださいね。

ブリーチ(脱色)ってどういう仕組み?意味は?

髪色を変えるときに、カラーリング剤を使って髪を染める人が多いと思いますが、今回紹介したいのが、ブリーチの方です。
では、ブリーチの意味や仕組みは、ご存知でしょうか?

まずは、ブリーチというものが、髪に何をしているのか?カラーでなく、ブリーチにする意味とは?を解説していきます。

まず、カラーというのは、「色を乗せる」という方法で髪色を変えています。

それとは異なり、ブリーチは、「色を抜く=脱色する」という方法で髪色を変えるのです。
ブリーチした場合、脱色するのみでなく、個性的な色やカラーでは入りにくい色を脱色したうえで髪を染めるため、カラーよりもより発色よく、様々な髪色になれるのが特徴です。

ブリーチ(脱色)した時の髪色の変化

ブリーチというのは、先ほども紹介した通り、髪から色素を抜く=脱色するという意味です。そうして、髪色を変えていきます。

日本人の髪色は、「黒髪」「焦げ茶」ということが多いですよね。
もちろん、茶髪に見える人もいますが、ブロンドの外国人に比べれば、黒の色素を多く含んだ髪です。

そこに、脱色剤を塗布し時間を置くことで、髪色が、黒から茶色へ…茶色から金、金から白…と、変化していきます。

ブリーチ(脱色)とカラー(染色)の髪色の違い

それでは、具体的な画像を通して、ブリーチ(脱色)とカラー(染色)の違いを見ていきましょう。

意味を知っていても、髪質や、色が入りにくい・入りやすい…などによって、その色になるまでにブリーチ(脱色)が必要な場合と、カラー(染色)だけでも大丈夫な場合があります。

髪色には個人差がありますので、参考にしてみてください。

美容師さんに相談したり、実際にやってみると、自分の髪質がどうなのかわかります!

①カラー(染色)で髪色を変える時の特徴と意味

カラー(染色)は、元の髪の上に色素を乗せて、時間をおいて浸透させることで、元の髪の色を「染める」ことをいいます。

そのため、染まりやすい人は当然思っている以上に染まりますし、なかなか染まらない人は、ブリーチ1歩手前くらいの明るいカラー剤でないと明るくならない人もいます。

暗い色ほど髪へのダメージが少なく、明るい色ほどダメージは大きくなります。
しかし、ブリーチ(脱色)ほどダメージはないので、美容師さんもカラー(染色)をオススメしているときが多いです。

また、カラー剤はドラッグストアなどでも気軽に買える&種類が多いので、お気に入りのものを選べるのもポイントですね!

カラーリングでも、明るい髪の毛になる人もいます。

ただ、初めて染める人・地毛の黒髪に戻ってしまっている人は、カラー剤が入りにくい傾向にあります。
1度カラーすると、地毛も元々ほどは黒さがなくなっていくこともあります。

②ブリーチ(脱色)で髪色を変える時の特徴と意味

ブリーチ(脱色)は、髪色の色素(=メラニン色素)を薬剤で抜くので、個人差は多少はありますが、たいていの人がだいたい同じように色が抜けることが特徴的です。

「染める」のではなく、「色を抜く」ので、髪へのダメージは大きいですが、カラーリングではできない髪色にもなれることがいいところです。
メラニン色素は、主に黒・茶色・赤・黄色(金)で、その順番に色は抜けにくくなっています。

完全にブリーチすると、白・銀髪になりますが、金色にした時点ですでにかなり色素は抜けています。

ブリーチも、自宅で行うことが可能です。
カラーリング材よりも種類が少ない&売っていない場合がありますが、セルフでも可能です。

ただ、ムラができやすいのと目立ちやすいので、何か理由や意味がないのであれば、初めての人はサロンでのブリーチをオススメします。
サロンなら、ブリーチ後の適切なトリートメントもしてくれるので、髪の傷みを最小限に抑えてくれます。

ブリーチ(脱色)をすると様々なカラーが入りやすく髪色自由に

街中で見かける、鮮やかな赤や青、緑などのカラフルな髪色。
あそこまで発色させるには、普通に黒髪にカラーリングしただけでは発色しません。

ブリーチ、つまり髪色を脱色して一旦色素を抜いてから、鮮やかなカラーのカラー剤を入れることで、ようやく綺麗に発色するのです。
そういった場合にも、ブリーチは意味を果たします。

また、ブリーチしただけでも、カラーでは出せない明るい茶色・金色になるので、金髪などにしたい場合はブリーチすると良いでしょう。

特殊なカラーを入れることで、ヘアスタイルも様々なものが映えてきます!
また、明るく脱色した髪は、明るくて髪の毛が軽く感じます。

髪の多い人、黒すぎて重く見えがちな人は、明るい髪色にしてヘアスタイルを変えるのもいいでしょう。

ピンポイントのブリーチ(脱色)でカラーメッシュも作れる

髪色の数束のみの色を変えることを、メッシュを入れるといいますね。

メッシュを入れることで、ワンポイントとなるので、印象に残る髪になります。
全体をカラフルにするのにまだ抵抗がある方も、メッシュを入れるなら、さりげないのでチャレンジしてみるのもいいかも!

他の部分は、通常のカラーで。
そして、ポイントを入れる部分だけブリーチして、カラフルにするというのも、オシャレな髪色になります。
ヘアスタイルをアレンジしなくても、そのままで可愛いですね♪

脱色することで、それだけ色が入りやすくなり、さまざまな髪色を楽しめるのがブリーチの特徴です。

ブリーチってどうやるの?やり方を紹介!

先ほども紹介したように、ブリーチはサロンでも自宅でも行えます。
カラーしたことがある人は、「やり方」に大差はありませんが、少しだけ違いがあります。

ほんの少しの違いですが、それがブリーチ(脱色)では大きなポイントになります。

そういったことも含めて、ブリーチのやり方を説明していきたいと思います!

やり方を参考にして、ムラなく(ムラのある髪色を目指す人は目標通りに…)染めて、楽しくカラーやヘアスタイル・ヘアアレンジを楽しんでください!

やり方は、2種類あります。

やり方①キレイにブリーチしたい派はサロンで

サロンで行ってもらうことが、1番良いブリーチ(脱色)のやり方です。

「どのくらいの色まで明るくしたいのか?」「入れたいカラーはあるか?」といったことを、美容師さんに伝えれば、綺麗にムラなくその髪色にしてくれるでしょう。

失敗も少なく、自分でやることもないので、「やり方」の説明ではありませんが…。(笑)

ただ、唯一の欠点として、圧倒的にセルフでのブリーチよりも価格は高くなります。
金欠時のブリーチのやり方?としては、少し難しいですね…。

技術を優先するなら、方法としては、サロンを選択すべきです。

やり方②手軽にブリーチするなら市販薬で

サロンよりも、圧倒的に安く済ませられるのが、市販のブリーチ剤を買ってセルフで行うことです。
約10倍以上の価格の差がある場合もあります。(サロンさんや使う薬剤によりますが…)

薬剤の中身は、色素を抜くので、ほとんどサロンとは差はなく、抜け方もほぼ変わりません。

しかし!
自分でやるときは、やり方を間違えると、「思ったより脱色できてない」「思ったより色が抜けてしまった!」なんてことがあります。

その理由としては、【ブリーチ剤をつけておいている時間】。
つまり、脱色している時間が重要だからです。

ブリーチ(脱色)の脱色加減や髪色(カラー)は、やり方次第

さきほど、【ブリーチ剤をつけておいている時間】が重要としました。
しかし、カラーも薬剤を付けて15~20分ほど置きますよね。

では、その薬剤を置いている時間は、脱色ではどれほど重要なのでしょうか?

ブリーチは、脱色剤をつけている時間が長いほど、色素が抜けていきます。
10分、15分、20分…と、時間が経つにつれて、色はどんどん抜けていくのです。

だからこそ、セルフの場合やり方や時間を間違えると、髪色にかなりのムラが出てきてしまうことがあるのです。

黒髪から染めた方の動画がありますので、参考にしてみてください。

髪のブリーチ(脱色)によって起こるダメージ

一般的に、ブリーチはカラーよりも髪へのダメージが大きいといわれています。
それは確かです。
髪の色を脱色するのですから、「脱色剤」を使いますから、上からカラーを乗せるよりも髪自体へのダメージが大きくなっています。

そのため、髪のことを思うと、パーマ(ストレート含む)など他の髪のダメージのもととなることは、1週間以上の時間をおいてすることをオススメします。

脱色してダメージを受けた髪はどうなる?

髪色を変えるために脱色すると、どうしても髪にダメージがいってしまいます。
では、ダメージを受けすぎた髪はどうなってしまうのでしょうか?

ダメージを受けた髪は、頑張ってトリートメントをしても、どうしても追いつけないことがあります。

すると、枝毛・切れ毛・パサつきなどが起こります。

重ねてダメージの強いことを起こすと、髪色はきれいになりますが、髪の毛がきれいになりません。
ブリーチするタイミングや、パーマをかけるタイミング、その他の施術をする場合は、美容師さんに髪の状態を見てもらって行うのがベストです!

ちなみに、ダメージはブリーチ(脱色)だけが原因ではありません。

さきほど紹介したカラーでもダメージは受けますし、パーマ・ストレート・アイロンやコテの使用に加えて、普段のヘアートリートメントや髪の毛の扱い、また、自分に合っていないシャンプーなどを使うことでダメージは発生してしまいます。
さらに、紫外線も髪のダメージのもと。

そのため、どうしてもダメージを受けてしまう髪は、きちんとケアしてあげることが大事です。

ブリーチ(脱色)で受けたダメージをケアする方法

髪色を変えること(カラーやブリーチ(脱色))によってダメージを受ける髪。
その髪のアレンジで、コテやアイロンを使うことによってさらにダメージが加わり、また普段のヘアケアを怠るとダメージは毛先だけでは済まず、パサついてまとまらない髪になってしまいます。

ダメージへのケアの方法を、以下に簡単にまとめました。

髪色チェンジ後のダメージケア1:髪は必ず乾かす

当然のことのように思えて、案外「寝落ちしちゃった…」などでなかなか続けることが難しいのが、ドライヤーをかけること。
「ある程度まで自然乾燥で、途中からドライヤー」という人も多いかもしれませんね。

しかし!それではいけません。

お風呂上りに、やさしくタオルドライします。ここでも、ゴシゴシこするのではなく、髪をはさんで水分をタオルに含ませるようにします。
そして、ヘアオイル等のヒートプロテクト機能のあるものを塗布してから乾かして、最後に洗い流さないトリートメントを毛先中心につけます。

お風呂後にすぐにこれを行うことを続けることで、それがクセになっていきます。
そうすると、髪が乾いていない状態が不快になり、きちんとトリートメントとドライヤーで乾かすクセがつきますよ!

ちゃんと乾かすことでうねりや寝ぐせも少なくなり、ヘアスタイルにもよい影響をもたらします。

ちなみに髪は、根本から乾かすのがポイントです。

■関連記事:髪の乾かし方についてはこちらの記事もチェック!

髪の乾かし方次第で美髪を作れる!正しい髪の乾かし方を知ろう

髪色チェンジ後のダメージケア2:ブリーチはサロンなどで

ダメージケアというよりも、ブリーチをするときの方法ですが、市販薬でのカラーやブリーチ(脱色)は、どうしても素人でも効果が感じやすいように強い薬剤が入っています。
節約にはとてもいいことですが、やはり、ダメージを少なくするなら、サロンでのカラーやブリーチ(脱色)をおすすめします。

仕上がりが同じでも、その後の髪のダメージはまったく違います。
また、カラーの場合は、髪色の持ちが違います。

市販薬を使い続けるよりも、お金に余裕のある時にはサロンへ行って、しっかりとした施術で髪色チェンジすることが望ましいです。

髪色チェンジ後のダメージケア3:紫外線から髪を守る

紫外線も、髪へダメージを与える要因のひとつです。
皆さんは、肌やボディへの紫外線対策はしていても、髪への紫外線対策ができているでしょうか。

夏頃になると、UVカット機能のついたヘアコロンやヘアスプレー・ミスト・オイルなどが発売されます。

きちんと紫外線から髪を守ってあげることで、髪へのダメージは格段に少なくなります。
これは、カラーリングしていない髪へも、意味のある大事なヘアケアのひとつです!

ブリーチで髪色チェンジ♡ヘアスタイル&カラー紹介

さて、ここまでは、ブリーチとカラーの違いや、ブリーチ後の注意点・ケアの仕方などを説明してきました。
読んでいると、「じゃあカラーの方がいいのかな…」「染めるのや脱色って怖い…」とおもってしまった方もいるかもしれませんね。

でも!そんなことはありません。
以上のことを気を付けるだけで、とってもオシャレで可愛い髪色になるんです。

そんなブリーチによってできる髪色とそれを使ったヘアスタイルを紹介します。

【ブリーチ(脱色)のヘアスタイル1】色素薄い系♡な髪色

カラーでは、明るくするには限界があります。

綺麗な金髪や、明るい髪色にするには、ブリーチ(脱色)をしなければいけません。

ブリーチ(脱色)をすることで、こんなにきれいに髪色が変わるんです♡

【ブリーチ(脱色)のヘアスタイル2】インナーカラー

全体をブリーチするのではなく、髪の内側=インナーの髪色を変えることで、髪をアップにしたときやアレンジしたときにチラリと見えるのがインナーカラーの特徴です。

外から見た時は、普通の茶色or黒髪なので、ダメージが目立ちにくいのもポイント。

■関連記事:インナーカラーが気になる方はこちらもチェック!

インナーカラーはピンクがおしゃれ!髪型・アレンジまとめ!

ブリーチでインナーカラー1:グリーン・ブルー系

大人っぽく、しっとりとさせたいけど、チラリと見える色をポイントにしたい!という方には、グリーンやブルー系のインナーカラーがオススメ。

ポニーテールにしたときに見えるブルーの髪色は、シックで大人っぽい感じが出ます。

ブリーチによってキレイに色が出るので素敵です。

ブリーチでインナーカラー2:ブラウン系

ナチュラルだけど、印象的になるのがブラウン系のインナーカラー。
インナーカラーは特殊な色のみでなく、ブラウン系で統一してもキマるのがポイントです。

外側と内側で、コントラストの差をつけると、ブラウン系でもパッとしたインパクト◎の髪色となります。

インナーカラーの初心者さんにも向いている髪色と思います!

ブリーチでインナーカラー3:レッド・オレンジ系

少しインパクトがあって、ロックでファンキーな感じになるのが、レッド系です。
レッド系をインナーカラーにする場合、外側のカラーする髪色はピンク系のブラウンが相性◎

インパクトたっぷりですが、結構赤色はやっている方も多いのでは?

服の系統がカッコイイ系だと似合いますね。
髪型がシンプルだとなお◎

ブリーチでインナーカラー4:その他特殊系も◎

髪が傷むのは承知で(笑)、アフターケアをしっかりするなら、以下のような脱色×特殊カラーもアリ。
脱色して白に近い銀色になったところに、薄く色を入れるのがポイント。

なんだか、ゆめかわいいカンジですよね♪

個性的な髪色にしたいなら、こんなインナーカラーもアリです☆

ヘアスタイルを変える(=コテで巻いたり、しばったり)ときにも、ちらりとアクセントになります。

また、ほかにも、全体を脱色して、外側もインナーカラーも特殊な色にするのもアリ。
↓の場合は、青と水色の組み合わせ。
まるでアニメのキャラのような、奇抜な色合いです!

注目を浴びること間違いなしですね。

【ブリーチ(脱色)のヘアスタイル3】ブリーチ×パーマ

メッシュと近くなりますが、ホイールで数本の毛束のみのブリーチをしてパーマをかけることで、髪に立体感がうまれます。

また、この方法を使う意味として、ほかの部分の髪色が暗くても全体的に明るい髪色が見えるのがポイント。
髪が傷んでるけど、明るく見せたい…という方には、ホイールで毛束を染めて、パーマでチラリと見せるのがいいでしょう!

【ブリーチ(脱色)のヘアスタイル4】グラデーション

グラデーションは、最近よく見る髪色ですね。
しかし、カラーのみではあまりよくわからないのも事実…。

毛先のみブリーチを行うことで、グラデーションもぱきっと分かりやすくなります!

また、ブリーチでグラデーションを作ることで、毛先に向かって金髪になるだけでなく、カラフルな色へとグラデーションすることも可能になるのも特徴です。

茶髪→赤色のグラデーションなどは、毛先をブリーチしてカラーを入れていくことで出来る髪色です。

■関連記事:グラデーションカラーについて気になる方はこちらもチェック!

グレージュのグラデーションカラー特集!【髪の長さ別】

【ブリーチ(脱色)のヘアスタイル5】凝ったヘアアレンジをする!

なかなか自分でやるのは難しいことですが、ブリーチをしてカラーを入れた髪には、ヘアアレンジがとても映えます。
縛るだけでもいいですし、編み込み・おだんごなど…。
様々な髪型が印象的なものになります!

オシャレでスマートなまとめ編みのヘアスタイルも、ブリーチしてカラーを入れた髪色なら、個性的に!
思わず振り返ってみたくなるような貴方だけのヘアスタイルです。

単色でなく、さまざまなカラーをブリーチした髪に入れると、まるで髪に虹を灯しているようでキレイですね♪

アナタもブリーチカラーに挑戦してみて!

ブリーチは、何も脱色してから必ず奇抜なカラーを入れなくてはいけないわけではありません。
少しブリーチするだけなら、髪色は少し明るくなる程度です。

むしろ、髪色が抜けにくい人が、髪色を明るくするためには、ブリーチが必須。

ブリーチは、思っているほどハードルが高いものではないので、ぜひお試しあれ!

もっとヘアスタイルの情報を知りたいアナタへ!

女の子の髪型・ヘアアレンジまとめ!簡単で可愛い!
ロブヘアとは?前髪あり・なし別に髪型・ヘアスタイル紹介!
ショートヘアの巻き方!コテ・アイロンで簡単にゆるふわ巻き髪!
髪型のレイヤーとは?レイヤーヘアアレンジまとめ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ