前髪セルフカット方法まとめ!お家で簡単にできる!

美容室に行き、しばらく経つと徐々に伸びてくる前髪はセルフカットで事済ませたいものです。前髪のために美容室に行くのはもったいないですから、お家で簡単にできるカット法を知っておきましょう。上手にセルフカットが行えるやり方と共に解説していきます。

前髪セルフカット方法まとめ!お家で簡単にできる!のイメージ

目次

  1. 前髪はセルフカットで!
  2. 前髪のセルフカットは斜めになりがち…
  3. 前髪セルフカットが初心者はドライヘアから始める
  4. 前髪のセルフカットでおすすめはシースルー
  5. ①色々ある!前髪の種類【流す】
  6. ②色々ある!前髪の種類【ぱっつん】
  7. ③色々ある!前髪の種類【アシメ】
  8. 簡単!前髪のセルフカットやり方①クシで幅を取る
  9. 簡単!前髪のセルフカットやり方②ブロッキング
  10. 簡単!前髪のセルフカットやり方③指で前髪を挟む
  11. 簡単!前髪のセルフカットやり方④カット
  12. セルフカットで前髪をシースルーにするには?
  13. 前髪セルフカットに必要なハサミ
  14. セルフカットの前に…綺麗な前髪はおでこの形も大切
  15. コレであなたも前髪セルフカット名人!

前髪はセルフカットで!

定期的に通う美容室は髪全体が長くなってくればカットしに行こうと思いますが、前髪だけ伸びている状態では中々気軽に行こうとは思いませんよね。前髪はサイドやバックなどど比較すると非常に伸びるのが早い部分ですから、前回前髪を短くしてもすぐ長さが気になってしまうところです。

前髪が伸びると場合によっては目にかかり、日常生活に支障が出でくるでしょう。また、前髪は鏡で見たときに自身で正面から真っ直ぐ見られる箇所のため、比較的セルフカットを行うのは簡単だと感じます。

前髪のセルフカットは斜めになりがち…

そんなセルフカット初心者でも簡単にできそうな前髪。しかし、軽い気持ちでセルフカットをしたのが運の尽き…斜めになったり、真ん中だけえぐれてしまったりと失敗してしまう人が多発しています。特に斜めになった前髪は幼いように見えてしまい、普段の服装などが大人っぽい人には少々キツイものがあるでしょう。斜めに仕上がった前髪は無残としか言いようがありません。

しかし、ハサミを真っ直ぐ入れてカットすれば簡単にバサバサと切れそうですが、実は前髪は意外とセルフカットが難しい部分でもあります。真っ直ぐ前髪を取って切ったつもりでも、指の持ち方などで斜めになってしまうこともあります。

また、前髪を挟む指の角度が斜めになっていれば当然その方向にカットしていく前髪の方向も斜めに仕上がってしまいます。自分の目では真っ直ぐになっていても実は指の角度が斜めになっていることもあり、正面からしっかり指の角度をチェックしなければ実は真っ直ぐ前髪を挟めていないこともあります。前髪が斜めになってしまうのはそんな原因がいくつも隠れているため、恥ずかしい斜め前髪を回避するためにもセルフカットの前には注意が必要です。

前髪は一度失敗してしまうと、長さによっては誤魔化せないこともある恐ろしい箇所です。一歩間違えたセルフカットをしてしまうと、失敗した前髪が伸びるまで他人の目に晒されることになります。失敗してしまう原因の多くは、思っていたよりも斜めになってしまったり、均等の長さにできなかったことが挙げられます。前髪の失敗は怖いものですから、上手にセルフカットできる方法を身に付けていきましょう。

前髪セルフカットが初心者はドライヘアから始める

美容室に行くと多くの場合、髪を濡らした状態から始めます。そのため、セルフカット初心者の人は濡らした方が良いのかと何となくスプレーで髪を濡らしている人が多いですが、ヘアスタイルを作るのに慣れていない初心者の人は髪が濡れていないドライヘアの状態から行うのが望ましいです。

髪が濡れた状態では、セルフカットしたときに全体のイメージが掴みにくく、乾き始めたときに切り過ぎてしまったと焦る原因になります。濡れた前髪では前髪を挟んでいる指と指が滑り、セルフカット中に斜めになってしまうなどの失敗が考えられるのでドライヘアから前髪のセルフカットを行っていきましょう。

前髪のセルフカットでおすすめはシースルー

前髪にも様々な種類があり、その中でも現在非常に流行しているヘアスタイルがシースルーです。シースルーとは、前髪を極端に薄く作ることを指し、韓国の女性が行ったことで日本でも浸透してきています。シースルーの前髪は前髪の表面が薄いながらも女性らしい繊細な印象に見せることができます。

また、シースルーの前髪は流すでも良いですし、巻いてもそのままでも良い何とも勝手の良い前髪でもあります。シースルーの前髪は芸能人の中でも取り入れられている種類ですから、シースルーは現在流行りの前髪なのです。


◆関連記事:シースルーバングの切り方はこちら!

韓国で前髪のシースルーバングが大流行!作り方・切り方を解説!

①色々ある!前髪の種類【流す】

誰でも同じように見える前髪には実は様々な種類があることをご存じでしょうか。前髪のヘアスタイルには、多くの人が取り入れている流すという種類があります。ちょうど前髪が伸び始めてきたときに最も手軽に行える種類でもあり、良く目にする種類でもあるでしょう。

長さはどうであれ、斜めに流すことによっておでこが見えるヘアスタイルになります。前髪を流すヘアスタイルは清潔感があり、しっかりとまとめればセクシーさなども感じられるヘアスタイルでしょう。しかし、流す前髪はぱっつんなどの平行に切りそろえたカット方法ではできないのが難点です。

②色々ある!前髪の種類【ぱっつん】

若い女性に大人気のぱっつんは昔から今も変わらず支持を得ている定番中の定番のヘアスタイルです。横に真っ直ぐと平行に伸びる前髪は重みを感じられ、まるでお人形さんのようにも見えます。「可愛い女性のヘアスタイル」といった感じで、セルフカットの中では簡単にできそうな前髪だと思われています。

しかし、ぱっつんの前髪は前髪の種類の中でおそらく最も難易度の高いセルフカットだと言えます。ぱっつんは綺麗な線が魅力的であり、一番の売りのため、少しでもボコボコとした線に見えてしまったり、えぐれた部分があっては綺麗なぱっつんには仕上がりません。それだけぱっつんというのは難しいセルフカットであり、真っ直ぐ髪をカットできない人には適さないヘアスタイルです。

③色々ある!前髪の種類【アシメ】

前髪の種類にあるアシメ。ぱっつんや流すヘアスタイルも可愛いですが、アシメはまた違った元気な女性らしさを与えてくれるでしょう。アシメというヘアスタイルは誰でも一度は見聞きしたことがありますよね。知名度も高いですが、実は前髪にもアシメの仕上がりをすることができます。

アシメは上記で触れたぱっつんのセルフカットに失敗したときにも応用して使えます。流す前髪であれば失敗することもほとんどないと感じますが、ぱっつんだけは失敗率が非常に高いため、そんなえぐれたり斜めになってしまった前髪にはさらにカットを加えていき、アシメにしてしまうというのも一つのワザです。アシメは奇抜なメイクを好む人にも合っていますので、前髪のセルフカットに失敗したときはいっそのことアシメにしてしまいましょう。

簡単!前髪のセルフカットやり方①クシで幅を取る

前髪セルフカットの初心者は、前髪はどこから取れば良いのかが分からないですよね。そんな人はまず両サイドの毛を後ろなどで留め、クシを用意しましょう。鏡を正面から見たときに両方の瞳の外側に向かってそのまま真っ直ぐ一直線に線を取っていきます。

両方の瞳の外側からそのまま上に真っ直ぐ線を取ったら、中心の部分に三角の幅を取ることができます。その三角の幅こそが前髪となる部分であり、セルフカットする対象の部分になります。幅取りは綺麗に前髪をセルフカットするためには非常に重要な工程ですから、慎重に且つ、丁寧に取っていきましょう。

ちなみに小顔効果を得たい人は両方の瞳より少しだけ内側にして幅取りを行うと小顔に見せる前髪が作れます。

簡単!前髪のセルフカットやり方②ブロッキング

前髪を上手にセルフカットしていくためには、ブロッキングが欠かせません。幅を取った前髪にそのままハサミを入れても量が多い場合は跳ね除けて真っ直ぐカットできなくなってしまいす。そのため、ピンなどの髪を留められる道具を使い、しっかりとブロッキングしていきます。

ハサミを入れたときにスムーズにセルフカットできるようにしたいので、ブロッキングする前髪の厚みは薄く、そして少なくしていきましょう。特に前髪セルフカットが初めての場合は薄く、少ない量から始めた方が賢明です。ブロッキングの仕方は、幅取りをした前髪に横にスライドさせるように毛束を取っていき、ピンで上に留めるようにすればOKです。

簡単!前髪のセルフカットやり方③指で前髪を挟む

セルフカットする前髪の位置はどこらへんが良いのかしっかりと見定めてからセルフカットに入っていきましょう。オン眉にしても良いですし、隠す仕上がりをイメージしても構いませんが、前髪をセルフカットする際の髪を挟む指は気持ち長めに髪を取りたいところです。

イメージしていた通りの長さを取ってしまうと、挟んだ指の圧が緩んで思いの外短くなってしまうことがあります。また、指で前髪を挟むときは、指の圧をなるべくかけないようにしていきましょう。圧がかかるとセルフカットした髪が上めに仕上がってしまうため、優しく持っているか持っていないか分からない程度の力で挟むことが大切です。


◆関連記事:アシメのやり方はこちら!

前髪アシメの切り方!セルフカットで簡単にアシメが作れるよ

簡単!前髪のセルフカットやり方④カット

前髪を指で優しく挟んだら、いよいよハサミを使ってセルフカットを行っていきましょう。ぱっつんの人は慎重すぎるほどゆっくりと丁寧に少しずつ真っ直ぐにカットしていき、流す人はイメージしている方向にかけて徐々に長くカットしていきます。また、アシメの人は長す人よりもさらに角度をつけてハサミを入れていきましょう。

優しく前髪を挟み、ゆっくりとしたスピードを保ちましょう。前髪のセルフカットを失敗する人の多くは、一度にガッツリカットしてしまったり、速くジョキジョキと切ってしまうのが原因ですから、慎重すぎるスピードで問題ありません。

一つのブロックをセルフカットし終えたら、今度は再度上に留めてある前髪を下していき、先ほどカットした前髪をガイドにして切り進めていきましょう。ブロッキングがなくなるまでカットしたら基本の前髪カットは終了です。

セルフカットで前髪をシースルーにするには?

今人気のシースルーの前髪はもちろんセルフカットが可能です。カットする量が少ないため、流す、ぱっつん、アシメよりもセルフカットが簡単な種類でもあります。シースルーをする際の取る幅は上記した取り方よりも大幅に薄く、少なく取っていきます。

シースルーは忙しい毎日を送る人にも朝のヘアセット時間を短縮してくれる便利なヘアスタイルです。巻き髪にゆるりと見えるシースルーは上品な女性を演出してくれるでしょう。簡単にできるヘアアレンジの中にはクルクルと巻いた髪をピンで留めるだけ、または縛るだけというものも多くなっているため、そんな簡単ヘアアレンジの中にも取り入れることができます。

幅を取ったら後はハサミを入れてカットしていくのですが、シースルーの前髪にする場合はすきバサミを使ってセルフカットしていきましょう。通常のザクザクと切れてしまうハサミだと細かい部分が調節できないため、すきバサミの用意をしておきましょう。

セルフカットの仕方も簡単で、取った少ない毛束を斜めにハサミを入れて下に向かって髪の量を減らすようにカットしていくだけです。シースルーはセルフカット初心者の人でも失敗することが少ないヘアスタイルなのでおすすめです。

毛先の量を整え、長さ共に調節していくのはすぐに終わりますが、前髪の上側が重たいなと感じたらすきバサミを使って重たいと感じる部分の髪を同じように下に向かって量を減らしていきます。

しかし、シースルーに仕上げる際には巻いたときのことをイメージしてみましょう。ふんわりとした巻き髪に仕上げたい人は少し長めにセルフカットすることが大切です。シースルーの長さを短くしてしまうと、巻いたときにオン眉になって想像とは少し違う仕上がりになってしまうことも考えられます。どのような前髪にも言えることですが、セルフカットで切る前髪の長さは長めに切った方が上手に、そして綺麗にカットしているように見えます。

前髪セルフカットに必要なハサミ

前髪のセルフカットに必要なハサミですが、美容師のように高額なハサミを持っている人は少ないでしょう。そんなときは100円均一にも髪をカットする用のハサミが販売しているのでそういったものを選んでみましょう。

切れ味が良いハサミが髪をカットするのに最も最適ですが、力加減を誤らなければ100円のものでも十分に使いこなせます。また、すきバサミは前髪をセルフカットするときに重要なものですから、普通のハサミと一緒に購入しましょう。

また、セルフカットする際は周りがカットした髪で汚れるため、新聞紙やケープ、ごみ袋などは事前に用意しておくと片付けがスムーズに進められます。

セルフカットの前に…綺麗な前髪はおでこの形も大切

綺麗に見せる前髪は実はおでこの形も重要です。おでこにも広い人と狭い人に分かれますが、おでこが広い人は流す前髪などのヘアスタイルが適しています。おでこが広い人は流す前髪にすることによって、顔の輪郭が綺麗に見えるようになります。

また、おでこが狭い人は流す前髪よりもぱっつんやアシメなどの切りそろえられたヘアスタイルが適しています。おでこが狭い人が流す前髪などにすると重たいイメージに見えてしまうこともあるため、あなたのおでこの広さに合った前髪を作っていくことも失敗を回避する方法でしょう。

コレであなたも前髪セルフカット名人!

自分でできる前髪のセルフカットは簡単そうに見えて実は大変なものです。人からも自分からも真っ先に目に入るものですから、前髪はいわばヘアスタイルの顔です。そんな前髪は個々に合った素敵な前髪にセルフカットしてあげることが大切ですから、慎重にゆっくりとカットしていき、納得のできる仕上がりにしていってくださいね。

もっとセルフカットについて知りたい方はこちら

前髪の切り方!可愛い11種類を紹介!【簡単セルフカット術】
前髪を自分で切る方法とコツ!ぱっつん前髪もセルフカットで!
ツーブロックをセルフカットでやる方法!失敗しないコツは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ