御朱印の意味とは?御朱印帳の意味や使い方も解説します!

御朱印帳が人気を集めていますが、御朱印帳の意味を正しく知らないという人も多いものです。御朱印帳はしっかりと意味を理解していなければ何の効果もありません。そこで今回は、御朱印帳の意味や使い方について紹介していきたいと思います。

御朱印の意味とは?御朱印帳の意味や使い方も解説します!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】御朱印帳が人気!
  2. 【御朱印帳の意味や使い方】そもそも御朱印帳とは?
  3. 【御朱印帳の意味や使い方】御朱印帳の意味とは
  4. 【御朱印帳の意味や使い方】御朱印のもらい方
  5. 【御朱印帳の意味や使い方】両面使える?
  6. 【御朱印帳の意味や使い方】両面使うためには?
  7. 【御朱印帳の意味や使い方】お寺と神社で別?
  8. 【御朱印帳の意味や使い方】半紙でもらえる
  9. 【御朱印帳の意味や使い方】マナーを守ろう
  10. 【御朱印帳の意味や使い方】参拝すること
  11. 【御朱印帳の意味や使い方】調べる
  12. 【御朱印帳の意味や使い方】わがままを言わない
  13. 【御朱印帳の意味や使い方】自分で準備を
  14. 【御朱印帳の意味や使い方】売らない
  15. 【まとめ】御朱印帳の意味を理解すること

【はじめに】御朱印帳が人気!

パワースポットなどは昔から人気がありますし、大好きだという女性も多いでしょう。旅行先でパワースポットがあると言われたら、思わず行きたくなってしまうものですし、パワースポットに行くために旅行に行くという人も多いです。

パワースポットも人気があるものですが、実は最近、別のもので人気となっているものがあります。それが御朱印帳です。外国人に人気がある御朱印帳ですが、実は今、若い女性の間でも御朱印帳を持ち歩き、集めるということが流行っています。

御朱印帳といえば、信仰深い人たちのためのものでしたが、今はそうではありません。若い女性が御朱印を集めて周る時代です。ご利益も得られる御朱印帳ですので、この流行に乗って、興味を持ってみても良いでしょう。

しかし御朱印帳をスタンプラリーのようなものと一緒と考えてはいけません。しっかりその意味を理解し、使い方やマナーなども守って、御朱印をもらうようにしなければならないのです。そのためここからは、御朱印帳に関して知っておくべき様々な知識を紹介していきたいと思います。

【御朱印帳の意味や使い方】そもそも御朱印帳とは?

御朱印帳という言葉を普通に使っていますが、御朱印帳と言われても、何のことを言っているのかいまいちぴんと来ないという人も多いでしょう。あまり神社やお寺に行かないという人は知らなくて当然ですので、ここでしっかり勉強しておきましょう。

御朱印帳とは、神社やお寺を参拝した際、神社や寺の名前を墨書きしてもらうノートのようなものです。当然神社やお寺が違えば、名前も違いますので、それぞれの神社やお寺によって、記載される内容は変わります。

御朱印帳自体はお寺や神社でも購入することができますが、文房具店などにも売っています。最近では若い女性向けに、おしゃれな御朱印帳もたくさん販売されているため、それを選んでいるだけでも楽しめるものです。

御朱印帳を集める女性も多いのですが、御朱印帳を見返せば、どの神社やお寺に行ったのかということが一目瞭然です。ご利益もあるため、運勢を良くしたいという思いで、御朱印を集める女性も多いものです。

【御朱印帳の意味や使い方】御朱印帳の意味とは

御朱印帳は使う人の多くにとっては、記念というような意味しかありませんが、実は御朱印帳にはしっかりとした意味というものがあります。

御朱印はそもそも、写経をした人が、その証としてもらえるものでした。御朱印はご本尊やご神体の分身であるという扱いとなっていますので、もらった御朱印は大事に扱われていたのです。そして、この分身であるという考えは、今でも変わっていません。

今は参拝しただけ、もっと言えば、くださいと言い、御朱印代を支払えばもらうことができます。しかし本来の意味でいえば、御朱印はご利益もある大切に扱わなければならないものですので、収集の一部として集めるような行為を良しとしないお寺や神社もあります。

御朱印は参拝した人が、そのお寺や神社と縁が結ばれた証でもあります。雑に扱うと、ご利益どころかバチが当たる可能性もあるため、注意しておきましょう。

【御朱印帳の意味や使い方】御朱印のもらい方

御朱印帳に御朱印をもらう際には、まず参拝を行うようにしましょう。いきなり御朱印をもらうというのはマナー違反ですし、そのようなやり方ではご利益は得られません。注意しておきましょう。

参拝を終えたら、御朱印をもらう準備は完了です。事前に準備している御朱印帳、それがない場合は御朱印帳を購入し、御朱印所までいきましょう。そこで「御朱印をいただけますか」と言えば、御朱印をもらうことができます。

御朱印をいただく際には、御朱印代を支払わなければなりません。300~500円というのが一般的ですので、小銭を用意しておき、支払いましょう。もしも値段を言われず、お気持ち分だけいただければけっこうです、と言われたら、やはり300~500円払えば問題ないため、この値段は覚えておいてください。

御朱印していただいたら、しっかりとお礼をいってください。そして御朱印帳は大事に保管しなければ、ご利益を得られないため、神棚や仏壇、それがなければタンスの中などで保管しましょう。

【御朱印帳の意味や使い方】両面使える?

御朱印帳を今まで見たことすらないという人は、御朱印帳の使い方がまったくわからないものでしょう。そこでここからは、御朱印帳の使い方にして紹介していきます。

御朱印帳の使い方として多くの人が悩むのは、御朱印帳を両面使ってよいのかということです。両面使えば、御朱印を集める際には便利ですが、マナーとしてダメな感じもして、ご利益をもらえなさそうと考える人もいます。しかし御朱印帳の使い方として、両面使うということはマナー違反ではありません。ただ、注意は必要です。

御朱印を集める上では、御朱印をキレイに残したいものでしょう。汚くなってしまったら、せっかく行なった集める努力が無駄になってしまう気がしますし、ご利益もなんだか期待できなくなってしまいます。

両面に御朱印をもらうと、裏側に御朱印が滲み出してしまうことがあります。そのため、両面を使うという使い方をするのであればこのようなことにも注意しておく必要があるのです。

【御朱印帳の意味や使い方】両面使うためには?

御朱印帳の使い方として、両面使うこと自体は問題はありませが、そのような使い方をすることにより、裏面に御朱印が滲んでしまうことがあります。

御朱印帳には大きく分けて二種類のタイプがあります。一つは紐で閉じてある御朱印帳です。このタイプの御朱印帳は、和紙が薄いため、裏面に滲むのは当然と思ったほうが良いです。そのため、このタイプの御朱印帳では、両面使うという使い方はしないようにしましょう。

もう一つのタイプとして、蛇腹折りタイプの御朱印帳です。この御朱印帳の場合、和紙が厚いため、裏面に滲むことは少ないものです。そのため、両面を使うという使い方をしたい場合は、蛇腹折りタイプの御朱印帳を選ぶようにしましょう。

ただし、蛇腹折りタイプのものでも、たまに裏面に滲んでしまうこともあります。住職や神主の筆圧が強いとそのようになってしまうのです。絶対に防げるというわけではないため、絶対に滲ませたくないという人は、了以面を使うという使い方はしないようにしましょう。


◆関連記事:神社について知りたい方はこちら

関東の神社・パワースポット17選!運気がアップする最強の場所は?
金運が上がる神社・パワースポット35選!お金にご利益がある!

【御朱印帳の意味や使い方】お寺と神社で別?

御朱印帳の使い方として、お寺と神社では御朱印帳を一緒にしても良いのだろうかという疑問もよくあるものです。

御朱印帳の使い方として、お寺のものと神社のものを一緒にしてはいけないということはありません。それをやっからといって、ご利益なくなるというようなことはないので、安心しましょう。御朱印を集めることを目的としている人は、分けたほうがキレイですが、集めることを目的としておらず、そこまで拘りが無い人は、一緒にしても構わないのです。

ただし、運勢やご利益がなくなるというわけではないのですが、神社やお寺の中には、そのように両者が混在している御朱印帳に関しては、御朱印しないという場所もあります。

そのためお寺と神社で御朱印帳は、できればわけたほうが良いです。ただもらえなければもらえなくても良い程度の考えの人は、運勢が悪くなったり、ご利益がなくなるわけではないため、一緒にしても構いません。

【御朱印帳の意味や使い方】半紙でもらえる

御朱印を集めるために様々なお寺や神社に行っていると、時には御朱印帳を忘れてしまったということもあるでしょう。御朱印を集めるために来たのですから、がっかりしてしまいます。

しかしこのような場合でも安心です。御朱印は御朱印帳だけでしかもらえないというわけではなく、半紙に書いたものをもらえることも多いからです。

このような半紙は御朱印帳を忘れた人や、その日、御朱印を書く人がいない場合などによく使われます。そのため、大抵の神社や寺に置いてあるため、尋ねてみましょう。

もらった半紙は家に帰ったら、御朱印帳にキレイに貼り付けておきましょう。それをしたからといって、運勢が下がったり、ご利益がなくなるということはありません。せっかく御朱印を集めるために遠くからやってきて、手に入れられないというのはさすがにかわいそうですので、このような対策をとるようにしてください。

【御朱印帳の意味や使い方】マナーを守ろう

御朱印帳に御朱印をもらう上では様々なマナーを守らなければなりません。守らなければならない理由としては、それが神社やお寺への礼儀ですし、マナーを守らずに手に入れた御朱印には何のご利益もないからです。運勢が下がってしまうこともあるため、どんな理由があってっも必ずマナーを守るようにしましょう。

最近、御朱印が人気になったことおあって、運勢のことなど気にせず、御朱印をもらいにくる若い女性も多いです。

御朱印の意味すら知らず、マナーも守らず、おしゃれ気分で御朱印をもらうというのは、神社やお寺からすれば迷惑な話となってしまいます。運勢を気にするのであれば、神社やお寺では常に神様に見られていると思って行動するようにしましょう。

間違ってマナーを破ってしまい、運勢を下げてしまわないためにも、ここからは御朱印をもらう際のマナーについて紹介していきたいと思います。

【御朱印帳の意味や使い方】参拝すること

運勢を上げたいという理由で、御朱印目当てに神社やお寺に来る人も多いのですが、運勢を上げたいのであれば、しっかりと参拝しなければなりません。

そもそも御朱印の意味は、その神社やお寺とあなたとの繋がりを意味します。ただ来ただけでは繋がりとはいえません。

参拝もせずもらった御朱印には運勢を上げる効果などないため、しっかり運勢を上げたいのであれば、どんな理由があっても参拝するようにしましょう。

お寺や神社は御朱印をもらいに行くところではありません。参拝をする場所ですので、最低限のマナーはどんな理由があっても守るようにしてください。

【御朱印帳の意味や使い方】調べる

御朱印をもらう前には、お寺や神社のことを調べるということも大切です。その理由は、御朱印をしてくれない神社やお寺もあるからです。

神社やお寺であれば、どこでも御朱印をもらえるというわけではありません。様々な理由で、御朱印自体をやっていないというところも多いものです。

御朱印をもらいに遠くからやってきて、御朱印がないとなるとがっかりでしょう。

このような理由から、御朱印をもらう前には、ネットなどで御朱印があるかどうか調べてから行くようにしましょう。

【御朱印帳の意味や使い方】わがままを言わない

御朱印をもらう際にはわがままを言わないようにしましょう。理由は言うまでもありませんが、神社やお寺に迷惑をかけないためです。

御朱印の本来の意味は、もっと信仰的で神聖なものです。現代の御朱印の意味とは多少ずれがあります。そのためただ欲しいからというような理由で、お寺や神社に無理を言うのはいけません。

住職や神主さんが忙しいなどの理由で、御朱印がもらえないということもあるでしょう。御朱印はお金を支払いますが、あなたはお客さんではありません。サービス業というわけではないため、お店感覚でクレームを入れるというようなことをしないでください。

そのような理由でクレームを入れれば、御朱印をもらっても、ご利益などもらえないでしょう。しっかりと御朱印の意味を考え、正しい行動をするということを心がけておいてください。

【御朱印帳の意味や使い方】自分で準備を

御朱印をもらう際には、御朱印帳はできれば自分で用意しておくようにしましょう。

御朱印をしてもらえる場所では、大抵の場合、御朱印帳も売ってあります。それを考えれば、神社やお寺で買って、それを使っても良いのですが、売れ切れていることもあるものです。

売り切れていると、せっかくもらおおうと思った御朱印をもらえなくなってしまうでしょう。半紙にもらうこともできますが、できれば直接、御朱印帳に書いてもらいたいものですので、そのような意味で御朱印帳は自分で用意したほうが良いのです。

御朱印帳は文房具店やネット通販などでも買えます。おしゃれな御朱印帳も多いため、自分の好きなものを選んで購入してください。

【御朱印帳の意味や使い方】売らない

御朱印をもらった後のことですが、ネットで売るというような行為をしないということも大切です。

有名な神社やお寺の御朱印が、ネットなどで売りに出されていることは多いです。

しかしこのようなことをしても、本来の意味とはかけ離れた行為ですので、ご利益などもらえるはずがありません。むしろ罰当たりな行為と言えるでしょう。

御朱印を売りに出した人間も買った人間も、本来の御朱印の意味を履き違えています。絶対にこのようなことはしないようにしましょう。

【まとめ】御朱印帳の意味を理解すること

御朱印帳の意味などについて紹介してきましたが、御朱印帳の本来の意味を履き違えて、ただの収集としてしまうと、御朱印からご利益を得ることはできません。正しい行いでしか、正し効果は得られないため、間違った行為や迷惑をかける行為はしないようにしましょう。

もっと御朱印に関する情報を知りたいアナタへ!

伊勢神宮の御朱印帳が欲しい!購入方法は?
京都で御朱印巡り!珍しいものからかっこいいものまで紹介!
御朱印集めを始めたい!楽しみ方やマナー、おすすめスポット紹介!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ