ヘアカラーの色見本とは?基本知識を押さえよう

ヘアサロンに行った時、ヘアカラーの色見本をみせてもらっても悩むことはありませんか?そもそもヘアカラーの色見本ってどうやってみるものなのでしょうか。自分のイメージ通りのヘアカラーにするためにも、ヘアカラーの色見本について、基本知識を押さえておきましょう。

ヘアカラーの色見本とは?基本知識を押さえようのイメージ

目次

  1. ヘアカラーの色見本って何?
  2. ヘアカラーの色見本◎カラーバリエーション
  3. ヘアカラーの色見本◎レベル(トーン)とは?
  4. どうしてヘアカラーの色見本通りの髪色にならないの?
  5. ヘアカラーの色見本通りにならない◎髪質
  6. ヘアカラーの色見本通りにならない◎光の関係
  7. 自分に似合うヘアカラーは?
  8. 自分に似合うヘアカラー◎パーソナルカラー・春
  9. 自分に似合うヘアカラー◎パーソナルカラー・夏
  10. 自分に似合うヘアカラー◎パーソナルカラー・秋
  11. 自分に似合うヘアカラー◎パーソナルカラー・冬
  12. ヘアカラーの色見本◎職場によって変わるヘアカラー
  13. ヘアカラーの色見本◎6レベルが採用基準
  14. ヘアカラーの色見本◎7レベルが採用基準
  15. ヘアカラーの色見本◎8レベルが採用基準
  16. ヘアカラーを自分で選ぶ場合の注意点
  17. ヘアカラー、オシャレ染か白髪染めか
  18. ヘアカラーの色見本サンプルと確認しましょう
  19. ヘアサロンでのオーダーの仕方
  20. ヘアカラーの色見本とは?まとめ

ヘアカラーの色見本って何?

ヘアカラーの色見本ってご存知でしょうか。
下の画像のように色見本はイロイロありますが、ヘアカラーの色見本とはヘアサロンで美容師さんがヘアカラーの見本として持ってきてくれることもあるものです。
本のようなタイプになっているものや、観音開きになっているものなどがありますが、イロイロなカラーの毛が付いている、ヘアカラーの図鑑のようなものになります。
このヘアカラーの色見本をみることで、美容師さんとあなたの言っている色が同じであることを確認しながら、ヘアカラーをすることができるのです。

peinen24さんの投稿
21909983 279558075871892 762574063334850560 n

ヘアカラーの色見本◎カラーバリエーション

ヘアカラーの色見本があることはわかりましたが、その色見本をみながら説明してくれる美容師さんの言葉の意味が分からない、なんてこともあるかもしれませんね。
そんなことがないように、美容師さんの使うカラーバリエーションについて紹介していきます。
ヘアカラーの色見本はイロイロなタイプがありますが、同じ毛束で2色になっているものは、上がカラー剤の色味と色の濃さの目安で、下が染めた時の仕上がりの目安、という風に見ていきます。
毛束ではなく、画像や番号で表記されているものもあります。

primience_styleさんの投稿
20214679 1920813874907429 3412810292193656832 n

ヘアカラーの色見本◎ナチュラル系

ヘアカラーの色見本にあるナチュラル系のカラーには、ナチュラルブラウンというカラーがあります。
下の画像のカラーのように、これという特徴のないブラウンのカラーなので、自然な印象がつくれて、どんな人にも合うヘアカラーになっています。
まだ髪を染めた事はないけど、ちょっと明るい髪色にしてみたい、という人であれば、ナチュラルブラウンがおすすめです。

emuclaret_organicさんの投稿
26387007 147358056060334 4592136731750301696 n

ヘアカラーの色見本◎赤系

ヘアカラーの色見本で赤系に分類されるのが、レッド、カッパー、ピンク、ウォームブラウンです。
レッドはそのままですね。
ビビッドなレッドになるので、一度髪の毛の色を抜いてからレッドに染めていく必要があります。
カッパーとは、下の画像のようなカラーで、銅に近い色味になります。
少しオレンジかかった銅のような色です。
カラー自体はくすんでいるような色なのですが、髪の毛にツヤを出す効果があるので、お肌が明るく見えると人気のカラーでもあります。
ピンクは甘みのある、ふんわりとした色味のある色です。
ビビットなピンクではないので、優しいイメージに仕上がります。
ウォームブラウンは、ブラウンに赤みを加えた、温かみのあるブラウンカラーのことです。
基本がブラウンなので、明るくなりすぎることなく自然な仕上がりになります。

primience_styleさんの投稿
28159122 1560695660715151 1458248268663226368 n

ヘアカラーの色見本◎青系

ヘアカラーの色見本で青系に分類されるのが、アッシュになります。
アッシュも人気のヘアカラーですね。
青というよりは、グレーやグレーみの少しくすみのある色がアッシュのカラーです。
ハイトーンのアッシュは、外国人風カラーにも使われるカラーですね。
青みが強いアッシュになると、コバルトアッシュと呼ばれることもあるようです。
下の画像のように、ダークなアッシュは、落ち着いた大人っぽい雰囲気になります。

kenichi_masadaさんの投稿
28157883 351683591980325 863875290827325440 n

ヘアカラーの色見本◎黄系

ヘアカラーの色見本で、黄色系に分類されているのが、イエローまたはゴールドやベージュです。
イエローは下の画像のようなカラーで、ゴールドと呼ばれることがあるヘアカラーです。
ブラウンよりも明るいイメージになるカラーで、ちょっとくすんだカラーはゴールドブラウンと呼ばれることもあるようです。
ベージュはブラウンと似ているカラーですが、ブラウンよりも黄色みのあるカラーになります。
ベージュには軽くやわらかさのあるイメージになります。
またハイトーンであっても、ベージュであれば上品な仕上がりにしてくれます。
ベージュは軽さのカラーなので、パーマなどの動きがあるヘアスタイルにぴったりです。

fumika.1991.kさんの投稿
28434297 1846339322057525 7495733828724457472 n

ヘアカラーの色見本◎緑系

ヘアカラーの色見本で、緑系に分類されるのが、マットやライムと呼ばれるカラーです。
日本人の髪の毛の色は黒色ですが、厳密にいうと赤みが強いのだそうです。
緑系のヘアカラーであるマットには、その赤みを消してより深い黒にみせる効果もあります。
マットは寒色系のカラーになるため、ベージュなどの他のカラーと比べると同じトーンにしてもマットのほうが暗い色に見える特徴があります。
マットというのは、下の画像のようなカラーがマットになります。
マットよりもくすみが少なく、鮮やかなカラーをライムと呼びます。
マットには大人っぽいイメージもあるようですね。

endlir.starさんの投稿
28158375 414400189012196 8725603108412981248 n

ヘアカラーの色見本◎オレンジ系

ヘアカラーの色見本でオレンジ系に分類されるのが、オレンジとオレンジブラウンです。
オレンジはベージュにも似ているカラーですが、ベージュよりもビビットなオレンジのカラーになります。
ベージュよりもオレンジみが強く、カッパーよりも抑えたカラーがオレンジです。
ブラウンベースにオレンジみが入ったカラーがオレンジブラウンです。
オレンジブラウンもブラウンベースなので、派手になりすぎず、大人っぽいヘアカラーになります。
下の画像のようなカラーで、ベージュではちょっと物足りない、という人におすすめのカラーです。

ingrove_chibanewtownさんの投稿
28429178 978510935631398 3623638700472139776 n

ヘアカラーの色見本◎バイオレット系

ヘアカラーの色見本でバイオレット系に分類されるのが、バイオレットです。
アッシュよりも赤みがあり、ブラウンよりも青みがありますが、完全に紫色というわけではありません。
下の画像のように、ベージュのちょっと青みがはいっているようなナチュラルなバイオレットカラーもあります。

glamor_arichanさんの投稿
27576408 147766659239619 7489976407884300288 n

ヘアカラーの色見本◎レベル(トーン)とは?

ヘアカラーの色見本で、レベルと言われる番号は髪の明るさになります。
レベルの番号が小さいほど暗いイメージになります。
逆にレベルの番号が大きくなるほど明るいイメージのヘアスタイルになります。
ヘアカラーの色見本では、レベルとトーンの番号は厳密には意味が違う言葉なのだそうです。
しかし美容師さんのほとんどが、わかりやすいようにレベルの番号をトーンと呼ぶことも多いようです。
ヘアカラーの色見本のレベルは1から20までの番号があります。
日本人の黒髪の平均レベルは4から5、外国の人の金髪の場合はレベル15の番号が平均です。
そのためヘアカラーの色見本はレベル4から15の番号の間でつくられていることが多いようです。

4~5レベル

先ほども書いた通り、4から5のレベルの番号は日本人の黒髪の平均のレベルになります。
全く染めていない、バージンヘアーの場合がこのレベルになります。
日本人らしい黒髪のヘアスタイルも素敵ですよね。

6~7レベル

ヘアカラーの色見本で、6から7の番号のレベルは少しだけ明るくしたヘアスタイルになります。
ベージュやブラウンなど、黒髪とそれほどカラーが変わらないカラーの色味はあまり出ませんが、派手なヘアスタイルにできないという人には、ぴったりの明るさになります。

jac_notoさんの投稿
26864756 1918736545108593 4237443317240954880 n

8~10レベル

ヘアカラーの色見本で8から10の番号のレベルは、色味がしっかりとわかる明るさになります。
アッシュやバイオレットなど、わかりにくいカラーでもしっかりと色味を出したいという場合は、これくらいのレベルの明るさにするのがおすすめです。
ショートのヘアスタイルであれば、このレベルの明るさでもずいぶんと明るいイメージになるようです。

11~12レベル

ヘアカラーの色見本で、11から12の番号のレベルになるとかなり明るめの色になります。
抜け感のあるベージュやアッシュのヘアスタイルにしたいという場合にはおすすめのレベルです。
透明感もでますが、だいぶ明るい色になるので、職場では不向きだと言われることも多いレベルの番号になってきます。

13レベル~

ヘアカラーの色見本で、13レベル以上の番号になるとほとんど金髪や白髪になっていきます。
外国人風のヘアスタイルのカラーにはよく使われますが、髪全体を13レベル以上の番号にすると、髪の毛への負担も大きくなっていきます。

arue_japonさんの投稿
28753209 220770618668864 6858595603824246784 n

どうしてヘアカラーの色見本通りの髪色にならないの?

ヘアカラーの色見本について見てきましたが、ヘアカラーの色見本や画像をみながらヘアサロンの美容師さんと打ち合わせをしても、染めた後の仕上がりをみたらなんだか思ったヘアカラーとは違う、と思ったことはありませんか?

nkeiskeさんの投稿
28428788 337915860049473 1643289104886005760 n

ヘアカラーの色見本通りのカラーをしても、その通りのカラーにならない理由は、大きくわけて2つの原因が考えられます。
1つは内面的な問題で、もう1つは外面的な問題です。
もともと持っている自分の髪の毛の色素とカラー剤との相性や、どんな環境でヘアスタイルのカラーを見るのかなど、イロイロな要因で染まり方や見え方が変わってくるのです。

duc_kohey.yamamotoさんの投稿
28430836 574741396236291 1357257915198603264 n

ヘアカラーの色見本通りにならない◎髪質

ヘアカラーの色見本通りにならない内面的な問題は、髪色が人それぞれだということです。
日本人の黒髪は、先ほども書いたとおり真っ黒にみえても赤みが入っているものです。
赤み以外にも、黄色みがはいっている人や、それぞれの色味が強い人や弱い人などさまざまです。
そのため、同じカラー剤を使っているのに、ヘアカラーの色見本通りにならないこともあるのです。

soarhairさんの投稿
28428178 1321495737993830 3837327784603025408 n

ヘアカラーの色見本通りにならない◎光の関係

ヘアカラーの色見本通りにならない、外面的な問題には光の関係があります。
どんな光の下でヘアスタイルをみるかで、ヘアカラーの色が違って見えることがあります。
自然光の下では、ヘアカラーの色見本通りにみえることが多いですが、時間帯によっては違う色味に見えてしまうことがあります。
下の画像のように午前中は光が強いので、透明度が高いヘアカラーの色に見えます。
それが午後になるにつれて、黄色みを帯びて、オレンジ味になり、赤みへと変わっていくのです。

yana217さんの投稿
28155533 2125089011053465 5634383096712265728 n

蛍光灯の下では、蛍光灯が青みを帯びた光なのでアッシュやマットなどの寒色系のヘアカラーははっきりと見えます。
逆にベージュやブラウンなどは青みが帯びて、ヘアカラーがどんな色なのかわかりずらくなってしまいます。
白熱灯の場合は、黄色みの強い光なので、ベージュやブラウンなどの暖色がわかりやすくなります。
アッシュやマットなどがわかりにくい色味になります。

arai.mkさんの投稿
28427999 155331171848421 2033905514189946880 n

自分に似合うヘアカラーは?

ヘアカラーの見本の見方がわかったところで、どんなヘアカラーを使えば自分に似合う色になるのかを考えてみましょう。
ヘアスタイルは顔の一番近いところにあるので、その人の見た目のイメージに繋がります。
可愛いヘアスタイルにするか、大人っぽいヘアスタイルにするのかでも、その人のイメージに大きく繋がります。

brace_takuyaさんの投稿
28434249 1940415339621795 1731149949485187072 n

あなたにぴったりのヘアカラーを選びたいと思った時に使えるのが、パーソナルカラーです。
パーソナルカラーによって、ベージュのような暖色系か、マットのような寒色系か、選ぶ色を変えると自分にぴったりの色が探せると言われています。
パーソナルカラーとは、春(spring)、夏(summer)、秋(autumn)、冬(winter)の4つのカラータイプに分かれるといわれます。

newme.anriさんの投稿
23498377 1949657555359361 8987416755634700288 n

自分に似合うヘアカラー◎パーソナルカラー・春

パーソナルカラーで春(spring)になるのは、黄色みよりのカラーが似合う人です。
お肌の色が、クリーム系で透明感があるお肌の人がこの春のタイプになります。
目の色は、茶色で透明感があるタイプ。
全体的なイメージとして、華やかで柔らかい、親しみやすそうなイメージの人が、パーソナルカラー・春になります。
下の画像が、春のパースなるカラーになります。

mai_miyazawaaaさんの投稿
19380152 761180644062046 4194765047559356416 n

パーソナルカラーが春の人は、黄色みの強い色が似合う色になります。
寒色系よりは暖色系で、パールなどの透明感のあるカラーも似合うでしょう。
ヘアカラーを選ぶときには、明るめでクリアな色のヘアカラーを選ぶとぴったりです。
暖色系のサーモンピンクやゴールドブラウンなどのブラウン系全般はおすすめです。

photo__sayaさんの投稿
28427203 200400763882027 5677308597596323840 n

自分に似合うヘアカラー◎パーソナルカラー・夏

パーソナルカラーで夏(summer)になるのは、青みよりの色が似合う人です。
お肌の色が、色白でほっぺにはピンク系の色味がある人です。
瞳の色は黒ではなく、こげ茶でやわらかい印象を与えてくれるようです。
イメージは優しくソフトな感じで、エレガントなイメージにみえる人になります。
下の画像が、夏のパースなるカラーになります。

mai_miyazawaaaさんの投稿
19379647 822706061221772 3432929907577978880 n

パーソナルカラーが夏の人におすすめの色は、青みのあるパステルカラーです。
青みやグレーみのある上品なカラーが似合いそうです。
ヘアカラーには、明るめでソフトなイメージのものを選ぶのが良さそうです。
ピンクベージュやラベンダー、ライトアッシュブラウンなどもぴったりでしょう。

kangyuelingmuさんの投稿
28430945 194414584480265 1730356265298690048 n

自分に似合うヘアカラー◎パーソナルカラー・秋

パーソナルカラーが秋(autumn)の人は、黄色みよりのカラーが似合う人です。
お肌の色がベージュ系で、マットな感じのお肌の人です。
瞳の色が深く、真っ黒というよりはグリーンがかった黒い瞳をしている人です。
パーソナルカラーが秋の人のイメージは落ち着いたイメージで、知的な感じのする人です。
下の画像が、秋のパースなるカラーになります。

mai_miyazawaaaさんの投稿
19367219 140044683217538 8151291385945784320 n

パーソナルカラーが秋の人に似合うカラーは、ゴールドベースの色や、彩度が低い色になります。
ヘアカラーはマットブラウンやマロンブラウン、チョコレートブラウンなどの濃いめのブラウン系のヘアカラーが良さそうです。
ヘアスタイルも大人っぽいヘアスタイルが良さそうです。

amoureuxblancさんの投稿
28156190 190569678214577 7007708742263242752 n

自分に似合うヘアカラー◎パーソナルカラー・冬

パーソナルカラーが冬(winter)の人は、青みよりのカラーが似合う人です。
お肌の色は、ピンクみのあるベージュ系です。
瞳の色は、黒目がはっきりとしている人です。
パーソナルカラーが冬の人のイメージは、クールでおしゃれ、キリリとしている印象です。
下の画像が、冬のパースなるカラーになります。

mai_miyazawaaaさんの投稿
19366987 1765668477058258 1638676572003106816 n

パーソナルカラーが冬の人は、青みのあるはっきりした鮮やかな色が似合います。
ヘアカラーはコントラストの強いカラーなど、個性的なヘアカラーが似合います。
クールなイメージの冬は、クールな色のヘアカラーがいいでしょう。
青みのあるパープルやバイオレット、アッシュブラウンなどのヘアカラーがおすすめです。
ヘアスタイルは甘みを減らしたパーマや、ストレートのヘアスタイルがぴったりです。

kurogomakinako01さんの投稿
28428659 1105341176272700 1211028151514169344 n

ヘアカラーの色見本◎職場によって変わるヘアカラー

ヘアカラーの色見本の見方と、自分にあう色がわかったら、ライフスタイルにあうヘアカラーのレベルも考えてみましょう。
日本人の黒髪の平均は4から5のレベルですが、もともと髪色が明るいという人は、6レベルの人もいるようです。
ヘアカラーのレベルを決めている企業もあるので、どんなカラーレベルをどんな企業が採用しているのかをまとめてみました。
あなたの働く企業はどのレベルになるのか、確認をしてみてくださいね。

12miki27さんの投稿
28428489 2019871811621166 6049975148864339968 n

ヘアカラーの色見本◎6レベルが採用基準

6のレベルは、もともとヘアカラーで染めていなくても地毛がちょっと明るめの髪色をしている人であれば6レベルの髪色をしています。
つまり6レベルとは、ヘアカラーをしているかどうかわからないレベルの明るさになります。

japanairlines_jalさんの投稿
27891253 981530775354640 7029656866959392768 n

ほとんどバージンヘアと変わらないカラーは、清楚で真面目なイメージがしますよね。
これは安心や安全、信頼のイメージを大切にしている、金融関係の企業や、航空会社の企業が採用しているヘアカラーのレベルです。
金融や航空会社以外でも、信頼を大切にしている企業ではこのレベルを上限にしているところもあります。
また新卒の就職活動の場合、6レベルのカラーにしておいたほうがいいと言われています。

hana870163さんの投稿
19985654 312279112550667 7487033324494389248 n

ヘアカラーの色見本◎7レベルが採用基準

7レベルはちょっと明るくみえる、強い自然光の下でみるヘアカラーのようなナチュラルな髪色を楽しめます。
華やかさや派手さはありませんが、重くなりすぎず好感を持ってもらえるヘアカラーです。

hotelgranviakyoto_officialさんの投稿
18011871 1308509069242697 5047962590127325184 n

7レベルのヘアカラーを採用しているのは、ホテル業界や病院など、人からの好感も大切にする企業になります。
ヘアカラーのレベルでは好感をえることができますが、選ぶカラーによってはマイナスになってしまうこともあります。
マットやアッシュより、ブラウンやベージュなどの暖色系のほうが、さらに好感を得ることができそうです。

hotelgranviakyoto_officialさんの投稿
17819119 982672875202271 2410863059909214208 n

ヘアカラーの色見本◎8レベルが採用基準

8レベルのヘアカラーは、華やかさと明るさがかなり強くなります。
明るくはなりますが、明るすぎないので親しみやすいイメージになります。
デパートなどの接客業の企業では、このレベルのヘアカラーが上限の場合が多いようです。
華やかになるので、高級品を扱うお店でもこのレベルが採用されているようです。

saintmedia_officialさんの投稿
28432997 193655834565988 1842553141921316864 n

また営業職の人など、外回りを担当する人は、8レベルのヘアカラーにすることが多いようです。
親しみやすいというイメージがつくのがいいようです。
ヘアスタイルも、ショートやボブ、ロングのヘアスタイルと楽しめるのがいいですよね。

nozokimi.jpさんの投稿
27893816 790782851130520 4481796659684048896 n

ヘアカラーを自分で選ぶ場合の注意点

ヘアカラーの色見本の見方やパーソナルカラーについてまとめてきましたが、ヘアカラーをセルフでするという人もいると思います。
ヘアカラーをセルフでする人は、ヘアカラー剤をドラッグストアなどで購入して染める事になると思います。
ヘアサロンで美容師さんにカラー剤をおまかせできない分、どんなヘアカラー剤を選ぶのかが大切になってきます。

tricca_balcony_hayamaさんの投稿
28158990 1550941915003081 6952573010133909504 n

ヘアカラー、オシャレ染か白髪染めか

ヘアカラー剤には、オシャレ染めようのヘアカラー剤と、白髪染め用のヘアカラー剤があります。
この2つは同じように見えて、用途が変わってきます。
白髪染め用のヘアカラー剤は、白髪がキレイに染まるような染料が配合されています。
白い髪を染めるというのが役割になるので、黒や茶色の染料が多く入っているのが白髪染め用のヘアカラー剤になります。

killingzoe69さんの投稿
28429946 593421587666310 7145842685868244992 n

オシャレ染め用のヘアカラー剤は、黒または茶色の髪の毛を染めていくので、カラーの染料を多く含んでいます。
ですから、白髪染め用のヘアカラーをオシャレ染めのヘアカラー剤として使ってしまうと暗い色に仕上がってしまいますし、オシャレ染め用のヘアカラー剤を白髪染めのヘアカラー剤として使ってしまうと、明るい色に仕上がってしまうのです。

livewirezradioさんの投稿
28154623 169142580383213 7369452139430543360 n

ヘアカラーの色見本サンプルと確認しましょう

ヘアカラーをセルフでする場合は、商品の箱に印刷された色見本をしっかりと確認して購入するようにしましょう。
ドラッグストアなどで購入する場合は、ヘアカラーの色見本として、ヘアサロンでみるような毛束のサンプルが置いてあることも多いと思います。
自分の今の髪色を加味しながら、どんな色になるのか確認をすることも大切です。

sachi_hugさんの投稿
17494370 655116194689970 2335649326333689856 n


◆関連記事:似合う色が知りたい!

ヘアカラー診断で自分に似合う髪色を見つけよう!
ピンクアッシュのヘアカラーが人気?ピンクカラーの髪色まとめ!

ヘアサロンでのオーダーの仕方

ヘアサロンでヘアカラーをする時には、ある程度ヘアカラーの色見本や画像で確認をしながらヘアカラーの色を選んでいけるので、美容師さんにお任せしても大丈夫でしょう。
ただし自分がどんなヘアカラーにしたいのかだけは、しっかりと伝えておくことです。
ブラウンにしたいと思っていたのに、マットブラウンになってしまったり、バイオレットにしたかったのにアッシュになってしまったり、ちょっとしたイメージのずれもないように、遠慮せずに美容師さんに伝えることが大切です。

rara_007さんの投稿
28157136 2035357823342630 2691677157117132800 n

ヘアサロンの美容師さんであれば、ヘアカラーの色見本通りの色を再現してくれるだけではありません。
あなたの髪の毛のダメージを計算してヘアカラーをしてくれます。
髪の毛が傷んでいれば、ヘアカラーは想像よりも明るくなってしまうこともあるからです。
ですからできるかぎり細かく、ベージュなのかマットなのかなどは伝えておく必要があるのです。

kakimotoarms_denenchofuさんの投稿
27578455 1989689044638529 1290495139663314944 n

ヘアカラーの色見本とは?まとめ

今回はヘアカラーの色見本についてまとめてみました。
ヘアカラーで思い通りの色にするというのは大変なことなのですね
光によって見え方が違ったり、自分自身の髪質でもかわってくるようです。
ヘアカラーを最後に決めるのはあなた。
どんな場所で、どんなイメージで見られたいと思っているのかを考えながら、ヘアカラーの色を決めていけるといいですね。

picolor.nakagawaさんの投稿
17819221 1949902525240381 7610539855029731328 n

ヘアカラーについてもっと知りたいアナタへ

オレンジブラウンのヘアカラーがおしゃれ!【髪色特集】
ヘアカラーは黒を卒業しよう!アッシュブラックが流行中でおすすめ!
市販セルフヘアカラー人気ランキングTOP13!【おすすめ】

関連するまとめ

鈴子
鈴子
涼しくなりました。新しい家族が増えました。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ