キャバ嬢メイクのやり方とコツ!これで指名率もアップ♡【男受け】

キャバ嬢の強い武器になるメイク!指名率の高いキャバ嬢は接客やマナー、会話力だけでなく、メイクのテクニックも持っています。美人じゃなくても、自分の弱点をカバーすればあなたの魅力もアップ!指名力が急上昇するキャバ嬢向けメイクのポイントをご紹介します。

キャバ嬢メイクのやり方とコツ!これで指名率もアップ♡【男受け】のイメージ

目次

  1. キャバ嬢にとって命&武器となるメイク!そのポイントは?
  2. キャバ嬢メイクのカギはココ!男ウケをするテク♡
  3. 【キャバ嬢】メイクで気を付けておきたいこと!NGメイクは?
  4. これでもっと指名を取る!キャバ嬢メイクは女の武器♡

キャバ嬢にとって命&武器となるメイク!そのポイントは?

女性の接客業の頂点に君臨するキャバ嬢という職業はただ綺麗なだけでは務まりません、一見会話するだけのように思えますが、一人一人の男性の好みや話題などを覚え、立ち振る舞いに加えキャバ嬢としての接客のマナーなど挙げだしたらキリがないほどキャバ嬢で覚えることはたくさんあります。

来店する客は主に男性ですが、稀に女性も客として訪れます。男女問わず愛されるような存在であるキャバ嬢はマナーや接客技術、そして最大の武器となる顔に施すメイクは重要です。

キャバ嬢は在籍する店によっても若干雰囲気が違いますが、一人一人のキャバ嬢は日々指名を取るために必死に見えない努力を重ねています。もちろん真っ先に見られる顔はメイクをしっかりと施し、盛れる顔に整えてから颯爽と出勤するでしょう。

キャバ嬢にとって命とも言える顔に施すメイクは第三者から様々な印象を感じられる箇所です。メイク一つでイメージが変わるキャバ嬢は他人と被らないようにしつつも自分なりの武器を生かしてキャバ嬢メイクを確立させています。

【キャバ嬢メイク】自分の素材を再認識!

キャバ嬢に大切なことは自分の顔のパーツを見ることです。もともとキャバ嬢であっても武器にできる部分とそうでない部分とがあります。それは当たり前に誰もが持っていることで、指名の取れるキャバ嬢は生かせる武器を最大限活用しています。

指名が取れるキャバ嬢は顔の作りが完璧なように見えますが、それはそのキャバ嬢が自分のことを良く知っているためカバーできているから良く見えるのです。

また、競争率の激しい職業でもあるため、かわいい、綺麗なキャバ嬢を見ると「自分なんて…」と卑屈になってしまう人もいるでしょう。

しかし、キャバ嬢メイクを良く知り、どのようなメイクが男性ウケするのか熟知しながら練習していけば、いつかは過去に羨んでいたようなメイクができるようになります。時代とともにウケるキャバ嬢とウケないキャバ嬢が出てきているため、そんなところも併せて知っておくと良いですね。

キャバ嬢メイクは男性ウケが一番!

キャバ嬢メイクに重要と言えるものはとにかく男ウケを狙ったメイクに仕上げることです。単純に濃いメイクばかりでは男性は「仮面を被ったキャバ嬢」なのだと判断し、どこにでもいるキャバ嬢だと感じ取ります。

その結果、会話していても目立った武器がなければ指名を取るまでに至れないことが多く、せっかくのチャンスを逃してしまいます。

男性ウケの良いメイクは色白であり、濃すぎないメイクを目指しましょう。また、男性はまるでアニメの世界から飛び出てきたような幻想的で色気をまとう女性に非常に弱いものです。

美しいものには多くの男性が吸い寄せられてきますからそんなメイクができるように習得していきましょう。

キャバ嬢メイクの基本は【ドール系メイク】!

キャバ嬢などの夜の職業は、時代とともに、メイクがナチュラル思考になってきています。一昔前のイメージだと、濃くて、いかにも盛れるメイクは時代遅れ。指名が取れるキャバ嬢は、すでに路線を変えて時代の流れとともに男性ウケメイクを変更してきています。

キャバ嬢メイクでなくても、近年の女性のメイクはナチュラルのほうがモテると言われています。そのため、キャバ嬢メイクも今までのように仕上げてしまうのではなく、ナチュラルさを取り入れてみましょう。

今のキャバ嬢メイクのポイントは、濃過ぎることなく仕上げ、そしてお人形さんのように欠点がないようなメイクに仕上げること。お人形のような顔の作りは近くで会話していても遠くから見ても完璧に美しい顔立ちだと判断されます。

お人形さんのようなドール系メイクにはコツがあります。まずはあなたの顔に足りないものをメイクで補っていくことが大切です。もともとの顔の作りが悪くても問題ありません。また、キャバの店内は大半が暗い照明なので少しの意識で今までのキャバ嬢メイクがガラリと変わりますよ。

根強いギャルメイクもキャバ嬢向け!

今までの多くのキャバ嬢が取り入れてきたギャルメイクもまだまだ根強く残る人気のメイクですよね。しかし、濃いメイクであるギャルメイクですら今の時代では薄いメイクに仕上げられることが多いです。

しかも黒ギャルより白ギャルの方が圧倒的に多いため、男性ウケするのは白肌であるギャルメイクだと言えるでしょう。

しかし、黒肌で仕上げてあるギャルメイクは全く男性ウケしないのかと言われれば実はそうでもありません。

汚い印象を受けてしまうような黒肌ギャルは男性だけではなく女性から見てもかわいい、綺麗だとは感じませんが、清潔感のある健康的に焼けた肌色であれば見る方も元気をもらえます。

黒肌ギャルメイクである場合、元気系で場を和ませてくれるキャラであればキャバ嬢としても成り立ちますし、男性からの指名も取れることでしょう。

しかし、今まで肌黒ギャルキャラで通していても指名が取れない場合はこの際思い切って白肌ギャルメイクに路線を変更してみても良いかもしれません。

キャバ嬢メイクのカギはココ!男ウケをするテク♡

キャバ嬢メイクがモテるのはわかるけど、どこがどういいの?そう思う女性に、キャバ嬢メイクのポイントを解説!これさえおさえれば、あなたもギャルメイクでモテ女子へと変身できますね。

イメージ一新、やってみませんか?

①【艶肌】

さて、ではキャバ嬢メイクにとって何が大切かというと、まずは肌質です。店内は薄暗いからと肌メイクを疎かにしていませんか?

現代のキャバ嬢は男性ウケするためにまず肌質から変えていかなければなりません。きちんとした食事を摂ることも大切ですし、肌が元から綺麗になれば肌にかけるメイク時間が短縮されます。

また、今も昔も変わらず男性は肌の綺麗な女性が大好きです。ということは綺麗な服装で出迎えてくれるキャバ嬢は肌が綺麗でなければいけません。それは例えメイクをガンガンに盛れるギャルメイクであっても同じです。

肌を艶やかに見せるメイクをすることで男性からのウケも大幅にアップします。しかし、難しいことは特にありません。

クマやシミ、くすみなどの肌トラブルがあればコンシーラーなどでカバーし、下地を薄塗りで塗布してからフェイスパウダーを上から丁寧に塗り込んであげるやり方を行えば、どのような肌の人でも大半は綺麗な肌質に見せられます。

しかし、下地を作る前にいきなりメイクし始めてしまうとファンデーションや下地が肌と上手く密着せず、浮いたように見えて肌が汚く見えてしまいます。そのため、メイクに取り掛かる前は必ずスキンケアを終えてから行うようにしましょう。

また、キャバ嬢は長く店内にいるとメイク崩れが起きますが、長時間艶やかな肌を保てるように皮膚の薄い箇所は薄く重ね塗りしておくやり方を行うと良いでしょう。

特に目元回りは瞬きなどの刺激でメイクが崩れてしまうことが多いです。薄く何度も重ね塗りすることによってメイク崩れをさせない肌にしていくことができますので細かい目元回りは特に丁寧にメイクしていきましょう。

②【ナチュラル盛り】

女性のメイク自体がナチュラル化してきた背景で、その流れに乗るようにキャバ嬢のメイクもナチュラル思考に移行してきています。

店に来店する男性客もそんなナチュラルメイクの女性たちを日常生活で見ていますので、当然キャバ嬢も一般の女性のようにメイクをナチュラルに変えていくことが必要です。

しかし、一般の女性と同じメイクにしてしまうとキャバ嬢としてのインパクトがなくなってしまいます。そのため、キャバ嬢メイクはキャバ嬢だと主張するかのように「盛れる箇所は存分に盛る」精神を第一にしていきましょう。

男女から見てナチュラルだと感じるメイクであっても、ポイントを押さえておけば盛れるメイクに仕上げることも可能です。しかし、昔のギャルメイクのように下まぶたの下から大幅に距離を取ってつけまつげを付けるなどのメイク方法は近年のキャバ嬢メイクには不向きです。

キャバ嬢の仕事は男性客と至近距離で会話する場面が多いですから、近くで見ても濃いと思われないキャバ嬢メイクが理想です。

抜くところは抜く、そして盛れるところは盛るという意識でメイクを進めていくことが大切なのでキャバ嬢メイクだからといって張り切りすぎるのはメイクが濃くなってしまうだけなので意識改革をしていきましょう。

③【リップは濃く塗る】

近年のキャバ嬢メイクはアイメイクをほどほどにしている反面、リップは比較的強調されています。

メイク全体を見たときにアイメイクが強調されていればリップを濃くしてしまうのはただ濃く見えるメイクになってしまうため、ナチュラル思考の現代ではアイメイクを薄くする代わりにリップを適度に盛れるメイクにしていきましょう。

キャバ嬢はお人形さんのような顔に仕上げることを意識したいため、ぽってりとしたリップに見せるためにまずはコンシーラーで唇の形を際立てていきましょう。

やり方としては左右対称の唇の形にカバーしていくことで上手に塗れるでしょう。下唇も上唇も同じように左右同じ形にしていき、下唇と上唇のちょうど真ん中辺りにペンシルでラインを描いていきます。

リップペンシルを唇の最も膨らんでいる箇所に描いてあげるとお人形さんのような血色の良い健康的なリップメイクに仕上げることができます。

また、ペンシルで描いたあとのやり方はそのまま上からグロスを厚めに塗り、ペンシルと馴染ませても良いですし、口紅を使って更に強調させても構いません。

また、ギャルメイクの場合はアイメイクを濃くしてリップメイクはナチュラルにするというやり方もあります。ギャルメイクの場合のリップは肌色に近いベージュ系のカラーを使って唇全体に塗り、最後に艶やかさを出すようにグロスを仕上げに塗っていきましょう。

キャバ嬢メイクでアイメイクが薄い場合はリップや口紅の色は多少濃くなっても問題ありません。派手なピンクや赤系はなるべく避けた方が良いですが、白肌が映えるような光沢感のある色であればピンク系でも上手にまとめられるでしょう。

④【太眉】

韓国からきたオルチャンメイクの影響か、女性たちの間では太眉が主流となっています。そのため、近年のキャバ嬢もそんなブームに乗っかるように太眉にし、美眉になるようにしていきましょう。

しかし、眉毛は角ばった細い眉毛が良いという人もいますよね。ですが、角度の付いた細い眉はどうしてもきつい印象に見られてしまいます。日頃の疲れやイライラを癒して欲しい男性客から見るとそんな攻撃的な眉毛は顔を合わせるだけで疲れてしまう原因です。

女性の太眉は男性の心を癒し、優しそうな印象にガラリと変えてくれるため、指名が欲しいキャバ嬢は率先して太眉にシフトチェンジした方が賢明です。

キャバ嬢が行う太眉は、太すぎず細すぎずを意識して作っていきます。やり方としては平行かやや上の角度になる程度に眉毛全体をはさみや毛抜き、カミソリなどで整えたらペンシルタイプで線を際立たせていきましょう。

眉尻は上側を長くするのではなく、下側を長く描いていけば違和感のない太眉を作ることができます。

太眉を美眉にする際はペンシルなどで縁取った方が綺麗な印象に見えてお人形さんのように見せられます。しかし、よりナチュラルにしたいという人はパウダータイプでアイブロウを作っても良いですし、眉マスカラで仕上げにしても美眉を作ることができますよ。

また、眉毛は知性を表す箇所のため、眉毛を綺麗に描くだけでメイク全体が盛れるように見えるメリットがあります。

◆関連記事:ネイルも派手にいきましょう!

派手なネイルのデザインまとめ!ピンクでド派手に楽しもう!

⑤【まつげはボリュームアップ】

近年の女性たちのメイクは昔と比較するとかなり穏やかでナチュラルになりました。しかし、それは手を抜くところは抜き、盛れるところは盛るメイクをしているためです。

近年の女性は顔全体はナチュラルに見えるメイクにしていますが、変わりにまつげだけは非常に拘りを持って盛れるだけ盛るメイクを実行しています。まつげは女性にとって女性らしさをアピールする最大のポイントです。

どの角度から見ても美しいカールの入ったまつげであれば正面から見ても横から見ても女性らしい色気を感じますし、まつげが盛れるだけでメイク全体が盛れるメイクに仕上げられます。

キャバ嬢メイクではそんな盛れる重要なポイントであるまつげは自然に見せられるマツエクなどがおすすめです。マツエクであれば付け外しも要らないですし、つけまつげのように途中で接着剤が取れてメイク直し…ということもありません。

マツエクは近年の女性のメイクに非常にマッチする美容アイテムです。しかし、様々な事情でマツエクを付けられないという人もいますよね。

そんな人はボリュームの出るマスカラを使ってみたり、派手すぎないつけまつげを活用していきましょう。吊り目よりもタレ目の女性が好きな男性はつけまつげを付ける際に毛の角度を下めに付けてあげるとついつい顔を見て癒されたくなります。

まつげはカールがしっかり入った方が綺麗に適度な派手さに見えるため、マスカラのみでまつげのボリュームアップを図る場合は下まつげにも重ね付けして塗っていきましょう。

しかし、まつげのカールをしっかり入れようとビューラーを強く当ててしまうとまつげが抜けてしまう原因になるのでカールを入れる際は優しく部分的に当てるようにしていきましょう。

⑥【キラキラ目】

男性が目の前にした女性のことを見てかわいいと感じる要素はキラキラとした目にあります。

少女のようなキラキラとして輝いている目元はか弱い女性なのだと判断して男性は引き寄せられます。しかし、漫画のように瞳だけキラキラにさせることは難しいので、そんなときはカラコンを使ってうるうると潤っている目元の下準備をしていきましょう。

キャバ嬢を仕事にしている女性は使用している人が大半だと感じますが、今使用しているカラコンをそのまま継続して使っても良いですし、他のキャバ嬢と差を付けるために少し変わったグレーや紫などの色に変更しても問題ありません。

しかし、赤色やピンク、そして柄付きのカラコンなどは男性に恐怖感や不信感を与えてしまうだけなのでキャバ嬢メイクには使用しないようにします。

キラキラと輝く目元にしていくためには白やゴールド、そしてブラウンなどの色にラメがたっぷりと入ったメイクアイテムを使用していきましょう。

マットなアイシャドウではキラキラ目にするのに限界があります。また、目元が輝いている女性は自然と男性から見て他とは違う目元だと判断してもらえますので、ラメ入りのアイシャドウを使うことが重要です。

もちろんナチュラルに派手で大きく見えるメイクにするのも良いですし、グラデーションを加えて締め色でキュッと引き締まった目元にするのも女性らしいです。

しかし、そんな普段何気なく行っているメイクにハイライトやラメ入りのアイシャドウを少し加えるだけで一気に華やかな印象に変わります。

目の上、下、そして目頭付近にもラメ入りのアイシャドウなどを使うことでやり方を重視しなくても簡単に取り入れられるキャバ嬢メイクです。

愛沢えみりさんのメイクは理想的♪

歌舞伎町No.1兼社長の愛沢えみりさん、ご存知ですか?この美しさは「キャバ嬢」の憧れで圧倒的な存在感ですよね。どこかで見たことがある…と思った人もいるでしょう。そう、彼女は「小悪魔ageha」のモデルだったんです。

愛沢えみりさんは、キャバ嬢のイメージであるケバケバしさがありませんよね。とっても可愛らしい面立ちで、まるでお人形さんのようです。ここまで紹介してきたポイントを見事なまでに全てクリアしているんですよね。

キャバ嬢メイクに批判的な年代にも受け入れられるメイクこそ、究極のモテメイク。特に目元と口元の愛らしさが性別を問わず憧れられるポイントではないでしょうか。

メイクは、お手本になる人物や「こうなりたい」と思う人物がいたほうが習得しやすくなります。真似から始めるのが手っ取り早くて確実なのです。

愛沢えみりさんはメイクのひとつひとつに手を抜かない徹底ぶり。その女子力こそが「美」を生み出してくれています。常に上昇志向で過ごす姿勢も美しさとなって表現されているのですね。メイクのポイントを丁寧におさえていけば、あなたも上品なギャルメイクができますね♪

【キャバ嬢】メイクで気を付けておきたいこと!NGメイクは?

ここからはキャバ嬢のメイクをするときに、気を付けておきたいことをご紹介しておきます。男性のお客様目線でどんな風に見られているのか。NGメイクになってしまう場合についても、合わせてお伝えしていきます!

このポイントをつかんでおくと、あなたの成績もアップすること間違いなし…!

指名が伸び悩んでるときは他のキャバ嬢とは違うメイクを

指名が中々取れない…成績が伸び悩んでいるというキャバ嬢は非常に多いです。他のキャバ嬢を一度は羨むことがある世界ですから、憧れているキャバ嬢と同じようになりたい人も多いですが、他のキャバ嬢と同じでは男性客にとっての唯一無二の存在にはなりえません。

指名が取れない原因にはもちろん接客などもありますが、メイクなどすぐに変えていけるようなことから初めてこそ他のキャバ嬢と差を付けられるものです。

自分に合ったメイクを模索するのは大変なことですが、やり方を変えながら派手になりすぎないようにメイクを続けていけばいつかはあなたに合ったメイクのやり方が発見できます。

似合うキャバ嬢メイクは続けていくことによってあなたの顔に馴染み、そしてあなただけのメイクになるのです。

もともとの顔の作りを変えるのは整形しかできませんが、メイクはいくらでも変え方ややり方があるため、路線を変えていくコツコツとした努力をしていきたいですね。

派手すぎメイクにご用心…!男性は清潔感のあるキャバ嬢が好き?

キャバのお店に来店する男性客には様々な人がいますが、男性客は総じて清潔感のある女性を好みます。多少派手であってもどこか清潔感を感じられる身なりやメイクでいれば会話しているうちに派手なメイクもかわいさなのだと感じるものです。

キャバ嬢にとって清潔感を出すのは難しいと思われがちですが、薄付きのメイクを意識し、アイメイクの中でもまつげをボリュームアップさせるなどの盛れるやり方のメイクであれば日に日に一人のキャバ嬢の顔に馴染んでいくものです。

清潔感のあるキャバ嬢というのは特にメイクが見られる箇所です。下まぶたに黒いアイシャドウを塗っていないか、アイラインで囲みメイクになっていないか、そしてノーズシャドウを付け過ぎていないかなども派手かそうでないかの判断材料になります。

キャバ嬢という職業はある程度の派手さが必要なときもありますし、在籍する店舗の雰囲気を壊すメイクは頂けません。店舗のイメージを忠実にメイクという形で表現しつつ、ナチュラルでハイライトなどを上手に使って艶肌に見せるなどのやり方をしていくと良いでしょう。

黒いギャルから白いギャルへ。キャバ嬢メイクは色白がウケる♡

黒ギャルが一昔前に大流行しましたが、近年はギャルというカテゴリーであっても白ギャルが主流です。白い肌で派手なメイクは特にキャバ嬢だと映えますし、白ギャルを好んでいる男性は非常に多いようです。

また、白い肌のギャルは昔の黒ギャルのように全体的に黒いメイクをしなくてもメイクノリが良く見え、愛らしい印象に見えることが多いです。白ギャルこそまさに前述した清潔感であり、男性にウケるキャバ嬢メイクです。

そもそも現代のキャバ嬢はこの白ギャルメイクを中心に取り入れているため、キャバ嬢メイクは白ギャルメイクを行うのだと考えれば難しいこともないでしょう。

まつげは限界までボリュームアップし、毛束感のあるまつげに見せ、鼻は適度に凹凸ができるノーズシャドウ。そして少し明るい色のトーンのリップで艶やかに仕上げてあげれば派手なドレスのイメージを邪魔しないキャバ嬢メイクになりますよ。

これでもっと指名を取る!キャバ嬢メイクは女の武器♡

キャバ嬢メイクのやり方なとをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。近年のキャバ嬢はブームに乗ってナチュラル思考にあります。

濃いメイクを施すのがキャバ嬢メイクだと感じていた人も多いですが、実はキャバ嬢も時代の変化に伴ってメイクのやり方が変化してきています。

派手さを大切にしているところは今も昔も変わりませんが、男性からウケの良いキャバ嬢メイクは非常に大切ですので、ぜひキャバ嬢メイクを習得してみてくださいね。

もっと濃いメイクについて知りたい方はこちら

つけまつげで二重になる?二重にする方法とおすすめのつけま紹介!
バンギャメイクのやり方!髪型やカラコンは何がいいの?
化粧が濃い基準とは?男性心理から濃いメイクの基準を解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ