• lovely
陰陽師の呪文一覧!そわかなど【真言/恋愛/九字結界】

陰陽師の呪文一覧!そわかなど【真言/恋愛/九字結界】

平安時代に実際にいたと言われる陰陽師。その陰陽師が使っていた呪文をご存知ですか?実は陰陽師の呪文は陰陽道オリジナルの呪文ではないものが多いのだそうです。今回はそんな陰陽師の呪文についてまとめてみました。恋愛にきくと言われる呪文もあるのでチェックしてください。

記事の目次

  1. 1.陰陽師の呪文を知ろう◎陰陽師は官僚だった!
  2. 2.陰陽師の呪文を知ろう◎陰陽師がおこなった占術・鑑定
  3. 3.陰陽師の呪文を知ろう◎式占(ちょくせん/しきせん)
  4. 4.陰陽師の呪文を知ろう◎暦占(れきせん)
  5. 5.陰陽師の呪文を知ろう◎相地(そうち)/地相
  6. 6.陰陽師の呪文を知ろう◎天文占(てんもんせん)
  7. 7.陰陽師の呪文を知ろう◎易占(えきせん)
  8. 8.陰陽師の呪文を知ろう◎陰陽師が使った呪文・真言
  9. 9.陰陽師の呪文◎「急急如律令(きゅうきゅうにょりつりょう)」
  10. 10.陰陽師の呪文◎「九字(くじ)」
  11. 11.陰陽師の呪文◎恋愛にきく?
  12. 12.陰陽師が毎朝唱えていた言葉の呪符・呪文
  13. 13.陰陽師の呪文を知ろう◎陰陽師の呪術
  14. 14.陰陽師の呪文◎形代(かたしろ)・人形(ひとがた)
  15. 15.陰陽師の呪文◎蠱毒(こどく)
  16. 16.陰陽師の呪文◎鬼門封じ
  17. 17.陰陽師の呪文◎式神を使った呪術
  18. 18.陰陽師の呪文◎呪符・護符
  19. 19.陰陽師の呪文◎セーマンとドーマン
  20. 20.陰陽師と呪文の関係は面白い!

陰陽師の呪文を知ろう◎陰陽師は官僚だった!

陰陽師といえば有名なのは安倍晴明ですね。今でいうスピリチュアルな力で救いを与えるような人だと思われがちですが、日本の平安時代では陰陽師という職種があったのです。

平安時代の役所には、「陰陽寮(おんみょうりょう)」という部署があり、そこで陰陽師が働いていたのです。今の時代では考えられない部署ですね。

最初に書いた安倍晴明が活躍したのは、平安後期になります。平安後期、朱雀帝の時代から6代にわたって天皇の側近を務めた安倍晴明は、遣唐使として唐へも赴いています。そこで唐の文化も吸収しながら、日本独自の陰陽術を確立したと言われています。

陰陽師が使っていたのは、7つの呪文だと言われています。呪文というと「そわか」などが有名ですが、今回は陰陽師の呪文について一覧のようにまとめていきたいと思っています。

陰陽師の呪文を知ろう◎陰陽師がおこなった占術・鑑定

平安時代の陰陽寮では、陰陽師の呪文などの一覧が書かれた今でいうテキストとして使われていたとされるのが、「周易(しゅうえき)」「黄帝金匱(こうていきんき)」「新撰陰陽書(しんせんおんようしょ)」「五行大義(ごぎょうたいぎ)」です。

あまりメジャーな陰陽道ではないのかもしれませんが、周易というのは易経のことです。易占いというとわかる人もいるかもしれませんね。

黄帝金匱や新撰陰陽書、五行大義は、占いが好きな人なら一覧で知っている人もいるかもしれませんが、陰陽説や五行説、式占いといわれるような占いの方法の書物なのだそうです。

スピリチュアルな陰陽師というくらいですから、陰陽道を使った占術や鑑定がとても重要視されていました。国や地方の政治を本気で占いなどの一覧によって決めていたというのがすごいですよね。

ちなみに陰陽道とは、中国の陰陽五行に、日本の神道や密教、修験道などをあわせたもののことです。

陰陽師の呪文を知ろう◎式占(ちょくせん/しきせん)

陰陽師が行っていた占いのひとつが式占と言われるものです。

式盤(しきばん)という道具を使った占いだったので式占と呼ばれているようです。式盤とは、円状の天盤と正方形の地盤の組み合わせでできています。その式盤には、宇宙の成り立ち一覧を縮小したものだと考えられていました。

この式盤で占うのは、吉凶判断や、天変地異の予言だったのだそうです。

式盤は今でいうスピリチュアルなホロスコープの一覧ようなものでした。今ある星の位置などから、算術によって占っていくタイプの占いです。これを読み解く力が、スピリチュアルな陰陽師にはあったのだそうです。

陰陽師の呪文を知ろう◎暦占(れきせん)

陰陽師が呪術として使っていた占いには、暦占もあります。

陰陽寮の暦博士が作成したといわれているもので、季節や年中行事、毎日の吉凶を表す言葉が記入されています。歴中と占いの対象となる人、行事が行われる日を照合して、吉凶や悪い方角などを占っていたようです。

この歴注というのは、今でいう「大安」とか「仏滅」にあたります。歴注には「天恩日(てんおんにち)」や「受死日(じゅしにち)」という日もあり、天恩日は天の恩恵を受けられる日、受死日は死を受け入れる日、などと一覧によって分けられていました。

良い日の歴注であればいいですが、死を受け入れるなどのマイナスの日の歴注はとても辛いですね。しかも昔は、今のように運命がわかっていれば変えられるという前向きなものではなく、スピリチュアル的にそれは運命で逃れられないものだという考え方が強かったようです。

次のページ

陰陽師の呪文を知ろう◎相地(そうち)/地相

関連記事

人気の記事

Copyright (C) Lovely