• lovely
死期が近い人の特徴15選!行動/接し方/夢/手相など

死期が近い人の特徴15選!行動/接し方/夢/手相など

死期が近い人には、独特の特徴があるようです。今回はそんな死期が近い人の特徴を厳選してまとめてみました。死期が近い人がその行動をとったときに、実践してほしい接し方も解説させていただきます。何よりもあなたが後悔しないように、限られた時間を大切に過ごしましょう。

記事の目次

  1. 1.死期が近い人には特徴があるそうです
  2. 2.死期が近い人の特徴①不思議な手鏡
  3. 3.死期が近い人の特徴②黒い影
  4. 4.死期が近い人の特徴③顔の印象がない
  5. 5.死期が近い人の特徴④昔の夢をよくみる
  6. 6.死期が近い人の特徴⑤性格が変わる
  7. 7.死期が近い人の特徴⑥顔に表れる死相
  8. 8.死期が近い人の特徴⑦手相に出る死相
  9. 9.死期が近い人の特徴⑧体からの臭い
  10. 10.死期が近い人の特徴⑨窓を開ける
  11. 11.死期が近い人の特徴⑩穏やかな表情
  12. 12.死期が近い人の特徴⑪白い顔色をする
  13. 13.死期が近い人の特徴⑫食の好みが変わる
  14. 14.死期が近い人の特徴⑬元気なのに死期が近い人
  15. 15.死期が近い人の特徴⑭療養中で死期が近い人
  16. 16.死期が近い人の特徴⑮カラス
  17. 17.死期が近いと分かったときの接し方

死期が近い人には特徴があるそうです

あなたは誰かの死に直面したことがあるでしょうか。祖父や祖母、両親の死に立ち会った人もいるかもしれませんね。そんな死期の近い人の前兆には、人間ならではの前兆や特徴があるのだそうです。

猫は死期が近づくと、自分の死んだ姿をみられないようにとふっと姿を消すと言われています。小動物の多くは、自分が弱ったことを悟られないように、死期が近づくと元気にふるまうのだそうです。野生のころからの本能的な習性なのですね。

人間にも他の動物と同じように、死期が近くなると本能的な特徴が現れるようです。今回は死期が近づいた多くの人にみられる特徴をまとめていきます。

しかし死期の近づいた全ての人に現れる兆候というわけではありません。あなたの大切な人の死期を感じたいという場合は、毎日の接し方を大切にしてくださいね。

■参考記事:人が死ぬ夢にはどんな意味がある?

【夢占い】人が死ぬ夢の意味は?自分・家族・他人・恋人・兄弟など! | Lovely[ラブリー]のイメージ
【夢占い】人が死ぬ夢の意味は?自分・家族・他人・恋人・兄弟など! | Lovely[ラブリー]
人が死ぬ夢を見ると、胸騒ぎがしていても経ってもいられなくなりませんか? 起きたときに不安になって、急いで夢占いを確認する人もいるでしょう。 そこでここでは、シチュエーション別に人が死ぬ夢についての夢占いでの意味を紹介したいと思います。

死期が近い人の特徴①不思議な手鏡

死期が近い人の多くの人がとる行動に、不思議な手鏡です。手鏡とは手の中にすっぽりと入ってしまうような小さな鏡のことで、女性が主に使うことが多い鏡になります。

死期が近い人はまるで手の中に手鏡があるように、じっと手の甲をみつめているのだそうです。もしかしたら、何かがみえているのかもしれませんね。

こんなときには、じっと手の甲をみつめている死期が近い人の前兆を見守ってあげるという接し方がいいようです。じっとみている手を無理やり視線から外そうとしたり、無理に話しかけるという接し方は良くありません。

じっと手の甲をみることで、死期が近い人は何かを感じたり、何かを悟ろうとしているのかもしれません。相手が話しかけてくるまで、穏やかに時間が過ぎるように接してあげてください。

死期が近い人の特徴②黒い影

少しスピリチュアルな話になりますが、死期が近い人のそばに黒い影がみえる兆候があるそうです。病室には3人しかいないのに、影が4つあったり、死期が近い人の後ろに2つ影ができていたりするのだそうです。

黒い影ではなく顔がよくわからない黒っぽい人だったり、黒い小人だったという人もいるそうです。どちらにしても現実世界ではありえないような、スピリチュアルな世界の話のようですね。

もしも死期が近い人の周りで黒い影がみえるようになっても、慌てない接し方が大切です。死神が来たとか悪魔が来たとか、騒ぎ立てる接し方はよくないでしょう。

死期が近い人の周りに黒い影が見えるのは、その人の周りの人に死期が近い前兆を知らせてくれるサインです。悪いものではありません。残りの時間を大切に過ごしなさいと、誰かがあなたに伝えてくれているのかもしれません。

死期が近い人の特徴③顔の印象がない

死期が近い人の前兆の特徴には、顔の印象がないという特徴もあるようです。これもスピリチュアルなお話になってしまいます。普通に接していれば、相手の顔や表情は目に入ってくるものです。美味しいものを食べた時には嬉しそうな顔をしていたとか、後ろからおどかしたらビックリした表情をしていた、という印象が残ります。

しかし死期が近い人には、表情の印象がないのだそうです。「今日のおばあちゃんはどんな表情だったっけ?」なんて、顔が思い出せないことが多くなってきた時には、その人の死期が近づいているのかもしれません。

次のページ

死期が近い人の特徴④昔の夢をよくみる

関連記事

人気の記事

Copyright (C) Lovely