ブスでも結婚できる人と美人で結婚できない人の違い11選!

ブスでも結婚できる人と美人で結婚できない人の違い11選!

ブスでも結婚している人、美人なのにいつまでも結婚できない人。
この二つの人種がいるのは、事実ですよね。
ここには、どういった違いがあるのでしょうか?
今回は、ブスでも結婚している人と、美人でも結婚できない人のその違いを紹介させていただきます。

記事の目次

  1. 1.美人は結婚できて、ブスは結婚できない?!
  2. 2.結婚できるブスと結婚できない美人の違い①謙虚さ
  3. 3.結婚できるブスと結婚できない美人の違い②可愛げ
  4. 4.結婚できるブスと結婚できない美人の違い③現実的か
  5. 5.結婚できるブスと結婚できない美人の違い④料理上手か
  6. 6.結婚できるブスと結婚できない美人の違い⑤倹約できるか
  7. 7.結婚できるブスと結婚できない美人の違い⑥出会いの数
  8. 8.結婚できるブスと結婚できない美人の違い⑦ポジティブか
  9. 9.結婚できるブスと結婚できない美人の違い⑧協力的か
  10. 10.結婚できるブスと結婚できない美人の違い⑨尽くし上手か
  11. 11.結婚できるブスと結婚できない美人の違い⑩尊敬できるか
  12. 12.結婚できるブスと結婚できない美人の違い⑪疲れないか
  13. 13.結婚は見た目より中身重視!性格美人を目指そう♡

美人は結婚できて、ブスは結婚できない?!

昔から、やっぱり美人はモテて、ブスは男性から相手されない…なんて通説がありますよね。
ブスに生まれてきてしまったことを後悔したり、美人に生まれてきた人は人生得をするなんてイメージがありますが、果たして本当にそうでしょうか。

あなたの身の回りの友人たちだけで考えてみても、結婚しているのは美人ばかりでブスは結婚していないでしょうか?
早い遅いの時期はあっても、意外とブスの人も結婚していませんか?
逆に、美人でしょっちゅう彼氏ができているのに、プロポーズすらされない…なんて美人の方の方が多いかもしれません。
この2人には、どのような違いがあるのでしょうか。
見た目がブスでも他に素晴らしい部分がたくさんあって結婚できているのかもしれません。
今回は、結婚できるブスと、結婚できない美人、この二人の違いについて、紹介させていただきます。

■参考記事:でもできるなら脱ブスしたいですよね!そんな方はこちらも一緒にどうぞ

可愛くなりたい!ブスでもすぐに可愛くなれる5つの方法とは? | Lovely[ラブリー]のイメージ
可愛くなりたい!ブスでもすぐに可愛くなれる5つの方法とは? | Lovely[ラブリー]
「今すぐにでも可愛くなりたい!」と思っている女の子に、簡単にモテる女子になれる方法を6つ教えます。社会人でも中学生や高校生でも、仕草やメイクをちょっと変えるだけで「可愛くなったね」と言われること間違いなし!可愛くなれる方法を早速トライしてみましょう♪
性格ブスな女の特徴と行動13選一挙に公開します!【驚愕】 | Lovely[ラブリー]のイメージ
性格ブスな女の特徴と行動13選一挙に公開します!【驚愕】 | Lovely[ラブリー]
性格ブスな女って意外とどこにでもいますよね。 男性も、顔が美人でも性格ブスな女には引っかからないよう、注意していただきたいものです。 今回は、性格ブスな女の特徴と行動を紹介させていただきます。 自分が性格ブスになっていないかの診断も要チェックです。

結婚できるブスと結婚できない美人の違い①謙虚さ

結婚できるブスと、結婚できない美人の違いとしてまずは、「謙虚さ」という特徴が挙げられます。
結婚できるブスは、謙虚さをしっかり持っており、男性を立てることが上手だったり、決して人を馬鹿にしたような態度をとったりすることはありません。
結婚できるブスは、良い意味で自分の立ち位置を見極めたふるまいをすることができているのでしょうね。

一方で、結婚できない美人は、自分が美人なのをいいことに、結婚相手に出す条件をちょっと強めに指定していたり、早いうちに結婚したいという願望がもろに前に出ていて、男性からのプロポーズを焦らせたり…と言った、謙虚さがないという特徴があります。
謙虚さどころか、見栄っ張りなところがある人も多いため、プロポーズを受けるやいなや結婚式は盛大にしたい、美人な私を引き立てる結婚式にしたいなんて言い出すことも。

男性はそういったわがままな女性と結婚したら後々になって後悔することを知ってるため、お付き合いはしてもプロポーズはしないのです。

結婚できるブスと結婚できない美人の違い②可愛げ

結婚できるブスは、ブスであっても可愛げや愛嬌がある人が多い特徴にあります。
「私なんかでいいのかな?」なんて可愛らしく言ってくれたり、かわいく甘えてみたり。
ついつい守ってあげたくなるような性格を持っているのが結婚できるブスです。
見た目がブスであっても、愛嬌があって内面が良ければ十分カバーできてしまうのです。

たいして結婚できない美人は、根拠のない自信が自分に満ち溢れていて、可愛げがない人が多いという特徴があります。
この違いは、オーラで見て取ってわかるほどに違います。
「美人=男を選べる」「美人な私と結婚できる男は幸せ」なんて考えているタイプの美人は、男性もこの女性と付き合ったことを後悔するようになり、早いうちに愛想をつかし、遊び相手としか見てもらえない傾向も。
プロポーズなんて正直、夢のまた夢です。

結婚できるブスと結婚できない美人の違い③現実的か

結婚できるブスは、「愛する人との結婚」に夢を持ちながらも、自分がブスであることを理解しています。
そのため、「イケメンが良い」とか「高給取りが良い」「帰宅時間が早い人」などといった、自分のスペックに不釣り合いな条件を男性には出しません。
ある意味、ブスな自分にたいして現実的に結婚相手を探すことが出来ている特徴があります。
自分の立ち位置をしっかりと理解した上で、ブスは相手を選んでいるのですね。

一方で結婚できない美人は、自分が美人であることを武器に、男性にやたらと条件を投げかけてしまいます。
その結果早いうちから結婚を意識しているのに、早いうちに結婚するどころか、友達に先を越されてばかりでいつまでたっても、誰からもプロポーズしてもらえないなんてことも少なくありません。
友人の結婚式に行っては、「どうして私だけ?」なんて悲しい思いをしていることでしょう。

でも、美人の人は「結婚は早いだろうね」とか「結婚式綺麗だろうね」なんてことも周りから言われているでしょうから、結婚相手に妥協することが出来ません。
不釣り合いなハイスペックな男性ばかりを狙おうとしてしまい、結果的に売れ残ってしまうのです。

次のページ

結婚できるブスと結婚できない美人の違い④料理上手か

関連記事

人気の記事