幼馴染との結婚のメリット・デメリットは?実はあまりうまく行かない?

漫画などの影響で、幼馴染との結婚が最近人気になっているようです。幼馴染との恋愛や結婚というシチュエーションには、憧れてしまう女性が多いようです。しかし幼馴染との結婚というのは、デメリットが多いのではないでしょうか。メリットやデメリットについてまとめていきます。

幼馴染との結婚のメリット・デメリットは?実はあまりうまく行かない?のイメージ

目次

  1. 幼馴染との結婚をすることが人気?
  2. 幼馴染との結婚する確率は?
  3. 幼馴染との結婚のメリット◎実家が近い
  4. 幼馴染との結婚のメリット◎親の信頼が得やすい
  5. 幼馴染との結婚のメリット◎文化が似ている
  6. 幼馴染との結婚のメリット◎夫婦関係も楽
  7. 幼馴染との結婚のメリット◎結婚が話のネタにもなる
  8. 幼馴染との結婚のメリット◎共通の友人が多い
  9. 幼馴染との結婚のデメリット◎ドキドキがない
  10. 幼馴染との結婚のデメリット◎知りすぎている
  11. 幼馴染との結婚のデメリット◎昔とのギャップ
  12. 幼馴染との結婚のデメリット◎共通の友人が多い
  13. 幼馴染との結婚を考えたら◎結婚はありかなしかを考える
  14. 幼馴染との結婚をしたい人は◎同窓会には積極的に参加
  15. 幼馴染との結婚をしたい人は◎SNSをチェック
  16. 幼馴染との結婚をしたい人は◎帰省するタイミングを利用する
  17. 幼馴染との結婚をしたい人は◎親との交流は大切
  18. 幼馴染との結婚をしたい人は◎まずは付き合うところから
  19. 幼馴染との離婚する確率は?
  20. 幼馴染との結婚は、あなた次第

幼馴染との結婚をすることが人気?

最近幼馴染と結婚をする「幼馴染婚」が人気なのだそうです。幼馴染と結婚をするというのは、少女漫画に出てくるようなシチュエーションで、憧れているという人もいるかもしれませんね。

漫画やドラマ、映画の影響から、幼馴染を恋愛対象に考えたり、結婚相手にと考える人は多いのだそうです。

幼いころからお互いを知っている仲だからこそ、幼馴染が結婚をするというと、結婚生活が上手くいくようなイメージがありますよね。

しかし本当に幼馴染の結婚というのは、上手くいくものなのでしょうか。馴れ初めから離婚についてまで調べていきたいと思います。

幼馴染との結婚する確率は?

馴れ初めとして良くきく幼馴染との結婚ですが、幼馴染と結婚をする確率はどれくらいなのかご存知でしょうか。

なんと幼馴染で結婚する確率は、「2%」なのだそうです。2%という確率の数字を多いと思うか、少ないと思うかは人それぞれですが、個人的には少ない確率だなという感覚です。

それだけ幼馴染との結婚というのはデメリットが多い結婚になるのでしょうか。離婚などの問題もあるのかもしれませんね。

しかし2%という確率の数字も、SNSが流行したことによって増えたと考えられています。幼馴染とは、小さいころはずっと一緒にいたけれど、大学進学や就職などで離ればなれになってしまうという人も多いのではないでしょうか。

そんな幼馴染とSNSを通じて再会することで、あらためて相手のことが好きだったことに気が付く、という幼馴染カップルも多いようです。

それでは、そんな馴れ初めで出会った幼馴染が結婚するメリットやデメリットについてまとめていきましょう。

■参考記事:「この人と結婚するかも」と直感する時って?

結婚する人は直感でわかる?結婚するかもと思う瞬間9選!

幼馴染との結婚のメリット◎実家が近い

幼馴染が結婚をして一番のメリットになるのは、実家が近いということでしょう。結婚する時には、親が引っ越しをしてしまっているという例もないわけではありません。

しかし多くの場合、親は同じところに住んでいることが多く、実家が近いというのはとても大きなメリットになるようです。

実家が近いというメリットは、お正月やお盆などの長期のお休みのときに、帰省する日をどうするのかなどの日程調整をする必要がないという点です。

ご近所にお互いの実家があるので、同じ日に挨拶に行くことができるのです。さらにご近所であるがゆえに、どちらかの家に親が集まっておいてもらうということも可能です。

幼馴染での結婚のメリットのひとつは、実家が近いことだと言えるでしょう。

幼馴染との結婚のメリット◎親の信頼が得やすい

幼馴染での結婚のメリットには、結婚をするときに親の信頼を得やすいというメリットがあります。幼馴染のご近所なので、お互いの親のことも、彼氏彼女のことも多くを説明しなくても知っています。

ですからあらためて「この人は〇〇さんで、どこにお勤めで」なんて説明を親にする必要がありません。「ああ〇〇さんとこの子ね」なんて話ですんでしまいます。

結婚の挨拶をする際も、それほど苦労をしないと言われています。お付き合いをしている時点で、ある程度結婚まで見据えている人が多いようで、お付き合いをしているという話をすると、親はもう結婚に乗り気になっている場合が多いようです。

「娘さんをください」的な挨拶は必要がないという場合が多いようです。挨拶に家に行った段階で、「結婚決まって良かったね」なんて迎えられるということもあるそうです。

幼馴染との結婚のメリット◎文化が似ている

幼馴染での結婚のメリットには、文化が似ているという点があります。特に食事の文化に関しては、地域によっては独特な文化のところがあると聞きますが、実家が近い幼馴染の2人であれば、少しの違いはあるにしても、大きな違いはないでしょう。

朝食のお味噌汁は赤味噌か白味噌か合わせか、という小さいバトルをする必要はありません。もちろん家によってアジフライにかけるのはソースだったりしょうゆだったりという問題はありますけどね。

言葉にしても大きな違いがないというのも、コミュニケーションをとるためには大切な場合があります。結婚をしたときに大切なのは、小さな誤解が無いようにしていくことです。

言葉に違いがない場合は、お互いの言葉による誤解は少なくなります。そういう小さいことも、結婚をするメリットだと言えそうです。

幼馴染との結婚のメリット◎夫婦関係も楽

幼馴染との結婚のメリットには、幼馴染と夫婦関係を築いていくのは楽だという点も挙げられます。幼馴染で結婚をしたパートナーは、どちらかというと友達のような夫婦になるのだそうです。個人的にはとても理想的な夫婦のカタチです。

お互いのことがわかっているので、気を使いすぎなくても良いというのもメリットになります。

今は一人にして欲しい時なのだなというようなことも、長い付き合いだからこそわかる場合もあります。そういう気遣いも自然にできるというのが、幼馴染の結婚のメリットだと言えるでしょう。

ただ友達のような夫婦であるがために、人前で手を繋ぐのを恥ずかしがる男性もいるようです。友達感覚が抜けきらないというのは、メリットでありデメリットであるかもしれませんね。

幼馴染との結婚のメリット◎結婚が話のネタにもなる

幼馴染の結婚のメリットは、馴れ初めが話のネタになるという点です。とくに男性にとっては、馴れ初めが話のネタになるというのは、話題に困ったときにいいかもしれませんね。

結婚をしている、という人は多いですが、幼馴染と結婚している人は2%の確率ですから、「ドラマみたい」とか「憧れる」なんて言われることもあるかもしれませんね。

女性にとっては、最近幼馴染と結婚するということは、憧れの結婚のひとつになっているので、馴れ初めを話のネタにすることで、みんなから羨ましがってもらえるというメリットもあるかもしれません。

あまり馴れ初めをネタにすると、オチをつくるのも大変なので、馴れ初めを深追いをしないことも大切です。

幼馴染との結婚のメリット◎共通の友人が多い

幼馴染との結婚のメリットは、共通の有人が多いという点です。共通の友人が多いので、話題も増えますよね。普通の恋愛の場合、彼氏や彼女の友達まで把握をしていない場合もあります。

「〇〇さんがね」なんて彼女の話に、その〇〇さんを知らない彼氏はついていけない、なんてことはよくある話ですよね。

その点、幼馴染で共通の友人が多ければ、友人の話もお互いに知っている人の話であれば盛り上がることもあるでしょう。

また結婚式をする場合、共通の友人が多いことで、結婚式に呼べる友達の確率を増やすことができるというメリットもあるようです。

予算や席の関係で、どうしても呼べない友人の確率を減らすことができるというメリットですね。2人を知っている多くの友人に、結婚をお祝いしてもらうことができるメリットがあります。

幼馴染との結婚のデメリット◎ドキドキがない

幼馴染との結婚には、デメリットもあります。幼馴染との結婚での一番のデメリットは、ドキドキ感がないという点です。

結婚した当時から、まるで熟年夫婦のような夫婦になってしまう確率が高いようです。「アレ、取って」で「アレ」が伝わってしまうような関係になりそうです。

落ち着いた夫婦関係を築いていきたいと考えているパートナーであれば、とても幸せな夫婦になれますが、新婚のときにはドキドキしたいという人にとっては、離婚を考える原因の1つになることもあります。

ドキドキしないというのはデメリットですが、ドキドキしないというだけで、刺激が全くないというわけでもないようです。大切なのは、あなたがどれだけ良い関係性を築いていけるかにかかっているようです。

幼馴染との結婚のデメリット◎知りすぎている

幼馴染との結婚でのデメリットは、お互いのことを知りすぎているという点です。これはメリットでもありますが、デメリットでもあるようです。

お互いの馴れ初めが、初恋の相手だった、という場合は問題が無いようですが、お互いの恋愛経験や恋愛遍歴についてまで、良く知った仲である場合は、色々なところで不安要素も出てくるのだそうです。

相手の恋愛のタイプの人が近くにいると不安な気持ちになったり、なんだか嘘をついているような気がすると思うと、浮気を疑ってしまうというような場合もあるようです。

小さな不安が大きくなってしまえば、離婚につながってしまうこともあるようです。お互いのことを知らないというのも難しいですが、知りすぎているというのも難しいものなのかもしれません。

幼馴染との結婚のデメリット◎昔とのギャップ

幼馴染との結婚のデメリットは、昔とのギャップを感じてしまうというデメリットです。これは大学進学などで一度距離をおいて、再会して結婚したという馴れ初めの人に多い確率のデメリットであるようです。

お互いに相手のことを知っているのが高校生時代なので、結婚してみたらあまりにもギャップがあってびっくりしたという場合も多いようです。

例えばお酒の飲み方もその1つでしょう。また考え方が変わるという人もいるようです。小さいときにはそんなことはなかったのに、いちいち相手の言葉が気に入らないなんてことになれば、離婚の原因になってしまうかもしれませんね。

幼馴染のことは何でもわかっている、なんて高をくくっていると、相手の変化にびっくりしてしまうこともあります。大人になった幼馴染のこともしっかりと理解をしてから、結婚という判断ができると、驚く確率も減るかもしれませんね。

幼馴染との結婚のデメリット◎共通の友人が多い

共通の友人が多いというのは、幼馴染との結婚のメリットでもあげましたが、デメリットにもなることです。

共通の友達が多いということは、それだけ幼馴染とあなたの噂も広がりやすいということです。友人によってはよかれと思って、あなたに幼馴染のパートナーの情報を教えてくれる人もいるかもしれません。でも知りたくないことまで知ってしまう確率がないとは言えません。

万が一、夫婦仲が悪くなってしまったり、離婚をしてしまった場合、友人関係が壊れてしまうこともあります。離婚をしたことで、なんとなく友人と疎遠になってしまうという人もいるようです。

共通の友人が多いというのは、メリットにもデメリットにもなりえるようです。

幼馴染との結婚を考えたら◎結婚はありかなしかを考える

女性には憧れている人も多いと言われる幼馴染との結婚ですが、本当に結婚をしようと思った時には、一度冷静になって、メリットとデメリットを考えてみましょう。

その上で幼馴染との結婚を、自分のなかでありなのか、なしなのかの答えを出してみましょう。メリットが多いとはいうものの、友人を減らしてしまうデメリットは覚悟をしなくてはいけません。

恋愛関係であれば、あなたと幼馴染との間の話だけですむかもしれませんが、結婚となればお互いの親や家族も関係をしてきます。

そのメリットやデメリットも踏まえて、結婚をするかどうかは考える必要があるでしょう。もしもダメだったときには離婚をすればいい、なんて安易な考えで結婚を決めないほうがいいかもしれません。

それでも幼馴染との結婚を決心できたときには、相手にあなたの気持ちを伝えましょう。

幼馴染と結婚するためには、幼馴染とまずは付き合う必要があります。まだ幼馴染とお付き合いをしていないという人は、まずはお付き合いをする方法から考えてみましょう。

幼馴染との結婚をしたい人は◎同窓会には積極的に参加

幼馴染との結婚を考えた時には、同窓会に積極的に参加をしてみるという方法がおすすめです。幼馴染との結婚の馴れ初めでも良くあるのが、同窓会で再会をして、というきっかけが馴れ初めのパターンです。

しばらく会っていなかったことで、相手がとても大人に見えたり、素敵に変わっているということもあるようです。

同窓会で再会したからといって必ずカップルになれるわけではありませんが、可能性は多い方がいいですよね。男性の場合は、すこしフォーマルな装いで参加するといいでしょう。女性の場合は、女性らしい可愛い恰好をしていくのも良さそうです。

同窓会で再会をすると、昔話に華が咲いて、あらためて相手のことを良く知るきっかけにもなりそうです。幼馴染との結婚に繋がる出会いになるといいですね。

■参考記事:同窓会から恋愛に…、ドキッとする瞬間とは?

同窓会で恋愛に発展することが?再会してドキッとする瞬間9つ

幼馴染との結婚をしたい人は◎SNSをチェック

最初にも書いたとおり、SNSの普及で幼馴染の結婚が増えたと考えられています。最初は偶然、幼馴染をみつけたという喜びから、SNSでのやりとりが始まるようです。

これから幼馴染の結婚というと、SNSが馴れ初めになるケースも増えそうですね。SNSであれば、気軽にメッセージを送ることもできますし、写真などを送ることもできるので、相手の近況もわかりやすいようです。

幼馴染とSNSでつながったら、こまめにSNSをチェックしていくというのが、幼馴染と付き合うことに繋がりやすいようです。SNSが結婚する馴れ初めになるというのも、イマドキですよね。

しかし足跡が残るタイプのSNSの場合は、あまりにも何度もチェックをしていると、相手に驚かれてしまう場合があります。驚かれるばかりか、ひかれてしまうということもあるので注意をしてください。好意がある場合には、早めにそれとなく伝えておくという方法もおすすめです。

幼馴染との結婚をしたい人は◎帰省するタイミングを利用する

幼馴染との結婚に向けて、幼馴染との距離を縮めたいのであれば、帰省するタイミングを上手に利用することも大切です。あなたが実家から離れてしまっている場合、幼馴染が今どういう状態であるのかを知ることが難しくなっている場合もありますよね。

帰省をしたときには、近所をぶらぶらしてみたり、可能であれば友達数人と幼馴染に声をかけて集まるなど、自分から積極的に行動をしていくことが大切です。

帰省してみんなで集まるというのは、とても自然なことですからドキドキする必要もありません。みんなで昔話をするだけでも楽しいですよね。そんな再会が結婚の馴れ初めになる場合もあるようです。

同じタイミングで帰省する同級生や先輩や後輩などとも、積極的に会って話をしてみるのも良さそうです。多くの人に会うことで、幼馴染の人と話せる確率も増えるかもしれませんよ。

幼馴染との結婚をしたい人は◎親との交流は大切

幼馴染との結婚を将来的に考えているのであれば、親との交流は大切にしておく必要があります。あなたの親との交流も大切ですが、幼馴染の親との交流も大切にしなくてはいけません。

あなたの親からは、幼馴染の情報を得ることができるかもしれません。また幼馴染の親からは幼馴染へあなたの情報がいくこともあります。

いつも周りの人のことを気にして生活をする必要はありませんが、せめて顔をあわせたら挨拶をするというような交流は続けておいたほうがいいでしょう。

「〇〇さんのところの子、いつも感じがいいね。あなたにお似合いよ」と親にすすめられたことが馴れ初めになることもあるようです。

もしも上手く付き合えることになって、結婚をすることになったときにも、あなたの評価は高いに越したことはありません。

幼馴染との結婚をしたい人は◎まずは付き合うところから

幼馴染と結婚がしたいとあなたは思っていても、幼馴染はまだあなたとの結婚を意識している確率は少ないかもしれません。結婚するしないの前に、まだ付き合っていないという人もいるかもしれません。

あなたは付き合っているつもりでも、相手が付き合っているつもりがないという場合もあるようです。友達のような関係である、幼馴染にはよくある話のようですが、友達だと思っていたという場合もあるのだそうです。

幼馴染のことが好きで、幼馴染と結婚をしたいと思っているのであれば、まずはあなたの気持ちを相手に伝えることから始めてみましょう。

改めて言葉にするというのは、少し恥ずかしいところもあるかもしれませんが、昔から知っている相手だからこそ、しっかりと言葉にしなくてはいけないこともあるということを忘れてはいけません。

幼馴染との離婚する確率は?

幼馴染の結婚の場合、心配になるのは離婚の問題ではないでしょうか。幼馴染だからこそ、離婚をしたときにデメリットになることが多いと考える人は多いようです。

離婚によるデメリットは、実家が近いという問題です。離婚した後に帰省したタイミングで顔をあわせてしまうという可能性がありますよね。

離婚をしたことで、ご近所にも噂が広がりやすいというデメリットもあります。また共通の友達が多いことから、離婚したことが友人に伝わりやすいというデメリットもあります。

そんな幼馴染での結婚からの離婚のデメリットを考えて、なかなか結婚に踏み切れないという幼馴染のカップルもいるかもしれませんね。

しかし幼馴染の結婚での離婚の確率は低いのだそうです。カップルのときに別れてしまう確率よりも、離婚をする確率のほうが断然低い確率で、離婚はほとんどないと言われています。

離婚の確率が少ない理由のひとつは、お互いのことを理解しているという点です。幼馴染の場合にはお互いのことを良く知っているので、相手に望みすぎることがないのです。理想が高くない分、結婚生活は平穏に過ごすことができるようです。

幼馴染とは価値観が似ているという点も、離婚率が低い理由だと言われています。幼馴染であるがゆえに、育った環境が似ている場合が多いですよね。言葉や食べ物、風習や考え方なども似ているという人が多いのではないでしょうか。

そんな価値観が似ている2人だからこそ、結婚してからもお互いにカルチャーショックを感じることなく生活をしていくことができるのです。

幼馴染との結婚は、あなた次第

今回は幼馴染との結婚のメリット・デメリットについてまとめてみました。幼馴染での結婚はあまりうまく行かないのではと言われることもありますが、幼馴染での結婚はデメリットはあるとはいうものの、メリットのほうが多いように感じました。

エピソードを調べてみると、恋人のときよりも結婚をしてからのほうが上手に付き合えるというカップルもいたようです。

ドキドキした恋愛を求めてしまう恋人の期間よりも、毎日を平穏に暮らしたいと考える結婚という関係のほうが、幼馴染には良いのかもしれませんね。

まだまだ結婚する確率の少ない幼馴染との結婚です。もしもあなたが幼馴染のことが好きなら、結婚を前提にお付き合いを始めてみてはどうでしょうか。

幼馴染や結婚についてもっと情報を知りたいアナタに!

幼馴染は恋愛対象になる?上手に付き合うための方法と注意点!
結婚が近いサイン7選!こんな前兆を見逃さないで!
父子家庭の娘の性格や悩みは?結婚相手にする際の注意点は?
看護師の結婚事情!結婚相手やあるある19選まとめ!

関連するまとめ

鈴子
鈴子
最近嬉しかったこと。 1位 指輪をもらったこと。 2位 ネックレスをもらったこと。 3位 チョコジャンボモナカを1日に2個食べたこと。 頑張って体型を維持します。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ