ホホバオイルで毛穴の角栓・黒ずみをポロポロ除去!使い方解説!

美容にも良いと言われるホホバオイルを使っている人も多いのではないでしょうか。そのほほばいるで毛穴の汚れや角栓をキレイにポロポロと除去できるのはご存知ですか?今回はホホバオイルで毛穴の角栓や黒ずみの除去をする方法をまとめていきます。使い方も参考にしてください。

ホホバオイルで毛穴の角栓・黒ずみをポロポロ除去!使い方解説!のイメージ

目次

  1. 1ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!ホホバオイルとは
  2. 2ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!ホホバオイルの魅力
  3. 3ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!毛穴の汚れの原因
  4. 4ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!毛穴汚れにホホバオイル?
  5. 5ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!使い方の注意
  6. 6ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!使い方①毛穴を開かせる
  7. 7ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!使い方②ホホバオイルを塗る
  8. 8ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!使い方③マッサージ
  9. 9ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!使い方④パックをする
  10. 10ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!使い方⑤拭き取る
  11. 11ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!使い方⑥洗顔する
  12. 12ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!使い方⑦化粧水、美容液を使う
  13. 13ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!使い方⑧保湿する
  14. 14ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!綿棒を使って
  15. 15ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!綿棒を使うメリット
  16. 16ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!綿棒の使い方
  17. 17ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!短期間での効果なし
  18. 18ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!その他の方法は?
  19. 19ホホバオイルで毛穴の角栓ケアの後のケアも忘れずに
  20. 20ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!まとめ

ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!ホホバオイルとは

ホホバオイルとは、天然性の植物オイルのことです。
「ホホバ」という多年草の実や種子から抽出されているオイルなのだそうです。
ホホバは砂漠地帯に生息する植物です。
そのため熱さに強く、水分を保って生きていけるような植物でもあるそうです。

ホホバオイルは髪やお肌のお手入れで日本でもよく使われるオイルの1つです。
オリーブオイルのように食用にも使われることがあるようですね。
現在では、その保湿力の高さからほとんどが髪やお肌などのスキンケアや美容を目的とした使用でホホバオイルは使われるようになりました。

ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!ホホバオイルの魅力

ホホバオイルが美容のために使われている理由は3つあります。
1つはお肌を保湿して、ハリや潤いを与えてくれる効果があるからです。
ホホバオイルの主成分は「ワックスエステル」です。
ワックスエステルは成分の1つで、ヒトがもともと持っている肌成分と同じ構造をしているのだそうです。
ヒトが持っている肌成分と同じ構造のワックスエステルが、皮脂の代わりとなって肌の表面を膜で覆ってくれることで、乾燥を防いでくれるのだそうです。
スキンケアの最後にホホバオイルを使えば、化粧水や美容液で補った水分の蒸発を防いで、肌にハリや潤いを与えてくれるでしょう。

2つめの理由には、不要な角質や毛穴の汚れのケアに使えるという点です。
ホホバオイルには必要のない角質を柔らかくして、毛穴に詰まった汚れを浮かせてくれる効果があります。
とれない角質を柔らかくすることで、より保湿の効果を浸透させることもできるのですね。
毛穴に油分が詰まってしまうと、ニキビや吹き出物の原因にもなってしまいますが、同じ油分のホホバオイルは毛穴に詰まりにくいと言われています。
だからこそ、クレンジング剤にもホホバオイルは使われているのです。

3つめの理由は、お肌だけではなく髪にも良いという点です。
髪や頭皮にも、ホホバオイルは潤いを与えて保湿をしてくれると言われます。
髪のお手入れでホホバオイルを使うことで、紫外線や熱などで乾燥してしまうことを防いでくれるのです。
髪にもいいのは、ヒトが持っている肌成分と同じ構造のワックスエステルが主成分だからかもしれませんね。
ホホバオイルは、人の体に優しいオイルでもあるようです。

ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!毛穴の汚れの原因

ホホバオイルで毛穴や角質のケアができることがわかりましたが、そもそもの毛穴の汚れの原因はなんでしょうか。
まず考えられるのが新陳代謝の低下によって、毛穴に汚れが溜まってしまうことです。
本来であれば、お肌は新陳代謝を繰り返しているので、古い角質は落ちて、新しい角質に生まれ変わっていきます。
しかし新陳代謝が上手くいかないと、古い角質が剥がれることなく、毛穴に溜まっていって、いずれとれないほどしつこい黒ずみになってしまうのです。

さらに皮脂の過剰分泌によっても、毛穴が汚れて黒ずみになることがあります。
皮脂がたくさん分泌されて毛穴に溜まっていくと、角栓という汚れの塊になってしまいます。
この角栓は、空気に触れると酸化して黒ずみになってしまうものです。
皮脂がたくさん分泌されて、角栓がどんどんできてしまうと、黒ずみはどんどん多くなっていきます。

お肌が乾燥してしまうことでも、毛穴が汚れてしまうことがあります。
通常であれば、毛穴に詰まってしまった汚れは、皮脂が押し出して自然にとってくれます。
しかし乾燥で皮脂がでなくなってしまうと、その毛穴の汚れはそのまま溜まってしまうのです。
特に鼻の周辺は乾燥しがちなので、そのあたりだけ汚れた角栓が溜まりやすくなってしまいます。

そして女性のお肌の汚れの原因として最も多いのが、メイクによる汚れです。
クレンジングや洗顔が十分にできていないと、お肌の表面にメイクが残って皮脂と混ざります。
メイクと皮脂が混ざったものが、毛穴の汚れの角栓へと繋がっていくのです。
メイクの中には、落ちにくいものもあるので、なかなか取れずにどんどん新しい汚れの角栓が付いてしまうという悪循環を生み出してしまうものもあります。
メイクを落とす時のクレンジングは、十分に気を付けて行いたいですね。

ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!毛穴汚れにホホバオイル?

ホホバオイルを使って毛穴の汚れを落とすことができるのはどうしてでしょうか。
油分であるオイルなので、汚れを浮かせることができるというのはわかる気がします。
ホホバオイルで毛穴の汚れを落としやすくすることができるのは、ヒトが持っている肌成分と同じ構造のワックスエステルが主成分だからだと言われています。

似た成分のホホバオイルを使うことで、毛穴の黒ずみの正体である角栓をポロポロ落としやすくしているのです。
毛穴の黒ずみ角栓や汚れを優しく浮かせて取り除きたい、と考えているのであれば、ホホバオイルをスキンケアに使うというのはとても効果的なようです。

■参考記事:ホホバオイル商品のおすすめは?

ホホバオイルのおすすめ人気ランキングTOP13!

ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!使い方の注意

ホホバオイルが毛穴の黒ずみ角栓や汚れを除去するのに良いからといっても、雑巾で汚れを落とすような使い方をしてはいけません。
保湿成分などが入っているとはいっても、ホホバオイルを塗ってゴシゴシと擦ってしまえば、お肌への刺激となって肌トラブルを起こしてしまう原因にもなります。

ホホバオイルの使い方はこれから紹介しますが、お肌につけるときには優しく、こすりすぎないように使うようにしましょう。
もしも使っている途中で、ホホバオイルが足りなくなった時には、伸ばしてつかうのではなく、オイルを足しながら使うようにしてくださいね。

ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!使い方①毛穴を開かせる

それではホホバオイルを使った毛穴の角栓除去のケアの使い方をみていきましょう。
まず毛穴から汚れや角栓をポロポロ除去するためには、汚れている毛穴を開いて汚れをボロボロと落としやすくする必要があります。
そのために蒸しタオルや半身浴を行って、黒ずみが気になる毛穴を緩めて温めていきます。

毛穴はしっかりと開いている状態でホホバオイルを使うと、より汚れの除去に効果的です。
お風呂に入った後などに、毛穴の汚れ除去をするのが望ましいですが、無理な場合は蒸しタオルなどでしっかりと毛穴を開かせてください。
その後はホホバオイルを塗っていくので、スキンケアなどはまだしないようにしましょう。

ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!使い方②ホホバオイルを塗る

毛穴がしっかりと開いたら、毛穴の汚れや角栓をポロポロ除去すべく、ホホバオイルを塗っていきます。
まずはホホバオイルを適量手にとります。
ホホバオイルの種類やメーカーによっても適量の量が変わってきますが、だいたい500円玉くらいの量になります。
手で取ったホホバオイルを手の中で温めます。

ホホバオイルを手で温める理由は、オイルの伸びをよくするのと、顔につけた時にひやっとしないためです。
このひと手間をすることで、顔のお肌への刺激を最小限に抑えることができます。
最終的には拭き取るので、ホホバオイルの量が多い分には問題ありませんが、少ないと何度も足していかなくてはいけないので、少し面倒かもしれません。

ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!使い方③マッサージ

温めたホホバオイルを塗ったら、指の腹を使って優しくマッサージをしていきます。
ホホバオイルでの毛穴の汚れや角栓をポロポロ除去させるには、汚れを浮かせることで除去する方法が必要です。
汚れを浮かせるということを意識しながら、優しく皮脂とホホバオイルを馴染ませます。

ぐいぐいと押すのではなくて、くるくると指の腹を使って馴染ませながら浮かせていくのです。
マッサージの目安は2分から3分程度です。
その間にホホバオイルが乾いてしまうようであれば、ホホバオイルの量が足りていないのだと思います。
汚れが浮き上がるように、オイリーなままでマッサージをしてあげましょう。

ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!使い方④パックをする

時間があれば、もっとしっかりと毛穴の汚れをポロポロと除去するために、ホホバオイルでパックをするのもおすすめです。
たっぷりとホホバオイルを塗った状態で、5分から10分ほど放置をします。
パックですので乾燥しないように、ガーゼなどを使ってもいいかもしれません。
ただしラップなどで顔を覆ってしまうと危険なので止めましょう。

ホホバオイルでパックをする時には、眠ってしまわないように、アラームなどをセットしておくことも忘れてはいけません。
万が一後処理をせずに眠ってしまうと、ホホバオイル自体が毛穴の汚れになってしまうこともあります。

ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!使い方⑤拭き取る

パックが終わったら、ホホバオイルを拭き取っていきます。
パックをせずにマッサージだけの場合でも、一旦ホホバオイルは拭き取りましょう。
ベストなのは蒸しタオルで拭き取る方法です。
温まったタオルが、よりさっぱりとオイルを拭き取ってくれるはずです。

ティッシュやコットンで拭き取っていく場合は、ゴシゴシと擦らないように優しく拭き取るようにしましょう。
この後洗顔をするので、多少ホホバオイルが残っていても問題ありません。
極力お肌に刺激を与えないように、ティッシュやコットンでホホバオイルを除去していきます。

■参考記事:拭き取り化粧水が毛穴に効く?

拭き取り化粧水とは?使い方や効果を解説!毛穴に効く?

ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!使い方⑥洗顔する

ホホバオイルでのマッサージやパック後に、おおかたのホホバオイルを拭き取ったら、通常使っている洗顔料で洗顔をしていきます。
洗顔の時も、基本的にはゴシゴシと擦らないことが大切ですよね。
洗顔料をたっぷりの泡にして、泡で洗うように優しく洗顔をしていきます。

ホホバオイルを拭き取る時には多少のオイルが残っていてもかまいませんでしたが、洗顔の時にはオイルが残らないように、顔のスミズミまでキレイに洗顔をしてください。
ホホバオイルは油分ですので、顔に残ったままでは汚れに変わってしまいます。
洗顔をする時には、ホホバオイルはしっかりと除去できるように、がっつりと優しく洗ってください。

ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!使い方⑦化粧水、美容液を使う

毛穴の汚れをポロポロ除去するために毛穴を開きましたが、開いたままではまたすぐに汚れがたまってしまいます。
洗顔後は、開いた毛穴をきゅっと引き締めることができる化粧水や美容液でケアをしていきましょう。
収れん化粧水やトーニングローションなど、毛穴に効果がある化粧水がおすすめです。

お肌の新陳代謝の促進や、皮脂の分泌のコントロール、肌のハリを戻したいなど、毛穴に汚れが溜まらないようにするための栄養素が入っている化粧水や美容液でも、しっかりとケアすることによって、ホホバオイルで毛穴の汚れを除去しなくても、自然に毛穴がキレイになっていくかもしれません。

ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!使い方⑧保湿する

ホホバオイルで毛穴の黒ずみや汚れをポロポロ除去して、毛穴のケアをしても、保湿をしっかりとしなければお肌が乾燥して、また毛穴に汚れが溜まりやすくなってしまいます。
ホホバオイルで毛穴の汚れをポロポロ除去した後には、しっかりと保湿ケアをすることも大切です。

お肌のトラブルで乾燥肌になっている人や、部分的に皮脂の分泌が過剰になっている人も、実はお肌が乾燥している場合があります。
お肌の保湿ケアは、イロイロなお肌のトラブルに繋がっていると言われます。
しっかりと保湿ケアをすることで、肌トラブルなく、黒ずみもない、キレイなお肌を目指していきましょう。

ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!綿棒を使って

ホホバオイルでの毛穴の黒ずみに効果のある方法に、綿棒を使ったものがあります。
顔の凹凸がある部分、特に鼻などの毛穴に詰まった黒ずみは雑菌などとも混ざっていて、ホホバオイルのマッサージやパックだけではキレイに除去できないものもあります。
中には古い角栓の上に、また古い角栓が溜まって、どんどん溜まっていった末に、固くなってなかなか除去できなくなってしまっているものもあります。

そんな頑固なカチカチの黒ずみや角栓もポロポロと除去できてしまうのが、綿棒での角栓ケアになります。
ホホバオイルで角栓を柔らかくして、毛穴から黒ずみや角栓を押し出すことで、毛穴をキレイにする効果があります。
毛穴パックなどもありますが、毛穴から黒ずみや角栓をポロポロ除去するだけだと、毛穴を広げてしまいますよね。
それを解消してくれるのが、ホホバオイルの効果です。

ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!綿棒を使うメリット

綿棒を使って毛穴の黒ずみを除去していくのにはイロイロな効果が期待できます。
まずは、お肌に優しいことです。
とれない固い角栓をとろうとすると、ピンセットや指、鼻パックで無理やり引っ張ったりしてとろうとしますよね。
そんなことを続けていたら、お肌がボロボロになってしまうかもしれません。
鼻パックなどは、皮膚にくっつけて、無理やりに剥がすものなので、毛穴だけでなく周辺のお肌にも大きな刺激がかかっています。
このとれない固い角栓を、綿棒をホホバオイルを使うことで、お肌に優しくポロポロと簡単に除去できる効果があるのです。

小鼻などは、毛穴自体が小さい場合もあります。
でもそんな小鼻の小さい毛穴にも、根をはるように深くとれない汚れが溜まっている場合があります。
根をはっているタイプの角栓は、本当に厄介で無理に除去しようとするとお肌がボロボロに。
そんなとれない根のはった角栓も、ホホバオイルと綿棒を使うことで毛穴の外に出てきやすくなる効果があるのです。

綿棒とホホバオイルを使ったとれない角栓もポロポロと除去できる使い方は効果的ですが、家でそろえることができるものばかりで行うことができます。
それほど高い金額で集めなくても済むものばかりなので、ちょっと試してみようかな、という軽い気持ちでも始めることができます。
綿棒とホホバオイルで、とれないしつこい汚れや角栓をポロポロと除去してみてください。

ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!綿棒の使い方

それではどうやって綿棒とホホバオイルを使ってとれない角栓を除去していくのか、使い方をみていきます。
綿棒を使う使い方の場合も、あらかじめ蒸しタオルなどで毛穴を開いておくとより効果がでると思います。

まずは綿棒にたっぷりとホホバオイルをしみ込ませます。
綿棒の根本までたっぷりと浸かるようにしみ込ませておくほうがいいでしょう。
その綿棒を横に倒して、角栓が気になる毛穴のところでくるくるとまわすようにマッサージをしていきます。
もしもお肌が乾燥していてボロボロで、綿棒がうまくまわせないという場合は、オイルと直接お肌に塗ってから、綿棒をくるくると回すという使い方でも問題ありません。

マッサージをすると、つるんと角栓が取れていきます。
本当にとれない角栓だったのかとびっくりするほど、つるんと取れていくはずです。
マッサージをしてもとれない角栓には、角栓の横を優しく押すことでとれる効果があるようです。
それでもとれない角栓の場合には、綿棒を2本使う使い方を試してみてください。
2本ともにオイルを含ませて、角栓を挟んで押し出すようにするとつるんと除去できると思います。

綿棒でとれない角栓をとってすっきりしたら、洗顔をしていきます。
たっぷりの泡で優しく洗顔をしてください。
顔にホホバオイルが残ってしまわないように、しっかりと洗顔をするようにしましょう。
その後、化粧水や美容液でスキンケアをしっかりとして、最後には保湿ケアを行います。
毛穴をキレイにした後の保湿ケアはとても大切です。
丁寧にしっかりと、スキンケアを保湿ケアを行うようにしましょう。

ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!短期間での効果なし

ホホバオイルは、毛穴の黒ずみや角栓の原因の皮脂に近いオイルです。
人の体に近いものなので、お肌にも優しく使うことができます。
ですがそのために、強い洗浄力があるオイルではないということも理解をしておかなくてはいけません。
とれない固い黒ずみの角栓は、根がはっていたり、固まって毛穴に詰まっているので、1回のケアではしっかりと落としきることができないかもしれません。

それでもホホバオイルでじっくりと溶かしていくことで、いずれは柔らかくなってポロポロと黒ずみは取れていくはずです。
焦って早く落とすようにと、ぐいぐいとお肌をこすったり、無理なスキンケアをしてお肌に刺激を与えすぎるのは良くありません。
焦らずじっくりと、毎日のスキンケアとホホバオイルのケアを行うようにしていきましょう。

ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!その他の方法は?

ホホバオイルでの毛穴のケアには、古い皮膚を取り除くスキンケアをすると効果が期待できそうです。
古い皮膚を取り除くスキンケアには、洗顔や美容液を使う、乳液や保湿クリームを使うなどのいつものスキンケアがとても大切です。
お肌のターンオーバーがしっかりと出来ている場合でも、古い角栓が上手に剥がれていかないことがあります。
そんな時でも、いつもしっかりとしたスキンケアができていれば、自然と古い角栓は剥がれていくはずです。
まずは毎日のスキンケアを大切にしましょう。

それでも古い角栓や黒ずみが気になる人には、ピーリングを使うと効果が出る場合があります。
鼻の場合は鼻パックもピーリングの1種です。
ピーリングは無理やり剥がすものなので、毎日のケアには向いていません。
1週間に1回程度、やりすぎないように注意をしながら角栓をピーリングしてみてください。

ホホバオイルで毛穴の角栓ケアの後のケアも忘れずに

何度も書いていますが、毛穴のケアをした後にはスキンケアや保湿のケアを忘れずにしなくてはいけません。
とれない汚い角栓や汚れでも、それはもともとが皮脂だったものであることが多いものです。
その汚れは顔についていた油になるので、それを除去するということは、一旦油分が顔から減っている状態になっています。
毛穴のケアをした直後のお肌は、とてもデリケートな状態だともいえます。

その状態のままでは、お肌が外気の刺激に負けてしまうことがあるかもしれません。
しっかりと化粧水などでスキンケアをして、乳液などで保湿も行うようにしてください。
外からの刺激と乾燥からお肌をしっかり守ることが、新しい毛穴の汚れを防止する効果にも繋がります。

ホホバオイルで毛穴の角栓ケア!まとめ

今回はホホバオイルを使った毛穴の角栓ケアの方法をまとめてみました。
ホホバオイルと指をつかって、ポロポロと汚れがとれるのは嬉しいですね。
小鼻やとれないしつこい角栓には、綿棒をつかってポロポロと落とすこともできるようです。
そんなにポロポロと落ちるなら、一度挑戦してみようかなと思った人も多いのではないでしょうか。
ぜひホホバオイルで素敵な素肌を作ってください。
ホホバオイルでケアした後は、スキンケアと保湿を忘れずに行いましょうね。

もっと「ホホバオイル」についての情報が知りたいアナタへ!

ホホバオイルの効果と使い方まとめ!肌ケアもヘアケアも!
ホホバオイルでクレンジングの正しいやり方!メイクは落ちないの?
ホホバオイルでニキビを治す効果的な使い方5選!悪化することも?
無印良品のホホバオイルの使い方おすすめ11選!

関連するまとめ

鈴子
鈴子
Lovelyで主に記事を書かせていただいています。 女の子の興味があること 女の子が知りたいと思うこと どんどん書いていきたいと思っています! よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ