BBクリームとファンデーションの違いとは?使い方や順番を解説!

BBクリームとファンデーションは何が違うか知っていますか?BBクリームとリキッドファンデーションは、見た目もほとんど変わらないですよね。今回はBBクリームとファンデーションの違いをまとめました。それぞれの使い方も解説していくので、メイクの参考にしてください。

BBクリームとファンデーションの違いとは?使い方や順番を解説!のイメージ

目次

  1. メイクで重要なBBクリームとファンデーション
  2. BBクリームとファンデーションの違い◎BBクリームとは
  3. BBクリームとファンデーションの違い◎化粧下地とは違うの?
  4. BBクリームとファンデーションの違い◎ファンデーションとは
  5. BBクリームとファンデーション◎リキッドファンデーション
  6. BBクリームとファンデーション◎クリームファンデーション
  7. BBクリームとファンデーション◎パウダーファンデーション
  8. BBクリームとファンデーション◎その他のファンデーション
  9. BBクリームとファンデーションの違いは?
  10. BBクリームとファンデーション、お肌に良いのは?
  11. BBクリームとファンデーション◎BBクリームのメリット
  12. BBクリームとファンデーション◎BBクリームのデメリット
  13. BBクリームとファンデーション◎ファンデーションのメリット
  14. BBクリームとファンデーション◎ファンデーションのデメリット
  15. ファンデーションの使い方◎スキンケア
  16. BBクリームとリキッドファンデーションの使い方
  17. BBクリームとパウダーファンデーションの使い方
  18. BBクリームとファンデーション◎BBクリームだけでいい?
  19. BBクリームとファンデーション◎クレンジングはしっかりと
  20. BBクリームとファンデーションの違いとは?まとめ

メイクで重要なBBクリームとファンデーション

メイクをする時には、ファンデーションを使う人やBBクリーム、化粧下地を使う人もいると思いますが、それぞれどういう役割や効果があるのでしょうか。
どのクリームもベースメイクにはなると思うのですが、どう違うのかと聞かれると正確に答えられる人は少ないようですね。
今回はBBクリームとファンデーションについて、それぞれの使い方や違いをまとめていきます。
メイクをする順番の参考になれば幸いです。

BBクリームとファンデーションの違い◎BBクリームとは

BBクリームとは、Blemish Blamクリームを略した言葉です。
Blemishは傷、Blamはクリームという意味があるので、傷(気になるところ)を隠すクリームという意味があるようです。
もともとは、ピーリングの後のお肌の炎症を抑えて赤みをカバーする保護クリームとして開発された商品なのだそうです。
一般的な化粧品が使えない人のために開発されたクリームなので、美容成分もたっぷりと含まれているようです。

最近のBBクリームは、リキッドファンデーションより伸びのあるクリームタイプのものもBBクリームとして売られている場合もあるようです。
全てのBBクリームが美容成分がたっぷりと含まれているわけではないようなので、配合されている成分にも注意をしたいですね。

BBクリームの最大の特徴としてあげられるのは、スキンケアの後はBBクリームだけでベースメイクを完成させることができるという点です。
BBクリームの多くには、美容液やコンシーラー、化粧下地、ファンデーションにUVカットの効果までがあります。
他のメイク用品を併用しなくても、BBクリームだけで全てのベースメイクが完了できてしまうのは嬉しいポイントです。

■参考記事:BBクリームのおすすめ商品はコチラをチェック♪

BBクリームのおすすめ人気ランキング23選!カバー力抜群!

BBクリームとファンデーションの違い◎化粧下地とは違うの?

BBクリームと化粧下地の違いは何でしょうか。
化粧下地とは、お肌の凹凸やシミ、くすみなどをカバーしてお肌のトーンを均一にみせる効果があります。
そしてファンデーションやコンシーラー、フェイスパウダーと馴染むことで、よりお肌がキレイになるようにベースをつくるのが化粧下地になります。

化粧下地は、お肌をある程度まで整えておくという役割になります。
化粧下地でお肌のキメを整えておくことで、その後に塗っていくファンデーションを薄塗りで済ませることができるので、ナチュラルなメイクに仕上げることも可能です。
最近の化粧下地には日焼け止めの効果や、毛穴の補修をしてくれるものもあるので、クオリティの高いベースメイクができるようになってきています。

BBクリームとファンデーションの違い◎ファンデーションとは

BBクリームとファンデーションの違いは、化粧下地の成分が含まれているかいないかが大きな違いになってきます。
ファンデーションを使う場合は、スキンケアの後に化粧下地が必要になってきます。
使用するファンデーションにもよりますが、最近のファンデーションにはUVカットの効果があるものもあるので、日焼け止めは必要がない場合もあります。

リキッドファンデーションなど、ファンデーションの中には1つで化粧水や美容液、乳液、クリームなどの成分が入った、オールインワンの化粧品を使っている人もいると思います。
UVカットとはなっていても、しっかりとした日焼け止めの成分は含まれていない場合もあるので、外に出かける時などのメイクをするときは、成分をしっかりと確認をしてメイクをするようにしましょう。

BBクリームとファンデーション◎リキッドファンデーション

BBクリームと良く似ているファンデーションが、リキッドファンデーションです。
リキッドファンデーションは、水をベースにつくられたファンデーションが多いので、BBクリームとは違い、さっぱりとすっと伸びるリキッドファンデーションが多いようです。

リキッドファンデーションの中でも、保湿効果の高いリキッドファンデーションは、普通のファンデーションとは違いどろっとしたクリームになっていることもあります。
メーカーやブランドによってカバー力は違いますが、基本的にはBBクリームよりも薄付きのタイプで、どんな人にも使いやすいタイプのファンデーションがリキッドファンデーションです。

BBクリームとファンデーション◎クリームファンデーション

ファンデーションの中には、クリームファンデーションというタイプのファンデーションもあります。
リキッドファンデーションとの違いは、ベースがオイルであることです。
オイルベースのファンデーションなので、リキッドファンデーションよりも保湿効果に優れているという特徴があります。

保湿効果が高いので、乾燥肌の人にはぴったりのファンデーションですね。
しかしオイルベースのファンデーションなので、お肌のべたつきが気になる人や油性肌の人には向いていないファンデーションになります。
クリームファンデーションは、リキッドファンデーションよりカバー力は高いという特徴もあるようです。

BBクリームとファンデーション◎パウダーファンデーション

ファンデーションとして一番知られているのが、パウダーファンデーションですね。
このパウダーファンデーションにも、2種類のファンデーションがあります。
1つはCMでもよく見るコンパクトに入ったタイプで、パフなどで塗るタイプのパウダーファンデーションです。
もう一つは、粉のようなものをハケで塗っていくタイプのルースパウダーファンデーションです。

コンパクトに入っているパウダーファンデーションは、持ち運びにも便利なのでメイク直しに便利ですね。
よりナチュラルなメイクに仕上げたいという人には、ルースパウダーファンデーションが人気のようです。
カバー力はメーカーやブランドによって違いがあるようですが、BBクリームのようなカバー力はないようです。

BBクリームとファンデーション◎その他のファンデーション

ファンデーションの種類は多いようですが、その他のファンデーションの中にはムースタイプのファンデーションがあるようです。
ムースタイプのファンデーションは、使いやすく塗りやすいのが特徴なのだそうです。
ふわふわの感触で、ミネラルタイプのファンデーションであることが多いようです。

クッションファンデーションというファンデーションも人気のようです。
化粧直しがしやすいファンデーションをコンセプトにつくられたファンデーションで、コンパクトに入ったリキッドファンデーションのようなものだそうです。
クッションにファンデーションがしみ込んでいるので、ポンポンとのせるだけでナチュラルなメイクに仕上げることができそうです。

■参考記事:クッションファンデについてはコチラも参照!

韓国クッションファンデおすすめ人気ランキングTOP21!

BBクリームとファンデーションの違いは?

BBクリームとファンデーションの大きな違いは、BBクリームには化粧下地とコンシーラーの効果が期待できますが、ファンデーションにはその効果がないというところです。
最近では、ファンデーションにもBBクリームと同じような日焼け止めの効果や、美容成分が配合されているものが増えてきましたね。

それでもファンデーションには、化粧下地とコンシーラーを兼ね備えたカバー力はありません。
そのためにファンデーションを使うのであれば、化粧下地とコンシーラーを別でつけることになります。

BBクリームとファンデーション、お肌に良いのは?

BBクリームとファンデーションでは、どちらがお肌に良いのでしょうか。
BBクリームやファンデーションのメーカーやブランドによって違うので、難しいところはあるのですが、基本的にはスキンケアの効果が高いBBクリームの方がお肌には良いと言われています。
BBクリームには、スキンケアや保湿効果や美容成分、日焼け止めの効果など、さまざまな効果の成分が配合されています。

保湿効果があり、美容成分がたっぷりと配合されているものであれば、メイクをしながらスキンケアをすることもできます。
スキンケアをしながらメイクができるので、お肌に透明感やツヤ感もでてくるかもしれませんね。
BBクリームの中には、カラーコントロールができるタイプのものもでてきたので、本当にBBクリームだけで、スキンケア、化粧下地、コントロールカラー、ファンデーションを併用することができるので、厚塗りになりやすいベースメイクをすっきりとさせてくれる場合もあります。

BBクリームとファンデーション◎BBクリームのメリット

BBクリームをメイクに使うメリットにはどんなものがあるでしょうか。
時短メイクができてしまうというのが、女性にとっては一番嬉しいメリットですよね。
メイク直しをしなくてはいけない時にも、1本でおわるので便利です。
メイク用品も少なくてすみますよね。
BBクリームは1本でスキンケアから全てのベースメイクを終わらせることができるという特徴があります。
BBクリーム自体は厚めのクリームになりますが、ベースメイク全てを塗るよりは薄付きのメイクができるという特徴があります。

美容成分が配合されているのでお肌に優しく、さらにシミやそばかすなどお肌のトラブルはカバーしてくれるという効果もあります。
BBクリームは、スキンケアや美容液効果、コンシーラーなどを全て併用できる、オールマイティーな効果があるのです。

BBクリームとファンデーション◎BBクリームのデメリット

BBクリームをメイクに使うデメリットは、BBクリームにはカラーバリエーションが少ないというポイントがあります。
カラーバリエーションが少ないために、自分のお肌にあったBBクリームをみつけることが難しく、合わない色のBBクリームを使うと、顔が白っぽくなってしまったり、逆に暗くなってしまう場合があります。

BBクリームは、ベースメイクを全てするよりは薄付きのメイクにはなりますが、やはりメイクをしている感は出てしまいます。
透き通るようなナチュラルな素肌メイクにしたい時には、難しいクリームになってきます。

BBクリームとファンデーション◎ファンデーションのメリット

ファンデーションをメイクで使う一番のメリットは、カラーバリエーションが豊富なことです。
メーカーやブランドのファンデーションを合わせると、数えきれないカラーがぞくぞくと出ています。
ファンデーションは、パウダーからリキッドまでタイプを選ぶこともできるので、自分のなりたいお肌に近づけることが可能です。

リキッドファンデーションを使ったナチュラルな素肌メイクや、パウダーファンデーションを使ったマットなお肌、ルースパウダーファンデーションを使ったふわっとしたイメージなど、使い方やカラーでメイクのイメージを変えることができるという特徴があります。

BBクリームとファンデーション◎ファンデーションのデメリット

ファンデーションをメイクで使うデメリットは、ファンデーションを塗る時にはテクニックや手間がかかってしまうという点です。
塗りなれている人には簡単なファンデーションですが、薄付きのメイクにしようとするとムラになりやすい点があります。
リキッドファンデーションやクリームファンデーションには油分が多いものもあるので、慣れないうちはメイクが崩れやすくなったり、塗りすぎてしまうこともあります。

ファンデーションの使い方は、スキンケアからコンシーラー、化粧下地と順番にベースを作っていかなくてはいけないので、時間がかかるというのもデメリットです。
しっかりと時間をかけて決めを整えておかないと、ファンデーションのノリが悪くなってしまいます。

ファンデーションの使い方◎スキンケア

ファンデーションをメイクで使う場合は、使う前にスキンケアが必要になります。
BBクリームとの最大の違いは、ファンデーションの使い方には、スキンケアと化粧下地が必要なことです。
パウダーファンデーションだけでなく、全てのファンデーションの使い方に共通しています。
ファンデーションを使う場合は、その前にスキンケアをしていきます。

スキンケアの順番と使い方は、まず化粧水からスタートします。
スキンケアで一番大切なのは、お肌を整えていくことです。
最初にお肌にしっかりと化粧水を浸透させることで、キメを整えていきます。
お肌に浸透するのには時間がかかるので、ゆっくりとスキンケアを行ってください。
化粧水を手で温めながら塗っていくと、さらに浸透しやすくなるようです。

化粧水を浸透させたら、次の順番としては、美容液、乳液、クリームの順番でつけていきます。
美容液だけ、乳液だけという使い方でもかまいません。
化粧水をお肌にしっかりと閉じ込めるために、このスキンケアをする必要があります。
化粧水とは違って、たっぷりつけすぎると、オイリーなお肌になってしまうので、化粧水を閉じ込めることができたら、余分な油分は優しく拭き取るようにしましょう。

化粧水を閉じ込めたら、次の順番では日焼け止めを塗っていきます。
ファンデーションに日焼け止めの成分が入っていたり、UVカット効果があるものもありますが、日差しが強い日や、外で遊ぶと決まっている場合は、日焼け止めを併用したほうがいいでしょう。
使い方としては、塗りムラのないようにゆっくりと日焼け止めを塗ってください。

日焼け止めの後に、ようやく化粧下地の順番がきます。
ファンデーションを塗る前に、お肌の毛穴を目立たなくしておきましょう。
化粧下地の使い方は、お肌の凹凸を減らすことです。
凹凸を減らして、ファンデーションが崩れないようにしっかりとベースをつくっておきましょう。

BBクリームと比べると、ファンデーションの使い方ではスキンケアに時間がかかります。
しかしこのスキンケアが、ファンデーションをキレイにお肌に密着させるポイントにもなってきます。
スキンケアが終わったら、いよいよファンデーションを塗っていきます。

シミやクマが気になる場合

お肌のシミや目の下のクマが気になる場合は、コンシーラーを使う必要があります。
使い方にはコンシーラーをファンデーションを塗る前に施しても構いません。
リキッドファンデーションであれば、リキッドファンデーションを塗った後に、気になるポイントにだけぼかすように重ねて塗る使い方もおすすめです。
シミが気になる場合は、お肌の色や使ったファンデーションと同じ色のコンシーラーを使用すると上手に隠すことができます。

BBクリームとリキッドファンデーションの使い方

BBクリームやファンデーションの使い方をイロイロと知っておくことは大切です。
ここからは、BBクリームとファンデーションを併用した使い方をご紹介していきます。

まずはBBクリームとリキッドファンデーションを併用する場合の使い方です。
ほっぺの部分にリキッドファンデーションをのせて、顔の中心から外側にむかって伸ばしていきます。
中から内に向かってお顔の全体にリキッドファンデーションを塗っていきましょう。

リキッドファンデーションを塗り終わったら、BBクリームの順番になります。
仕上がりを確認して、カバーしきれていない部分や、のっぺりとしてしまっている部分に少量のBBクリームを重ねていきます。
最後にパフで色を馴染ませると、ナチュラルなメイクの仕上がりになります。
BBクリームとリキッドファンデーションを併用する順番としては、リキッドファンデーションからBBクリームのほうが調整しやすいですが、気になる部分に先の順番でBBクリームを塗っておいても問題はありません。
メイクの順番の最後に、ファイスパウダーを加えると、よりメイクを長持ちさせることができます。

BBクリームとパウダーファンデーションの使い方

BBクリームとパウダーファンデーションを併用する使い方です。
パウダーファンデーションのみをつけるよりも、リキッドファンデーションやBBクリームを併用したほうが、使いやすいという人も多いようです。
BBクリームだけでは化粧崩れをしてしまいそうな時や、もっとカバー力が欲しいと思った時には、BBクリームとパウダーファンデーションを併用して使うと良さそうです。

順番はBBクリームを塗った後に、パウダーファンデーションを塗っていきます。
BBクリームとパウダーファンデーションを併用すると、しっかりとメイクをした感じがでます。
BBクリームとパウダーファンデーションの併用は、BBクリームがベースメイクの代わりになるので、化粧直しは楽にできるというメリットもあります。

BBクリームとファンデーション◎BBクリームだけでいい?

BBクリームとファンデーションの併用での使い方をご紹介しましたが、BBクリームだけでお肌へのカバー力が十分だと考える人であれば、あえてファンデーションを塗る必要はありません。
メイクの順番などを考えるのも大変ですよね。
しかしBBクリームには、カラーバリエーションが少ないので、お肌にぴったりの色がみつからないこともあります。
BBクリームだけでカバー力は問題なくても、色が気になる場合はファンデーションを併用する使い方がおすすめです。

BBクリームとファンデーションを併用する場合は、使う順番だけ確認をしておきましょう。
パウダーファンデーションの場合は、BBクリームを後で塗ると後で塗った感じが出てしまいます。
BBクリームからパウダーファンデーションの順番でメイクをするようにしてください。
リキッドファンデーションの場合は、それほど順番を気にする必要はなさそうです。

BBクリームとファンデーション◎クレンジングはしっかりと

ファンデーションを塗った場合は、しっかりとクレンジングをすると思いますが、BBクリームには美容液の効果があるからクレンジングをしなくても良いと考えている人がいるようです。
BBクリームの中にはクレンジング不要と書かれたものもあるようですが、クレンジング不要と書かれたものであっても、クレンジングはしっかりとしたほうがお肌のために良いでしょう。

万が一お肌にメイク汚れが残っていたら、お肌にダメージを与えてしまいます。
BBクリームとファンデーションを併用した場合も、ファンデーションだけ落とせばいいと考えるのではなく、しっかりとクレンジングでキレイにメイクを落とすようにしてください。

BBクリームとファンデーションの違いとは?まとめ

今回はBBクリームとファンデーションの違いをまとめてみました。
BBクリームとファンデーションは、見た目も付け方も似ているので、ぱっと見はわからないものですね。
BBクリームは1本でベースメイクを済ませることができる化粧品です。
ファンデーションにはファンデーション以外のスキンケアが必要な化粧品です。
それぞれのメリットやデメリットを考えながら、自分にぴったりのメイク方法をみつけてくださいね。

もっとメイクについて知りたいアナタへ!

ダイソーのBBクリームの色と使い方は?【エスポルール】
CCクリームの正しい使い方・順番!選び方も解説します!
混合肌におすすめのファンデーション人気ランキングTOP21!
ミネラルファンデーションのプチプラ人気おすすめランキング13選!

関連するまとめ

鈴子
鈴子
もうすぐ冬ですね。イベントの準備が大変です♪

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ