愛情表現とは?彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法11選!男女で違う!

愛情表現とは?彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法11選!男女で違う!

愛情表現って難しいですね。自分はよかれと思ってした愛情表現も、彼氏・彼女にはまったく伝わってなかったり、逆に妙な誤解を生んでしまったり…。でも、やっぱり愛情表現は大切です。愛情表現が苦手なあなたのために、彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法をお伝えします。

記事の目次

  1. 1.愛情表現が苦手?愛情表現の大切さを知ろう!
  2. 2.【男女で違う!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法1
  3. 3.【男女で違う!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法2
  4. 4.【男女で違う!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法3
  5. 5.【男女で違う!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法4
  6. 6.【男女で違う!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法5
  7. 7.【男女で違う!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法6
  8. 8.【男女で違う!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法7
  9. 9.【男女で違う!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法8
  10. 10.【男女で違う!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法9
  11. 11.【男女で違う!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法10
  12. 12.【男女で違う!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法11
  13. 13.【共通!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現の言葉1
  14. 14.【共通!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現の言葉2
  15. 15.【共通!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現の言葉3
  16. 16.【共通!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現の言葉4
  17. 17.【共通!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現の言葉5
  18. 18.【共通!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現の言葉6
  19. 19.【共通!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現の言葉7
  20. 20.【共通!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現の言葉8
  21. 21.【共通!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現の言葉9
  22. 22.愛情表現方法や言葉を知って、彼氏・彼女を喜ばせよう!

愛情表現が苦手?愛情表現の大切さを知ろう!

あなたは普段、彼氏・彼女に愛情表現をしていますか?

普段から愛情表現を言葉にしない男性や、照れ屋で不器用な女性にとって、愛情表現をするのはとても勇気が要ることだと思います。「外国人並みに、言葉巧みに愛情表現できたらいいのに…」と悩んでいる人もいるかもしれませんね。

でも、愛情表現は本当に大切なんです。「愛情表現しなくたって、彼氏・彼女には自分の気持ちが伝わってるでしょ!」と思っていると、後々思わぬしっぺ返しをくらうことになります。

あまりに彼氏・彼女から愛情表現がないことで不安になる人は多くいるのです。不安を取り除いてあげるためにも、普段から愛情表現をした方がいいんですよ。

愛情表現の方法はいろいろです。今回、彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法と言葉をお伝えします。男女で少し違う部分があるとは言え、愛情表現はお互いの気配りが肝心です。

ちょっとした気配りが、さらにあなたたちの関係性を深めてくれることでしょう。

【男女で違う!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法1

【ささいなことでも言葉にして伝える】

どちらか一方が我慢している、気配りを欠いた状態では、長く付き合っていくのは不可能です。そのため、どんなささいなことでも、気持ちを言葉にして愛情表現することはとても大切です。

言葉巧みな外国人ならともかく、シャイな日本人にはなかなか大変ですね。

でも、不安や不満からくる感情であれば、なおさら相手に伝える必要があります。問題はむしろ、その感情を受けとめてもらえないことです。

「好き、愛してる」という言葉を素直に受けとれるように、お互いの不安や恐れも、ちゃんと受けとめるようにしましょう。恋愛では女性が不安になりがちなので、男性が受けとめるケースが多くなるでしょう。

「いや、苦手だし…言わなくてもわかるはず」と、言葉にしないのはNGです。男性は女性が思う以上に鈍感です。言葉にして初めて、愛情表現だと気づくことがあるのです。

【男女で違う!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法2

【ニックネームで呼ぶ】

外国人にとって、ニックネームでお互いを呼ぶのは自然なことです。それは相手に対してフレンドリーな愛情表現を示すことができるからです。

日本でも、特に女性は家族でも友達でも、ニックネームを付け合った記憶はないですか?同じように、彼氏に対しても自分だけのニックネームで呼ぶことは、彼女なりの愛情表現なのです。

それに、ニックネームで彼氏を呼ぶことは彼女としての特権です。普段シャイで、わかりやすい愛情表現が苦手な彼女でも、ニックネームを呼ぶことをクセづけるだけで、愛情表現を示すことができます。

たとえ大喧嘩しても、ニックネームで呼び合うほどの信頼関係ができていれば、少し冷静になる時間を作るだけで、元の鞘におさまることも。愛情表現として、ニックネームの効果は絶大ですね!

【男女で違う!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法3

【相手を褒める】

お互いをけなし合うよりは、褒め合った方が仲良くできるのは、どのカップルにとっても自明の理です。幸せに長続きするカップルは、お互いに褒め合い、感謝し合うことを常としています。特に外国人はそうですね。

褒められてうれしくない人はいないし、褒めてくれた人が愛しい彼氏・彼女であれば、さらにうれしさがアップして、「何でもしてあげよう!」という気分になりますよね。

相手を褒めることは、わかりやすい愛情表現であるとともに、相手を認め、相手の自尊心を高める行為です。

特に日本人男性は、付き合いが長くなると、彼女のことを褒めなくなる傾向があります。それは彼女への気配りを欠いていることにもなります。

「慣れ親しんでいる」という、ある種の愛情表現ではあるのですが、どうせなら外国人のように、彼女にわかりやすく伝えませんか?

「いつまでもキレイでいてね」とお願いするように褒めることで、せっせとダイエットに励むようになるのが女性という生き物です(笑)

【男女で違う!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法4

【甘える】

男性はあまり彼女に甘えることをしないし、むしろ苦手という人も多いでしょう。でも、女性は甘えることで彼氏に愛情表現をします。

彼氏に甘えることで、「大好き!」「私を守って!」というメッセージを発信しているのです。わかりやすい愛情表現ですね。男性も、女性に甘えられてイヤな気分になる人はほぼいないんじゃないでしょうか?この点は外国人も日本人も同じです。

次のページ

【男女で違う!】彼氏・彼女が喜ぶ愛情表現方法5

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely