同棲カップルが別れやすい原因は?別れ方・復縁方法も解説!

同棲始めの初々しさはどこへやら、年月がたつごとにお互いに対しての慣れからくるイライラやストレスが募って、つい「別れよう」とケンカになることも。そんな同棲カップルの別れの原因やいざ別れるときの問題解決法、さらには復縁方法までをまるっとご紹介します!

同棲カップルが別れやすい原因は?別れ方・復縁方法も解説!のイメージ

目次

  1. 同棲カップルの悩みごと、放っておくと別れの原因かも?
  2. 【同棲カップルの別れの原因①】金の切れ目は縁の切れ目
  3. 【同棲カップルの別れの原因②】お互いの実家との距離感
  4. 【同棲カップルの別れの原因③】結婚のタイミングのズレ
  5. 【同棲カップルの別れの原因④】お互いの異性問題
  6. 【同棲カップルの別れの原因⑤】すれ違いの蓄積
  7. 同棲解消! いざ別れる! となったときの揉め事とは
  8. 【同棲解消のときの揉め事①】別れてくれない
  9. 【同棲解消のときの揉め事②】ペットの引き取り手
  10. 【同棲解消のときの揉め事③】別れた後の人間関係
  11. 【同棲解消のときの揉め事④】共有財産の処分方法
  12. 【同棲解消のときの揉め事⑤】別れに伴う引越し費用
  13. 別れて気付いた同棲相手の良さ! 復縁するには?
  14. 【同棲カップルの復縁①】原因がモラハラやDVの場合 
  15. 【同棲カップルの復縁②】親や兄弟姉妹が理由の場合
  16. 【同棲カップルの復縁③】金銭が別れの原因の場合
  17. 【同棲カップルの復縁④】別れた理由が異性関係の場合
  18. 【同棲カップルの復縁⑤】すれ違いが原因の場合
  19. 同棲を解消するときはよくよく考えてから行動を!

同棲カップルの悩みごと、放っておくと別れの原因かも?

「これからはずっと一緒にいられるね」でお互いの荷物を持ち寄り、笑顔で始まった同棲も月日を経るうちにお互いへの不満や理想と現実のズレなどが積もり積もって「別れたい」「一緒にいるのが辛い」となることも。

blaseclarkさんの投稿
20766641 693429127531038 7144949521649238016 n

そこで、まずは同棲カップルが直面しがちな別れの原因をみていくことにしましょう!

【同棲カップルの別れの原因①】金の切れ目は縁の切れ目

付き合っていた頃はさして気にならなかったことでも、同棲を始めたことで気になり始めることが相手の経済観念や金銭感覚。

衣食住を共にする同棲はいい意味でも悪い意味でもほぼ結婚と同じことなので、相手の欠点は同棲が続く限り直面していかなくてはいけません。

labelfrei_meさんの投稿
20838972 745932585617101 3743345847102865408 n

また、金銭感覚や経済観念のズレは、食べ物の好みや生活習慣と違ってなかなか変えることが難しいものの1つ。法に抵触するような犯罪行為でもない限り、どちらかが100%正しくてどちらかが100%間違っているとも言えないので余計に問題がこじれてしまいがちで、さらにいざ「別れたい」となっても泥沼化する確率が高い原因の1つです。

【同棲カップルの別れの原因②】お互いの実家との距離感

本人同士が意識している、していないに関わらず、交際関係から同棲へと移行すると周囲の2人を見る目も変わってくるのが普通です。

特に、両親・兄弟・親戚などによっては(仮)嫁、(仮)婿としてアレコレ指図してきたり当然の権利として干渉してくるようになってしまい、そのことが原因でそもそもうまくいっていた2人の関係がこじれたり辛いものになってしまうことも。

_ddeenniissee_さんの投稿
20838212 484285171938356 2551842518132064256 n

あえてポジティブにとらえれば、法定婚前に相手の親族などの素の顔がわかって良かった、ということもありますが、たとえ本人も内心はうとましく思ったり、問題だととらえていても、身内のことをあからさまに悪く言われていい気はしないのが普通。

そのことだけを問題にして言い争いに発展すると高確率で別れの原因になってしまいます。またどうしてもうまくいかずに別れを選択するに至っても別れ方がこじれやすいのもこうした家族や友人関係のトラブルの特徴です。

【同棲カップルの別れの原因③】結婚のタイミングのズレ

同棲を始めたきっかけが結婚までのおためし期間、といった意味合いの強いものかどうかに関わらず、同棲期間が長くなればなるほど浮上してきがちなのが「法定婚をどうするか」といった問題です。

特に片方は同棲=事実婚、と内心とらえているにも関わらず、もう一方は同棲はあくまで同棲であってそれ以上でもそれ以下でもない、と思っている場合は年月を経るごとにそのズレが深くなってしまい、表面化したときには深刻な問題になる確率が高くなってしまいがち。

さらに「辛い」「別れたい」となったときにこじれやすく、「婚約詐欺」「結婚詐欺」として訴えられたりする確率も高くなってしまいます。

特に同棲を始めるにあたっての家具や家電などの必要な家財購入の費用や引越し荷物の諸経費などが片方の親や片方からだけの支出でまかなわれている場合は、より深刻な事態になるケースも。

また、「追い詰めたくないから」「嫌われたくないから」という理由で相手がどう思っているかきちんと訊ねない、という人もいますが、こうした問題の先送りはおおむね良い結果には結びつきません。

そもそも結婚をどうするか、ということを訊ねることが相手を「追い詰める」「嫌われる」と思っている時点で、実は無意識の内に相手の答えを導き出している証拠かも。

相手に「別れたい」と突然切り出されたり、ある日帰宅したら相手の荷物が消えている、といった最悪の別れ方になることも考えられます。

【同棲カップルの別れの原因④】お互いの異性問題

同棲していることを広言している、いないに関わらず、とりあえず「不倫ではない」という言い訳の元に別の異性との関係を持ってしまうということもあるのが同棲関係という法律に裏づけされていない関係の持つ負の側面です。

それが同棲初期段階であっても、お互いのペースがすっかりわかったある意味安定期のときでも、異性関係の問題は解決したとしても長く尾を引くことになる確率が高く、ないがしろにされた辛さも単なる交際関係のときより深いものになりがち。

また、全くその気がなく、そうした事実がなかったとしても相手にいったん異性関係の疑いを持たれてしまうと、することなすこと勘ぐられるようになり、なかなかそれを払拭することが難しくなったり、そうした腹の探り合いでお互いが疲弊してしまうのも同棲関係の陥りがちなトラップです。

そうしたときに怒りに任せて相手の荷物を放り出したりするような別れ方を選択してしまうと、「別れたい」となった原因は向こうなのに責任がこちらに押し付けられる事態にもなりかねないので、よくよく冷静になることが大切です。

■関連記事:カップルの浮気についてはこちらもチェック!

【浮気の心理】男性・女性の浮気の心理や理由をそれぞれ調査!
浮気性な男性の特徴11選!女たらしな男性の見抜き方教えます!
浮気の罪悪感がない人の特徴は?女性が多いって本当?【徹底調査】

【同棲カップルの別れの原因⑤】すれ違いの蓄積

コレ! という大きな原因があれば、その点を改善する、あるいは解決すれば2人の関係は好転することもあります。

むしろそうした大きな原因があるのではなく、日々の生活の中で深く静かに進行していく不平不満と相手との関係に対する疲労感といったものは、特効薬もなく、なかなか解決するには難しい問題が。

さらにはそうした問題意識を双方抱えているのならまだいいのですが、片方だけが抱えていた場合は、そうではない相手に対してのやり場のない辛い気持ちやフラストレーションが高まる一方になりがちです。

同棲解消! いざ別れる! となったときの揉め事とは

同棲を開始するときは双方の意思が固まっているものですが、別れはたいていどちらかがより強く「別れたい」と思って発生するもの。

その「別れたい」という気持ちの強弱の差によって別れに対する態度も変わってきてしまい、それがさらなるケンカや揉め事の原因になる場合も。

そこで同棲解消の際に起こりがちな揉め事を事象別に見ていきましょう。

【同棲解消のときの揉め事①】別れてくれない

同棲だけでなく、恋愛のスタートは双方の合意のもとに始まるものですが、別れはたいてい片方の意思決定によって決められることが多いもの。

別れたい、と決めるまでに心の中で辛い葛藤を繰り返しながら、その決意を固めていった側に反して、別れを切り出された側は「何かうまくいっていないな」ぐらいはうすうす感づいていても、いざ「別れ」にまで発展すると思っていなかった、というケースがしばしば。

そうした別れに対する温度差が「別れてくれない」「同棲を解消してくれない」という事態に発展する最大の原因です。

お互いの住居が別にあれば、どれだけケンカしたり言い争いをしても、いったん家に帰って頭を冷やす、ということもできますが、同棲している場合はそうしたクールダウン効果を得る確率も少なく、売り言葉に買い言葉でどんどんヒートアップしていく傾向が強くなってしまいます。

一気に同棲解消といかない場合は、一時的な解消という選択肢も。どちらかが出張や帰省といった機会をとらえて、心理的にも実質的な距離もとることで冷静になることもあります。

また、密室状態の自宅での話し合いは場合によっては危険なケースも。そうした場合はできれば第三者に立ち会ってもらうかパブリックスペースでの話し合いを心がけるようにしましょう。

【同棲解消のときの揉め事②】ペットの引き取り手

同棲を解消するときの揉め事の1つが家電や家具などの荷物の処理。ですが、ある意味もっと揉めることとしてペットの引き取り手が挙げられます。

同棲する前からどちらかが飼っていたペットの場合でも、長く共に暮らすうちに愛着が芽生えてしまい、いざ別れとなった時の喪失感は耐え難く辛い、という声もちらほら聞かれます。

しかし本当に揉めるのは同棲をスタートした後に共同で飼い始めたペットの行方。お互いに対しての愛情は冷め果てていても、ペットに対する愛情は別物なので、取り合いからなじりあい、さらにはより深刻な争いの原因に発展することも。

そういう時にはどちらがそのペットにより愛情をそそいできたか、とか購入代金を出したのは自分だといったような目に見えないものや今更感の強いものを根拠に言い争っても水掛け論にしかなりません。また、そもそも同棲解消というナーバスな事態に対面している状態の二人が冷静に判断できる確率も高くありません。

そうした場合はペットが可愛ければ、可愛い分、ぐっとこらえて話し合いをするように心がけましょう。

そもそも同棲解消後に住環境が大きく変わる予定がある方に引き取られる場合は、ペット自身にかかる負荷も大変なものとなります。

場合によっては、かかりつけの獣医やブリーダーなどにどちらの環境下の方がよりペットのためになるか、のアドバイスをもらうことも有効な解決方法へと近づくことも。

【同棲解消のときの揉め事③】別れた後の人間関係

同棲相手との社会的なつながりが多ければ多いほど、別れたい、という時にはネックになってしまうことがあります。

特に同じ友達グループに属したりしている場合は、自分たちが気まずいのはもちろん、周囲にも気を使わせてしまう原因になりかねず、下手をすると友達との付き合い方を変えるかグループから遠ざかることにもつながりかねません。

jaethetokenasianさんの投稿
20759209 1904966056409152 3093991085945389056 n

また、さらにやっかいなのが同棲相手と仕事面でつながりがあり、2人が同棲していたという事実を周囲が把握しているケース。この場合は友人関係の気まずさとは比較にならないほどの支障が出る場合も。

実際、上司や同僚も、うかつなことを言ってモラハラやセクハラ、と咎められるようなことはごめんこうむりたいのが本音ですし、意図しなかったにせよ仕事の場に余計なタブーを持ち込んでしまったことに対しての風当たりも覚悟しなくてはいけません。

【同棲解消のときの揉め事④】共有財産の処分方法

同棲生活のスタートがお互いの一人暮らしからの共同生活への切り替え、というカタチで、家具や家電もお互いの手持ち荷物の持ち寄り、というものであっても、いざ別れるとなったときに揉め事の原因の1つになりがちなものが、解消にあたっての家財荷物の処分です。

例えば「この洗濯機は私が(1人暮らしの時に)買ったモノだから私の」と主張したら「そもそもお前の洗濯機を優先することになって、俺が自分で使ってたヤツを処分しなくちゃいけなくなっただけだろう。だから別れたいならその代金を弁償しろ」と言われた、というケースも。

まして、同棲後に買い替えた家具家電ともなると、共同の財布からその費用を出したにせよ、一時的にどちらかのカードで支払って後から割り勘にしたにせよ、「最終的にどちらの荷物か」を決めるのは大変です。

phoebeleigh28さんの投稿
20902617 1675100212514751 4398750756891525120 n

だからといって、無断で引越しの際の自分の荷物に紛らせて持ち出してしまったりすると後々こじれる原因になったり、あることないこと周囲に言いまわられたりして余計に厄介なことになる確率が高くなるだけ。

引越し荷物を増やせば増やすだけ、引越し費用も高くつきますし、意地になって持ち出し荷物にしても家電の寿命もそう長くはないものも多く、ゴミとして処分するにしてもお金がかかることがあるので、なるべく穏便に別れたい場合は相手に譲ってあげるのも1つの手です。

【同棲解消のときの揉め事⑤】別れに伴う引越し費用

いざ同棲解消、となったときに直面する一番の大きな問題は「住まいはどうするか」です。

出て行く側になるか、残る側になるか、それとも2人とも今住んでいる場所から出て行く形になるかによっても、この問題の解決方法は分かれてしまいます。

出て行く側になる場合、「別れ」を切り出したのも自分の場合は、相手に対して引越し費用などは請求しない方がのちのちのトラブル回避になります。

それに対して、残る側で、しかも「別れ」を切り出したのが自分の場合はより深刻なことに。こうした場合は相手側の心の底には「この同棲解消の原因は自分じゃない。この引越しは本意じゃない」という気持ちがあるので、それに伴う金銭負担に非常に理不尽なものを感じている場合があります。

そうした時に「とにかく早く出て行って」などと追い立てるようなことを口にすれば、逆上されること必至。よほど自分に非がない限り、自分が全部引越し費用を出す必要もないとは思いますが、残る側より、荷造り、引越し、荷解きといった一連の作業を仕事の合間などにしなくてはいけなくなる側の方が負担が大きいのも事実。

その点を考慮して、いくらかを自分が負担する、といった方法も考慮してみるのもいいでしょう。

また、双方ともに現在の住所を引き払う、という場合には関係ありませんが、どちらかが残る場合は、入居の際の保証人の扱いもきちんと話し合いをしておきましょう。

出て行く側の親などに保証人になってもらっていた場合、同棲解消後の住まい関係のトラブルなどが起きた場合や契約更新時に困った事態になることもあるので、きちんと話し合って残る側の親族などに保証人変更をしておきましょう。

別れて気付いた同棲相手の良さ! 復縁するには?

同棲関係でなくても交際を解消した後に相手の良さが分かる、ということもあるもの。特に関係が密になりやすい同棲関係の場合、別れて少し冷静になってみたら気付いた相手の良さ、ということも起こりがちです。

そこでここからは同棲をいったん解消してはみたものの、相手との復縁を考えている、という場合に考慮すべき「別れたときの理由」についてみていきましょう。

【同棲カップルの復縁①】原因がモラハラやDVの場合 

同棲関係を解消するに至った理由がモラハラやDVだった場合の復縁は、最も慎重に考えるべきケースです。

まず、自分のモラハラやDVが原因で別れた場合、自分が復縁を望むのは自然な流れとしても、相手もそう思ってくれるかは微妙です。特にその状態のままにどんどん自分の気持ちを押し付けようとしたりしても決してうまくはいきません。

まずは復縁うんぬん言う前に、きちんとカウンセリングを受けてみるなどして、「自分から変わろう」としてみることです。そして、その上でまだ相手に対しての未練がある場合は自分の悪かった点や反省点、それを直すためにこんな努力をしている、という点をアピールできるようにしてみることが復縁への第一歩です。

それに対して、同棲相手のDVやモラハラが原因で別れた場合は、とにかく「情にほだされない」ことが大切です。

ともすれば辛いことや悲しいことは月日が過ぎると風化されてしまい、楽しかった点や良かった点ばかりが思い出されることがありますが、それは無意識に「辛い、悲しい」ことを「思い出させない」ように自分の心が自分をガードしてくれているだけのことも。

そうした点に目をつぶり、復縁してみても相手のDVやモラハラが改善されていない場合は元のもくあみに終わるか、それ以上にひどいことになるケースも。

ほだされそうになったり、自分の寂しさに負けそうになった時は、「誰かに意見を求めてみる」「別れたときのことを追体験してみる」のも1つの手。別れ方がひどかった場合は、慎重の上に慎重を重ねても足りないことも。

【同棲カップルの復縁②】親や兄弟姉妹が理由の場合

別れの原因が同棲相手の親や兄弟、親戚、友人などにある場合の復縁は、相手とその問題をきちんと話し合い、そのどこが問題だったか、復縁したらどうそれを解決していくかについて前向きに検討できるかが復縁がうまくいくかどうかのカギとなります。

特に別れ方が周囲を巻き込むカタチでもめにもめた、というようなカップルの復縁はそれでなくても周囲の反対にあいやすいもの。

そこへ相手の親や兄弟などの非常識さや過干渉などの問題が絡んでくると、別れる前より辛いものになる確率が高くなってしまいます。

相手にいくら未練があっても、身内の問題はそうそうカンタンに解決しないもの。復縁にあたってはよくよく話し合ってからにしてください。

【同棲カップルの復縁③】金銭が別れの原因の場合

同棲を解消した原因が金銭感覚や経済観念の違い、あるいは金銭関係のトラブルだった場合の復縁は、問題が根深い以上、DVやモラハラと同様に真剣に検討する必要があります。

いくら好きな(好きだった)相手でも、例えばあなたの貯金をこっそり使い込んでいたり、2人で話し合って決めた生活費の分担を一方的に守らなかったり、あなたの荷物を勝手に転売したりといったような「赤の他人」にした場合は違法行為にあたるようなことをしていた場合、そうした性格が改善される確率は残念ながらかなり低いと言わざるを得ません。

なぜなら、同棲をスタートさせるまでの人生で、そうした問題が相手の家族間や友達の間などで問題になっていないという確率はかなり低く、そうした問題に直面してきていても、一向に改善および反省してきていなかった可能性が大だからです。

他の点はいうことはない、という相手であっても、長く一緒に生きていこう、という相手であればあるだけ、ないがしろにできないのが経済観念や金銭感覚のズレ。

復縁を望む気持ちと同棲していたときの辛い気持ちを天秤にかけて、よくよく考えてみることが必要です。

【同棲カップルの復縁④】別れた理由が異性関係の場合

別れ方がひどいものになる確率が高いものに異性関係のトラブルで別れる、が挙げられます。

こうした浮気や二股などによる別れ方は双方泥仕合になって、心身ともにズタボロになった末の別離となることも多いため、いざ復縁となったときにそのトラウマが邪魔になるケースも。

異性関係で別れた同棲カップルの復縁の場合、原因となった方が復縁を切り出してきた場合は、涙や思い出でホロっとさせられてなし崩し、といった解決方法では、ほとぼりが冷めればまた同じことの繰り返しになる可能性が大。

好きな気持ちが残っていれば、復縁に飛びつくのも無理ないことかもしれませんが、自分の心身を守ることも大事。

別れたときの自分の辛い気持ちや、引越しなどによって受けた心身への負担、場合によっては別れ方で受けた傷などを相手に冷静に説明し、それに対しての相手の態度や謝罪の言葉の重みやリアクションをよく見極めてから復縁へのステップに移るようにしましょう。

【同棲カップルの復縁⑤】すれ違いが原因の場合

別れたいと思った原因が気持ちや転勤や転職などに伴う物理的・距離的なすれ違いによる場合は、その原因となった事象が解決できているかどうかが復縁できるかどうかの確率の決め手になります。

すれ違いが辛くて別れた場合、双方ともにその辛さやせつなさを共有できていたかどうかは別れ方にも反映することが多く、納得できていなかった方がずっとその恨みつらみを引きずっていた場合はなかなか復縁が難しくなってしまいます。

stamenyさんの投稿
20688647 328962244235386 7007548192090750976 n

そうした場合は、そもそもの原因となった事象が解決できている場合は、復縁を持ちかける際に原因が解決されたので同じわだちはもう踏まない、ということをきちんと相手にアピールできるかどうかと、相手の辛い思いに対してきちんと謝罪すべきは謝罪し、お互い歩み寄れるかがカギ。

また別れ方がきれいだったかどうかもそもそもの復縁の可能性のバロメーターになります。

同棲を解消するときはよくよく考えてから行動を!

いったん始めた同棲を解消するのは大変なこと。これから、という人は別れ方も慎重に考えて行動することが肝心。さらに同棲を解消したけれど、やっぱり復縁しようかどうか悩んでいる人は、楽しかった思い出と同じだけ、辛い、悲しい思い出ともきちんと向き合って、自分の心に正直に進む道を決めてくださいね。

carolinekimcyさんの投稿
14262616 326660804377673 6073809313959247872 n

さらに同棲について知りたいあなたへ!

同棲あるある9選!ストレスがたまる瞬間と対処法まとめ!
同棲して喧嘩ばかり?彼氏と仲直りする方法とは?
結婚前に同棲する意味やメリット・デメリットを解説!

関連するまとめ

egg star☆
egg star☆

新着一覧

最近公開されたまとめ