眉毛を失敗した時の対処法!剃りすぎ・抜きすぎを上手に隠す!

眉毛を剃りすぎたり抜きすぎてしまって失敗した時は本当に大ショックですよね。もう一歩も外へ出たくないと悲しくなってしまう人も多いのではないでしょうか。当記事では眉毛の処理を失敗した時にそれを上手に隠す対処法についてまとめました!気になる方はぜひご覧くださいね!

眉毛を失敗した時の対処法!剃りすぎ・抜きすぎを上手に隠す!のイメージ

目次

  1. 大ショック!メイク初心者にありがちな眉毛の失敗とは?
  2. 眉毛のよくある失敗例(1)剃りすぎ
  3. 眉毛のよくある失敗例(2)抜きすぎ
  4. 眉毛のよくある失敗例(3)濃すぎる
  5. 眉毛のよくある失敗例(4)角度のつけすぎ
  6. 眉毛のよくある失敗例(5)髪の色と眉毛の色のアンバランス
  7. 眉毛のよくある失敗例(6)左右の眉毛の不ぞろい
  8. 剃りすぎ・抜きすぎた眉毛の失敗を上手に隠す対処法とは?
  9. 眉毛の失敗の対処法(1)アイライナーで書き足す
  10. 眉毛の失敗の対処法(2)眉ティントを使う
  11. 眉毛の失敗の対処法(3)ヘアアレンジを工夫する
  12. 眉毛の失敗の対処法(4)帽子をかぶる
  13. 眉毛の失敗の対処法(5)メガネでごまかす
  14. 眉毛の失敗の対処法(6)眉毛が生えてくるのを待つ
  15. 眉毛の処理を失敗しないコツとは?
  16. 眉毛の処理を失敗しないコツ(1)少しずつ処理する
  17. 眉毛の処理を失敗しないコツ(2)左右の眉毛を交互に処理する
  18. 眉毛の処理を失敗しないコツ(3)眉毛を抜きすぎない
  19. 眉毛の処理を失敗しないコツ(4)お手本を用意する
  20. まとめ

大ショック!メイク初心者にありがちな眉毛の失敗とは?

メイクをする時に眉毛に手をくわえる人は多いと思いますが、眉毛を剃りすぎたり抜きすぎたりといった失敗をしたことはありませんか?眉毛の処理は微妙な調整が必要なため、メイクにあまり慣れていない人には難しく感じることもあるのではないでしょうか。

眉毛の処理を失敗してしまうとお出かけの予定があっても外出したくないほどショックを受けてしまうものです。

への字眉毛はどこか情けないイメージに見えますし、太い眉毛は素朴であどけないイメージに見えることもあるように、眉毛というのは目のすぐ上にあるため人目につきやすく、顔の印象を決めるのに大きな影響を与えることがあります。

バランスの悪い眉毛や変な眉毛のためにモテ期を逃したり、恋のチャンスをつかみ損ねることがないように、まずは大切な眉毛の処理でどんな失敗がよくあるのかを眉毛の失敗例から順番に見ていきましょう!

眉毛のよくある失敗例(1)剃りすぎ

眉毛のよくある失敗例の1つめは、眉毛の剃りすぎです。

眉毛の形を整える時にカミソリやシェーバーを使い、剃りすぎてしまったことがある人も多いのではないでしょうか?理想の眉毛の形からはみ出している部分を少しだけ剃るつもりが、手元がくるって一気に剃りすぎてしまうということはメイク初心者でなくてもよくあることです。

眉毛を剃りすぎてしまうとそこだけ禿げてしまったような不格好な見た目になってしまうため、せっかく気合をメイクをしていても台無しになってしまいますよね。

また眉毛を剃りすぎると剃り残した眉毛の毛根が、皮膚を透けて黒々として見えることもありかなり残念な状態になることもあります。残念ながら女性だけでなく男性でも眉毛の剃りすぎでおかしなことになっている人はたくさんいます。

眉毛のよくある失敗例(2)抜きすぎ

眉毛のよくある失敗例の2つめは、眉毛の抜きすぎです。

メイクの時の眉毛の処理にカミソリやシェーバーではなく、毛抜きを使っている人がやってしまいがちな眉毛の失敗例です。眉毛を抜くときに「あと1本、あと1本。」と処理していくうちに、気付けば眉毛を抜きすぎていたというパターンです。

眉毛を抜きすぎるということは毛根から抜いてしまっていることになるため、しばらくの間は薄い眉毛で過ごすことになります。カミソリやシェーバーで剃りすぎた時の方が、眉毛の毛根が残っているぶん早く元に戻ります。

あまりに頻繁に同じ個所の眉毛を抜いていると、いつの間にか眉毛が生えなくなってきたということも出てきます。眉毛を抜く時はなるべく毛の流れに沿って毛根や皮膚を傷めないように、また抜きすぎないように慎重に処理していく必要がありますね。


◆関連記事:眉毛の整え方はこちらも参考に!

すっぴんの眉毛の整え方!眉毛がない・薄い・濃い人別に解説!

眉毛のよくある失敗例(3)濃すぎる

眉毛のよくある失敗例の3つめは、眉毛が濃すぎることです。

メイクで眉毛を書く時に太いペンを使ったり書きすぎたりしてしまって非常に濃すぎる眉毛になってしまう失敗例です。眉毛の剃りすぎや抜きすぎに比べると、濃すぎる眉毛はメイクを落とせばすぐに元に戻るためはるかに軽い失敗といえますね。

濃すぎる眉毛は自分の眉毛の生え方や特徴をよく分かっていない人に多い失敗です。眉毛の処理をする時はまずブラシで自分の眉毛の流れを整え、どこに毛を書き足せば良いか最初にしっかりと確認するのが失敗を防ぐコツです。

男性も女性も眉毛の形や濃さには流行があります。時代遅れのダサい眉毛にならないように常に最新の流行眉毛をチェックしておくことが大切です。

眉毛のよくある失敗例(4)角度のつけすぎ

眉毛のよくある失敗例の4つめは、角度のつけすぎです。

メイクで眉毛の処理をする時に、綺麗な眉毛を作りたいと思うとつい力が入ってしまうものです。美人眉毛を作りたい時には眉尻を上げたり、ナチュラル眉毛の時は眉山を高めにすることもあると思いますが、その時に角度をつけすぎると違和感のある眉毛になってしまうことがあります。

また角度をつけようとしすぎると眉毛の太さを細くしてしまう傾向もあり、何とも微妙なダメ眉毛になってしまう恐れもあります。

角度のつけすぎた眉毛は男性も女性も非常にキツイ顔の印象になってしまうこともあり、元々の顔が美人だったりイケメンだったりすると眉毛1つで魅力が下がってしまうのはとても残念なことです。

眉毛の角度は気合を入れてメイクすればするほどやりすぎてしまうことがよくありますので、鏡で全体のバランスを見ながら整えることが大切になりますね。

眉毛のよくある失敗例(5)髪の色と眉毛の色のアンバランス

眉毛のよくある失敗例の5つめは、髪の色と眉毛の色のアンバランスです。

最近ではヘアカラーをするのと同じように眉毛のカラーも変えるオシャレな人が増えてきました。確かに髪の毛の色が明るい色なのに、眉毛の色が真っ黒だと少し違和感を感じるものですので、髪の色に合わせて眉毛の色を変えて全体の統一感を出そうというのは正解かもしれません。

ただしメイク初心者の女性や男性の場合は、眉毛の色を変える時に髪の毛と色を合わせるのが難しく、微妙にアンバランスになってしまうことがよくあります。

メイク初心者の場合は色を合わせようとしている努力は見えるのですが、適当にカラーリングしてしまうとかえって顔全体の印象がおかしなことになってしまいます。

眉毛のよくある失敗例(6)左右の眉毛の不ぞろい

眉毛のよくある失敗例の6つめは、左右の眉毛の不ぞろいです。

眉毛は片方だけを整えるのは実はそんなに難しいことではありません。左右の両方の眉毛の形や長さを綺麗にそろえるのがとても難しく、メイク初心者は時間がかかってしまいます。

左右の眉毛をそろえようとしても、片方の眉毛から修正していくと必ずもう片方が変になるといった経験はありませんか?

眉毛の修正は人によって処理しやすい方の眉毛、処理しにくい方の眉毛があります。修正を繰り返すうちに剃りすぎてしまったり抜きすぎてしまったりする原因になることもあります。

男性も女性も元からある自前の眉毛を活かしたメイク方法の場合は、左右のバランスを整えるのも最小限で済みますが、手を加えすぎている眉毛の場合は一からバランスを取らなければならず、かなりのテクニックが必要になります。

左右の眉毛の不ぞろいが修正できずに悩んでいる男性や女性も多いことでしょう。

剃りすぎ・抜きすぎた眉毛の失敗を上手に隠す対処法とは?

眉毛の処理の失敗は日常的に起こりますが、メイクを落としても修正できない剃りすぎてしまったり抜きすぎてしまった眉毛はいったいどう修正すれば良いのでしょうか?

毛抜きやシェーバーを片手に茫然としてしまう気持ちは分かりますが、まずは男性も女性もできるだけ眉毛の失敗を修正してカバーしていくことを考えてみましょう!

ここでは眉毛の処理や修正に使える便利な商品もあわせてご紹介致します。男性も女性も眉毛を失敗したからといってあきらめてしまうのはまだ早いかもしれません。

次は剃りすぎてしまったり抜きすぎて失敗してしまった眉毛の対処法を6つまとめてご紹介します。忙しい朝の時間でも簡単に眉毛の失敗を隠す方法もありますので、ぜひチェックしてみてください!


◆関連記事:眉毛が濃いことでお困りのあなたへ

濃い眉毛さん必見!眉毛の正しい整え方!【眉毛を薄くする方法】

眉毛の失敗の対処法(1)アイライナーで書き足す

眉毛の失敗の対処法の1つめは、アイライナーで書き足すことです。

眉毛を剃りすぎたり抜きすぎたりして眉毛にポッカリと隙間ができてしまったり足りなくなってしまった時は、アイライナーを使うと簡単に眉毛の修正ができます。

アイライナーで眉毛を書く時は自分の眉毛の色に合わせたカラーのものを選び、なるべく毛先が細いものを使うと自然な眉毛を書くことが可能です。

またアイライナーは女性用だけでなく男性用もたくさん販売されていますので、男性の眉毛の修正にも非常に役に立ちます。

アイライナーはリキッドタイプ、ペンシルタイプ、ジェルタイプと主に3種類あります。どれを使うかは人それぞれですが、なるべく自分の肌の状態に合ったものを選ぶのがおすすめです。

汗や水に強い商品やメイク初心者でも使いやすい商品もありますので、店頭のお試し品などで実際にアイライナーを手に取って選んでみると良いですね。

眉毛の失敗の対処法(2)眉ティントを使う

眉毛の失敗の対処法の2つめは、眉ティントを使うことです。眉ティントというのは女性ならご存知の人も多いと思いますが、男性は知らない人の方が多いかもしれませんね。

眉ティントとはシールのように貼ってはがすだけで長期間落ちる事のないとても便利なメイク道具です。顔を洗っても落ちる事がなく、中には1週間そのままの状態をキープできるものもあります。眉ティントは見た目もナチュラルに決まり、眉毛の失敗も自然に修正することができるため非常に人気のある商品です。

shi_cosmeさんの投稿
25025859 1965300193745690 5774857325047185408 n

毎朝忙しい時間に眉毛の処理や修正なんてする時間がない!という人にとって、眉ティントはアイライナーやアイペンシルよりも使い勝手が良く、重宝すること間違いなしです。

夏の汗をよくかく時期や、海や温泉などにお出かけけする時もいつものメイク時間を短縮することが出来ますのでとても便利です。

他のメイク用品と同じように眉ティントも色々なカラーが販売されています。眉ティントは人気ブランドのものでも1000円から2000円程度で購入することができますので、興味のある人はぜひ一度試してみてくださいね。

yaotome_rさんの投稿
25005629 122935648495534 3830943388731965440 n

眉毛の失敗の対処法(3)ヘアアレンジを工夫する

眉毛の失敗の対処法の3つめは、ヘアアレンジを工夫することです。

髪の毛が短い男性には使えない対処法かもしれませんが、眉毛を失敗してしまった時はヘアアレンジで隠す方法もあります。

前髪をわざと眉毛にかかるようにしてピンなどで隠してしまうと、眉毛が多少変でも他の人にバレることはありません。前髪が短い女性は後の髪を前へ持ってきてアレンジして隠すという方法もありますよ。

また男性には難しいですが、女性は長い髪のウィッグなどを使って眉毛を隠すという対処法もありますね。質の良いウィッグは本当の髪の毛と見分けがつかないほどよく出来た商品もあります。

仕事や学校に出かける直前に眉毛を失敗してしまうと本当に落ち込んでしまうものですが、色々なヘアアレンジを知っていれば役に立つこともありますし、ウィッグなどの使い方を知っていれば何かと重宝します。

仕事や学校などがお休みの日など、暇な時には色々なヘアスタイルのアレンジを研究してみてはいかがでしょうか。

眉毛の失敗の対処法(4)帽子をかぶる

眉毛の失敗の対処法の4つめは、帽子をかぶることです。

眉毛を剃りすぎたり抜きすぎてしまった時は、いっそのこと帽子をかぶってしまうのも1つの方法です。失敗した眉毛を人目に触れないように隠すようにするには、深めに帽子をかぶるのがコツです。

この方法であれば一瞬で失敗した眉毛を隠すことができますし、強い風邪がふいて前髪があおられたとしても少しは安心です。

帽子であれば女性だけでなく男性も違和感なく失敗した眉毛を隠すことができますので、非常におすすめの方法ですよ。

帽子にも色んな種類や形がありオシャレなデザインのものもたくさんありますので、普段の自分のファッションに似合う帽子を選んでみてくださいね。

眉毛の失敗の対処法(5)メガネでごまかす

眉毛の失敗の対処法の5つめは、メガネでごまかすことです。

眉毛の失敗を隠すためには眉毛の上に髪の毛や帽子など何かをのせるのが効果的ですが、一見役に立ちそうにないメガネも実は眉毛の失敗を隠すことができるのをご存知でしょうか。

フレームの太いメガネであれば他人の視線はメガネに向き、眉毛の失敗がバレる可能性がかなり低くなります。

メガネはフレームがないものやスケルトンのものなど色んな種類のものがあります。目が悪い人だけでなく目が良い人でも使えるレンズや度数の入っていないオシャレメガネもたくさんあります。

メガネは小物の中でも特に人目を引くアイテムで、眉毛の失敗を隠す時はもちろん普段のファッションにも使うことができますので、幾つか持っていると便利ですね。

メガネを使って知的な自分を演出するのもオススメです。

眉毛の失敗の対処法(6)眉毛が生えてくるのを待つ

眉毛の失敗の対処法の6つめは、眉毛が生えてくるのを待つことです。

ただ眉毛が生えてくるのを待つだけなんて!と思う方もいるかもしれませんが、毎朝眉毛を隠すためにあれこれ対処する手間や面倒を考えると、やはり女性も男性も自前の眉毛が早く生えてくるのを待つのが一番の方法です。

usachan.pさんの投稿
25015537 196980140878038 1150444347859140608 n

眉毛を少しでも早く伸ばすためには、眉毛専用の栄養剤や美容液を使うという方法もあります。眉毛の栄養剤や美容液は眉毛が生えてくるのを助ける効果があり、何も対処しない時に比べて早く眉毛が揃います。

また眉毛を早く伸ばすには、クレンジングなどでメイクの汚れをしっかりと洗い流すことも大切です。毛穴がつまっていると元気な毛が生えてこない恐れもありますので、メイクをしたまま眠ったりしないように注意しましょう。

yasudareiさんの投稿
15624645 1371761099524535 9185440955870740480 n

眉毛の処理を失敗しないコツとは?

眉毛の失敗の修正方法や、眉毛の失敗を隠す方法などをご紹介しましたが、そもそも眉毛の処理を失敗しないためにはどうすれば良いのでしょうか?

最後は眉毛の処理にまだ慣れていない女性や男性のために、眉毛の処理を失敗しないコツについてご紹介していきます。

剃りすぎたり抜きすぎたりして変な眉毛になり、慌てて隠すのもしんどいですよね。いつも綺麗で格好よくいるために、ぜひ以下の眉毛の処理を失敗しないコツについてじっくりとチェックしてみましょう!

眉毛の処理を失敗しないコツ(1)少しずつ処理する

眉毛の処理を失敗しないコツの1つめは、少しずつ処理することです。

眉毛の処理を失敗する時の大きな原因は、思い切って処理しすぎることが考えられます。足の無駄毛などを処理するための刃先の大きなカミソリを使って眉毛を剃ったり、またシェーバーを大きく動かして思い切った処理の仕方をしていませんか?

眉毛はそもそもの面積がとても小さく、思い切った処理の仕方をすると途端に変な眉毛になってしまうことがよくあります。

眉毛を処理する時はまず眉用の刃先の小さなカミソリを使ったり、シェーバーなども小刻みに動かして使うのが基本です。専用の道具はそれなりに使い勝手を考えて作られていますので、メイクに慣れていない人ほど良い道具を使うのがオススメです。

眉毛の処理の仕方においては大胆すぎるのはNGです。少しずつ処理をしていくようにしましょう!

眉毛の処理を失敗しないコツ(2)左右の眉毛を交互に処理する

眉毛の処理を失敗しないコツの2つめは、左右の眉毛を交互に処理することです。

眉毛を処理する時に片方の眉毛を整えた後にもう片方の眉毛を処理する人は、失敗することが多くなると言われています。人間は利き手や利き足がありますが、眉毛の処理でもやりやすい方の眉毛とやりにくい方の眉毛があるのをご存知でしょうか。

片方の眉毛を綺麗に修正した後に、もう片方の眉毛を修正しようとしてもうまくいかない人はこれが原因です。

そのため左右の眉毛のバランスを整えるためには、左右の眉毛を交互に修正して少しずつ形を整えていく方法が最も簡単な方法になります。

右側の眉毛を少しカットしたら左側も同じぐらいカットするといった処理の方法で進めていくと、男性も女性も綺麗な眉毛を簡単に作ることができます。

少し手間はかかる方法ですが、変になった眉毛を後で修正することを考えるとはるかにマシです。後で後悔することがないようにぜひ試してみてくださいね。

眉毛の処理を失敗しないコツ(3)眉毛を抜きすぎない

眉毛の処理を失敗しないコツの3つめは、眉毛を抜きすぎないということです。

眉毛を処理する時に絶対にやってはいけないことは、自分の眉毛を抜きすぎてしまうことです。男性も女性も理想の眉毛を作るために自分の眉毛を全剃りしてしまう人もいるのですが、全剃りを繰り返していると自分の眉毛が生えてこなくなる恐れがあり注意が必要です。

眉毛を抜きすぎて生えてこなくなってしまうと、いざナチュラルな眉毛を作りたいなと思った時も修正のしようがなくなります。また女性は自分の眉毛をいじりすぎてしまうと彼氏やパートナーの前でメイクを落とせないという問題も出てきてしまいます。

男性も女性も美眉を作るためには自分の眉毛を抜きすぎることがないように細心の注意が必要です。女性はいつでも可愛く美しく、男性は格好よくいたいものですね。

眉毛の処理を失敗しないコツ(4)お手本を用意する

眉毛の処理を失敗しないコツの4つめは、お手本を用意することです。

眉毛は自分で理想の眉毛を思い描きながら処理しているつもりでも、その形からずれてしまうことがよくあります。思い描いた通りの眉毛をきちんと作るためには、お手本を用意して処理を始めると安心です。

理想の眉毛のお手本は一般的にテンプレートと呼ばれ、100均ショップや化粧品売り場などで購入することができます。テンプレートの形もいろいろありますので、どんな眉毛にしたいかによって使い分けるのもオススメです。

yuppi_26さんの投稿
12784000 860344497409878 1898928909 n

眉毛のテンプレートはプラ版などを使って自分で作ることも可能です。自分に一番似合う眉毛の形が決まったら、後はそれを自分の眉毛にあてて形を整えていきます。テンプレートからはみ出している部分はシェーバーなどでカットし、足りない部分は書き足していくと美しい眉毛が完成します。

メイクに慣れてきた後はテンプレートがなくても自然な眉毛が書けるようになりますが、メイク初心者の人はぜひ利用してみてくださいね。

k.pupus2_kumiさんの投稿
20394092 1823719851276073 5696408768133201920 n

まとめ

眉毛の処理に失敗した時の修正方法や、剃りすぎたり抜きすぎた眉毛を上手に隠す方法をご紹介しました。いかがでしたか?眉毛の処理に失敗した時にお役に立ちそうでしょうか?

眉毛は顔の印象を決めるとても大切なパーツです。上記のまとめを参考にして眉毛の失敗をカバーし、ぜひ毎日を可愛く格好良い自分で過ごしたいものですね!

もっと眉毛について知りたいアナタはこちら

眉毛が生えない原因と対策!抜きすぎが生えない理由?
眉毛がかゆい原因はアトピー?脂漏性皮膚炎かも?対策を解説!
眉毛が薄い?濃くする方法解説!眉毛が生えてこない人必見!

関連するまとめ

わんらぶ
わんらぶ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ